Windows ターミナルでのプロファイル設定Profile settings in Windows Terminal

以下に示す設定は、それぞれ一意のプロファイルに固有のものです。The settings listed below are specific to each unique profile. 設定を自分のすべてのプロファイルに適用する場合は、ご自分の settings.json ファイル内のプロファイルの一覧の上にある defaults セクションに追加できます。If you'd like a setting to apply to all of your profiles, you can add it to the defaults section above the list of profiles in your settings.json file.

"defaults":
{
    // SETTINGS TO APPLY TO ALL PROFILES
},
"list":
[
    // PROFILE OBJECTS
]

一意識別子Unique identifier

プロファイルでは、GUID を一意の識別子として使用できます。Profiles can use a GUID as a unique identifier. プロファイルを既定のプロファイルにするには、defaultProfile グローバル設定の GUID が必要です。To make a profile your default profile, it needs a GUID for the defaultProfile global setting.

プロパティ名: guidProperty name: guid

必須かどうか: 必須Necessity: Required

受け入れ可能: レジストリ形式の GUID を表す文字列: "{00000000-0000-0000-0000-000000000000}"Accepts: GUID as a string in registry format: "{00000000-0000-0000-0000-000000000000}"



実行可能ファイルの設定Executable settings

コマンド ラインCommand line

これは、プロファイルで使用される実行可能ファイルです。This is the executable used in the profile.

プロパティ名: commandlineProperty name: commandline

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: 実行可能ファイル名を表す文字列Accepts: Executable file name as a string

既定値: "cmd.exe"Default value: "cmd.exe"

ソースSource

これには、プロファイルを生成したプロファイル ジェネレーターの名前が格納されます。This stores the name of the profile generator that originated the profile. このフィールドには検出可能な値がありません。There are no discoverable values for this field. 動的プロファイルの詳細については、動的プロファイルに関するページを参照してください。For additional information on dynamic profiles, visit the Dynamic profiles page.

プロパティ名: sourceProperty name: source

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: StringAccepts: String

開始ディレクトリStarting directory

これは、シェルが読み込まれるときに開始されるディレクトリです。This is the directory the shell starts in when it is loaded.

プロパティ名: startingDirectoryProperty name: startingDirectory

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: フォルダーの場所を表す文字列Accepts: Folder location as a string

既定値: "%USERPROFILE%"Default value: "%USERPROFILE%"


注意

インストールされている WSL ディストリビューションを開く開始ディレクトリを設定する際に、"startingDirectory": "//wsl$/" の形式を使用し、お使いのディストリビューションの名前に置き換える必要があります。When setting the starting directory that your installed WSL distributions open to, you should use this format: "startingDirectory": "//wsl$/", replacing with the name of your distribution. たとえば、"startingDirectory": "//wsl$/Ubuntu-20.04" のようになります。For example, "startingDirectory": "//wsl$/Ubuntu-20.04".


Windows ターミナルのドロップダウン 構成:Raspberry UbuntuWindows Terminal dropdown Configuration: Raspberry Ubuntu

名前Name

これは、ドロップダウン メニューに表示されるプロファイルの名前です。This is the name of the profile that will be displayed in the dropdown menu. この値は、起動時にシェルに渡す "タイトル" としても使用されます。This value is also used as the "title" to pass to the shell on startup. 一部のシェル (bash など) では、この初期値を無視することができますが、他のシェル (Command PromptPowerShell) では、アプリケーションの有効期間中、この値を使用することができます。Some shells (like bash) may choose to ignore this initial value, while others (Command Prompt, PowerShell) may use this value over the lifetime of the application. この "タイトル" の動作は、tabTitle を使用してオーバーライドできます。This "title" behavior can be overridden by using tabTitle.

プロパティ名: nameProperty name: name

必須かどうか: 必須Necessity: Required

受け入れ可能: StringAccepts: String

[アイコン]Icon

これにより、タブとドロップダウン メニュー内に表示されるアイコンが設定されます。This sets the icon that displays within the tab and the dropdown menu.

プロパティ名: iconProperty name: icon

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: ファイルの場所を表す文字列Accepts: File location as a string

ドロップダウンからプロファイルを非表示にするHide a profile from the dropdown

hiddentrue に設定されている場合、そのプロファイルはプロファイルの一覧に表示されません。If hidden is set to true, the profile will not appear in the list of profiles. これを使用すると、既定のプロファイルと動的に生成されたプロファイルを設定ファイルに残したまま、非表示にすることができます。This can be used to hide default profiles and dynamically generated profiles, while leaving them in your settings file. 動的プロファイルの詳細については、動的プロファイルに関するページを参照してください。To learn more about dynamic profiles, visit the Dynamic profiles page.

プロパティ名: hiddenProperty name: hidden

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

値: truefalseAccepts: true, false

既定値: falseDefault value: false



タブ タイトルの設定Tab title settings

カスタム タブのタイトルCustom tab title

設定すると、起動時にシェルに渡すタイトルとして name が置き換えられます。If set, this will replace the name as the title to pass to the shell on startup. 一部のシェル (bash など) では、この初期値を無視することができますが、他のシェル (Command PromptPowerShell) では、アプリケーションの有効期間中、この値を使用することができます。Some shells (like bash) may choose to ignore this initial value, while others (Command Prompt, PowerShell) may use this value over the lifetime of the application. シェルでタイトルを設定する方法については、タブ タイトルのチュートリアルを参照してください。If you'd like to learn how to have the shell set your title, visit the tab title tutorial.

プロパティ名: tabTitleProperty name: tabTitle

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: StringAccepts: String

シェルからのタイトルの変更を抑制するSuppress title changes from the shell

これが true に設定されている場合、tabTitle によってタブの既定のタイトルがオーバーライドされ、アプリケーションからのタイトルの変更メッセージはすべて抑制されます。When this is set to true, tabTitle overrides the default title of the tab and any title change messages from the application will be suppressed. tabTitle が設定されていない場合は、代わりに name が使用されます。If tabTitle isn't set, name will be used instead. これが false に設定されている場合、tabTitle は通常どおりに動作します。When this is set to false, tabTitle behaves as normal.

プロパティ名: suppressApplicationTitleProperty name: suppressApplicationTitle

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: truefalseAccepts: true, false



テキストの設定Text settings

フォント フェイスFont face

これは、プロファイルで使用されるフォント フェイスの名前です。This is the name of the font face used in the profile. これが見つからないか無効である場合は、ターミナルによって Consolas へのフォールバックが試行されます。The terminal will try to fallback to Consolas if this can't be found or is invalid. 既定のフォント Cascadia Mono のその他のバリアントについては、Cascadia Code に関するページを参照してください。To learn about the other variants of the default font, Cascadia Mono, visit the Cascadia Code page.

プロパティ名: fontFaceProperty name: fontFace

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: フォント名を表す文字列Accepts: Font name as a string

既定値: "Cascadia Mono"Default value: "Cascadia Mono"

フォント サイズFont size

これにより、プロファイルのフォント サイズがポイント単位で設定されます。This sets the profile's font size in points.

プロパティ名: fontSizeProperty name: fontSize

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

値: 整数Accepts: Integer

既定値: 12Default value: 12

フォントの太さ (プレビュー)Font weight (Preview)

これにより、プロファイルのフォントの太さ (ストロークの明るさまたは太さ) が設定されます。This sets the weight (lightness or heaviness of the strokes) for the profile's font.

プロパティ名: fontWeightProperty name: fontWeight

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: "normal""thin""extra-light""light""semi-light""medium""semi-bold""bold""extra-bold""black""extra-black"、OpenType フォントの太さの数値表記に対応する整数Accepts: "normal", "thin", "extra-light", "light", "semi-light", "medium", "semi-bold", "bold", "extra-bold", "black", "extra-black", or an integer corresponding to the numeric representation of the OpenType font weight

既定値: "normal"Default value: "normal"

重要

この機能は、Windows ターミナル プレビューでのみ使用できます。This feature is only available in Windows Terminal Preview.

余白Padding

これにより、ウィンドウ内のテキストの周囲の余白が設定されます。This sets the padding around the text within the window. これには、次の 3 つの異なる形式が使用できます。"#" は、すべての辺に同じ余白を設定し、"#, #" は左右と上下に同じ余白を設定し、"#, #, #, #" は左、上、右、下に個別に余白を設定します。This will accept three different formats: "#" sets the same padding for all sides, "#, #" sets the same padding for left-right and top-bottom, and "#, #, #, #" sets the padding individually for left, top, right, and bottom.

プロパティ名: paddingProperty name: padding

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: 次の形式の値を表す文字列: "#""#, #""#, #, #, #"Accepts: Values as a string in the following formats: "#", "#, #", "#, #, #, #"

既定値: "8, 8, 8, 8"Default value: "8, 8, 8, 8"

Windows ターミナルの余白

アンチエイリアシング テキストAntialiasing text

これは、レンダラーでテキストをアンチエイリアシングする方法を制御します。This controls how text is antialiased in the renderer. この設定を変更すると、新しいターミナル インスタンスを開始する必要があることに注意してください。Note that changing this setting will require starting a new terminal instance.

Windows ターミナルのアンチエイリアシング テキスト

プロパティ名: antialiasingModeProperty name: antialiasingMode

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

値: "grayscale""cleartype""aliased"Accepts: "grayscale", "cleartype", "aliased"

既定値: "grayscale"Default value: "grayscale"



カーソルの設定Cursor settings

カーソルの形Cursor shape

これにより、プロファイルのカーソルの形が設定されます。This sets the cursor shape for the profile. 使用可能なカーソル: "bar" ( ┃ )、"vintage" ( ▃ )、"underscore" ( ▁ )、"filledBox" ( █ )、"emptyBox" ( ▯ )The possible cursors are as follows: "bar" ( ┃ ), "vintage" ( ▃ ), "underscore" ( ▁ ), "filledBox" ( █ ), "emptyBox" ( ▯ )

プロパティ名: cursorShapeProperty name: cursorShape

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: "bar""vintage""underscore""filledBox""emptyBox"Accepts: "bar", "vintage", "underscore", "filledBox", "emptyBox"

既定値: "bar"Default value: "bar"

カーソルの色Cursor color

これにより、プロファイルのカーソルの色が設定されます。This sets the cursor color of the profile. これにより、配色で設定された cursorColor がオーバーライドされます (colorScheme が設定されている場合)。This will override the cursorColor set in the color scheme if colorScheme is set.

プロパティ名: cursorColorProperty name: cursorColor

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: 色を表す 16 進形式の文字列: "#rgb" または "#rrggbb"Accepts: Color as a string in hex format: "#rgb" or "#rrggbb"

カーソルの高さCursor height

これにより、下部からのカーソルの高さの割合が設定されます。This sets the percentage height of the cursor starting from the bottom. これは cursorShape"vintage" に設定されている場合にのみ機能します。This will only work when cursorShape is set to "vintage".

プロパティ名: cursorHeightProperty name: cursorHeight

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: 25 から 100 までの整数Accepts: Integer from 25-100



キーボード設定Keyboard settings

AltGr エイリアシング (プレビュー)AltGr aliasing (Preview)

これにより、Windows ターミナルで ctrl+altAltGr のエイリアスとして扱うかどうかを制御できます。This allows you to control if Windows Terminal will treat ctrl+alt as an alias for AltGr.

プロパティ名: altGrAliasingProperty name: altGrAliasing

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

値: truefalseAccepts: true, false

既定値: trueDefault value: true

重要

この機能は、Windows ターミナル プレビューでのみ使用できます。This feature is only available in Windows Terminal Preview.



色の設定Color settings

配色Color scheme

これは、プロファイルで使用される配色の名前です。This is the name of the color scheme used in the profile. 配色は schemes オブジェクトで定義されます。Color schemes are defined in the schemes object. 詳細については、配色に関するページを参照してください。More detailed information can be found on the Color schemes page.

プロパティ名: colorSchemeProperty name: colorScheme

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: 配色の名前を表す文字列Accepts: Name of color scheme as a string

既定値: "Campbell"Default value: "Campbell"

前景色Foreground color

これにより、プロファイルの前景色が変更されます。This changes the foreground color of the profile. これにより、配色で設定された foreground がオーバーライドされます (colorScheme が設定されている場合)。This overrides foreground set in the color scheme if colorScheme is set.

プロパティ名: foregroundProperty name: foreground

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: 色を表す 16 進形式の文字列: "#rgb" または "#rrggbb"Accepts: Color as a string in hex format: "#rgb" or "#rrggbb"

背景の色Background color

これにより、プロファイルの背景色がこの設定で変更されます。This changes the background color of the profile with this setting. これにより、配色で設定された background がオーバーライドされます (colorScheme が設定されている場合)。This overrides background set in the color scheme if colorScheme is set.

プロパティ名: backgroundProperty name: background

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: 色を表す 16 進形式の文字列: "#rgb" または "#rrggbb"Accepts: Color as a string in hex format: "#rgb" or "#rrggbb"

選択範囲の背景色Selection background color

これにより、プロファイル内の選択範囲の背景色が設定されます。This sets the background color of a selection within the profile. これにより、配色で設定された selectionBackground がオーバーライドされます (colorScheme が設定されている場合)。This will override the selectionBackground set in the color scheme if colorScheme is set.

プロパティ名: selectionBackgroundProperty name: selectionBackground

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: 色を表す 16 進形式の文字列: "#rgb" または "#rrggbb"Accepts: Color as a string in hex format: "#rgb" or "#rrggbb"



アクリルの設定Acrylic settings

アクリルを有効にするEnable acrylic

これを true に設定すると、ウィンドウにアクリルの背景が表示されます。When this is set to true, the window will have an acrylic background. false に設定すると、ウィンドウは無地の平坦な背景になります。When it's set to false, the window will have a plain, untextured background. 透過性は、OS の制限のため、フォーカスされているウィンドウにのみ適用されます。The transparency only applies to focused windows due to OS limitations.

プロパティ名: useAcrylicProperty name: useAcrylic

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

値: truefalseAccepts: true, false

既定値: falseDefault value: false

Windows ターミナルのアクリル

アクリルの不透明度Acrylic opacity

useAcrylictrue に設定されている場合、これによりプロファイルのウィンドウの透明度が設定されます。When useAcrylic is set to true, this sets the transparency of the window for the profile. 0 - 1 の浮動小数点値が受け入れられます。This accepts floating point values from 0-1.

プロパティ名: acrylicOpacityProperty name: acrylicOpacity

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: 0 - 1 の浮動小数点値の数値Accepts: Number as a floating point value from 0-1

既定値: 0.5Default value: 0.5

Windows ターミナル アクリルの不透明度



背景画像の設定Background image settings

背景画像を設定するSetting the background image

これにより、ウィンドウの背景に描画する画像のファイルの場所が設定されます。This sets the file location of the image to draw over the window background. 背景画像には、.jpg、.png、.gif のいずれかのファイルを指定できます。The background image can be a .jpg, .png, or .gif file.

プロパティ名: backgroundImageProperty name: backgroundImage

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: ファイルの場所を表す文字列Accepts: File location as a string

背景画像のストレッチ モードBackground image stretch mode

これにより、ウィンドウいっぱいに広がるように背景画像のサイズが変更されます。This sets how the background image is resized to fill the window.

プロパティ名: backgroundImageStretchModeProperty name: backgroundImageStretchMode

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: "none""fill""uniform""uniformToFill"Accepts: "none", "fill", "uniform", "uniformToFill"

既定値: "uniformToFill"Default value: "uniformToFill"

背景画像の配置Background image alignment

これにより、ウィンドウの境界への背景画像の配置方法が設定されます。This sets how the background image aligns to the boundaries of the window.

プロパティ名: backgroundImageAlignmentProperty name: backgroundImageAlignment

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: "center""left""top""right""bottom""topLeft""topRight""bottomLeft""bottomRight"Accepts: "center", "left", "top", "right", "bottom", "topLeft", "topRight", "bottomLeft", "bottomRight"

既定値: "center"Default value: "center"

背景画像の不透明度Background image opacity

これにより、背景画像の透明度が設定されます。This sets the transparency of the background image.

プロパティ名: backgroundImageOpacityProperty name: backgroundImageOpacity

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: 0 - 1 の浮動小数点値の数値Accepts: Number as a floating point value from 0-1

既定値: 1.0Default value: 1.0



スクロールの設定Scroll settings

スクロールバーの表示Scrollbar visibility

これにより、スクロールバーの表示が設定されます。This sets the visibility of the scrollbar.

プロパティ名: scrollbarStateProperty name: scrollbarState

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: "visible""hidden"Accepts: "visible", "hidden"

入力時に入力行までスクロールScroll to input line when typing

これを true に設定すると、入力時にウィンドウがコマンド入力行までスクロールします。When this is set to true, the window will scroll to the command input line when typing. false に設定されている場合、入力を開始してもウィンドウはスクロールしません。When it's set to false, the window will not scroll when you start typing.

プロパティ名: snapOnInputProperty name: snapOnInput

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

値: truefalseAccepts: true, false

既定値: trueDefault value: true

履歴のサイズHistory size

これにより、ウィンドウに表示されているよりも上の行にスクロールして戻すことができる行の数が設定されます。This sets the number of lines above the ones displayed in the window you can scroll back to.

プロパティ名: historySizeProperty name: historySize

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

値: 整数Accepts: Integer

既定値: 9001Default value: 9001



終了時のプロファイルの閉じ方How the profile closes when exiting

これにより、プロファイルが終了または起動に失敗したときにどのように反応するかが設定されます。This sets how the profile reacts to termination or failure to launch. "graceful" は、exit が入力されたとき、またはプロセスが正常に終了したときに、プロファイルを閉じます。"graceful" will close the profile when exit is typed or when the process exits normally. "always" は常にプロファイルを閉じ、"never" はプロファイルを閉じません。"always" will always close the profile and "never" will never close the profile. truefalse は、それぞれ "graceful""never" のシノニムとして受け入れられます。true and false are accepted as synonyms for "graceful" and "never", respectively.

プロパティ名: closeOnExitProperty name: closeOnExit

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

受け入れ可能: "graceful""always""never"truefalseAccepts: "graceful", "always", "never", true, false

既定値: "graceful"Default value: "graceful"



レトロ ターミナル効果Retro terminal effects

これを true に設定すると、走査線やぼやけたテキストの端がある古い CRT ディスプレイがターミナルでエミュレートされます。When this is set to true, the terminal will emulate a classic CRT display with scan lines and blurry text edges. これは試験的な機能であり、存続は保証されていません。This is an experimental feature and its continued existence is not guaranteed.

プロパティ名: experimental.retroTerminalEffectProperty name: experimental.retroTerminalEffect

必須かどうか: オプションNecessity: Optional

値: truefalseAccepts: true, false

既定値: falseDefault value: false