ncacn _ np 属性

ncacn _ np キーワードは、エンドポイントのプロトコル ファミリとして名前付きパイプを識別します。

endpoint("ncacn_np:server-name[\\pipe\\pipe-name]")

パラメーター

server-name

省略可能。 サーバーの名前を指定します。 円記号は省略可能です。

pipe-name

有効なパイプ名を指定します。 有効なパイプ名は、円記号で区切られた識別子を含む文字列です。 最初の識別子はパイプ である 必要があります。 各識別子は、2 つの円記号で区切る必要があります。

解説

サーバーは、任意のクライアントで使用できる名前付きパイプのインスタンスを作成します。 クライアントが接続しようとすると、既存のインスタンスがそのクライアントに関連付けられる。 別のクライアントが接続する前に、サーバーは名前付きパイプの別のインスタンスを作成する必要があります。 新しいインスタンスが作成される前にクライアントがサーバーにバインドしようとすると、バインディング呼び出し RpcBindingFromStringBindingがエラー メッセージ RPC _ S SERVER TOO _ _ _ BUSY で失敗する可能性があります。 そのため、サーバーがビジー状態で接続を受け入れすぎる場合は、クライアント アプリケーションで処理する必要があります。 クライアントは自動的に再試行するか、ユーザーに一般的な操作を求めるか、正常に失敗します。

名前付きパイプ ポート文字列の構文は、すべてのポート文字列と同様に、トランスポート実装によって定義され、IDL 仕様に依存しません。 MIDL コンパイラは、限られた構文チェックを実行しますが、エンドポイントの指定が正しいとは限らない。 エラーの一部のクラスは、コンパイル時ではなく実行時に報告される場合があります。

[
    uuid(12345678-4000-2006-0000-20000000001a), 
    version(1.1), 
    endpoint("ncacn_np:[\\pipe\\stove\\hat]") 
] 
interface iface1
{
    // Interface definition statements.
}

[
    uuid(87654321-4000-2006-0000-20000000001b), 
    version(1.1), 
    endpoint("ncacn_np:\\\\myotherserver[\\pipe\\corncob]") 
] 
interface iface2
{
    // Interface definition statements.
}

関連項目

endpoint

インターフェイス定義 (IDL) ファイル

ncacn _ at _ dsp

ncacn _ dnet _ nsp

ncacn _ ip _ tcp

ncacn _ nb _ ipx

ncacn _ spx

ncacn _ nb _ nb

ncacn _ nb _ tcp

ncacn _ vns _ spp

ncalrpc

ncadg _ ipx

ncadg _ ip _ udp

文字列バインディング