S (分離アプリケーションと Side-by-side アセンブリ)

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

共有 side-by-side アセンブリ

共有 side-by-side アセンブリは、コンピューター上の複数のアプリケーションで使用できます。 このファイルは、Windows ディレクトリの Winsxs フォルダーにインストールされます。 アプリケーションと管理者は、アプリケーション構成を指定することによって、使用する共有アセンブリのバージョンを管理できます。 Side-by-side アセンブリには、アセンブリに関する情報をオペレーティングシステムに提供するマニフェストファイルが常に付属しています。

side-by-side アセンブリ

Side-by-side アセンブリは、マニフェストを伴う Win32 アセンブリです。 Side-by-side アセンブリには、一連のリソース (Dll のグループ、windows クラス、COM サーバー、タイプライブラリ、インターフェイスなど) が含まれています。これらは常にアプリケーションに提供されます。

side-by-side アセンブリ共有

Side-by-side アセンブリを使用して、複数のアプリケーション間でアセンブリを安全に共有し、DLL の競合などの共有の悪影響を相殺します。 すべてのアプリケーションとの下位互換性を前提とした1つのバージョンのアセンブリを使用するのではなく、side-by-side アセンブリ共有を使用すると、複数のバージョンの Win32 アセンブリをシステム上で同時に実行できます。 Side-by-side アセンブリには、アセンブリに関する情報をオペレーティングシステムに提供するアセンブリマニフェストファイルが常に付属しています。 アプリケーションと管理者は、アプリケーションの構成をグローバルまたはアプリケーションごとに更新することによって、展開後にサイドバイサイドのアセンブリ共有を管理できます。