PowerToys 起動ユーティリティ

PowerToys 起動機能は、電源 スリープ設定を管理せずにコンピューターを起動し続けるように設計された Windows のユーティリティツールです。 この動作は、時間のかかるタスクを実行しているときに、コンピューターがスリープ状態になったり、画面がオフになったりしないようにしたい場合に役立ちます。

はじめに

PowerToys の起動は、PowerToys の設定から直接使用することも、スタンドアロンの実行可能ファイルとして使用することもできます。 ツールが PowerToys から実行されている場合は、PowerToys の設定またはシステムトレイから管理できます。

Note

PowerToys の起動では、Windows の電源プランの設定は一切変更されず、カスタム電源プランの構成に依存しません。 代わりに、コンピューターの特定の状態が必要であることを Windows 通知するバックグラウンドスレッドを生成します。

PowerToys の設定

[PowerToys の設定] ビューで、[起動可能にする] トグルを使用して起動 PowerToys 開始します。 有効にすると、アプリケーションはコンピューターの awakeness 状態を管理します。

起動前の設定のスクリーンショット

次の起動状態を選択できます。

  • オフ (パッシブ) -コンピューター awakeness の状態は影響を受けません。 アプリケーションはユーザーの入力を待機しています。
  • [スリープ状態を無期限に保持する]-ユーザーが明示的にスリープ状態にするか、アプリケーションを終了または無効にするまで、コンピューターは無期限に起動したままにします。
  • 起動状態を一時的に保つ-事前に定義された期間内にコンピューターのスリープ状態を維持します。 時間が経過すると、コンピューターは以前の awakeness 状態を再開します。

Note

コンピューターの起動中に時間または分を変更すると、一時的にタイマーがリセットされます。

画面を表示したままにする

PowerToys 起動時には、コンピューターを無期限に、または一時的に起動させることができますが、既定の状態では、コンピューターに接続されているディスプレイはオフになります。ただし、コンピューターがスリープ状態になることはありません。 ディスプレイを使用可能にする必要がある場合は、 [切り替え画面 を使用する] スイッチを使用します。これにより、すべてのモニターが有効な状態に保たれます。

システムトレイ

システムトレイからツールの実行を管理するには、[PowerToys 起動中] アイコンを右クリックします。

Windows のシステムトレイから管理される起動前の設定

コマンド ライン インターフェイス (CLI)

PowerToys 起動は、PowerToys フォルダーから直接、スタンドアロンアプリケーションとして実行することもできます。 次のコマンドライン引数は、ターミナルから実行する場合、 PowerToys.Awake.exe またはショートカットファイルを使用して実行する場合に使用でき .lnk ます。

引数 説明
--use-pt-config 設定を管理するには、PowerToys 構成ファイルを使用します。 これは、PowerToys によって生成される起動前のファイルがあることを前提としてい settings.json ます。これには、必要なすべてのランタイム情報が含まれます。 これには、動作モード (不定または時間指定)、画面を保持するかどうか、および時間と分の値が一時的なキープスリープ状態の値として含まれます。
この引数を使用すると、他のすべての引数は無視されます。 起動すると、ファイルの状態を更新するための変更が検索され settings.json ます。
--display-on マシンが起動状態のままになっている間に、画面をオンまたはオフにする必要があるかどうかを決定します。 予期される値は true または false です。
--time-limit 起動時にコンピューターが起動されるまでの時間を秒単位で指定します。 と組み合わせて使用でき --display-on ます。
--pid 起動の実行をプロセス ID (PID) にアタッチします。 特定の PID を持つプロセスが終了すると、スリープ状態も終了します。

コマンドライン引数が指定されていない場合、PowerToys 起動時にコンピューターのスリープ状態が無期限に維持されます。