Visual Studio でデスクトップ アプリや UWP アプリをパッケージ化するPackage a desktop or UWP app in Visual Studio

アプリを配布する前に、パッケージ化する必要があります。Before distributing your app, you need to package it. この記事では、Visual Studio を使用して MSIX パッケージを構成、作成、およびテストするプロセスについて説明します。This article describes the process of configuring, creating, and testing an MSIX package using Visual Studio.

アプリ パッケージの種類Types of app packages

  • アプリケーションパッケージ (. msix または .appx)App Package (.msix or .appx)
    アプリケーションとそのリソースを含む単一のパッケージ。1つのデバイスアーキテクチャを対象としています。A single package that contains your application and its resources, targeted at a single device architecture. たとえば、x64 または x86 アプリケーションパッケージです。For example, an x64 or x86 application package. アプリバンドルを使用して複数のアーキテクチャを対象にするには、アーキテクチャごとに1つを生成する必要があります。To target multiple architectures with an app bundle you'd need to generate one for each architecture.

  • アプリバンドル (. .msixbundle または .appxbundle)App Bundle (.msixbundle or .appxbundle)
    アプリ バンドルは、複数のアプリ パッケージを含めることができるパッケージの種類であり、それぞれ特定のデバイス アーキテクチャをサポートするようにビルドされます。An app bundle is a type of package that can contain multiple app packages, each of which is built to support a specific device architecture. たとえば、アプリ バンドルには x86、x64、および ARM 構成用の別個のアプリ パッケージを含めることができます。For example, an app bundle can contain three separate app packages for the x86, x64, and ARM configurations. アプリ バンドルによってできる限り広範なデバイスでアプリが利用できるようになるため、アプリ バンドルは可能であれば必ず生成してください。App bundles should be generated whenever possible because they allow your app to be available on the widest possible range of devices.

  • アプリケーションパッケージのアップロードファイル (. msixupload または .appxupload)-ストアの送信のみApp Package Upload File (.msixupload or .appxupload) - for Store Submission only
    さまざまなプロセッサ アーキテクチャをサポートする複数のアプリ パッケージまたは 1 つのアプリ バンドルを含めることができる 1 つのファイルです。A single file that can contain multiple app packages or an app bundle to support various processor architectures. アプリパッケージのアップロードファイルには、アプリが Microsoft Store に発行された後に アプリのパフォーマンスを分析 するためのシンボルファイルも含まれています。The app package upload file also contains a symbol file to Analyze app performance after your app has been published in the Microsoft Store. このファイルは、Microsoft Store に発行するためにパートナーセンターに送信することを目的として、Visual Studio でアプリをパッケージ化する場合に自動的に作成されます。This file will be automatically created for you if you are packaging your app with Visual Studio with the intention of submitting it to Partner Center for publishing to the Microsoft Store.

アプリ パッケージを準備して作成する手順の概要は次のとおりです。Here is an overview of the steps to prepare and create an app package:

  1. アプリをパッケージ化する前にBefore packaging your app. 次の手順に従って、アプリをパッケージ化する準備ができていることを確認します。Follow these steps to ensure your app is ready to be packaged.

  2. プロジェクトを構成します。Configure your project. Visual Studio マニフェスト デザイナーを使って、パッケージを構成します。Use the Visual Studio manifest designer to configure the package. たとえば、タイル画像を追加し、アプリでサポートされる向きを選びます。For example, add tile images and choose the orientations your app supports.

  3. アプリパッケージを生成します。Generate an app package. Visual Studio のパッケージ化ウィザードを使用して、アプリパッケージを作成します。Use the Visual Studio packaging wizard to create an app package.

  4. パッケージ化されたアプリケーションを実行、デバッグ、およびテストします。Run, debug, and test a packaged application. アプリパッケージを Visual Studio から実行してデバッグするか、パッケージを直接インストールします。Run and debug your app package from Visual Studio or by installing the package directly.

アプリ パッケージを作成する前にBefore packaging your app

  1. アプリをテストします。Test your app. アプリケーションをパッケージ化する前に、サポートする予定のすべてのデバイスファミリで期待どおりに動作することを確認してください。Before you package your application, make sure it works as expected on all device families that you plan to support. これらのデバイス ファミリには、デスクトップ、モバイル、Surface Hub、Xbox、IoT デバイスなどが含まれる場合があります。These device families may include desktop, mobile, Surface Hub, Xbox, IoT devices, or others. Visual Studio を使用したアプリの配置とテストの詳細については、「 UWP アプリの配置とデバッグ (パッケージデスクトップアプリにも適用されます)」を参照してください。For more information about deploying and testing your app using Visual Studio, see Deploying and debugging UWP apps (also applies to packaged desktop apps).

  2. アプリを最適化する。Optimize your app. Visual Studio のプロファイリングツールとデバッグツールを使用すると、パッケージ化されたアプリケーションのパフォーマンスを最適化できます。You can use Visual Studio’s profiling and debugging tools to optimize the performance of your packaged application. たとえば、UI 応答のタイムライン ツール、メモリ使用率のツール、CPU 使用率のツールを使えます。For example, the Timeline tool for UI responsiveness, the Memory Usage tool, the CPU Usage tool, and more. これらのコマンド ライン ツールについて詳しくは、プロファイリング機能ツアーに関するページをご覧ください。For more information about these tools, see the Profiling Feature Tour topic.

  3. .NET ネイティブ互換性を確認する (VB と C# のアプリの場合)。Check .NET Native compatibility (for VB and C# apps). ユニバーサル Windows プラットフォームには、アプリの実行時のパフォーマンスを向上させるネイティブ コンパイラがあります。In the Universal Windows Platform, there is a native compiler that will improve the runtime performance of your app. この変更により、新しいコンパイル環境でアプリをテストする必要があります。With this change, you should test your app in this compilation environment. 既定では、 リリース ビルド構成によって .net ネイティブ ツールチェーンが有効になるため、この リリース 構成でアプリをテストし、アプリが想定どおりに動作することを確認することが重要です。By default, the Release build configuration enables the .NET native toolchain, so it's important to test your app with this Release configuration and check that your app behaves as expected.

プロジェクトを構成するConfigure your project

アプリ マニフェスト ファイル (Package.appxmanifest) は、アプリ パッケージの作成に必要なプロパティと設定が含まれている XML ファイルです。The app manifest file (Package.appxmanifest) is an XML file that contains the properties and settings required to create your app package. たとえば、アプリ マニフェスト ファイル内のプロパティには、アプリのタイルとして使う画像や、ユーザーがデバイスを回転するときにアプリでサポートされる向きを定義します。For example, properties in the app manifest file describe the image to use as the tile of your app and the orientations that your app supports when a user rotates the device.

Visual Studio のマニフェスト デザイナーを使えば、生の XML を編集することなくマニフェスト ファイルを更新できます。The Visual Studio manifest designer allows you to update the manifest file without editing the raw XML of the file.

マニフェスト デザイナーを使ってパッケージを構成するConfigure a package with the manifest designer

  1. ソリューションエクスプローラーで、アプリケーションプロジェクトのプロジェクトノードを展開します。In Solution Explorer, expand the project node of your application project.

  2. [Package.appxmanifest] ファイルをダブルクリックします。Double-click the Package.appxmanifest file. マニフェスト ファイルが既に XML コード ビューで開かれている場合は、ファイルを閉じるよう指示するプロンプトが Visual Studio で表示されます。If the manifest file is already open in the XML code view, Visual Studio prompts you to close the file.

  3. この時点で、アプリをどのように構成するかを決めることができます。Now you can decide how to configure your app. 各タブには、アプリについて構成可能な情報や、さらに情報が必要なときのためのリンクがあります。Each tab contains information that you can configure about your app and links to more information if necessary.

    Visual Studio マニフェスト デザイナー

    [ ビジュアルアセット ] タブで、アプリに必要なすべてのイメージがあることを確認します。 ここで 、アプリアイコンとロゴを指定します。Check that you have all the images that are required for an app on the Visual Assets tab. This is where you would provide app icons and logos.

    [パッケージ化] タブで、公開するデータを入力できます。From the Packaging tab, you can enter publishing data. ここで、アプリの署名に使う証明書を選べます。This is where you can choose which certificate to use to sign your app. すべての MSIX アプリは、証明書を使用して署名する必要があります。All MSIX apps must be signed with a certificate.

    注意

    Visual Studio 2019 以降では、パッケージ化されたデスクトップや UWP プロジェクトで一時的な証明書が生成されなくなりました。Starting in Visual Studio 2019, a temporary certificate is no longer generated in packaged desktop or UWP projects. 証明書を作成またはエクスポートするには、こちらの記事に記載されている PowerShell コマンドレットを使用します。To create or export certificates, use the PowerShell cmdlets described in this article. 最近のバージョンの Visual Studio では、開発およびテストシナリオ用に Azure Key Vault に格納されている証明書を使用してアプリに署名 することもできます。In recent versions of Visual Studio, you can also sign your app with a certificate stored in Azure Key Vault for development and test scenarios.

    重要

    Microsoft Store でアプリを公開する場合、アプリが信頼済み証明書で自動的に署名されます。If you're publishing your app in Microsoft Store, your app will be signed with a trusted certificate for you. これにより、ユーザーは関連付けられているアプリの署名証明書をインストールしなくてもアプリをインストールして実行できます。This allows the user to install and run your app without installing the associated app signing certificate.

    デバイスにアプリパッケージをインストールする場合は、まずパッケージを信頼する必要があります。If you are installing the app package on your device, you first need to trust the package. パッケージを信頼するには、証明書がユーザーのデバイスにインストールされていなければなりません。To trust the package, the certificate must be installed on the user's device.

  4. アプリに必要な編集を行った後に、Package.appxmanifest ファイルを保存します。Save your Package.appxmanifest file after you have made the necessary edits for your app.

Microsoft Store を使用してアプリを配布する場合は、Visual Studio でパッケージをストアに関連付けることができます。If you are distributing your app via the Microsoft Store, Visual Studio can associate your package with the Store. これを行うには、ソリューションエクスプローラーでプロジェクト名を右クリックし、[発行] [アプリをストアと関連付ける] の順に選択し -> Associate App with the Storeます (Visual Studio 2019 バージョン16.3 より前では、[発行] メニューの名前はstore)。To do this, right-click your project name in Solution Explorer and choose Publish->Associate App with the Store (before Visual Studio 2019 version 16.3, the Publish menu is named Store). これは、次のセクションで説明する、 アプリパッケージの作成 ウィザードでも行うことができます。You can also do this in the Create App Packages wizard, which is described in the following section. アプリを関連付けると、マニフェスト デザイナーの [パッケージ化] タブの一部のフィールドが自動的に更新されます。When you associate your app, some of the fields in the Packaging tab of the manifest designer are automatically updated.

アプリパッケージを生成するGenerate an app package

アプリは、ストアで公開しなくても、Microsoft Intune や Configuration Manager などのアプリケーション管理ツールを使用して、Web サイトに発行することでインストールできます。ローカルコンピューターまたはリモートコンピューターで、テスト用の MSIX パッケージを直接インストールすることもできます。Apps can be installed without being published in the Store by publishing them on your Website, using application management tools such as Microsoft Intune and Configuration Manager, etc. You can also directly install an MSIX package for testing on your local or remote machine.

パッケージ化ウィザードを使用してアプリパッケージを作成するCreate an app package using the packaging wizard

注意

次の手順とスクリーンショットは、Visual Studio 2019 バージョン16.3 のプロセスを示しています。The following instructions and screenshots describe the process as of Visual Studio 2019 version 16.3. 以前のバージョンを使用している場合、UI の一部が異なる場合があります。If you're using an earlier version, some of the UI might look different. デスクトップアプリケーションをパッケージ化している場合は、[Windows アプリケーションパッケージ] プロジェクトノードを右クリックします。If you're packaging a desktop application, right click on the the Windows Application Packaging Project node.

  1. ソリューションエクスプローラーで、アプリケーションプロジェクトのソリューションを開きます。In Solution Explorer, open the solution for your application project.

  2. プロジェクトを右クリックし、[ Publish -> アプリパッケージの発行] を選択します (Visual Studio 2019 バージョン16.3 より前の場合、[発行] メニューの名前は [ストア] になります)。Right-click the project and choose Publish->Create App Packages (before Visual Studio 2019 version 16.3, the Publish menu is named Store).

    コンテキスト メニューと [アプリ パッケージの作成] へのナビゲーション

  3. ウィザードの最初のページで [ サイドローディング ] を選択し、[ 次へ] をクリックします。Select Sideloading in the first page of the wizard and then click Next.

    [パッケージの作成] ダイアログ ウィンドウ

  4. [ 署名方法の選択 ] ページで、パッケージ化をスキップするか、署名用の証明書を選択するかを選択します。On the Select signing method page, select whether to skip packaging signing or select a certificate for signing. ローカルの証明書ストアから証明書を選択するか、証明書ファイルを選択するか、新しい証明書を作成することができます。You can select a certificate from your local certificate store, select a certificate file, or create a new certificate. MSIX パッケージをエンドユーザーのコンピューターにインストールするには、コンピューター上で信頼されている証明書を使用して署名する必要があります。For an MSIX package to be installed on an end user's machine, it must be signed with a cert that is trusted on the machine.

    [パッケージの作成] ダイアログ ウィンドウ

  5. Visual Studio を使用してアプリケーションパッケージをアップロードする」セクションの説明に従って、 [パッケージの選択と構成] ページに入力します。Complete the Select and configure packages page as described in the Create your app package upload file using Visual Studio section.

ダブルクリックしてアプリパッケージをインストールするInstall your app package by double clicking

アプリパッケージは、アプリケーションパッケージファイルをダブルクリックするだけでインストールできます。App packages can be installed simply by double clicking the app package file. これを行うには、アプリパッケージまたはアプリバンドルファイルに移動し、ダブルクリックします。To do so, navigate to your app package or app bundle file, and double click it. アプリインストーラー が起動し、基本的なアプリ情報に加えて、[インストール] ボタン、インストールの進行状況バー、関連するエラーメッセージが表示されます。App Installer launches and provides the basic app information as well as an install button, installation progress bar, and any relevant error messages.

注意

アプリインストーラーは、パッケージがデバイス上で信頼されている証明書で署名されていることを前提としています。App Installer assumes that the package was signed with a cert trusted on the device. そうでない場合は、デバイスの信頼されたユーザーまたは信頼された発行元の証明機関ストアに署名証明書をインストールする必要があります。If it wasn't, you will need to install the signing certificate to the Trusted People or Trusted Publishers Certification Authorities store on the device. この方法がわからない場合は、テスト証明書のインストールに関するページをご覧ください。If you're not sure how to do this, see Installing Test Certificates.

インストールスクリプトを使用したアプリパッケージのインストールInstall your app package using an install script

  1. *_Test フォルダーを開きます。Open the *_Test folder.

  2. Add-AppDevPackage.ps1 ファイルを右クリックします。Right-click on the Add-AppDevPackage.ps1 file. [PowerShell で実行] を選んで、画面の指示に従います。Choose Run with PowerShell and follow the prompts.
    エクスプローラーでの PowerShell スクリプトへのナビゲーションFile explorer navigated to PowerShell script shown

    アプリ パッケージがインストールされると、PowerShell のウィンドウで "アプリが正常にインストールされました" というメッセージが表示されます。When the app package has been installed, the PowerShell window displays this message: Your app was successfully installed.

  3. スタート ボタンをクリックし、アプリをアプリ名で検索してから起動します。Click the Start button to search for the app by name, and then launch it.

次のステップ: アプリパッケージのデバッグとテストNext Steps: Debug and test your app package

Visual Studio または Windows デバッグツールを使用してアプリケーションをデバッグする方法については、「 アプリパッケージの実行、デバッグ、およびテスト 」を参照してください。See Run, debug, and test an app package for how you can debug your application in Visual Studio or using Windows debugging tools.

ストア送信用のアプリパッケージアップロードファイルの生成Generate an app package upload file for Store submission

アプリを Microsoft Store に配布するには、 アプリパッケージアップロードファイル (. msixupload または .appxupload) を生成し、このファイルをパートナーセンターに送信することをお勧めします。To distribute your app to the Microsoft Store, we recommend that you generate an app package upload file (.msixupload or .appxupload) and submit this file to Partner Center. アプリパッケージまたはアプリケーションバンドルをパートナーセンターだけに送信することもできますが、代わりにアプリパッケージアップロードファイルを送信することをお勧めします。Although it is possible to submit an app package or app bundle to Partner Center alone, we recommend that you submit an app package upload file instead.

アプリパッケージのアップロードファイルは、Visual Studio のアプリパッケージの 作成 ウィザードを使用して作成するか、既存のアプリパッケージまたはアプリバンドルから手動で作成することができます。You can create an app package upload file by using the Create App Packages wizard in Visual Studio, or you can create one manually from existing app packages or app bundles.

注意

アプリパッケージ (. msix または .appx) またはアプリバンドル (. .msixbundle または .appxbundle) を手動で作成する場合は、「 MakeAppx.exe ツールを使用したアプリパッケージの作成」を参照してください。If you want to create an app package (.msix or.appx) or app bundle (.msixbundle or .appxbundle) manually, see Create an app package with the MakeAppx.exe tool.

Visual Studio を使用してアプリパッケージのアップロードファイルを作成するCreate your app package upload file using Visual Studio

注意

次の手順とスクリーンショットは、Visual Studio 2019 バージョン16.3 のプロセスを示しています。The following instructions and screenshots describe the process as of Visual Studio 2019 version 16.3. 以前のバージョンを使用している場合、UI の一部が異なる場合があります。If you're using an earlier version, some of the UI might look different.

  1. ソリューション エクスプローラーで、UWP アプリ プロジェクトのソリューションを開きます。In Solution Explorer, open the solution for your UWP app project.

  2. プロジェクトを右クリックし、[ Publish -> アプリパッケージの発行] を選択します (Visual Studio 2019 バージョン16.3 より前の場合、[発行] メニューの名前は [ストア] になります)。Right-click the project and choose Publish->Create App Packages (before Visual Studio 2019 version 16.3, the Publish menu is named Store). このオプションが無効になっているか、まったく表示されない場合は、プロジェクトがユニバーサル Windows プロジェクトであることを確認します。If this option is disabled or does not appear at all, check that the project is a Universal Windows project.

    コンテキスト メニューと [アプリ パッケージの作成] へのナビゲーション

    アプリ パッケージの作成ウィザードが表示されます。The Create App Packages wizard appears.

  3. 最初のダイアログで 新しいアプリ名を使用して Microsoft Store を選択し、[ 次へ] をクリックします。Select Microsoft Store using a new app name in the first dialog and then click Next.

    [パッケージの作成] ダイアログ ウィンドウ

    プロジェクトがストア内のアプリに既に関連付けられている場合は、関連付けられているストアアプリのパッケージを作成するオプションもあります。If you have already associated your project with an app in the Store, you also have an option to create packages for the associated Store app. サイドローディングを選択すると、Visual Studio はパートナーセンターの送信用のアプリパッケージアップロード (. msixupload または .appxupload) ファイルを生成しません。If you choose Sideloading, Visual Studio will not generate the app package upload (.msixupload or .appxupload) file for Partner Center submissions. ストア以外の配布用に msix パッケージまたはバンドルを作成するだけの場合は、このオプションを選択できます。If you only want to create an MSIX packge or bundle for non-Store distribution, then you can select this option.

  4. 次のページで、開発者アカウントを使用してパートナーセンターにサインインします。On the next page, sign in with your developer account to Partner Center. まだ開発者アカウントがない場合は、ウィザードで作成できます。If you don't have a developer account yet, the wizard will help you create one.

    [アプリ パッケージの作成] ウィンドウのアプリ名の選択画面

  5. アカウントに現在登録されているアプリの一覧からパッケージのアプリ名を選択するか、パートナーセンターでまだ予約していない場合は新しいアプリを予約します。Select the app name for your package from the list of apps currently registered to your account, or reserve a new one if you have not already reserved one in Partner Center.

  6. 必ず、[パッケージの選択と構成] ダイアログ ボックスで 3 つのアーキテクチャ構成 (x86、x64、ARM) をすべて選択し、できるだけ広範なデバイスにアプリを展開できるようにしてください。Make sure you select all three architecture configurations (x86, x64, and ARM) in the Select and Configure Packages dialog to ensure that your app can be deployed to the widest range of devices. [アプリケーション バンドルの生成] ボックスで [常に行う] を選びます。In the Generate app bundle listbox, select Always. アプリバンドル (.appxbundle または .msixbundle) は、プロセッサアーキテクチャの種類ごとに構成されたアプリパッケージのコレクションを含むため、1つのアプリパッケージファイルよりも優先されます。An app bundle (.appxbundle or .msixbundle) is preferred over a single app package file because it contains a collection of app packages configured for each type of processor architecture. アプリバンドルを生成することを選択した場合、アプリバンドルは、デバッグおよびクラッシュ分析情報と共に、最終的なアプリケーションパッケージアップロード (. .appxupload または msixupload) ファイルに含まれます。When you choose to generate the app bundle, the app bundle will be included in the final app package upload (.appxupload or .msixupload) file along with debugging and crash analytic information. どのアーキテクチャを選べばよいかわからない場合や、各種デバイスにより使用されるアーキテクチャについて詳しく調べる場合は、「アプリ パッケージのアーキテクチャ」をご覧ください。If you're unsure which architecture(s) to choose, or want to learn more about which architectures are used by various devices, see App package architectures.

    [アプリ パッケージの作成] ウィンドウのパッケージ構成画面

  7. アプリが公開された後にパートナーセンターから アプリのパフォーマンスを分析 するために、パブリックシンボルファイルを含めます。Include public symbol files to Analyze app performance from Partner Center after your app has been published. バージョンの番号付けやパッケージの出力場所など、他の詳細情報を構成します。Configure any additional details such as version numbering or the package output location.

  8. [作成] をクリックして、アプリ パッケージを生成します。Click Create to generate the app package. 手順 3. で [ Microsoft Store オプションにアップロードするパッケージを作成 し、パートナーセンターへの送信用のパッケージを作成する] を選択した場合は、ウィザードによってパッケージのアップロード (. .appxupload または msixupload) ファイルが作成されます。If you selected one of the I want to create packages to upload to the Microsoft Store options in step 3 and are creating a package for Partner Center submission, the wizard will create a package upload (.appxupload or .msixupload) file. 手順 3. で サイドローディング用のパッケージを作成 することを選択した場合、ウィザードでは、手順 6. で選択した内容に基づいて、単一のアプリパッケージまたはアプリバンドルが作成されます。If you selected I want to create packages for sideloading in step 3, the wizard will create either a single app package or an app bundle based on your selections in step 6.

  9. アプリが正常にパッケージ化されると、このダイアログが表示され、指定された出力場所からアプリパッケージアップロードファイルを取得できます。When your app has been successfully packaged, you will see this dialog and you can retrieve your app package upload file from the specified output location. この時点で、 ローカルコンピューターまたはリモートコンピューターでアプリパッケージを検証 し、ストアの 送信を自動化できます。At this point, you can validate your app package on the local machine or a remote machine and automate store submissions.

    [パッケージの作成が完了しました] ウィンドウの検証オプション

アプリパッケージのアップロードファイルを手動で作成するCreate your app package upload file manually

  1. 次のファイルをフォルダーに配置します。Place the following files in a folder:

    • 1つ以上のアプリパッケージ (......) またはアプリバンドル (. .msixbundle または .appxbundle)。One or more app packages (.msix or .appx) or an app bundle (.msixbundle or .appxbundle).
    • .Appxsym ファイル。An .appxsym file. これは、パートナーセンターの クラッシュ分析 に使用されるアプリのパブリックシンボルを含む、圧縮された .pdb ファイルです。This is a compressed .pdb file containing public symbols of your app used for crash analytics in Partner Center. このファイルは省略できますが、実行すると、アプリケーションでクラッシュ分析またはデバッグ情報を使用できなくなります。You can omit this file, but if you do, no crash analytic or debugging information will be available for your app.
  2. フォルダー内のすべてのファイルを選択し、ファイルを右クリックして、[送る] [ -> 圧縮 (zip 形式) フォルダー] の順に選択します。Select all the files within the folder, right-click the files, and select Send to -> Compressed (zipped) folder.

  3. 新しい zip ファイルの拡張子名を .zip から msixupload または .appxupload に変更します。Change the new zip file's extension name from .zip to .msixupload or .appxupload.

アプリ パッケージを検証するValidate your app package

ローカルまたはリモートコンピューターで認定を取得するために、パートナーセンターに送信する前にアプリを検証します。Validate your app before you submit it to Partner Center for certification on a local or remote machine. アプリ パッケージのデバッグ ビルドではなくリリース ビルドのみを検証できます。You can only validate release builds for your app package, not debug builds. パートナーセンターへのアプリの送信の詳細については、「 アプリの送信」を参照してください。For more information on submitting your app to Partner Center, see App submissions.

アプリケーションパッケージをローカルで検証するValidate your app package locally

  1. アプリパッケージの作成ウィザードの [最後のパッケージ作成が完了しました] ページで、[ローカルコンピューター ] オプションを選択したままにして、[ Windows アプリ認定キットを起動する] をクリックします。In the final Package Creation Completed page of the Create App Packages wizard, leave the Local machine option selected and click Launch Windows App Certification Kit. Windows アプリ認定キットでアプリをテストする方法について詳しくは、「Windows アプリ認定キット」をご覧ください。For more information about testing your app with the Windows App Certification Kit, see Windows App Certification Kit.

    Windows アプリ認定キット (WACK) は、さまざまなテストを実行し、結果を返します。The Windows App Certification Kit (WACK) performs various tests and returns the results. より具体的な情報については、「Windows アプリ認定キットのテスト」をご覧ください。See Windows App Certification Kit tests for more specific information.

    リモート Windows 10 デバイスを使ってテストする場合は、そのデバイスに Windows アプリ認定キットを手動でインストールする必要があります。If you have a remote Windows 10 device that you want to use for testing, you will need to install the Windows App Certification Kit manually on that device. この手順については、次のセクションで説明します。The next section will walk you through these steps. その後、[リモート コンピューター] を選び、[Windows アプリ認定キットを起動する] をクリックしてリモート デバイスに接続し、検証テストを実行します。After you've done that, then you can select Remote machine and click Launch Windows App Certification Kit to connect to the remote device and run the validation tests.

  2. WACK が完了し、アプリが認定に合格すると、パートナーセンターにアプリを送信する準備が整います。After WACK has finished and your app has passed certification, you are ready to submit your app to Partner Center. 必ず正しいファイルをアップロードしてください。Make sure you upload the correct file. ファイルの既定の場所は、ソリューションのルートフォルダーにあり、 \[AppName]\AppPackages .appxupload または msixupload ファイル拡張子で終了します。The default location of the file can be found in the root folder of your solution \[AppName]\AppPackages and it will end with the .appxupload or .msixupload file extension. 名前は、の形式になり [AppName]_[AppVersion]_x86_x64_arm_bundle.appxupload [AppName]_[AppVersion]_x86_x64_arm_bundle.msixupload ます。または、すべてのパッケージアーキテクチャが選択されたアプリバンドルを選択した場合はになります。The name will be of the form [AppName]_[AppVersion]_x86_x64_arm_bundle.appxupload or [AppName]_[AppVersion]_x86_x64_arm_bundle.msixupload if you opted for an app bundle with all of the package architecture selected.

リモート Windows 10 デバイスでアプリ パッケージを検証するValidate your app package on a remote Windows 10 device

  1. デバイスを開発用に有効にする」の手順に従って、開発用に Windows 10 デバイスを有効にします。Enable your Windows 10 device for development by following the Enable your device for development instructions.

    重要

    Windows 10 のリモート ARM デバイスでアプリ パッケージを検証することはできません。You cannot validate your app package on a remote ARM device for Windows 10.

  2. Visual Studio のリモート ツールをダウンロードしてインストールします。Download and install the remote tools for Visual Studio. これらのツールを使って Windows アプリ認定キットをリモートで実行します。These tools are used to run the Windows App Certification Kit remotely. これらのツールの詳細については、「 リモートコンピューターでの MSIX applicationss の実行」を参照してください。You can get more information about these tools including where to download them by visiting Run MSIX applicationss on a remote machine.

  3. 必要な Windows アプリ認定キットをダウンロードし、リモート Windows 10 デバイスにインストールします。Download the required Windows App Certification Kit and then install it on your remote Windows 10 device.

  4. パッケージの作成が完了しましたウィザードのページで、[リモート コンピューター] オプション ボタンを選び、[テスト接続] ボタンの横にある省略記号ボタンをクリックします。On the Package Creation Completed page of the wizard, choose the Remote Machine option button, and then choose the ellipsis button next to the Test Connection button.

    注意

    [ リモートコンピューター ] オプションボタンは、検証をサポートするソリューション構成を少なくとも1つ選択した場合にのみ使用できます。The Remote Machine option button is available only if you selected at least one solution configuration that supports validation. WACK でアプリをテストする方法について詳しくは、「Windows アプリ認定キット」をご覧ください。For more information about testing your app with the WACK, see Windows App Certification Kit.

  5. サブネットの内部にあるデバイスの形式を指定するか、サブネットの外部にあるデバイスのドメイン ネーム サーバー (DNS) 名または IP アドレスを指定します。Specify a device form inside your subnet, or provide the Domain Name Server (DNS) name or IP address of a device that's outside of your subnet.

  6. Windows 資格情報を使ってデバイスにログオンする必要がない場合は、[認証モード] ボックスの一覧で [なし] を選びます。In the Authentication Mode list, choose None if your device doesn't require you to log onto it by using your Windows credentials.

  7. [選択][Windows アプリ認定キットを起動する] の順に選びます。Choose the Select button, and then choose the Launch Windows App Certification Kit button. デバイスでリモート ツールが実行されていれば、Visual Studio がデバイスに接続されてから、検証テストが実行されます。If the remote tools are running on that device, Visual Studio connects to the device and then performs the validation tests. Windows アプリ認定キットのテスト」をご覧ください。See Windows App Certification Kit tests.

ストアの送信を自動化するAutomate Store submissions

Visual Studio 2019 以降では、アプリパッケージの作成ウィザードの最後に [ Windows アプリ認定キットの検証後に Microsoft Store に自動的に送信する] オプションを選択して、.appxupload ファイルを IDE から直接 Microsoft Store に送信できます。Starting in Visual Studio 2019, you can submit the generated .appxupload file to the Microsoft Store directly from the IDE by selecting the Automatically submit to the Microsoft Store after Windows App Certification Kit validation option at the end of the Create App Packages wizard. この機能は、アプリの発行に必要なパートナーセンターのアカウント情報にアクセスするために Azure Active Directory を利用します。This feature leverages Azure Active Directory for accessing the Partner Center account info needed to publish your app. この機能を使用するには、Azure Active Directory をパートナーセンターアカウントに関連付け、送信に必要ないくつかの資格情報を取得する必要があります。To use this feature, you'll need associate Azure Active Directory with your Partner Center account and retrieve several credentials required for submissions.

Azure Active Directory をパートナーセンターアカウントに関連付けるAssociate Azure Active Directory with your Partner Center account

自動ストア送信に必要な資格情報を取得するには、まず、 パートナーセンターのダッシュボード で次の手順に従う必要があります (まだ行っていない場合)。Before you can retrieve the credentials that are required for automatic Store submissions, you must first follow these steps in the Partner Center dashboard if you have not done so already.

  1. パートナーセンターアカウントを組織の Azure Active Directory に関連付けます。Associate your Partner Center account with your organization's Azure Active Directory. 組織で Office 365 または Microsoft の他のビジネス サービスが既に使用されている場合は、既に Azure AD をお持ちです。If your organization already uses Office 365 or other business services from Microsoft, you already have Azure AD. それ以外の場合は、追加料金なしで、パートナーセンター内から新しい Azure AD テナントを作成することができます。Otherwise, you can create a new Azure AD tenant from within Partner Center at no additional charge.

  2. パートナーセンターアカウントに Azure AD アプリケーションを追加します。Add an Azure AD application to your partner Center account. この Azure AD アプリケーションは、デベロッパーセンターアカウントの送信にアクセスするために使用するアプリまたはサービスを表します。This Azure AD application represents the app or service that you will use to access submissions for your Dev Center account. このアプリケーションを マネージャー ロールに割り当てる必要があります。You must assign this application to the Manager role. このアプリケーションが既に Azure AD ディレクトリに存在する場合、[Azure AD アプリケーションの追加] ページで選んでデベロッパー センター アカウントに追加できます。If this application already exists in your Azure AD directory, you can select it on the Add Azure AD applications page to add it to your Dev Center account. それ以外の場合、[Azure AD アプリケーションの追加] ページで新しい Azure AD アプリケーションを作成できます。Otherwise, you can create a new Azure AD application on the Add Azure AD applications page.

送信に必要な資格情報を取得するRetrieve the credentials required for submissions

次に、送信に必要なパートナーセンターの資格情報 ( Azure テナント idクライアント ID 、および クライアントキー) を取得できます。Next, you can retrieve the Partner Center credentials required for submissions: the Azure Tenant ID, the Client ID and the Client key.

  1. パートナーセンターのダッシュボードにアクセスし、Azure AD の資格情報でサインインします。Go to the Partner Center dashboard and sign in with your Azure AD credentials.

  2. パートナーセンターのダッシュボードで、歯車アイコン (ダッシュボードの右上隅の近く) を選択し、[ 開発者向け設定] を選択します。On the Partner Center dashboard, select the gear icon (near the upper right corner of the dashboard) and then select Developer settings.

  3. 左側のウィンドウの [ 設定 ] メニューで、[ ユーザー] をクリックします。In the Settings menu in the left pane, click Users.

  4. アプリケーションの [設定] にアクセスするには、Azure AD アプリケーションの名前をクリックします。Click the name of your Azure AD application to go to the application's settings. このページで、[ テナント id ] と [ クライアント ID ] の値をコピーします。On this page, copy the Tenant ID and Client ID values.

  5. [ キー ] セクションで、[ 新しいキーの追加] をクリックします。In the Keys section, click Add new key. 次の画面で、クライアントシークレットに対応する キー 値をコピーします。On the next screen, copy the Key value, which corresponds to the client secret. このページから移動すると、この情報に再度アクセスできなくなります。そのため、この情報は失わないようにしてください。You will not be able to access this info again after you leave this page, so make sure to not lose it. 詳細については、「Azure AD アプリケーションのキーを管理する」を参照してください。For more information, see Manage keys for an Azure AD application.

Visual Studio で自動ストア送信を構成するConfigure automatic Store submissions in Visual Studio

前の手順を完了したら、Visual Studio 2019 で自動的にストアを送信するように構成できます。After you complete the previous steps, you can configure automatic Store submissions in Visual Studio 2019.

  1. アプリパッケージの作成ウィザードの最後で、[ Windows アプリ認定キットの検証後に Microsoft Store に自動的に送信する] を選択し、[再構成] をクリックします。At the end of the Create App Packages wizard, select Automatically submit to the Microsoft Store after Windows App Certification Kit validation and click Reconfigure.

  2. [ Microsoft Store 送信設定の構成 ] ダイアログで、AZURE テナント Id、クライアント id、およびクライアントキーを入力します。In the Configure Microsoft Store Submission settings dialog, enter the Azure tenant ID, Client ID, and Client key.

    Microsoft Store 送信設定の構成

    重要

    資格情報をプロファイルに保存し、今後の送信で使用することができますYour credentials can be saved to your profile to be used in future submissions

  3. [OK] をクリックします。Click OK.

WACK テストが完了すると、送信が開始されます。The submission will start after the WACK test have finished. [ 検証と発行 ] ウィンドウで、送信の進行状況を追跡できます。You can track the submission progress in the Verify and Publish window.

検証と発行の進行状況