Windows 10 ビルド 18362 の開発者向け新着情報What's New in Windows 10 for developers, build 18362

Windows 10 ビルド 18362 (SDK バージョン 1903 とも呼ばれる) を Visual Studio 2019 と組み合わせて使用すると、優れた Windows アプリを作成するためのツール、機能、およびエクスペリエンスが得られます。Windows 10 build 18362 (also known as SDK version 1903), in combination with Visual Studio 2019, provides the tools, features, and experiences to make remarkable Windows apps. Windows 10 のツールと SDK をインストールすると、新しいユニバーサル Windows アプリを作成したり、Windows の既存のアプリ コードがどのように使えるかを試したりすることができます。Install the tools and SDK on Windows 10 and you’re ready to either create a new Universal Windows app or explore how you can use your existing app code on Windows.

ここには、Windows 開発者にとって重要なこのリリースの新機能、強化された機能、ガイダンスを集めました。This is a collection of new and improved features and guidance of interest to Windows developers in this release. Windows SDK に追加されたすべての新しい名前空間の一覧については、「Windows 10 ビルド 18362 API の変更点」をご覧ください。For a full list of new namespaces added to the Windows SDK, see the Windows 10 build 18362 API changes. Windows 10 での注目すべき機能について詳しくは、「Windows 10 の優れた機能」をご覧ください。For more information on the highlighted features of Windows 10, see What's cool in Windows 10.

設計および UIDesign & UI

機能Feature 説明Description
AnimatedVisualPlayerAnimatedVisualPlayer AnimatedVisualPlayer API では、ご利用のアプリ内でのアニメーション ビジュアルの再生がホストおよび制御されます。The AnimatedVisualPlayer API hosts and controls playback of animated visuals in your app. この API は、Lottie ビジュアル (ご利用のアプリケーション内で Adobe AfterEffects アニメーションをネイティブにレンダリングできます) などのコンテンツを制御および表示するために使用されます。This API is used to control and display content like Lottie visuals, which allow you to render Adobe AfterEffects animations natively in your applications.
CompactDensityCompactDensity ご利用のアプリ内でコンパクト モードを有効にすると、密度が高く情報が豊富なコントロール グループが有効にされます。Enabling Compact mode in your app enables dense, information-rich groups of controls. 大量のコンテンツのブラウズ、ページに表示されるコンテンツの最大化を支援したり、ユーザーがポインターの入力を使用する場合、ナビゲーションや操作を支援できます。This can help with browsing large amounts of content, maximizing the visible content on a page, or aid navigation and interaction when the user is using pointer input.
Items RepeaterItems Repeater ItemsRepeater コントロールでは、ユーザーにコレクションを表示するためのカスタム エクスペリエンスを作成することができます。An ItemsRepeater control can creature a custom experience for displaying collections to your users. ItemsRepeater では、包括的なエンドユーザー エクスペリエンスまたは既定の UI は提供されません。ItemsRepeater does not provide a comprehensive end-user experience or a default UI. その代わり、この構成要素を使用することで、独自の一意のコレクション ベースのエクスペリエンスおよびカスタム コントロールを作成することができます。Instead, it’s a building block that you can use to create your own unique collection-based experiences and custom controls.
教育のヒントTeaching tip 教育のヒントは、コンテキスト情報を提供する半永続的で内容豊富なポップアップです。A teaching tip is a semi-persistent and content-rich flyout that provides contextual information. ユーザーに対して新機能または重要な機能について通知したり、リマインドしたり、説明したりする場合に、このコントロールを使用できます。You can use this control for informing, reminding, and teaching users about new or important features.
UI コマンド処理UI commanding UWP アプリでのコマンド処理では、使用しているデバイスおよび入力の種類に関係なく、XamlUICommand クラスおよび StandardUICommand クラスを (ICommand インターフェイスと共に) 使用してさまざまなコントロール型にわたりコマンドを共有および管理します。With commanding in UWP apps, use the XamlUICommand and StandardUICommand classes (along with the ICommand interface) to share and manage commands across various control types, regardless of the device and input type being used.
Windows UI ライブラリWindows UI Library Windows UI ライブラリの最新の公式バージョンである WinUI 2.1 には、ご利用の Windows アプリ向けにさまざまな新しい XAML コントロールが用意されています。The latest official version of the Windows UI Library – WinUI 2.1 – provides vibrant new XAML controls for your Windows app. WinUI ライブラリの API は以前のバージョンの Windows 10 で実行できるため、最新 OS を使用していないユーザーのサポート用にバージョン チェックや条件付き XAML を含める必要はありません。WinUI library APIs run on earlier versions of Windows 10, so you don’t have to include version checks or conditional XAML to supports users who aren’t on the latest OS.
デスクトップ アプリでのビジュアル レイヤーVisual Layer in Desktop apps デスクトップ アプリケーションで UWP ビジュアル レイヤー API を使用できるようになりました。You can now use the UWP Visual layer APIs in desktop applications. これらの API は、グラフィックス、効果、およびアニメーション用の高パフォーマンスの保持モード API を提供し、Windows デバイス間で UI の基盤となります。These APIs provide high performance retrained-mode API for graphics, effects, and animations, and are the foundation for UI across Windows devices.
Z 深度とシャドウZ-depth and shadow ご利用の UWP アプリで昇格を作成するには、Z 深度とシャドウを使用します。Use Z-depth and shadow to create elevation in your UWP app. この新機能を使用すると、ご利用のアプリの UI を見やすくし、ユーザーが集中すべき重要なこととは何かを適切に伝えることができます。This new features lets you make your app's UI easier to scan, and better conveys what's important for your users to focus on.

Windows アプリを開発Develop Windows apps

機能Feature 説明Description
マルウェア対策スキャン インターフェイス (AMSI)Antimalware Scan Interface (AMSI) マルウェアからの保護にマルウェア対策スキャン インターフェイス (AMSI) がどのように役立つのかを学んでから、サンプル コードを確認して、それをご利用のデスクトップ アプリに実装する方法を学んでください。Learn how the Antimalware Scan Interface (AMSI) helps you defend against malware, then check out the sample code to learn how to implement it in your Desktop app.
C++/WinRT 2.0C++/WinRT 2.0 C++/WinRT のバージョン 2.0 がリリースされています。Version 2.0 of C++/WinRT has been released. 新しい変更および追加の詳細な要約については、「what's new in C++/WinRT」 (C++/WinRT の新機能) を参照してください。Check out what's new in C++/WinRT for a full run-down of all the new changes and additions.
プラットフォームの選択Choose your platform 新しいデスクトップ アプリケーションの作成に関心がありますか?Interested in creating a new desktop application? UWP、WPF、Windows フォームの各プラットフォームの詳細な説明と比較、および Win32 API の詳細については、改訂されたプラットフォームの選択に関するページをご覧ください。Check out our revamped Choose your platform page for detailed descriptions and comparisons of the UWP, WPF, and Windows Forms platforms, and further information on the Win32 API.
メッセージ エージェントConversational agent Windows.ApplicationModel.ConversationalAgent 名前空間を使用すれば、Windows プラットフォームの Agent Activation Runtime (AAR) でサポートされている任意のデジタル アシスタントをご利用の Windows アプリに追加できます。The Windows.ApplicationModel.ConversationalAgent namespace lets you add any digital assistance supported by the Windows platform Agent Activation Runtime (AAR) to your Windows app.
クラウド ファイル APICloud files API "クラウド ファイル API " を使用すると、プレースホルダー ファイルをサポートするクラウド同期エンジンを構築できます。The cloud files API allows you to build a cloud sync engine that supports placeholder files.
Direct 3D 12Direct 3D 12 Direct3D 12 のレンダリング パスでは、レンダラーがタイルベースの遅延レンダリング (TBDR) などの手法に基づいている場合、レンダラーのパフォーマンスを向上させることができます。Direct3D 12 render passes can improve the performance of your renderer if it's based on Tile-Based Deferred Rendering (TBDR), among other techniques. この手法では、ご利用のレンダラーで GPU の効率が改善されるように支援します。そのために、ご利用のアプリケーションがリソース レンダリングの順序付けの要件とデータの依存関係をより適切に識別できるようにします。The technique helps your renderer improve GPU efficiency by enabling your application to better identify resource rendering ordering requirements and data dependencies. これにより、オフチップ メモリとの間のメモリ トラフィックが減少します。This reduces memory traffic to/from off-chip memory.
Direct Machine Learning (DirectML)Direct Machine Learning (DirectML) DirectML は、機械学習向けの低レベルのハードウェア アクセラレータ対応 API です。DirectML is a low-level hardware-accelerated API for machine learning. これは、DirectX 12 のスタイルの使い慣れた (ネイティブ C++、nano-COM) プログラミング インターフェイスとワークフローを備えています。It has a familiar (native C++, nano-COM) programming interface and workflow in the style of DirectX 12. 機械学習の推測ワークロードをゲーム、エンジン、ミドルウェア、バックエンド、およびその他のアプリケーションに統合できます。You can integrate machine learning inferencing workloads into your game, engine, middleware, backend, or other application. DirectML は、すべての DirectX 12 と互換性のあるハードウェアによってサポートされています。DirectML is supported by all DirectX 12-compatible hardware.
DirectX HLSLDirectX HLSL HLSL Shader Model 6.4 では、DirectML で使用するための新しい機械学習組み込みが提供されます。HLSL Shader Model 6.4 provides new machine learning intrinsics for use with DirectML.
ドライバーの開発Driver development Windows ドライバー開発者向けに、オーディオ、カメラ、ディスプレイ、ネットワーク、モバイル ブロードバンド、印刷、センサー、ストレージ、および WiFi の新しい機能が追加されました。New audio, camera, display, networking, mobile broadband, print, sensor, storage, and wifi features have been added for Windows driver developers. 詳細については、「ドライバー開発に関する最新情報」をご覧ください。Check out What's new in driver development for further details.
ファイル システムの操作File system operations このベスト プラクティス ガイドは、お客様が Windows.Storage.FileIO クラスおよび Windows.Storage.PathIO クラスを使用してファイル システム I/O 操作を実行するのに役立ちます。This best practice guide can help you best use the Windows.Storage.FileIO and Windows.Storage.PathIO classes to perform file system I/O operations.
ゲームパッドとリモコンの操作Gamepad and remote control interactions ゲームパッドとリモコンの操作を使用すれば、使いやすくアクセスしやすい操作エクスペリエンスを構築できます。Use gamepad and remote control interactions to build usable and accessible interaction experiences. これらの操作により、ご利用のアプリケーションを、2 ft (60 cm) 離れた場所からでも 10 ft (3 m) 離れた場所からでも同様に直感的で使いやすいものとすることができます。With these interactions, your application can be as intuitive and easy to use from two feet away as it is from ten feet away.
日本の年号の変更Japanese era change 2019 年 5 月 1 日に実施された日本の年号の変更にご利用の Windows アプリケーションが確実に対応できるようにする方法を示すために、こちらの手順を用意しました。We've provided these instructions to show you how to ensure your Windows application is ready for the Japanese era change set to take place on May 1, 2019. このページは日本語でもご覧いただけますThis page is also available in Japanese.
WPF、Windows フォーム、および WinUI のオープン ソースOpen Source of WPF, Windows Forms, and WinUI WPF、Windows フォーム、WinUI UX フレームワークを、GitHub 上のオープンソース共同作成者が利用できるようになりました。The WPF, Windows Forms, and WinUI UX frameworks are now available for open-source contributions on GitHub. 詳細とリンクについては、Windows アプリの作成に関するブログ記事を参照してください。For more information and links, see the building Windows apps blog.
Xbox 用のプログレッシブ Web アプリProgressive Web Apps for Xbox Xbox One 用のプログレッシブ Web アプリを使用すれば、既存のフレームワーク、CDN、およびサーバー バックエンドを引き続き使用しながら、Web アプリケーションを拡張してそれを Microsoft Store 経由で Xbox One アプリとして使用可能にすることができます。With Progressive Web Apps for Xbox One, you can extend a web application and make it available as an Xbox One app via Microsoft Store while still continuing to use your existing frameworks, CDN and server backend. ほとんどのパーツについては、Windows の場合と同じ方法で、ご自分の Xbox One 用 PWA をパッケージ化することができます。For the most part, you can package your PWA for Xbox One in the same way you would for Windows. このガイドでは、そのプロセスについて順を追って説明し、主な違いを強調表示します。This guide will walk you through the process, and highlight the key differences.
Project RomeProject Rome Project Rome SDK が Android および iOS で利用できるようになりました。The Project Rome SDK is now available for Android and iOS. Graph 通知を次の各プラットフォームに統合する方法について説明します: Android および iOSLearn how to integrate Graph notifications with each platform: Android and iOS.
リモート カメラRemote cameras DeviceWatcher クラスを使用すれば、リモート カメラに接続し、そのカメラからのフレームをご利用の Windows アプリに読み込むことができます。Use the DeviceWatcher class to connect to remote cameras, and read frames from those cameras into your Windows app.
デスクトップ アプリケーションの UWP コントロール (XAML Islands)UWP controls in desktop applications (XAML islands) WPF、Windows フォーム、および C++ Win32 デスクトップ アプリケーションで UWP コントロールをホストするための Windows SDK の API は、開発者向けプレビューに表示されなくなりました。The APIs in the Windows SDK for hosting UWP controls in WPF, Windows Forms, and C++ Win32 desktop applications are no longer in developer preview. 詳細については、デスクトップ アプリケーションでの UWP コントロールに関するページを参照してください。For more information, see UWP controls in desktop applications.
Visual Studio 2019Visual Studio 2019 すべての開発者、アプリ、またはプラットフォーム用の最新のツールとサービスを備えた Visual Studio 2019 がリリースされています。Visual Studio 2019 has been released, with the latest tools and services for any developer, app, or platform. 最新情報および使い始める方法については、「Visual Studio 2019 の新機能」をご覧ください。Check out What's new in Visual Studio 2019 to learn the latest and to get started.
Win32 WebViewWin32 WebView よく寄せられる質問では、デスクトップ アプリケーションで Microsoft Edge WebView を使用する際の一般的な質問に対する回答、サンプルおよびその他のリソースへのリンクが提供されています。Our frequently asked questions provide answers to common questions when using the Microsoft Edge WebView in desktop applications, as well as links to samples and additional resources.
Windows コマンド ラインWindows Command Line コンソールの新機能には、スクロール、カーソルの形状、およびカーソルの色に関する設定がある実験用の [ターミナル] タブが含まれています。New Console features include the experimental Terminal tab, with settings for scrolling, Cursor shape, and Cursor colors. 詳細については、開発者向けの Windows コマンド ライン ツールに関するブログ記事を参照してください。Learn more on the Windows Command Line Tools For Developers blog.
Windows コミュニティ ツールキットWindows Community Toolkit Windows コミュニティ ツールキット v5.1 では、アニメーション、リモート デバイス、画像のトリミング、およびアクセシビリティに対して魅力的な更新プログラムが提供されています。Windows Community Toolkit v5.1 provides exciting updates for animation, remote devices, image cropping, and accessibility.
• 新しい Lottie-Windows ライブラリでは、Windows.UI.Composition API を利用することによって Windows 10 (1809) 上での高品質のアニメーションがサポートされ、さらに Bodymovin JSON ファイルの使用、またはご利用の Windows アプリで再生するための最適化されたコード生成クラスの使用が考慮されています。• The new Lottie-Windows library provides high quality animation support on Windows 10 (1809) by utilizing the Windows.UI.Composition APIs, and allows for the consumption of Bodymovin JSON files or optimized code-generated classes for playback in your Windows apps. アニメーションのテストを行い、ご利用の Windows アプリ用に最適化されたコードを生成するために、Microsoft Store からの新しい Lottie Viewer アプリを試してみてください。Try the new Lottie Viewer app from the Microsoft Store to test out animations and generate optimized code for your Windows apps.
• 新しいリモート デバイス ピッカーを使用すると、ユーザーはデバイス (近距離またはクラウドからアクセス可能) を選択したり、そのデバイス上でアプリを起動したり、リモート デバイス上のアプリ サービスと通信したりできます。• The new Remote Device Picker allows a user to select a device (proximally or cloud accessible), launch an app on that device, or communicate with app services on the remote device.
• 新しいImageCropper コントロールでは、プロフィール画像を選択するため、または写真編集ツールを使用するのトリミング機能が統合されています。• The new ImageCropper control integrates cropping functionality for selecting profile pictures or for using photo editing tools.
• さらに、コントロールに対するアクセシビリティーの向上や WPF および WinForms 用の Microsoft.Toolkit.Win32 6.0 プレビュー パッケージ更新プログラムの他にも、リリース ノートで確認できる機能があります。• In addition, there have been accessibility improvements on the controls, a Microsoft.Toolkit.Win32 6.0 preview package update for WPF and WinForms, and more features that you can read about in the release notes.
Windows Machine LearningWindows Machine Learning Windows AI ドキュメントをデザインし直して次の 3 つの領域に分けました: Windows Machine Learning (WinML)、Windows Vision Skills、および Direct Machine Learning (DirectML)。We've redesigned the Windows AI docs, splitting them into three areas: Windows Machine Learning (WinML), Windows Vision Skills, and Direct Machine Learning (DirectML). 新しいランディング ページを確認してくださいCheck out the new landing page
MLGen エクスペリエンスは、Visual Studio で変更中です。• The MLGen experience is changing in Visual Studio. バージョン 1903 以降の Windows 10 では、mlgenが Windows 10 SDK に含まれなくなりました。In Windows 10, version 1903 and later, mlgen is no longer included in the Windows 10 SDK. VS 2017 を使用している場合は、代わりに Visual Studio の拡張機能 Windows Machine Learning Code Generator VS 2017 をダウンロードしてインストールする必要があります。If you're using VS 2017, you should instead download and install the Visual Studio extension, Windows Machine Learning Code Generator VS 2017. Visual Studio 2019 を使用している場合は、拡張機能 Windows Machine Learning Code Generator をインストールする必要があります。If you're using Visual Studio 2019, you should install the Windows Machine Learning Code Generator extension.
• また、新たにウェイト パッキング用のサポートを発表できることを誇りに思います。• We're also proud to announce new support for weight packing. 開発者は、WinMLTools コンバーターを介して利用可能になるウェイト パッキングと呼ばれる手法を使用して、ML モデルのディスク占有領域を削減できるようになりました。Developers now can reduce the disk footprint of their ML models by using a technique called weight packing, made available through the WinMLTools converter.
WinRT 統合リファレンスWinRT consolidated reference WinRT API の構造体の定義に関して特定の詳細なノートを提供するために、WinRT 型システムおよび WinMD ファイルの詳細な説明を追加しました。We've added full description of the WinRT type system and WinMD files, to provide specific in-depth notes about the definitions about the structure of WinRT APIs.
Windows Subsystem for Linux (WSL)Windows Subsystem for Linux (WSL) WSL に対する最近の更新プログラムには、エクスプローラーを使用して Windows から Linux ファイルにアクセスする機能と、wsl.exe および wslconfig.exe 用のいくつかの新しいコマンドが含まれています。Recent updates to WSL include the ability to access Linux files from Windows using File Explorer, and some new commands for wsl.exe and wslconfig.exe.
Windows Vision SkillsWindows Vision Skills Windows Vision Skills は API セットです。これを使用することで、顔認識などの "スキル" を作成してから、他のアプリで使用できる NuGet パッケージとしてそれらをパッケージ化することができ、そのために機械学習モデルを追加する必要はありません。Windows Vision Skills is a set of APIs that lets you create “skills,” like facial recognition, and then package them up as a NuGet package that other apps can consume, without even needing to include a machine learning model.

Windows アプリを公開および収益化するPublish & Monetize Windows apps

機能Feature 説明Description
MSIXMSIX Windows 10 ビルド 1709 および 1803 での MSIX サポートに関するページでは、Windows 10 バージョン 1809 より前のバージョンでサポートされている MSIX 機能について説明しています。MSIX support on Windows 10 builds 1709 and 1803 describes which MSIX features are supported on versions before Windows 10, version 1809.
MSIX パッケージ化とデプロイMSIX packaging and deployment MSIX パッケージでのパッケージのカスタマイズを容易にするために、修正パッケージに関連する改良点をいくつか導入しました。We introduced several improvements related to modification packages to make it easier to package customizations in an MSIX package. これらの改良点には、パッケージ マニフェスト内の新しい rescap6:ModificationPackage 要素、メイン パッケージ内のファイルを変更パッケージでオーバーライドする機能、およびファイル システム ベースのプラグインを MSIX 修正パッケージとしてパッケージ化する機能が含まれます。These improvements include the new rescap6:ModificationPackage element in the package manifest, the ability to override a file in the main package with a modification package, and the ability to package a file system based plug-in as an MSIX modification package.
MSIX パッケージ作成ツールMSIX Packaging Tool リモート コンピューター上で変換を実行するためのサポートを追加しました。• We added support for performing conversions on a remote machine. また、ツールの新しい機能への早期のアクセスを可能にする MSIX パッケージ作成ツールの Insider Program を導入しました。We also introduced the MSIX Packaging Tool Insider Program to offer early access to new tool features.
1709 以降の MSIX パッケージのサポートに関するページで、MSIX パッケージ作成ツールを使用して、Windows 10 バージョン 1709 および 1803 に専用のパッケージを構築する方法について説明しています。MSIX Package support on 1709 and later provides guidance about using the MSIX Packaging Tool to build packages specifically for Windows 10, versions 1709 and 1803.
• 「MSIX packaging environment on Hyper-V Quick Create」 (Hyper-V クイック作成での MSIX パッケージ化) では、MSIX パッケージ プロジェクト用の仮想環境の作成方法を示しています。MSIX packaging environment on Hyper-V Quick Create shows how to create a virtual environment for MSIX packaging projects.
• 「MSIX パッケージのバンドル」では、MSIX パッケージ作成ツールを使用してパッケージ バンドルを作成するための手順を説明しています。Bundle MSIX packages provides instructions for creating a package bundle using the MSIX Packaging Tool.
• 「Modification packages on Windows 10 version 1809」 (Windows 10 バージョン 1809 での修正パッケージ) には、MSIX パッケージ作成ツールおよび MakeApp.exe を使用して Windows 10 バージョン 1809 以降のバージョン用の修正パッケージを作成するための手順が含まれています。Modification packages on Windows 10 version 1809 contains instructions for creating a modification package for Windows 10 version 1809 and later versions using the MSIX Packaging Tool and MakeApp.exe.
MSIX SDKMSIX SDK MSIX SDK を使用してクロスプラットフォーム用のパッケージを作成して、パッケージの展開先とするターゲット プラットフォームを指定する方法を学んでください。Use the MSIX SDK to build a package for cross-platform use, and learn how to specify the target platforms to which you want your packages to extract.

Microsoft LearnMicrosoft Learn

Microsoft Learn は、新しい実践的な学習とトレーニングの機会を Microsoft 開発者に提供します。Microsoft Learn provides new hands-on learning and training opportunities to Microsoft developers.

ビデオVideos

プログレッシブ Web アプリProgressive Web Apps

プログレッシブ Web アプリは、さまざまなブラウザおよび各種 Windows 10 デバイスでネイティブ アプリのように機能する Web サイトです。Progressive Web Apps are web sites that function like native apps across different browsers and a wide variety of Windows 10 devices. ビデオをご覧になって詳細を学習してから、ドキュメントを参照して使用を開始してください。Watch the video to learn more, and then check out the docs to get started.

VS Code シリーズVS Code series

VSCode とは何か、その使用方法、および作成方法については、Visual Studio Code に関する新しいビデオ シリーズをご覧ください。Check out our new video series on Visual Studio Code for information about what VSCode is, how to use it, and how it was created.

複合現実サービスMixed Reality services

HoloLens 2 が最近発表されました。HoloLens 2 was recently announced. 最新の情報および開発に参加し開発を開始する方法については、複合現実に関するビデオ シリーズをご覧ください。Check out this video series on Mixed Reality for the latest information, and how you can get involved and start developing.

One Dev QuestionOne Dev Question

One Dev Question ビデオ シリーズでは、ベテランの Microsoft 開発者が Windows 開発、チーム カルチャー、および歴史に関する一連の質問に答えています。In the One Dev Question video series, longtime Microsoft developers cover a series of questions about Windows development, team culture, and history.