Windows Subsystem for Linux のリリースノートRelease Notes for Windows Subsystem for Linux

ビルド18945Build 18945

ビルド18945の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 18945 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • [WSL2]Localhost: port を使用して、WSL2 のリスニング tcp ソケットにホストからアクセスできるようにします[WSL2] Allow listening tcp sockets in WSL2 to be accessible from the host by using localhost:port
  • [WSL2]インストール/変換エラーの修正と今後の問題を追跡するための追加の診断 [GH 4105][WSL2] Fixes for install / conversion failures and additional diagnostics to track down future issues [GH 4105]
  • [WSL2]Diagnosability WSL2 のネットワークの問題を改善する[WSL2] Improve diagnosability of WSL2 network issues
  • [WSL2]カーネルバージョンを4.19.55 に更新する[WSL2] Update kernel version to 4.19.55
  • [WSL2]Docker に必要な構成オプションを使用してカーネルを更新する [GH 4165][WSL2] Update kernel with config options required for docker [GH 4165]
  • [WSL2]ライトウェイトユーティリティ VM に割り当てられた Cpu の数を、ホストと同じになるように増やします (以前はカーネル構成の CONFIG_NR_CPUS によって8個に制限されていました) [GH 4137][WSL2] Increase the number of CPUs assigned to the lightweight utility VM to be the same as the host (was previously capped at 8 by CONFIG_NR_CPUS in the kernel config) [GH 4137]
  • [WSL2]WSL2 ライトウェイト VM 用のスワップファイルを作成する[WSL2] Create a swap file for the WSL2 lightweight VM
  • [WSL2]Wsl $ \ \ディストリビューションを使用してユーザーのマウントを表示できるようにします (例 sshfs) [GH 4172]\[WSL2] Allow user mounts to be visible via \\wsl$\distro (for example sshfs) [GH 4172]
  • [WSL2]9p ファイルシステムのパフォーマンスの向上[WSL2] Improve 9p filesystem performance
  • [WSL2]Vhd ACL が無制限に拡張されないようにする [GH 4126][WSL2] Ensure vhd ACL does not grow unbounded [GH 4126]
  • [WSL2]Squashfs と xt_conntrack をサポートするようにカーネル構成を更新する [GH 4107, 4123][WSL2] Update kernel config to support squashfs and xt_conntrack [GH 4107, 4123]
  • [WSL2]Interop の修正。 enabled/etc/wsl.conf オプション [GH 4140][WSL2] Fix for interop.enabled /etc/wsl.conf option [GH 4140]
  • [WSL2]ファイルシステムで EAs がサポートされていない場合は、ENOTSUP を返します。[WSL2] Return ENOTSUP if the file system does not support EAs
  • [WSL2]Wsl $ で\CopyFile hang を\修正します[WSL2] Fix CopyFile hang with \\wsl$
  • 既定の umask を0022に切り替え、/etc/wsl.conf にファイルシステムの umask 設定を追加します。Switch default umask to 0022 and add filesystem.umask setting to /etc/wsl.conf
  • シンボリックリンクを適切に解決するために wslpath を修正しました。これは19h1 で低下したました [GH 4078]Fix wslpath to properly resolve symlinks, this was regressed in 19h1 [GH 4078]
  • WSL2 設定を調整\するための% UserProfile%. wslconfig ファイルの導入Introduce %UserProfile%\.wslconfig file for tweaking WSL2 settings
[wsl2]
kernel=<path>              # An absolute Windows path to a custom Linux kernel.
memory=<size>              # How much memory to assign to the WSL2 VM.
processors=<number>        # How many processors to assign to the WSL2 VM.
swap=<size>                # How much swap space to add to the WSL2 VM. 0 for no swap file.
swapFile=<path>            # An absolute Windows path to the swap vhd.
localhostForwarding=<bool> # Boolean specifying if ports bound to wildcard or localhost in the WSL2 VM should be connectable from the host via localhost:port (default true).

# <path> entries must be absolute Windows paths with escaped backslashes, for example C:\\Users\\Ben\\kernel
# <size> entries must be size followed by unit, for example 8GB or 512MB

ビルド18917Build 18917

ビルド18917の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 18917 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • WSL 2 が利用可能になりました。WSL 2 is now available! 詳細については、ブログを参照してください。Please see blog for more details.
  • シンボリックリンクを使用した Windows プロセスの起動が正常に機能しない回帰を修正する [GH 3999]Fix a regression where launching Windows processes via symlinks did not work correctly [GH 3999]
  • Wsl--list--verbose, wsl--list--quiet, および wsl .exe--import--version オプションを wsl に追加します。Add wsl.exe --list --verbose, wsl.exe --list --quiet, and wsl.exe --import --version options to wsl.exe
  • Wsl--shutdown オプションを追加します。Add wsl.exe --shutdown option
  • プラン 9:書き込み用のディレクトリを開くことを成功させるPlan 9: Allow opening a directory for write to succeed

ビルド18890Build 18890

ビルド18890の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 18890 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • 非ブロッキングソケットリーク [GH 2913]Non-blocking socket leak [GH 2913]
  • ターミナルへの EOF 入力が後続の読み取りをブロックする可能性がある [GH 3421]EOF input to terminal can block subsequent reads [GH 3421]
  • Resolv.conf を参照するようにを更新する (GH 3928 で説明)Update resolv.conf header to refer to wsl.conf [discussed in GH 3928]
  • Epoll delete コードでのデッドロック [GH 3922]Deadlock in epoll delete code [GH 3922]
  • --Import および– export の引数内のスペースを処理する [GH 3932]Handle spaces in arguments to --import and –export [GH 3932]
  • Mmap ファイルの拡張が正しく機能しない [GH 3939]Extending mmap’d files does not work properly [GH 3939]
  • ARM64 \wsl $ アクセスが正常に動作しない問題を修正しますFix issue with ARM64 \wsl$ access not working properly
  • Wsl のより適切な既定のアイコンを追加するAdd better default icon for wsl.exe

ビルド18342Build 18342

ビルド18342の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 18342 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • Windows から WSL ディストリビューションの Linux ファイルにユーザーがアクセスできる機能が追加されました。We've added the ability for users to access Linux files in a WSL distro from Windows. これらのファイルには、コマンドラインを使用してアクセスできます。また、ファイルエクスプローラーや VSCode などの Windows アプリもこれらのファイルと対話できます。These files can be accessed through the command line, and also Windows apps, like file explorer, VSCode, etc. can interact with these files. \Wsl $ \ \ \< distro_name > に移動してファイルにアクセスするか、wsl $ に移動して実行中のディストリビューションの一覧を表示します。\Access your files by navigating to \\wsl$\<distro_name>, or see a list of running distributions by navigating to \\wsl$
  • CPU 情報タグを追加し、Cpus_allowed [リスト] の値を修正する [GH 2234]Add additional CPU info tags and fix Cpus_allowed[_list] values [GH 2234]
  • リーダー以外のスレッドからの exec のサポート [GH 3800]Support exec from non-leader thread [GH 3800]
  • 構成の更新エラーを致命的でないものとして扱う [GH 3785]Treat configuration update failures as non-fatal [GH 3785]
  • オフセットを正しく処理するように binfmt を更新する [GH 3768]Update binfmt to properly handle offsets [GH 3768]
  • プラン9のネットワークドライブのマッピングを有効にする [GH 3854]Enable mapping network drives for Plan 9 [GH 3854]
  • Windows > Linux および Linux をサポートする-bind マウント用の Windows パス変換 >Support Windows -> Linux and Linux -> Windows path translation for bind mounts
  • 読み取り専用で開かれたファイルのマッピングの読み取り専用セクションを作成するCreate read-only sections for mappings on files opened read-only

ビルド18334Build 18334

ビルド18334の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 18334 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • Windows タイムゾーンを Linux タイムゾーンにマップする方法の設計 [GH 3747]Redesign the way that Windows time zone is mapped to a Linux time zone [GH 3747]
  • メモリリークを修正し、新しい文字列変換関数を追加する [GH 3746]Fix memory leaks and add new string translation functions [GH 3746]
  • スレッドのない threadgroup の SIGCONT は、no op [GH 3741]SIGCONT on a threadgroup with no threads is a no-op [GH 3741]
  • /Proc/self/fd にソケットと epoll ファイル記述子を正しく表示するCorrectly display socket and epoll file descriptors in /proc/self/fd

ビルド18305Build 18305

ビルド18305の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 18305 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • pthreads プライマリスレッドが終了したときにファイルへのアクセスが失われる [GH 3589]pthreads lose access to files when the primary thread exits [GH 3589]
  • TIOCSCTTY は、必要な場合を除き、"force" パラメーターを無視する必要があります [GH 3652]TIOCSCTTY should ignore the “force” parameter unless it is required [GH 3652]
  • wsl コマンドラインの機能強化とインポート/エクスポート機能の追加。wsl.exe command line improvements and addition of import / export functionality.
Usage: wsl.exe [Argument] [Options...] [CommandLine]

Arguments to run Linux binaries:

    If no command line is provided, wsl.exe launches the default shell.

    --exec, -e <CommandLine>
        Execute the specified command without using the default Linux shell.

    --
        Pass the remaining command line as is.

Options:
    --distribution, -d <DistributionName>
        Run the specified distribution.

    --user, -u <UserName>
        Run as the specified user.

Arguments to manage Windows Subsystem for Linux:

    --export <DistributionName> <FileName>
        Exports the distribution to a tar file.
        The filename can be - for standard output.

    --import <DistributionName> <InstallLocation> <FileName>
        Imports the specified tar file as a new distribution.
        The filename can be - for standard input.

    --list, -l [Options]
        Lists distributions.

        Options:
            --all
                List all distributions, including distributions that are currently
                being installed or uninstalled.

            --running
                List only distributions that are currently running.

    -setdefault, -s <DistributionName>
        Sets the distribution as the default.

    --terminate, -t <DistributionName>
        Terminates the distribution.

    --unregister <DistributionName>
        Unregisters the distribution.

    --upgrade <DistributionName>
        Upgrades the distribution to the WslFs file system format.

    --help
        Display usage information.

ビルド18277Build 18277

ビルド18277の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 18277 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • ビルド18272で導入された "そのようなインターフェイスがサポートされていません" というエラーを修正する [GH 3645]Fix "no such interface supported" error introduced in build 18272 [GH 3645]
  • Umount syscall の MNT_FORCE フラグを無視する [GH 3605]Ignore the MNT_FORCE flag for umount syscall [GH 3605]
  • WSL 相互運用機能を切り替えて、正式な Create擬似コンソール API を使用するSwitch WSL interop to use the official CreatePseudoConsole API
  • FUTEX_WAIT の再起動時にタイムアウト値を保持しないMaintain no timeout value when FUTEX_WAIT restarts

ビルド18272Build 18272

ビルド18272の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 18272 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • 要するこのビルドには、WSL が動作しなくなる問題があります。WARNING: There is an issue in this build that makes WSL inoperable. ディストリビューションを起動しようとすると、"そのようなインターフェイスはサポートされていません" というエラーが表示されます。When trying to launch your distribution you will see a “No such interface supported” error. この問題は修正され、来週の Insider Fast ビルドに含まれるようになりました。The issue has been fixed and will be in next week's Insider Fast build. このビルドがインストールされている場合は、「設定-> Update & Security-> Recovery」の「以前のバージョンの Windows 10 に戻る」を使用して、以前の Windows ビルドにロールバックできます。If you've installed this build you can roll back to the previous Windows build using “Go back to the previous version of Windows 10” in Settings->Update & Security->Recovery.

ビルド18267Build 18267

ビルド18267の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 18267 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • ゾンビプロセスが reaped されず、無期限に保持される問題を修正します。Fix issue where zombie process may not be reaped and remain indefinitely.
  • エラーメッセージが最大長を超えた場合、WslRegisterDistribution がハングする [GH 3592]WslRegisterDistribution hangs if error message exceeds max length [GH 3592]
  • DrvFs で読み取り専用ファイルの fsync を正常に実行できるようにする [GH 3556]Allow fsync to succeed for read-only files on DrvFs [GH 3556]
  • [GH 3584] 内にシンボリックリンクを作成する前に、/bin と/sbin ディレクトリが存在することを確認します。Ensure that /bin and /sbin directories exist before creating symlinks inside [GH 3584]
  • WSL インスタンスのインスタンス終了タイムアウトメカニズムが追加されました。Added an instance termination timeout mechanism for WSL instances. タイムアウトは現在15秒に設定されています。つまり、最後の WSL プロセスが終了してから15秒後にインスタンスが終了します。The timeout is currently set to 15 seconds, meaning the instance will terminate 15 seconds after the last WSL process exits. ディストリビューションをすぐに終了するには、次のように使用します。To terminate a distribution immediately, use:
wslconfig.exe /terminate <DistributionName>

ビルド 17763 (1809)Build 17763 (1809)

ビルド17763の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17763 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • 同じスレッド優先順位を変更するための setpriority syscall アクセス許可チェックが strict すぎます [GH 1838]Setpriority syscall permission check too strict for changing same thread priority [GH 1838]
  • Clock_gettime (CLOCK_BOOTTIME) の負の値が返されないように、起動時間にバイアスをかけない割り込み時間を使用することを確認してください () [GH 3434]Ensure that unbiased interrupt time is used for boot time to avoid returning negative values for clock_gettime(CLOCK_BOOTTIME) [GH 3434]
  • WSL binfmt インタープリターでのシンボリックリンクの処理 [GH 3424]Handle symlinks in the WSL binfmt interpreter [GH 3424]
  • Threadgroup リーダーファイル記述子のクリーンアップをより適切に処理します。Better handling of threadgroup leader file descriptor cleanup.
  • KeQueryPerformanceCounter ではなく KeQueryInterruptTimePrecise を使用してオーバーフローを回避するように WSL を切り替える [GH 3252]Switch WSL to use KeQueryInterruptTimePrecise instead of KeQueryPerformanceCounter to avoid overflow [GH 3252]
  • Ptrace をアタッチすると、システムコールから無効な戻り値が返される [GH 1731]Ptrace attach may cause bad return value from system calls [GH 1731]
  • AF_UNIX 関連のいくつかの問題を修正する [GH 3371]Fix several AF_UNIX related issues [GH 3371]
  • 現在の作業ディレクトリの長さが5文字未満の場合に WSL 相互運用機能が失敗する原因となる問題を修正しました [GH 3379]Fix issue that could cause WSL interop to fail if the current working directory is less than 5 characters long [GH 3379]
  • 存在しないポートへのループバック接続で1秒間の遅延が発生しないようにする [GH 3286]Avoid one second delay failing loopback connections to non-existent ports [GH 3286]
  • /Proc/sys/fs/file-max スタブファイルの追加 [GH 2893]Add /proc/sys/fs/file-max stub file [GH 2893]
  • より正確な IPV6 スコープ情報。More accurate IPV6 scope information.
  • PR_SET_PTRACER のサポート [GH 3053]PR_SET_PTRACER support [GH 3053]
  • パイプファイルシステムがエッジトリガーの epoll イベントを誤って消去しています [GH 3276]Pipe filesystem inadvertently clearing edge-triggered epoll event [GH 3276]
  • NTFS シンボリックリンクによって起動された Win32 実行可能ファイルがシンボリックリンク名を尊重しない [GH 2909]Win32 executable launched via NTFS symlink doesn't respect symlink name [GH 2909]
  • 強化されたゾンビサポート [GH 1353]Improved zombie support [GH 1353]
  • Windows 相互運用機能の動作を制御するための wsl のエントリを追加する [GH 1493]Add wsl.conf entries for controlling Windows interop behavior [GH 1493]
      [interop]
    
      enabled=false # enable launch of Windows binaries; default is true
    
      appendWindowsPath=false # append Windows path to $PATH variable; default is true
    
  • 常に UNIX ソケットファミリの種類を返す getsockname でないことを修正する [GH 1774]Fix for getsockname not always returning UNIX socket family type [GH 1774]
  • TIOCSTI のサポートを追加する [GH 1863]Add support for TIOCSTI [GH 1863]
  • 接続処理中の非ブロッキングソケットは、書き込み試行に EAGAIN を返します [GH 2846]Non-blocking sockets in the process of connecting should return EAGAIN for write attempts [GH 2846]
  • マウントされた Vhd での相互運用のサポート [GH 3246, 3291]Support interop on mounted VHDs [GH 3246, 3291]
  • ルートフォルダーでのアクセス許可チェックの問題の修正 [GH 3304]Fix permission checking issue on root folder [GH 3304]
  • TTY キーボード ioctl KDGKBTYPE、KDGKBMODE、および KDSKBMODE のサポートが制限されています。Limited support for TTY keyboard ioctls KDGKBTYPE, KDGKBMODE and KDSKBMODE.
  • Windows UI アプリは、バックグラウンドで起動した場合でも実行する必要があります。Windows UI apps should execute even when launched in the background.
  • Wsl-u または--user オプションを追加する [GH 1203]Add wsl -u or --user option [GH 1203]
  • 高速スタートアップが有効になっているときの WSL 起動の問題を修正する [GH 2576]Fix WSL launch issues when fast startup is enabled [GH 2576]
  • Unix ソケットが切断されたピア資格情報を保持する必要がある [GH 3183]Unix sockets need to retain disconnected peer credentials [GH 3183]
  • EAGAIN で無制限の非ブロッキング Unix ソケットが失敗する [GH 3191]Non-blocking Unix sockets failing indefinitely with EAGAIN [GH 3191]
  • case = off は新しい既定の drvfs マウントの種類 [GH 2937, 3212, 3328]case=off is the new default drvfs mount type [GH 2937, 3212, 3328]
    • 詳細については、ブログを参照してください。See blog for more information.
  • Wslconfig/terminate を追加して、実行中のディストリビューションを停止します。Add wslconfig /terminate to stop running distributions.
  • スペースを含むパスを正しく処理しない WSL シェルコンテキストメニューエントリの問題を修正します。Fix issue with the WSL shell context menu entries that do not correctly handle paths with spaces.
  • ディレクトリごとの大文字と小文字の区別を拡張属性として公開するExpose per-directory case sensitivity as an extended attribute
  • ARM64: キャッシュメンテナンス操作をエミュレートします。ARM64: Emulate cache maintenance operations. Dotnet の問題を解決します。Resolve dotnet issue.
  • DrvFs: エスケープされた文字に対応するプライベート範囲内の文字のみを unescape します。DrvFs: only unescape characters in the private range that correspond to an escaped character.
  • ELF パーサーインタープリターの長さの検証での1つずつのエラーの修正 [GH 3154]Fix off-by-one error in ELF parser interpreter length validation [GH 3154]
  • 過去の時間を持つ WSL 絶対タイマーが起動しない [GH 3091]WSL absolute timers with a time in the past do not fire [GH 3091]
  • 新しく作成された再解析ポイントが親ディレクトリに表示されていることを確認します。Ensure newly created reparse points are listed as such in the parent directory.
  • DrvFs に大文字と小文字を区別するディレクトリをアトミックに作成します。Atomically create case sensitive directories in DrvFs.
  • ファイルが存在する場合でも、マルチスレッド操作が ENOENT を返す可能性のある追加の問題を修正しました。Fixed an additional issue where multithreaded operations could return ENOENT even though the file exists. [GH 2712][GH 2712]
  • UMCI が有効になっているときの WSL 起動エラーを修正しました。Fixed WSL launch failure when UMCI is enabled. [GH 3020][GH 3020]
  • WSL [GH 437, 603, 1836] を起動するには、エクスプローラーのコンテキストメニューを追加します。Add explorer context menu to launch WSL [GH 437, 603, 1836]. を使用するには、エクスプローラーウィンドウで、shift キーを押しながら右クリックします。To use, hold shift and right-click when in an explorer window.
  • Unix ソケットの非ブロッキング動作の修正 [GH 2822、3100]Fix Unix socket non-blocking behavior [GH 2822, 3100]
  • GH 2026 で報告されているように、ハングしている NETLINK コマンドを修正しました。Fix hanging NETLINK command as reported in GH 2026.
  • マウント伝達フラグ [GH 2911] のサポートを追加します。Add support for mount propagation flags [GH 2911].
  • Truncate で inotify イベントが発生しない問題を修正する [GH 2978]。Fix issue with truncate not causing inotify events [GH 2978].
  • シェルを使用せずに1つのバイナリを呼び出すには、wsl の--exec オプションを追加します。Add --exec option for wsl.exe to invoke a single binary without a shell.
  • 特定のディストリビューションを選択するには、wsl のディストリビューションオプションを追加します。Add --distribution option for wsl.exe to select a specific distro.
  • Dmesg のサポートが制限されています。Limited support for dmesg. アプリケーションは、dmesg にログを記録できるようになりました。Applications can now log to dmesg. WSL ドライバーは、制限された情報を dmesg に記録します。WSL driver logs limited information to dmesg. 将来は、この機能を拡張して、ドライバーから他の情報や診断情報を伝達することができます。In future, this can be extended to carry other information/diagnostics from the driver.
    • 注: 現在、 /dev/kmsg dmesg はデバイスインターフェイスでサポートされています。Note: dmesg is currently supported through the /dev/kmsg device interface. syslogsyscall インターフェイスはまだサポートされていません。syslog syscall interface is not yet supported. そのため、などの一部のdmesgコマンドラインオプション-S -Cは機能しません。And, so, some of the dmesg command line options such as -S, -C don't work.
  • ネイティブと一致するように既定の gid とシリアルデバイスのモードを変更する [GH 3042]Change default gid and mode of serial devices to match native [GH 3042]
  • DrvFs は拡張属性をサポートするようになりました。DrvFs now supports extended attributes.
    • 注:DrvFs では、拡張属性の名前にいくつかの制限があります。Note: DrvFs has some limitations on the name of extended attributes. 一部の文字 ('/'、': '、'*' など) は使用できません。また、拡張属性名は、drvfs では大文字と小文字が区別されません。Some characters (like '/', ':' and '*') are not allowed, and extended attribute names are not case sensitive on DrvFs

ビルド 18252 (前へスキップ)Build 18252 (Skip Ahead)

ビルド18252の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 18252 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Init と bsdtar のバイナリを lxssmanager dll から別のツールフォルダーに移動するMove init and bsdtar binaries out of lxssmanager dll and into a separate tools folder
  • CLONE_FILES を使用するときのファイル記述子の終了に関する競合を修正します。Fix race around closing file descriptor when using CLONE_FILES
  • DrvFs パスを変換するときに/proc/pid/mountinfo の省略可能なフィールドを処理するHandle optional fields in /proc/pid/mountinfo when translating DrvFs paths
  • S_IFREG のメタデータをサポートせずに DrvFs mknod を正常に実行できるようにするAllow DrvFs mknod to succeed without metadata support for S_IFREG
  • DrvFs で作成される readonly ファイルは、readonly 属性セットを持つ必要があります [GH 3411]Readonly files created on DrvFs should have the readonly attribute set [GH 3411]
  • DrvFs のマウントを処理する/sbin/mount.drvfs helper を追加するAdd /sbin/mount.drvfs helper to handle DrvFs mounting
  • DrvFs で POSIX 名の変更を使用します。Use POSIX rename in DrvFs.
  • ボリューム GUID がないボリュームでパスの変換を許可します。Allow path translation on volumes without a volume GUID.

ビルド 17738 (高速)Build 17738 (Fast)

ビルド17738の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17738 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • 同じスレッド優先順位を変更するための setpriority syscall アクセス許可チェックが strict すぎます [GH 1838]Setpriority syscall permission check too strict for changing same thread priority [GH 1838]
  • Clock_gettime (CLOCK_BOOTTIME) の負の値が返されないように、起動時間にバイアスをかけない割り込み時間を使用することを確認してください () [GH 3434]Ensure that unbiased interrupt time is used for boot time to avoid returning negative values for clock_gettime(CLOCK_BOOTTIME) [GH 3434]
  • WSL binfmt インタープリターでのシンボリックリンクの処理 [GH 3424]Handle symlinks in the WSL binfmt interpreter [GH 3424]
  • Threadgroup リーダーファイル記述子のクリーンアップをより適切に処理します。Better handling of threadgroup leader file descriptor cleanup.

ビルド 17728 (高速)Build 17728 (Fast)

ビルド17728の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17728 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • KeQueryPerformanceCounter ではなく KeQueryInterruptTimePrecise を使用してオーバーフローを回避するように WSL を切り替える [GH 3252]Switch WSL to use KeQueryInterruptTimePrecise instead of KeQueryPerformanceCounter to avoid overflow [GH 3252]
  • Ptrace をアタッチすると、システムコールから無効な戻り値が返される [GH 1731]Ptrace attach may cause bad return value from system calls [GH 1731]
  • AF_UNIX 関連のさまざまな問題を修正する [GH 3371]Fix a number of AF_UNIX related issues [GH 3371]
  • 現在の作業ディレクトリの長さが5文字未満の場合に WSL 相互運用機能が失敗する原因となる問題を修正しました [GH 3379]Fix issue that could cause WSL interop to fail if the current working directory is less than 5 characters long [GH 3379]

ビルド 18204 (前へスキップ)Build 18204 (Skip Ahead)

ビルド18204の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 18204 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • パイプファイルシステム inadvertenly によるエッジトリガー epoll イベントの消去 [GH 3276]Pipe filesystem inadvertenly clearing edge-triggered epoll event [GH 3276]
  • NTFS シンボリックリンクによって起動された Win32 実行可能ファイルがシンボリックリンク名を尊重しない [GH 2909]Win32 executable launched via NTFS symlink doesn't respect symlink name [GH 2909]

ビルド 17723 (高速)Build 17723 (Fast)

ビルド17723の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17723 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • 存在しないポートへのループバック接続で1秒間の遅延が発生しないようにする [GH 3286]Avoid one second delay failing loopback connections to non-existent ports [GH 3286]
  • /Proc/sys/fs/file-max スタブファイルの追加 [GH 2893]Add /proc/sys/fs/file-max stub file [GH 2893]
  • より正確な IPV6 スコープ情報。More accurate IPV6 scope information.
  • PR_SET_PTRACER のサポート [GH 3053]PR_SET_PTRACER support [GH 3053]
  • パイプファイルシステム inadvertenly によるエッジトリガー epoll イベントの消去 [GH 3276]Pipe filesystem inadvertenly clearing edge-triggered epoll event [GH 3276]
  • NTFS シンボリックリンクによって起動された Win32 実行可能ファイルがシンボリックリンク名を尊重しない [GH 2909]Win32 executable launched via NTFS symlink doesn't respect symlink name [GH 2909]

ビルド17713Build 17713

ビルド17713の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17713 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • 強化されたゾンビサポート [GH 1353]Improved zombie support [GH 1353]
  • Windows 相互運用機能の動作を制御するための wsl のエントリを追加する [GH 1493]Add wsl.conf entries for controlling Windows interop behavior [GH 1493]
      [interop]
    
      enabled=false # enable launch of Windows binaries; default is true
    
      appendWindowsPath=false # append Windows path to $PATH variable; default is true
    
  • 常に UNIX ソケットファミリの種類を返す getsockname でないことを修正する [GH 1774]Fix for getsockname not always returning UNIX socket family type [GH 1774]
  • TIOCSTI のサポートを追加する [GH 1863]Add support for TIOCSTI [GH 1863]
  • 接続処理中の非ブロッキングソケットは、書き込み試行に EAGAIN を返します [GH 2846]Non-blocking sockets in the process of connecting should return EAGAIN for write attempts [GH 2846]
  • マウントされた Vhd での相互運用のサポート [GH 3246, 3291]Support interop on mounted VHDs [GH 3246, 3291]
  • ルートフォルダーでのアクセス許可チェックの問題の修正 [GH 3304]Fix permission checking issue on root folder [GH 3304]
  • TTY キーボード ioctl KDGKBTYPE、KDGKBMODE、および KDSKBMODE のサポートが制限されています。Limited support for TTY keyboard ioctls KDGKBTYPE, KDGKBMODE and KDSKBMODE.
  • Windows UI アプリは、バックグラウンドで起動した場合でも実行する必要があります。Windows UI apps should execute even when launched in the background.

ビルド17704Build 17704

ビルド17704の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17704 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Wsl-u または--user オプションを追加する [GH 1203]Add wsl -u or --user option [GH 1203]
  • 高速スタートアップが有効になっているときの WSL 起動の問題を修正する [GH 2576]Fix WSL launch issues when fast startup is enabled [GH 2576]
  • Unix ソケットが切断されたピア資格情報を保持する必要がある [GH 3183]Unix sockets need to retain disconnected peer credentials [GH 3183]
  • EAGAIN で無制限の非ブロッキング Unix ソケットが失敗する [GH 3191]Non-blocking Unix sockets failing indefinitely with EAGAIN [GH 3191]
  • case = off は新しい既定の drvfs マウントの種類 [GH 2937, 3212, 3328]case=off is the new default drvfs mount type [GH 2937, 3212, 3328]
    • 詳細については、ブログを参照してください。See blog for more information.
  • Wslconfig/terminate を追加して、実行中のディストリビューションを停止します。Add wslconfig /terminate to stop running distributions.

ビルド 17692Build 17692

ビルド17692の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17692 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • スペースを含むパスを正しく処理しない WSL シェルコンテキストメニューエントリの問題を修正します。Fix issue with the WSL shell context menu entries that do not correctly handle paths with spaces.
  • ディレクトリごとの大文字と小文字の区別を拡張属性として公開するExpose per-directory case sensitivity as an extended attribute
  • ARM64: キャッシュメンテナンス操作をエミュレートします。ARM64: Emulate cache maintenance operations. Dotnet の問題を解決します。Resolve dotnet issue.
  • DrvFs: エスケープされた文字に対応するプライベート範囲内の文字のみを unescape します。DrvFs: only unescape characters in the private range that correspond to an escaped character.

ビルド 17686Build 17686

ビルド17686の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17686 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • ELF パーサーインタープリターの長さの検証での1つずつのエラーの修正 [GH 3154]Fix off-by-one error in ELF parser interpreter length validation [GH 3154]
  • 過去の時間を持つ WSL 絶対タイマーが起動しない [GH 3091]WSL absolute timers with a time in the past do not fire [GH 3091]
  • 新しく作成された再解析ポイントが親ディレクトリに表示されていることを確認します。Ensure newly created reparse points are listed as such in the parent directory.
  • DrvFs に大文字と小文字を区別するディレクトリをアトミックに作成します。Atomically create case sensitive directories in DrvFs.

ビルド17677Build 17677

ビルド17677の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17677 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • ファイルが存在する場合でも、マルチスレッド操作が ENOENT を返す可能性のある追加の問題を修正しました。Fixed an additional issue where multithreaded operations could return ENOENT even though the file exists. [GH 2712][GH 2712]
  • UMCI が有効になっているときの WSL 起動エラーを修正しました。Fixed WSL launch failure when UMCI is enabled. [GH 3020][GH 3020]

ビルド17666Build 17666

ビルド17666の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17666 visit the Windows Blog.

WSLWSL

警告:一部の AMD チップセットで WSL の実行を妨げる問題があります [GH 3134]。WARNING: There is an issue preventing WSL from running on some AMD chipsets [GH 3134]. 修正の準備ができました。 Insider Build 分岐に変更することができます。A fix is ready and making its way to the Insider Build branch.

  • WSL [GH 437, 603, 1836] を起動するには、エクスプローラーのコンテキストメニューを追加します。Add explorer context menu to launch WSL [GH 437, 603, 1836]. [エクスプローラー] ウィンドウで [保留] をクリックして右クリックします。To use hold shift and right-click when in an explorer window.
  • Unix ソケットの非ブロッキング動作の修正 [GH 2822、3100]Fix unix socket non-blocking behavior [GH 2822, 3100]
  • GH 2026 で報告されているように、ハングしている NETLINK コマンドを修正しました。Fix hanging NETLINK command as reported in GH 2026.
  • マウント伝達フラグ [GH 2911] のサポートを追加します。Add support for mount propagation flags [GH 2911].
  • Truncate で inotify イベントが発生しない問題を修正する [GH 2978]。Fix issue with truncate not causing inotify events [GH 2978].
  • シェルを使用せずに1つのバイナリを呼び出すには、wsl の--exec オプションを追加します。Add --exec option for wsl.exe to invoke a single binary without a shell.
  • 特定のディストリビューションを選択するには、wsl のディストリビューションオプションを追加します。Add --distribution option for wsl.exe to select a specific distro.

ビルド 17655 (前へスキップ)Build 17655 (Skip Ahead)

ビルド17655の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17655 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Dmesg のサポートが制限されています。Limited support for dmesg. アプリケーションは、dmesg にログを記録できるようになりました。Applications can now log to dmesg. WSL ドライバーは、制限された情報を dmesg に記録します。WSL driver logs limited information to dmesg. 将来は、この機能を拡張して、ドライバーから他の情報や診断情報を伝達することができます。In future, this can be extended to carry other information/diagnostics from the driver.
    • 注: 現在、 /dev/kmsg dmesg はデバイスインターフェイスでサポートされています。Note: dmesg is currently supported through the /dev/kmsg device interface. syslogsycall インターフェイスは、まだサポートされていません。syslog sycall interface is not yet supported. そのため、などの一部のdmesgコマンドラインオプション-S -Cは機能しません。And, so, some of the dmesg command line options such as -S, -C don't work.
  • ファイルが存在する場合でも、マルチスレッド操作で ENOENT が返される問題を修正しました。Fixed an issue where multithreaded operations could return ENOENT even though the file exists. [GH 2712][GH 2712]

ビルド 17639 (前へスキップ)Build 17639 (Skip Ahead)

ビルド17639の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17639 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • ネイティブと一致するように既定の gid とシリアルデバイスのモードを変更する [GH 3042]Change default gid and mode of serial devices to match native [GH 3042]
  • DrvFs は拡張属性をサポートするようになりました。DrvFs now supports extended attributes.
    • 注:DrvFs では、拡張属性の名前にいくつかの制限があります。Note: DrvFs has some limitations on the name of extended attributes. 特に、一部の文字 ('/'、': '、'*' など) は使用できません。また、拡張属性名は、drvfs では大文字と小文字が区別されません。In particular, some characters (like '/', ':' and '*') are not allowed, and extended attribute names are not case sensitive on DrvFs

ビルド 17133 (高速)Build 17133 (Fast)

ビルド17133の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17133 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • WSL のハングを修正します。Fix for hang in WSL. [GH 3039、3034][GH 3039, 3034]

ビルド 17128 (高速)Build 17128 (Fast)

ビルド17128の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17128 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • なしNone

ビルド 17627 (前へスキップ)Build 17627 (Skip Ahead)

ビルド17627の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17627 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Futex pi 対応の操作のサポートを追加します。Add support for the futex pi-aware operations. [GH 1006][GH 1006]
    • 優先順位は現在サポートされている WSL 機能ではないため、制限がありますが、標準の使用をブロック解除する必要があります。Note that priorities are not currently a supported WSL feature so there are limitations, but standard usage should be unblocked.
  • WSL プロセス用の Windows ファイアウォールのサポート。Windows firewall support for WSL processes. [GH 1852][GH 1852]
    • たとえば、WSL python プロセスが任意のポートでリッスンできるようにするには、管理者特権の Windows cmd を使用します。netsh.exe advfirewall firewall add rule name=wsl_python dir=in action=allow program="C:\users\<username>\appdata\local\packages\canonicalgrouplimited.ubuntuonwindows_79rhkp1fndgsc\localstate\rootfs\usr\bin\python2.7" enable=yesFor example, to allow the WSL python process to listen on any port, use the elevated Windows cmd: netsh.exe advfirewall firewall add rule name=wsl_python dir=in action=allow program="C:\users\<username>\appdata\local\packages\canonicalgrouplimited.ubuntuonwindows_79rhkp1fndgsc\localstate\rootfs\usr\bin\python2.7" enable=yes
    • ファイアウォール規則を追加する方法の詳細については、「リンク」を参照してください。For additional details on how to add firewall rules, see link
  • Wsl を使用するときのユーザーの既定のシェルを尊重します。Respect user's default shell when using wsl.exe. [GH 2372][GH 2372]
  • すべてのネットワークインターフェイスをイーサネットとして報告します。Report all network interfaces as ethernet. [GH 2996][GH 2996]
  • 破損した/etc/passwd ファイルの処理が改善されます。Better handling of corrupt /etc/passwd file. [GH 3001][GH 3001]

ConsoleConsole

  • 修正はありません。No fixes.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド 17618 (前へスキップ)Build 17618 (Skip Ahead)

ビルド17618の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17618 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • NT interop の擬似コンソール機能の導入 [GH 988、1366、1433、1542、2370、2406]。Introduce pseudoconsole functionality for NT interop [GH 988, 1366, 1433, 1542, 2370, 2406].
  • レガシインストールメカニズム (lxrun) は非推奨となりました。The legacy install mechanism (lxrun.exe) has been deprecated. ディストリビューションのインストールに関してサポートされているメカニズムは、Microsoft Store を使用することです。The supported mechanism for installing distributions is through the Microsoft Store.

ConsoleConsole

  • 修正はありません。No fixes.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド 17110Build 17110

ビルド17110の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17110 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • /Init を Windows から終了することを許可します [GH 2928]。Allow /init to be terminated from Windows [GH 2928].
  • DrvFs では、既定でディレクトリごとの大文字小文字の区別が使用されるようになりました ("case = dir" マウントオプションと同等)。DrvFs now uses per-directory case sensitivity by default (equivalent to the “case=dir” mount option).
    • "Case = force" (以前の動作) を使用するには、レジストリキーを設定する必要があります。Using “case=force” (the old behavior) requires setting a registry key. 次のコマンドを実行して、使用する必要がある場合は "case = force" を有効にします。 reg add HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lxss/v DrvFsAllowForceCaseSensitivity/t REG_DWORD/d 1Run the following command to enable “case=force” if you need to use it: reg add HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lxss /v DrvFsAllowForceCaseSensitivity /t REG_DWORD /d 1
    • 以前のバージョンの Windows で wsl で作成された既存のディレクトリがあり、大文字と小文字を区別する必要がある場合は、fsutil を使用して大文字と小文字を区別するように指定します。 fsutil .exe ファイル setcasesensitiveinfo enableIf you have existing directories created with WSL in older version of Windows which need to be case sensitive, use fsutil.exe to mark them as case sensitive: fsutil.exe file setcasesensitiveinfo enable
  • Uname syscall から返された NULL の終了文字列。NULL terminate strings returned from the uname syscall.

ConsoleConsole

  • 修正はありません。No fixes.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド17107Build 17107

ビルド17107の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17107 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • マスター pty エンドポイントで TCSETSF と TCSETSF をサポートする [GH 2552]。Support TCSETSF and TCSETSW on master pty endpoints [GH 2552].
  • 相互運用プロセスを同時に開始すると、EINVAL [GH 2813] になります。Starting simultaneous interop processes can result in EINVAL [GH 2813].
  • /Proc/pid/status. に適切なトレースの状態を表示するように PTRACE_ATTACH を修正します。Fix PTRACE_ATTACH to show proper tracing status in /proc/pid/status.
  • CLEARTID フラグと SETTID フラグの両方で複製された短い有効期間のプロセスが、TID アドレスをクリアせずに終了する可能性がある競合を修正しました。Fix race where short-lived processes cloned with both the CLEARTID and SETTID flags could exit without clearing the TID address.
  • 17093より前のビルドから移動するときに、Linux ファイルシステムディレクトリをアップグレードするときにメッセージを表示します。Display a message when upgrading the Linux file system directories when moving from a pre-17093 build. 17093ファイルシステムの変更の詳細については、 17093のリリースノートを参照してください。For more details on the 17093 file system changes, see the release notes for 17093.

ConsoleConsole

  • 修正はありません。No fixes.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド17101Build 17101

ビルド17101の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17101 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Signalfd のサポート。Support for signalfd. [GH 129][GH 129]
  • ファイル名に無効な NTFS 文字を含むファイル名は、プライベート Unicode 文字としてエンコードすることによってサポートされます。Support file-names containing illegal NTFS characters by encoding them as private Unicode characters. [GH 1514][GH 1514]
  • 書き込みがサポートされていない場合、自動マウントは読み取り専用にフォールバックします。Auto mount will fallback to read-only when write is not supported. [GH 2603][GH 2603]
  • Unicode サロゲートペア (絵文字文字など) の貼り付けを許可します。Allow pasting of Unicode surrogate pairs (like emoji characters). [GH 2765][GH 2765]
  • /Proc および/sys の疑似ファイルは、select、poll、epoll、et al から読み取りおよび書き込み準備を返す必要があります。 [GH 2838]Pseudo-files in /proc and /sys should return read and write ready from select, poll, epoll, et al. [GH 2838]
  • レジストリが改ざんされているか、または破損している場合に、サービスが無限ループに入る可能性のある問題を修正しました。Fix issue that could cause service to go into infinite loop when the registry has been tampered with or is corrupt.
  • Iproute2 の新しい (アップストリーム 4.14) バージョンで動作するように netlink メッセージを修正します。Fix netlink messages to work with newer (upstream 4.14) version of iproute2.

ConsoleConsole

  • 修正はありません。No fixes.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド17093Build 17093

ビルド17093の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17093 visit the Windows Blog.

重要:Important:

このビルドにアップグレードした後に初めて WSL を開始するときは、Linux ファイルシステムディレクトリをアップグレードする作業を実行する必要があります。When starting WSL for the first time after upgrading to this build, it needs to perform some work upgrading the Linux file system directories. この処理には数分かかる場合があるため、WSL の開始に時間がかかることがあります。This may take up to several minutes, so WSL may appear to start slowly. これは、ストアからインストールされた各ディストリビューションにつき1回のみ発生します。This should only happen once for each distribution you have installed from the store.

  • DrvFs での大文字と小文字の区別のサポートが向上しました。Improved case sensitivity support in DrvFs.
    • DrvFs では、ディレクトリごとの大文字小文字の区別がサポートされるようになりました。DrvFs now supports per-directory case sensitivity. これは、ディレクトリに設定できる新しいフラグで、これらのディレクトリ内のすべての操作を大文字と小文字を区別して扱う必要があることを示します。これにより、Windows アプリケーションでも大文字と小文字のみが異なるファイルを正しく開くことができます。This is a new flag that can be set on directories to indicate all operations in those directories should be treated as case sensitive, which allows even Windows applications to correctly open files that differ only by case.
    • DrvFs には、ディレクトリごとに大文字と小文字の区別を制御する新しいマウントオプションがあります。DrvFs has new mount options controlling case sensitivity on a per-directory basis
      • case = force: すべてのディレクトリは大文字と小文字を区別して処理されます (ドライブのルートを除く)。case=force: all directories are treated as case sensitive (except for the drive root). WSL で作成された新しいディレクトリは、大文字と小文字が区別されます。New directories created with WSL are marked as case sensitive. これは、新しいディレクトリの大文字小文字の区別をマークする場合を除き、従来の動作です。This is the legacy behavior except for marking new directories case sensitive.
      • case = dir: ディレクトリごとの大文字小文字の区別フラグを持つディレクトリのみが、大文字と小文字を区別して扱われます。他のディレクトリでは大文字と小文字が区別されます。case=dir: only directories with the per-directory case sensitivity flag are treated as case sensitive; other directories are case insensitive. WSL で作成された新しいディレクトリは、大文字と小文字が区別されます。New directories created with WSL are marked as case sensitive.
      • case = off: ディレクトリごとの大文字小文字の区別フラグを持つディレクトリのみが、大文字と小文字を区別して扱われます。他のディレクトリでは大文字と小文字が区別されます。case=off: only directories with the per-directory case sensitivity flag are treated as case sensitive; other directories are case insensitive. WSL で作成された新しいディレクトリは、大文字と小文字が区別されません。New directories created with WSL are marked as case insensitive.
    • 注: 以前のリリースで WSL によって作成されたディレクトリには、このフラグが設定されていないため、"case = dir" オプションを使用した場合、は大文字と小文字が区別されません。Note: directories created by WSL in previous releases do not have this flag set, so will not be treated as case sensitive if you use the “case=dir” option. 既存のディレクトリにこのフラグを設定する方法は近日中に予定されています。A way to set this flag on existing directories is coming soon.
    • これらのオプションを使用してマウントする例 (既存のドライブの場合は、別のオプションでマウントする前にマウントを解除する必要があります): sudo mount-t drvfs C:/mnt/c case = dirExample of mounting with these options (for existing drives, you must first unmount before you can mount with different options): sudo mount -t drvfs C: /mnt/c -o case=dir
    • ここでは、case = force は引き続き既定のオプションです。For now, case=force is still the default option. これは、将来、case = dir に変更されます。This will be changed to case=dir in the future.
  • DrvFs をマウントするときに Windows パスでスラッシュを使用できるようになりました。例: sudo mount-t drvfs/server/mnt/shareYou can now use forward slashes in Windows paths when mounting DrvFs, e.g.: sudo mount -t drvfs //server/share /mnt/share
  • WSL は、インスタンスの開始時に/etc/fstab ファイルを処理するようになりました [GH 2636]。WSL now processes the /etc/fstab file during instance start [GH 2636].
    • これは、DrvFs ドライブを自動的にマウントする前に行われます。fstab によって既にマウントされているドライブは自動的には再マウントされないため、特定のドライブのマウントポイントを変更することができます。This is done prior to automatically mounting DrvFs drives; any drives that were already mounted by fstab will not be remounted automatically, allowing you to change the mount point for specific drives.
    • この動作は、wsl を使用して無効にすることができます。This behavior can be turned off using wsl.conf.
  • Mount、mountinfo、および mountstats の各ファイルは、円記号やスペースなどの特殊文字を正しくエスケープします [GH 2799]The mount, mountinfo and mountstats files in /proc properly escape special characters like backslashes and spaces [GH 2799]
  • WSL シンボリックリンクなどの DrvFs を使用して作成された特殊なファイル、またはメタデータが有効になっている場合は、fifo とソケットを使用して、Windows からコピーおよび移動できるようになりました。Special files created with DrvFs such as WSL symbolic links, or fifos and sockets when metadata is enabled, can now be copied and moved from Windows.

WSL は wsl. conf で構成可能WSL is more configurable with wsl.conf

WSL で特定の機能を自動的に構成するためのメソッドを追加しました。これは、サブシステムを起動するたびに適用されます。We added a method for you to automatically configure certain functionality in WSL that will be applied every time you launch the subsystem. これには、自動マウントオプションとネットワーク構成が含まれます。This includes automount options and network configuration. 詳細については、次のブログ投稿を参照してください。 https://aka.ms/wslconfLearn more about it in our blog post at: https://aka.ms/wslconf

AF_UNIX は、WSL および Windows ネイティブプロセスでの Linux プロセス間のソケット接続を許可します。AF_UNIX allows socket connections between Linux processes on WSL and Windows native processes

WSL と Windows アプリケーションは、Unix ソケット経由で相互に通信できるようになりました。WSL and Windows applications can now communicate with each other over Unix sockets. Windows でサービスを実行し、Windows と WSL アプリの両方で使用できるようにする場合を考えてみましょう。Imagine you want to run a service in Windows and make it available to both Windows and WSL apps. これは、Unix ソケットで可能です。Now, that’s possible with Unix sockets. 詳細については、ブログの投稿の「」を参照してください。 https://aka.ms/afunixinteropRead more in our blog post at https://aka.ms/afunixinterop

WSLWSL

  • MAP_NORESERVE を使用した mmap () のサポート [GH 121、2784]Support mmap() with MAP_NORESERVE [GH 121, 2784]
  • Support CLONE_PTRACE and CLONE_UNTRACED [GH 121, 2781]Support CLONE_PTRACE and CLONE_UNTRACED [GH 121, 2781]
  • 複製で SIGCHLD 以外の終了シグナルを処理する [GH 121, 2781]Handle non-SIGCHLD termination signal in clone [GH 121, 2781]
  • スタブ/proc/sys/fs/inotify/max_user_instances と/proc/sys/fs/inotify/max_user_watches [GH 1705]Stub /proc/sys/fs/inotify/max_user_instances and /proc/sys/fs/inotify/max_user_watches [GH 1705]
  • 0以外のオフセットで読み込みヘッダーを含む ELF バイナリの読み込み中にエラーが発生した [GH 1884]Error loading ELF binaries that contain load headers with non-zero offsets [GH 1884]
  • イメージの読み込み時に、ページの末尾のバイトをゼロアウトします。Zero out trailing page bytes when loading images.
  • Execve がサイレントモードでプロセスを終了するケースを減らすReduce cases where execve silently terminates process

ConsoleConsole

  • 修正はありません。No fixes.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド 17083Build 17083

ビルド17083の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17083 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Epoll に関連するバグチェック (GH 2798、2801、2857) を修正します。Fixed bugcheck related to epoll [GH 2798, 2801, 2857]
  • ASLR をオフにするとハングを修正する [GH 1185, 2870]Fixed hangs when turning off ASLR [GH 1185, 2870]
  • Mmap 操作がアトミックとして表示されることを確認する [GH 2732]Ensure mmap operations appear atomic [GH 2732]

ConsoleConsole

  • 修正はありません。No fixes.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド17074Build 17074

ビルド17074の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17074 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • DrvFs メタデータの固定ストレージ形式 [GH 2777]Fixed storage format of DrvFs metadata [GH 2777]
    重要: このビルドの前に作成された DrvFs メタデータは、正しく表示されないか、まったく表示されません。Important: DrvFs metadata created before this build will show up incorrectly or not at all. 影響を受けるファイルを修正するには、chmod と chown を使用してメタデータを再適用します。To fix affected files, use chmod and chown to re-apply the metadata.
  • 複数のシグナルと再開可能な syscall の問題を修正した。Fixed issue with multiple signals and restartable syscalls.

ConsoleConsole

  • 修正はありません。No fixes.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド17063Build 17063

ビルド17063の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17063 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • DrvFs は、追加の Linux メタデータをサポートします。DrvFs supports additional Linux metadata. これにより、chmod/chown を使用してファイルの所有者とモードを設定できるほか、fifo、unix ソケット、デバイスファイルなどの特殊なファイルを作成することもできます。This allows setting the owner and mode of files using chmod/chown, and also the creation of special files such as fifos, unix sockets and device files. 現時点では、これはまだ試験段階であるため、既定では無効になっています。This is disabled by default for now since it's still experimental. 注: DrvFs で使用されるメタデータ形式のバグを修正しています。Note: We fixed a bug in the metadata format used by DrvFs. メタデータは実験のためにこのビルドで機能しますが、今後のビルドでは、このビルドによって作成されたメタデータを正しく読み取ることができません。While metadata works on this build for experimentation, future builds will not correctly read metadata created by this build. 変更したファイルの所有者を手動で更新しなければならない場合があります。カスタムデバイス ID を持つデバイスを再作成する必要があります。You might need to manually update owner for modified files and devices with a custom device ID will have to be recreated.

    有効にするには、メタデータオプションを使用して DrvFs をマウントします (既存のマウントで有効にするには、最初にマウントを解除する必要があります)。To enable, mount DrvFs with the metadata option (to enable it on an existing mount, you must first unmount it):

    mount -t drvfs C: /mnt/c -o metadata
    

    Linux のアクセス許可は、ファイルに追加のメタデータとして追加されます。Windows のアクセス許可には影響しません。Linux permissions are added as additional metadata to the file; they do not affect the Windows permissions. Windows エディターを使用してファイルを編集すると、メタデータが削除される場合があることに注意してください。Remember, editing a file using a Windows editor may remove the metadata. この場合、ファイルは既定のアクセス許可に戻ります。In this case, the file will revert to its default permissions.

  • メタデータなしでファイルを制御するための、DrvFs にマウントオプションを追加しました。Added mount options to DrvFs to control files without metadata.

    • uid: すべてのファイルの所有者に使用されるユーザー ID。uid: the user ID used for the owner of all files.
    • gid: すべてのファイルの所有者に使用されるグループ ID。gid: the group ID used for the owner of all files.
    • umask: すべてのファイルとディレクトリに対して除外するアクセス許可の8進数のマスク。umask: an octal mask of permissions to exclude for all files and directories.
    • fmask: すべての標準ファイルに対して除外するアクセス許可の8進数のマスク。fmask: an octal mask of permissions to exclude for all regular files.
    • dmask: すべてのディレクトリに対して除外するアクセス許可の8進数のマスク。dmask: an octal mask of permissions to exclude for all directories.

    以下に例を示します。For example:

    mount -t drvfs C: /mnt/c -o uid=1000,gid=1000,umask=22,fmask=111
    

    メタデータオプションと組み合わせて、メタデータのないファイルに対する既定のアクセス許可を指定します。Combine with the metadata option to specify default permissions for files without metadata.

  • では、wsl とWSLENVWin32 の間で環境変数がどのように流れるかを構成するために、新しい環境変数が導入されました。Introduced a new environment variable, WSLENV, to configure how environment variables flow between WSL and Win32.

    以下に例を示します。For example:

    WSLENV=GOPATH/l:USERPROFILE/pu:DISPLAY
    

    WSLENVは、wsl から Win32 または Win32 プロセスから WSL プロセスを起動するときに含めることができる環境変数のコロン区切りの一覧です。WSLENV is a colon-delimited list of environment variables that can be included when launching WSL processes from Win32 or Win32 processes from WSL. 各変数には、スラッシュとその後に続くフラグを付けて、変換方法を指定できます。Each variable can be suffixed with a slash followed by flags to specify how it is translated.

    • irtran-p値は、WSL パスと Win32 パスの間で変換されるパスです。p: The value is a path that should be translated between WSL paths and Win32 paths.
    • 左右値はパスの一覧です。l: The value is a list of paths. WSL では、コロンで区切られたリストです。In WSL, it is a colon-delimited list. Win32 では、セミコロンで区切られたリストです。In Win32, it is a semicolon-delimited list.
    • u値は、Win32 から WSL を呼び出すときにのみ含める必要がありますu: The value should only be included when invoking WSL from Win32
    • リダイレクト値は、WSL から Win32 を呼び出すときにのみ含める必要がありますw: The value should only be included when invoking Win32 from WSL

    ユーザーのカスタムWSLENV Windows 環境では、.bashrc またはを設定できます。You can set WSLENV in .bashrc or in the custom Windows environment for your user.

  • drvfs マウントによって tar、cp-p からのタイムスタンプが正しく保持される (GH 1939)drvfs mounts correctly preserves timestamps from tar, cp -p (GH 1939)

  • drvfs symlink は正しいサイズを報告します (GH 2641)drvfs symlinks report the correct size (GH 2641)

  • I/O サイズが非常に大きい場合の読み取り/書き込みの機能 (GH 2653)read/write works for very large IO sizes (GH 2653)

  • waitpid はプロセスグループ Id と連動します (GH 2534)waitpid works with process group IDs (GH 2534)

  • 大きな予約領域での mmap パフォーマンスが大幅に向上しました。ghc のパフォーマンスを向上させます (GH 1671)significantly improved mmap performance for large reserve regions; improves ghc performance (GH 1671)

  • READ_IMPLIES_EXEC でのパーソナリティのサポート最大化 a と clisp (GH 1185) を修正します。personality supports for READ_IMPLIES_EXEC; fixes maxima and clisp (GH 1185)

  • mprotect は PROT_GROWSDOWN をサポートしています。clisp (GH 1128) を修正します。mprotect supports PROT_GROWSDOWN; fixes clisp (GH 1128)

  • 過剰コミットモードでのページフォールトの修正sbcl (GH 1128) を修正します。page fault fixes in overcommit mode; fixes sbcl (GH 1128)

  • 複製では、より多くのフラグの組み合わせがサポートされますclone supports more flags combinations

  • Epoll ファイルの select/epoll (以前は no op) をサポートします。Support select/epoll of epoll files (previously a no-op).

  • 未実装の syscall の ptrace を通知します。Notify ptrace of unimplemented syscalls.

  • Resolv.conf を生成するときにアップしていないインターフェイスを無視する [GH 2694]Ignore interfaces that are not up when generating resolv.conf nameservers [GH 2694]

  • 物理アドレスのないネットワークインターフェイスを列挙します。Enumerate network interfaces with no physical address. [GH 2685][GH 2685]

  • 追加のバグの修正と改善。Additional bug fixes and improvements.

Windows の開発者が使用できる Linux ツールLinux tools available to developers on Windows

  • Windows コマンドラインツールチェーンには、bsdtar (tar) と curl が含まれています。Windows Command line Toolchain includes bsdtar (tar) and curl. この2つの新しいツールの追加の詳細と、Windows での開発者エクスペリエンスの整形方法を確認するには、このブログを参照してください。Read this blog to learn more about the addition of these two new tools and see how they’re shaping the developer experience on Windows.

  • AF_UNIXは、Windows Insider SDK (17061 +) で利用できます。AF_UNIX is available in the Windows Insider SDK (17061+). の詳細と、Windows 上のAF_UNIX開発者が使用する方法については、このブログを参照してください。Read this blog to learn more about AF_UNIX and how developers on Windows can use it.

ConsoleConsole

  • 修正はありません。No fixes.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド17046Build 17046

ビルド17046の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17046 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • アクティブなターミナルを使用せずにプロセスを実行できるようにします。Allow processes to run without an active terminal. [GH 709、1007、1511、2252、2391、et al.][GH 709, 1007, 1511, 2252, 2391, et al.]
  • CLONE_VFORK と CLONE_VM のサポートの強化。Better support of CLONE_VFORK and CLONE_VM. [GH 1878、2615][GH 1878, 2615]
  • WSL ネットワーク操作の TDI フィルタードライバーをスキップします。Skip TDI filter drivers for WSL networking operations. [GH 1554][GH 1554]
  • DrvFs は、特定の条件が満たされたときに NT シンボリックリンクを作成します。DrvFs creates NT symlinks when certain conditions are met. [GH 353、1475、2602][GH 353, 1475, 2602]
    • リンク先は相対パスである必要があり、マウントポイントやシンボリックリンクを越えることはできず、存在する必要があります。The link target must be relative, must not cross any mount points or symlinks, and must exist.
    • 開発者モードが有効になっていない場合は、ユーザーは SE_CREATE_SYMBOLIC_LINK_PRIVILEGE を持っている必要があります (通常は、管理者特権で起動する必要があります)。The user must have SE_CREATE_SYMBOLIC_LINK_PRIVILEGE (this normally requires you to launch wsl.exe elevated), unless Developer Mode is turned on.
    • それ以外の状況でも、DrvFs は WSL シンボリックリンクを作成します。In all other situations, DrvFs still creates WSL symlinks.
  • 昇格および昇格されていない WSL インスタンスの同時実行を許可します。Allow running elevated and non-elevated WSL instances simultaneously.
  • /Proc/sys/kernel/yama/ptrace_scope のサポートSupport /proc/sys/kernel/yama/ptrace_scope
  • Wslpath を追加して、WSL <-> Windows パス変換を実行します。Add wslpath to do WSL<->Windows path conversions. [GH 522、1243、1834、2327、et al][GH 522, 1243, 1834, 2327, et al.]
      wslpath usage:
        -a    force result to absolute path format
        -u    translate from a Windows path to a WSL path (default)
        -w    translate from a WSL path to a Windows path
        -m    translate from a WSL path to a Windows path, with ‘/’ instead of ‘\\’
    
        EX: wslpath ‘c:\users’
    

    ConsoleConsole

  • 修正はありません。No fixes.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド17040Build 17040

ビルド17040の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17040 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • 17035以降の修正プログラムはありません。No fixes since 17035.

ConsoleConsole

  • 17035以降の修正プログラムはありません。No fixes since 17035.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド17035Build 17035

ビルド17035の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17035 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • DrvFs 上のファイルへのアクセスは、場合によっては、EINVAL で失敗することがあります。Accessing files on DrvFs could occasionally fail with EINVAL. [GH 2448][GH 2448]

ConsoleConsole

  • VT モードで行を挿入または削除するときに色が失われることがあります。Some color loss when inserting/deleting lines in VT mode.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド17025Build 17025

ビルド17025の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17025 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • 新しいフォアグラウンドプロセスグループで初期プロセスを開始します [GH 1653, 2510]。Start initial processes in a new foreground process group [GH 1653, 2510].
  • SIGHUP 配信の修正プログラム [GH 2496]。SIGHUP delivery fixes [GH 2496].
  • [GH 2497] が指定されていない場合は、既定の仮想ブリッジ名を生成します。Generate default virtual bridge name if none provided [GH 2497].
  • /Proc/sys/kernel/random/boot_id [GH 2518] を実装します。Implement /proc/sys/kernel/random/boot_id [GH 2518].
  • 相互運用機能の stdout/stderr パイプの修正。More interop stdout/stderr pipe fixes.
  • Syncfs システム呼び出しをスタブします。Stub syncfs system call.

ConsoleConsole

  • サードパーティコンソールの入力 VT translation の修正 [GH 111]Fix input VT translation for third party consoles [GH 111]

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

ビルド17017Build 17017

ビルド17017の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 17017 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • 空の ELF プログラムヘッダー [GH 330] を無視します。Ignore empty ELF program headers [GH 330].
  • LxssManager が非対話型ユーザーの WSL インスタンスを作成できるようにします (ssh およびスケジュールされたタスクのサポート) [GH 777, 1602]。Allow LxssManager to create WSL instances for non-interactive users (ssh and scheduled task support) [GH 777, 1602].
  • WSL-> Win32 > WSL ("設立") シナリオのサポート [GH 1228]。Support WSL->Win32->WSL ("inception") scenarios [GH 1228].
  • 相互運用機能によって起動されるコンソールアプリの終了の制限付きサポート [GH 1614]。Limited support for termination of console apps invoked via interop [GH 1614].
  • Devpts のマウントオプション [GH 1948] をサポートします。Support mount options for devpts [GH 1948].
  • Ptrace が子スタートアップをブロックしています [GH 2333]。Ptrace blocking child startup [GH 2333].
  • EPOLLET には、一部のイベント [GH 2462] がありません。EPOLLET missing some events [GH 2462].
  • PTRACE_GETSIGINFO の他のデータを返します。Return more data for PTRACE_GETSIGINFO.
  • Getdents と lseek では、正しくない結果が得られます。Getdents with lseek gives incorrect results.
  • いくつかの Win32 相互運用アプリのハングを修正しました。これ以上データのないパイプで入力を待機しています。Fix some Win32 interop app hangs, waiting for input on a pipe that has no more data.
  • O_ASYNC は、tty/pty ファイルをサポートしています。O_ASYNC support for tty/pty files.
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

  • このリリースでは、コンソールに関連する変更はありません。No Console related changes in this release.

LTP の結果:LTP Results:

テストを実行中です。Testing in progress.

Fall Creators UpdateFall Creators Update

ビルド16288Build 16288

ビルド16288の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16288 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • ソケットファイル記述子の uid、gid、およびモードを正しく初期化して報告する [GH 2490]Correctly initialize and report uid, gid, and mode for socket file descriptors [GH 2490]
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

  • このリリースでは、コンソールに関連する変更はありません。No Console related changes in this release.

LTP の結果:LTP Results:

16273以降の変更はありませんNo change since 16273

ビルド16278Build 16278

ビルド162738の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 162738 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • LX MM 状態を解除するときに、ファイルによってサポートされるセクションのマップされたビューを明示的にマップ解除する [GH 2415]Explicitly unmap mapped views of file backed sections when tearing down LX MM state [GH 2415]
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

  • このリリースでは、コンソールに関連する変更はありません。No Console related changes in this release.

LTP の結果:LTP Results:

16273以降の変更はありませんNo change since 16273

ビルド16275Build 16275

ビルド162735の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 162735 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • このリリースでは、WSL 関連の変更はありません。No WSL related changes in this release.

ConsoleConsole

  • このリリースでは、コンソールに関連する変更はありません。No Console related changes in this release.

LTP の結果:LTP Results:

16273以降の変更はありませんNo change since 16273

ビルド16273Build 16273

ビルド16273の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16273 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • DrvFs がディレクトリに対して正しくないファイルの種類を報告する場合があるという問題を修正しました [GH 2392]Fixed an issue where DrvFs sometimes reported the wrong file type for directories [GH 2392]
  • Uevent [GH 1121、2293、2242、2295、2235、648、637] を使用するプログラムのブロックを解除するための NETLINK_KOBJECT_UEVENT sockets の作成を許可しますAllow creation of NETLINK_KOBJECT_UEVENT sockets to unblock programs that use uevent [GH 1121, 2293, 2242, 2295, 2235, 648, 637]
  • 非ブロッキング接続のサポートを追加する [GH 903、1391、1584、1585、1829、2290、2314]Add support for non-blocking connect [GH 903, 1391, 1584, 1585, 1829, 2290, 2314]
  • CLONE_FS CLONE システム呼び出しフラグを実装する [GH 2242]Implement CLONE_FS clone system call flag [GH 2242]
  • NT interop でタブまたは引用符を正しく処理しない問題を修正する [GH 1625, 2164]Fix issues around not handling tabs or quotes correctly in NT interop [GH 1625, 2164]
  • WSL インスタンスを再起動しようとしたときにアクセス拒否エラーを解決する [GH 651、2095]Resolve access denied error when trying to re-launch WSL instances [GH 651, 2095]
  • Futex FUTEX_REQUEUE と FUTEX_CMP_REQUEUE 操作の実装 [GH 2242]Implement futex FUTEX_REQUEUE and FUTEX_CMP_REQUEUE operations [GH 2242]
  • さまざまな SysFs ファイルのアクセス許可を修正する [GH 2214]Fix permissions for various SysFs files [GH 2214]
  • セットアップ中に Haskell stack のハングを修正する [GH 2290]Fix Haskell stack hang during setup [GH 2290]
  • Binfmt_misc ' C ' ' O ' および ' P ' フラグを実装する [GH 2103]Implement binfmt_misc 'C' 'O' and 'P' flags [GH 2103]
  • /Proc/sys/kernel/shmmax/shmmni & 追加する [GH 1753]Add /proc/sys/kernel /shmmax /shmmni & /threads-max [GH 1753]
  • Ioprio_set システム呼び出しの部分的なサポートを追加する [GH 498]Add partial support for ioprio_set system call [GH 498]
  • スタブ SO_REUSEPORT & SO_PASSCRED for netlink sockets のサポートの追加 [GH 69]Stub SO_REUSEPORT & adding support for SO_PASSCRED for netlink sockets [GH 69]
  • ディストリビューションが現在インストールまたはアンインストールされている場合は、RegisterDistribuiton から別のエラーコードを返します。Return different error codes from RegisterDistribuiton if a distribution is currently being installed or uninstalled.
  • Wslconfig .exe 経由で部分的にインストールされた WSL ディストリビューションの登録解除を許可するAllow unregistration of partially installed WSL distributions via wslconfig.exe
  • Udp:: msg_peek から python ソケットテストハングを修正します。Fix python socket test hang from udp::msg_peek
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

  • このリリースでは、コンソールに関連する変更はありません。No Console related changes in this release.

LTP の結果:LTP Results:

テストの合計:1904Total Tests: 1904
スキップされたテストの合計数:209Total Skipped Tests: 209
合計エラー数:229Total Failures: 229
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs

ビルド 16257Build 16257

ビルド16257の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16257 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • Prlimit64 システム呼び出しを実装するImplement prlimit64 system call
  • Ulimit-n (setrlimit RLIMIT_NOFILE) のサポートを追加する [GH 1688]Add support for ulimit -n (setrlimit RLIMIT_NOFILE) [GH 1688]
  • TCP ソケットのスタブ MSG_MORE [GH 2351]Stub MSG_MORE for TCP sockets [GH 2351]
  • 無効な AT_EXECFN 補助ベクター動作の修正 [GH 2133]Fix invalid AT_EXECFN auxiliary vector behavior [GH 2133]
  • コンソール/tty のコピー/貼り付け動作を修正し、完全なバッファー処理をさらに追加する [GH 2204, 2131]Fix copy/paste behavior for console/tty, and add better full buffer handling [GH 2204, 2131]
  • AT_SECURE プログラムと set-group-ID プログラムの補助ベクターでの設定 [GH 2031]Set AT_SECURE in auxiliary vector for set-user-ID and set-group-ID programs [GH 2031]
  • Psuedo-ターミナルマスターエンドポイントが TIOCPGRP を処理しない [GH 1063]Psuedo-terminal master endpoint not handling TIOCPGRP [GH 1063]
  • Lseek が LxFs のディレクトリを巻き戻していることを修正する [GH 2310]Fix lseek does to rewind directories in LxFs [GH 2310]
  • 大きな使用率が高くなった後の GH のロック [1882]/dev/ptmx locks up after heavy usage [GH 1882]
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

LTP の結果:LTP Results:

16251以降の変更はありませんNo change since 16251

Syscall のサポートSyscall Support

次に示すのは、WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧です。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

prlimit64

既知の問題Known Issues

GitHub の問題 2392:Windows フォルダーは WSL によって認識されません...GitHub Issue 2392: Windows Folders not recognized by WSL ...

ビルド16257では、を介し/mnt/c/...て Windows ファイル/フォルダーを列挙するときに、wsl に問題があります。In build 16257, WSL has issues when enumerating Windows files/folders via /mnt/c/.... この問題は修正されており、8/14/2017 の実行時に、Insider ビルドでリリースされる必要があります。This issue has been fixed and should be released in Insiders build during week commencing 8/14/2017.


ビルド16251Build 16251

ビルド16251の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16251 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • WSL オプションコンポーネントからベータタグを削除します。詳細については、ブログの投稿を参照してください。Remove beta tag from WSL optional component, see blog post for details.
  • Set-ユーザー ID および set-ID バイナリが exec で正しく初期化されました。 exec [GH 962, 1415, 2072]Correctly initialize saved-set uid and gid for set-user-ID and set-group-ID binaries on exec [GH 962, 1415, 2072]
  • Ptrace PTRACE_O_TRACEEXIT のサポートを追加しました [GH 555]Added support for ptrace PTRACE_O_TRACEEXIT [GH 555]
  • NT_FPREGSET を使用した ptrace PTRACE_GETFPREGS と PTRACE_GETREGSET のサポートを追加しました [GH 555]Added support for ptrace PTRACE_GETFPREGS and PTRACE_GETREGSET with NT_FPREGSET [GH 555]
  • 無視されたシグナルで停止する ptrace を修正しましたFixed ptrace to stop on ignored signals
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

  • このリリースでは、コンソールに関連する変更はありません。No Console related changes in this release.

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:768Number of Passing Tests: 768
失敗したテストの数:244Number of Failing Tests: 244
スキップされたテストの数:96Number of Skipped Tests: 96
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド16241Build 16241

ビルド16241の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16241 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • このリリースでは、WSL 関連の変更はありません。No WSL related changes in this release.

ConsoleConsole

  • ここで最初に報告された、10進線に誤った文字を出力するように修正しました。Fix for outputting the wrong character for the crossing-lines DEC, originally reported here
  • コードページ 65001 (utf8) に出力テキストが表示されないように修正します。Fix for no output text being displayed in codepage 65001 (utf8)
  • ある色の RGB 値に対して行われた変更を、選択の変更時にパレットの他の部分に転送しないでください。Do not transfer changes made to one color's RGB values to other parts of the palette on selection change. これにより、コンソールプロパティシートが非常に使いやすいようになります。This will make the console properties sheet a lot easier to use.
  • Ctrl + S が正しく動作していませんCtrl+S doesn't appear to work correctly
  • ANSI エスケープコードに完全に存在しない太字/-Dim [GH 2174]Un-Bold/-Dim completely absent from ANSI escape codes [GH 2174]
  • コンソールが Vim 色のテーマを正しくサポートしていない [GH 1706]Console doesn't correctly support Vim color themes [GH 1706]
  • 特定の文字を貼り付けることはできません [GH 2149]Cannot paste particular characters [GH 2149]
  • 編集/コマンドライン上にあるときに bash ウィンドウのサイズを変更すると、リフローサイズの変更がおかしくなる [GH ConEmu 1123]Reflow resize interacts strangely with resizing a bash window when stuff is on the edit/command line [GH ConEmu 1123]
  • Ctrl + L を押したまま画面をダーティにする [GH 1978]Ctrl-L leaves the screen dirty [GH 1978]
  • HDPI で VT を表示するときのコンソールレンダリングのバグ [GH 1907]Console rendering bug when displaying VT on HDPI [GH 1907]
  • Unicode 文字 U + 30FB で Japansese 文字が奇妙に見える [GH 2146]Japansese characters look strange with Unicode Character U+30FB [GH 2146]
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ビルド 16237Build 16237

ビルド16237の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16237 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Lxfs に EAs がないファイルの既定の属性を使用する (ルート、ルート、0000)Use default attributes for files without EAs in lxfs (root, root, 0000)
  • 拡張属性を使用するディストリビューションのサポートを追加しましたAdded support for distributions that use extended attributes
  • Getdents と getdents64 によって返されるエントリの埋め込みを修正するFix padding for entries returned by getdents and getdents64
  • Shmctl SHM_STAT システム呼び出しのアクセス許可チェックを修正する [GH 2068]Fix permissions check for the shmctl SHM_STAT system call [GH 2068]
  • Tty の初期 epoll 状態が正しくないことを修正した [GH 2231]Fixed incorrect initial epoll state for ttys [GH 2231]
  • すべてのエントリを返さないように DrvFs readdir を修正する [GH 2077]Fix DrvFs readdir not returning all entries [GH 2077]
  • ファイルのリンクが解除されたときに LxFs readdir を修正する [GH 2077]Fix LxFs readdir when files are unlinked [GH 2077]
  • Procfs を使用して、リンクされていない drvfs ファイルを再び開くことを許可するAllow unlinked drvfs files to be reopened through procfs
  • WSL 機能を無効にするためのグローバルレジストリキーの上書き (相互運用/ドライブのマウント) を追加しましたAdded global registry key override for disabling WSL features (interop / drive mounting)
  • DrvFs (および LxFs) の "stat" で間違ったブロックカウントを修正する [GH 1894]Fix incorrect block count in "stat" for DrvFs (and LxFs) [GH 1894]
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ビルド16232Build 16232

ビルド16232の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16232 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • このリリースでは、WSL 関連の変更はありません。No WSL related changes in this release.

ビルド16226Build 16226

ビルド16226の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16226 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • xattr 関連の syscall サポート (getxattr、setxattr、listxattr、removexattr)。xattr related syscalls support (getxattr, setxattr, listxattr, removexattr).
  • capablity xattr のサポート。security.capablity xattr support.
  • 特定のファイルシステムとフィルター (MS 以外の SMB サーバーを含む) との互換性が向上しました。Improved compatibility with certain file systems and filters, including non-MS SMB servers. [GH #1952][GH #1952]
  • OneDrive プレースホルダー、GVFS プレースホルダー、および圧縮された OS 圧縮ファイルのサポートが強化されました。Improved support for OneDrive placeholders, GVFS placeholders, and Compact OS compressed files.
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ビルド16215Build 16215

ビルド16215の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16215 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • WSL には開発者モードが不要になりました。WSL no longer requires developer mode.
  • Drvfs のディレクトリの接合をサポートします。Support directory junctions in drvfs.
  • WSL distribution appx パッケージのアンインストールを処理します。Handle uninstalling of WSL distribution appx packages.
  • Procfs を更新して、プライベートと共有のマッピングを表示します。Update procfs to show private and shared mappings.
  • Wslconfig .exe を追加して、部分的にインストールまたはアンインストールされたディストリビューションをクリーンアップします。Add ability for wslconfig.exe to clean up distributions that are partially installed or uninstalled.
  • TCP ソケット用の IP_MTU_DISCOVER のサポートを追加しました。Added support for IP_MTU_DISCOVER for TCP sockets. [GH 1639、2115、2205][GH 1639, 2115, 2205]
  • AF_INADDR へのルートのプロトコルファミリを推定します。Infer protocol family for routes to AF_INADDR.
  • シリアルデバイスの機能強化 [GH 1929]。Serial device improvements [GH 1929].

ビルド16199Build 16199

ビルド16199の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16199 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • これらのリリースでは、WSL 関連の変更はありません。No WSL related changes in these releases.

ビルド16193Build 16193

ビルド16193の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16193 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 送信 SIGCONT と threadgroup 終了の間の競合状態 [GH 1973]Race condition between sending SIGCONT and a threadgroup terminating [GH 1973]
  • tty および pty デバイスを FILE_DEVICE_CONSOLE ではなくレポート FILE_DEVICE_NAMED_PIPE に変更する [GH 1840]change tty and pty devices to report FILE_DEVICE_NAMED_PIPE instead of FILE_DEVICE_CONSOLE [GH 1840]
  • IP_OPTIONS の SSH 修正SSH fix for IP_OPTIONS
  • DrvFs を init デーモンにマウントしました [GH 1862、1968、1767、1933]Moved DrvFs mounting to init daemon [GH 1862, 1968, 1767, 1933]
  • 次の NT シンボリックリンクに対する DrvFs のサポートが追加されました。Added support in DrvFs for following NT symlinks.

ビルド16184Build 16184

ビルド16184の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16184 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Apt パッケージのメンテナンスタスク (lxrun/update) を削除しましたRemoved apt package maintenance task (lxrun.exe /update)
  • Node.js の Windows プロセスからに表示されない修正済みの出力 [GH 1840]Fixed output not showing up in from Windows processes in node.js [GH 1840]
  • Lxcore での調整要件の緩和 [GH 1794]Relax alignment requirements in lxcore [GH 1794]
  • システム呼び出しの数値における AT_EMPTY_PATH フラグの処理を修正した。Fixed handling of the AT_EMPTY_PATH flag in a numer of system calls.
  • 開いているハンドルを持つ DrvFs ファイルを削除すると、ファイルに未定義の動作が発生する問題を修正した (GH 544、966、1357、1535、1615)Fixed issue where deleting DrvFs files with open handles will cause the file to exhibit undefined behavior [GH 544,966,1357,1535,1615]
  • /etc/hosts は Windows hosts ファイル (%windir%\system32\drivers\etc\hosts) からエントリを継承するようになりました [GH 1495]/etc/hosts will now inherit entries from the Windows hosts file (%windir%\system32\drivers\etc\hosts) [GH 1495]

ビルド16179Build 16179

ビルド16179の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16179 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 今週、WSL の変更はありません。No WSL changes this week.

ビルド16176Build 16176

ビルド16176の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16176 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 有効なシリアルサポートEnabled serial support
  • 追加された IP ソケットオプション IP_OPTIONS [GH 1116]Added IP socket option IP_OPTIONS [GH 1116]
  • Pwritev 関数の実装 (nginx/PHP-FPM へのファイルのアップロード) [GH 1506]Implemented pwritev function (while uploading file to nginx/PHP-FPM) [GH 1506]
  • 追加された IP ソケットオプション IP_MULTICAST_IF & IPV6_MULTICAST_IF [GH 990]Added IP socket options IP_MULTICAST_IF & IPV6_MULTICAST_IF [GH 990]
  • ソケットオプション IP_MULTICAST_LOOP & IPV6_MULTICAST_LOOP のサポート [GH 1678]Support for socket option IP_MULTICAST_LOOP & IPV6_MULTICAST_LOOP [GH 1678]
  • Apps ノード、traceroute、掘り下げ、nslookup、host の IP (V6) MTU socket オプションを追加しましたAdded IP(V6)_MTU socket option for apps node, traceroute, dig, nslookup, host
  • 追加された IP ソケットオプション IPV6_UNICAST_HOPSAdded IP socket option IPV6_UNICAST_HOPS
  • ファイルシステムの機能強化Filesystem Improvements
    • UNC パスのマウントを許可するAllow mounting of UNC paths
    • Drvfs で CDF サポートを有効にするEnable CDFS support in drvfs
    • Drvfs でネットワークファイルシステムのアクセス許可を正しく処理するCorrectly handle permissions for network file systems in drvfs
    • Drvfs にリモートドライブのサポートを追加するAdd support for remote drives to drvfs
    • Drvfs での FAT サポートを有効にするEnable FAT support in drvfs
  • その他の修正プログラムと機能強化Additional fixes and Improvements

LTP の結果LTP Results

15042以降の変更はありませんNo changes since 15042


ビルド16170Build 16170

ビルド16170の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 16170 visit the Windows Blog.

WSL のテストの取り組みについて説明する新しいブログ投稿をリリースしました。We released a new blog post discussing our efforts to test WSL.

固定Fixed

  • サポートソケットオプション IP_ADD_MEMBERSHIP & IPV6_ADD_MEMBERSHIP [GH 1678]Support socket option IP_ADD_MEMBERSHIP & IPV6_ADD_MEMBERSHIP [GH 1678]
  • PTRACE_OLDSETOPTIONS のサポートを追加します。Add support for PTRACE_OLDSETOPTIONS. [GH 1692][GH 1692]
  • その他の修正プログラムと機能強化Additional fixes and improvements

LTP の結果LTP Results

15042以降の変更はありませんNo changes since 15042


ビルド15046から Windows 10 の作成者への更新Build 15046 to Windows 10 Creators Update

Windows 10 の作成者の更新プログラムに含まれるように計画されている WSL 修正プログラムや機能はこれ以上ありません。There are no more WSL fixes or features planned for inclusion in the Creators Update to Windows 10. WSL のリリースノートは、次の主要な Windows Update を対象とした追加のために、今後数週間にわたって再開されます。Release notes for WSL will resume in the coming weeks for additions targeting the next major Windows Update. ビルド15046および今後の Insider リリースに関する一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 15046 and future Insider releases visit the Windows Blog.


ビルド15042Build 15042

ビルド15042の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 15042 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • "." で終わるパスの削除時にデッドロックが発生する問題を修正します。Fix for a deadlock when removing a path ending in ".."
  • FIONBIO が成功時に0を返さないという問題を修正した [GH 1683]Fixed an issue where FIONBIO not returning 0 on success [GH 1683]
  • Inet データグラムソケットの長さゼロの読み取りに関する問題を修正したFixed issue with zero-length reads of inet datagram sockets
  • Drvfs inode 参照で競合状態が発生したことが原因でデッドロックが発生する可能性を修正する [GH 1675]Fix possible deadlock due to race condition in drvfs inode lookup [GH 1675]
  • Unix ソケットの補助データの拡張サポートSCM_CREDENTIALS および SCM_RIGHTS [GH 514, 613, 1326]Extended support for unix socket ancillary data; SCM_CREDENTIALS and SCM_RIGHTS [GH 514, 613, 1326]
  • その他の修正プログラムと機能強化Additional fixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:737Number of Passing Test: 737
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:255Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 255


ビルド15031Build 15031

ビルド15031の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 15031 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Time (2) が散発的に不適切な動作するバグを修正しています。Fixed a bug where time(2) would sporadically misbehave.
  • * SIGSYSCALL MASK がシグナルマスクを破壊する可能性がある問題を修正しました。Fixed and issue where *SIGPROCMASK syscalls could corrupt signal mask.
  • WSL プロセス作成通知でコマンドラインの完全な長さを返すようになりました。Now return full command line length in WSL process creation notification. [GH 1632][GH 1632]
  • WSL は、GDB がハングした場合に ptrace を介してスレッドの終了を報告するようになりました。WSL now reports thread exit through ptrace for GDB hangs. [GH 1196][GH 1196]
  • Tmux IO が大量に発生した後に ptys がハングするバグを修正します。Fixed bug where ptys would hang after heavy tmux IO. [GH 1358][GH 1358]
  • 多くのシステムコールでタイムアウトの検証を修正 (futex、semtimedop、ppoll、sigtimedwait、itimer、timer_create)Fixed timeout validation in many system calls (futex, semtimedop, ppoll, sigtimedwait, itimer, timer_create)
  • 追加された eventfd EFD_SEMAPHORE サポート [GH 452]Added eventfd EFD_SEMAPHORE support [GH 452]
  • その他の修正プログラムと機能強化Additional fixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:737Number of Passing Test: 737
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:255Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 255
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド15025Build 15025

ビルド15025の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 15025 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Grep 2.27 を破損したバグの修正 [GH 1578]Fix for bug that broke grep 2.27 [GH 1578]
  • Eventfd2 syscall の EFD_SEMAPHORE フラグの実装 [GH 452]Implemented EFD_SEMAPHORE flag for eventfd2 syscall [GH 452]
  • 実装された/proc/[pid]/net/ipv6_route [GH 1608]Implemented /proc/[pid]/net/ipv6_route [GH 1608]
  • Unix ストリームソケットに対するシグナル駆動型 IO のサポート [GH 393, 68]Signal driven IO support for unix stream sockets [GH 393, 68]
  • F_GETPIPE_SZ と F_SETPIPE_SZ のサポート [GH 1012]Support F_GETPIPE_SZ and F_SETPIPE_SZ [GH 1012]
  • Recvmmsg () syscall の実装 [GH 1531]Implement recvmmsg() syscall [GH 1531]
  • Epoll_wait () が待機していないバグを修正 [GH 1609]Fixed bug where epoll_wait() wasn't waiting [GH 1609]
  • /Proc/version_signature を実装するImplement /proc/version_signature
  • T syscall は、両方のファイル記述子が同じパイプを参照している場合にエラーを返すようになりましたTee syscall now returns failure if both file descriptors refer to the same pipe
  • Unix ソケット用の SO_PEERCRED の正しい動作を実装していますImplemented correct behavior for SO_PEERCRED for Unix sockets
  • Tkill syscall の無効なパラメーター処理を修正したFixed tkill syscall invalid parameter handling
  • Drvfs の preformace を増やすための変更Changes to increase the preformace of drvfs
  • Ruby IO ブロックの軽微な修正Minor fix for Ruby IO blocking
  • Inet sockets の MSG_DONTWAIT フラグの EINVAL を返す recvmsg () を修正した [GH 1296]Fixed recvmsg() returning EINVAL for the MSG_DONTWAIT flag for inet sockets [GH 1296]
  • その他の修正プログラムと機能強化Additional fixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:732Number of Passing Test: 732
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:255Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 255
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド15019Build 15019

ビルド15019の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 15019 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Htop (GH 823、945、971) などのツールに対して procfs の CPU 使用率が誤って報告されたバグを修正しましたFixed bug that incorrectly reported CPU usage in procfs for tools like htop (GH 823, 945, 971)
  • 既存のファイルに対して O_TRUNC を使用して open () を呼び出すと、IN_OPEN の前に IN_MODIFY が生成されるようになりました。When calling open() with O_TRUNC on an existing file inotify now generates IN_MODIFY before IN_OPEN
  • Unix socket getsockopt SO_ERROR で postgress [GH 61, 1354] を有効にするための修正Fixes to unix socket getsockopt SO_ERROR to enable postgress [GH 61, 1354]
  • /Proc/sys/net/core/somaxconn を実装するImplement /proc/sys/net/core/somaxconn for the GO language
  • Apt-パッケージ更新のバックグラウンドタスクをビューから非表示にするようになりましたApt-get package update background task now runs hidden from view
  • Ipv6 localhost のスコープをクリアします (Spring Framework (Java) エラー)。Clear scope for ipv6 localhost (Spring-Framework(Java) failure).
  • その他の修正プログラムと機能強化Additional fixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:714Number of Passing Test: 714
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:249Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 249
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド15014Build 15014

ビルド15014の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 15014 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Ctrl + C は意図したとおりに動作するようになりましたCtrl+C now works as intended
  • htop と ps auxw で、正しいリソース使用率 (GH #516) が表示されるようになりましたhtop and ps auxw now show correct resource utilization (GH #516)
  • NT 例外からシグナルへの基本的な変換です。Basic translation of NT exceptions to signals. (GH #513)(GH #513)
  • fallocate は、EINVAL (GH #1571) ではなく領域が不足しているときに、ENOSPC で失敗するようになりました。fallocate now fails with ENOSPC when running out of space instead of EINVAL (GH #1571)
  • 追加された/proc/sys/kernel/sem.Added /proc/sys/kernel/sem.
  • Semop および semtimedop システム呼び出しを実装します。Implemented semop and semtimedop system calls
  • IP_RECVTOS & IPV6_RECVTCLASS socket オプションで nslookup エラーを修正した (GH 69)Fixed nslookup errors with IP_RECVTOS & IPV6_RECVTCLASS socket option (GH 69)
  • ソケットオプションの IP_RECVTTL と IPV6_RECVHOPLIMIT のサポートSupport for socket options IP_RECVTTL and IPV6_RECVHOPLIMIT
  • その他の修正プログラムと機能強化Additional fixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:709Number of Passing Test: 709
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:255Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 255
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs

Syscall の概要Syscall Summary

合計 Syscall:384Total Syscalls: 384
実装された合計:235Total Implemented: 235
スタブの合計数:22Total Stubbed: 22
未実装の合計数:127Total Unimplemented: 127
詳細な内訳Detailed Breakdown


ビルド15007Build 15007

ビルド15007の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 15007 visit the Windows Blog.

既知の問題Known Issue

  • コンソールが一部の Ctrl + 入力を認識しないという既知のバグがあります。There is a known bug where the console does not recognize some Ctrl + input. これには、通常の "c" キーの押下として機能する ctrl + c コマンドが含まれます。This includes the ctrl-c command which will act as a normal ‘c’ keypress.

    • 回避策:代替キーを Ctrl + C にマップします。Workaround: Map an alternate key to Ctrl+C. たとえば、ctrl + K を Ctrl + C キーにマップするにstty intr \^kは、次のようにします。For example, to map Ctrl+K to Ctrl+C do: stty intr \^k. このマッピングはターミナル単位で行われ、bash が起動されるたびに実行される必要があります。This mapping is per terminal and will have to be done every time bash is launched. ユーザーは、オプションを調べて、.bashrcUsers can explore the option to include this in their .bashrc

固定Fixed

  • WSL を実行すると CPU コアの 100% が消費される問題を修正しましたCorrected the issue where running WSL would consume 100% of a CPU core
  • ソケットオプション IP_PKTINFO、IPV6_RECVPKTINFO がサポートされるようになりました。Socket option IP_PKTINFO, IPV6_RECVPKTINFO now supported. (GH #851、987)(GH #851, 987)
  • Lxcore でネットワークインターフェイスの物理アドレスを16バイトに切り捨てる (GH #1452、1414、1343、468、308)Truncate network interface physical address to 16 bytes in lxcore (GH #1452, 1414, 1343, 468, 308)
  • その他の修正プログラムと機能強化Additional fixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:709Number of Passing Test: 709
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:255Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 255
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド15002Build 15002

ビルド15002の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 15002 visit the Windows Blog.

既知の問題Known Issue

2つの既知の問題:Two known issues:

  • コンソールが一部の Ctrl + 入力を認識しないという既知のバグがあります。There is a known bug where the console does not recognize some Ctrl + input. これには、通常の "c" キーの押下として機能する ctrl + c コマンドが含まれます。This includes the ctrl-c command which will act as a normal ‘c’ keypress.

    • 回避策:代替キーを Ctrl + C にマップします。Workaround: Map an alternate key to Ctrl+C. たとえば、ctrl + K を Ctrl + C キーにマップするにstty intr \^kは、次のようにします。For example, to map Ctrl+K to Ctrl+C do: stty intr \^k. このマッピングはターミナル単位で行われ、bash が起動されるたびに実行される必要があります。This mapping is per terminal and will have to be done every time bash is launched. ユーザーは、オプションを調べて、.bashrcUsers can explore the option to include this in their .bashrc
  • WSL が実行されている間、システムスレッドは CPU コアの 100% を消費します。While WSL is running a system thread will consume 100% of a CPU core. 根本原因は、内部的に解決されています。The root cause has been addressed and fixed internally.

固定Fixed

  • すべての bash セッションは、同じアクセス許可レベルで作成する必要があります。All bash sessions must now be created at the same permission level. 別のレベルでセッションを開始しようとすると、ブロックされます。Attempting to start a session at a different level will be blocked. つまり、管理者コンソールと管理者以外のコンソールを同時に実行することはできません。This means admin and non-admin consoles cannot run at the same time. (GH #626)(GH #626)
  • 次の NETLINK_ROUTE メッセージを実装した (Windows 管理者が必要)Implemented the following NETLINK_ROUTE messages (requires Windows admin)
    • RTM_NEWADDR (サポートip addr add)RTM_NEWADDR (supports ip addr add)
    • RTM_NEWROUTE (サポートip route add)RTM_NEWROUTE (supports ip route add)
    • RTM_DELADDR (サポートip addr del)RTM_DELADDR (supports ip addr del)
    • RTM_DELROUTE (サポートip route del)RTM_DELROUTE (supports ip route del)
  • 更新するパッケージのスケジュールされたタスクは、従量制課金接続では実行されなくなります (GH #1371)Scheduled task checking for packages to update will no longer run on a metered connection (GH #1371)
  • パイプがスタックした場合のエラーを修正します。 bash-c "ls-alR/" |bash-c "cat" (GH #1214)Fixed error where piping gets stuck i.e. bash -c "ls -alR /" | bash -c "cat" (GH #1214)
  • 実装された TCP_KEEPCNT socket オプション (GH #843)Implemented TCP_KEEPCNT socket option (GH #843)
  • IP_MTU_DISCOVER INET socket オプション (GH #720、717、170、69) を実装していますImplemented IP_MTU_DISCOVER INET socket option (GH #720, 717, 170, 69)
  • Nt パス参照を使用して init から NT バイナリを実行する従来の機能を削除しました。Removed legacy functionality to run NT binaries from init with NT path lookup. (GH #1325)(GH #1325)
  • グループまたはその他の読み取りアクセスを許可するように更新モードを修正する (0644) (GH #1321)Fix mode of /dev/kmsg to allow group / other read access (0644) (GH #1321)
  • 実装された/proc/sys/kernel/random/uuid (GH #1092)Implemented /proc/sys/kernel/random/uuid (GH #1092)
  • プロセスの開始時刻が2432年 (GH #974) と表示されたエラーを修正しましたCorrected error where process start time was showing as year 2432 (GH #974)
  • 既定の用語環境変数を xterm-256 色に切り替えました (GH #1446)Switched default TERM environment variable to xterm-256color (GH #1446)
  • プロセスフォーク中にコミットが計算される方法を変更しました。Modified the way that process commit is calculated during process fork. (GH #1286)(GH #1286)
  • /Proc/sys/vm/overcommit_memory. の実装Implemented /proc/sys/vm/overcommit_memory. (GH #1286)(GH #1286)
  • 実装された/proc/net/route ファイル (GH #69)Implemented /proc/net/route file (GH #69)
  • ショートカット名が正しくローカライズされていないエラーを修正しました (GH #696)Fixed error where shortcut name was incorrectly localized (GH #696)
  • プログラムヘッダーの検証に誤りのある elf 解析ロジックを修正した場合は、PATH_MAX 未満である必要があります。Fixed elf parsing logic that is incorrectly validating the program headers must be less than (or equal to) PATH_MAX. (GH #1048)(GH #1048)
  • Procfs、sysfs、cgroupfs、および binfmtfs (GH #1378) の statfs コールバックを実装します。Implemented statfs callback for procfs, sysfs, cgroupfs, and binfmtfs (GH #1378)
  • 閉じることのできない AptPackageIndexUpdate ウィンドウを修正しました (GH #1184、GH #1193 で説明)Fixed AptPackageIndexUpdate windows that won’t close (GH #1184, also discussed in GH #1193)
  • ASLR パーソナリティ ADDR_NO_RANDOMIZE のサポートを追加しました。Added ASLR personality ADDR_NO_RANDOMIZE support. (GH #1148、1128)(GH #1148, 1128)
  • AV 中に適切な gdb スタックトレースを実現するための PTRACE_GETSIGINFO、SIGSEGV が改善されました (GH #875)Improved PTRACE_GETSIGINFO, SIGSEGV, for proper gdb stack traces during AV (GH #875)
  • Elf の解析は、パッチ elf バイナリでは失敗します。Elf parsing no longer fails for patchelf binaries. (GH #471)(GH #471)
  • /Etc/resolv.conf に反映された VPN DNS (GH #416、1350)VPN DNS propagated to /etc/resolv.conf (GH #416, 1350)
  • より信頼性の高いデータ転送のための TCP close の機能強化。Improvements to TCP close for more reliable data transfer. (GH #610、616、1025、1335)(GH #610, 616, 1025, 1335)
  • 開いているファイルが多すぎる場合 (EMFILE)、適切なエラーコードを返すようになりました。Now return correct error code when too many files are opened (EMFILE). (GH #1126、2090)(GH #1126, 2090)
  • Windows 監査ログで、プロセス作成の監査でイメージ名が報告されるようになりました。Windows Audit log now reports the image name in process create audit.
  • Bash ウィンドウ内から bash を起動すると、正常に失敗するNow gracefully fail when launching bash.exe from within a bash window
  • 相互運用機能が LxFs で作業ディレクトリにアクセスできないときにエラーメッセージが追加されました (例: .bashrc)Added error message when interop is unable to access a working directory under LxFs (i.e. notepad.exe .bashrc)
  • WSL で Windows パスが切り捨てられた問題を修正しましたFixed issue where Windows path was truncated in WSL
  • その他の修正プログラムと機能強化Additional fixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:690Number of Passing Test: 690
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:274Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 274
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


Syscall のサポートSyscall Support

次に示すのは、WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧です。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

shmctl
shmget
shmdt
shmat

ビルド14986Build 14986

ビルド14986の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14986 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Netlink および Pty Ioctl を使用したバグチェックの修正Fixed bugchecks with Netlink and Pty IOCTLs
  • カーネルのバージョンが Xenial との一貫性のために 4.4.0-43 を報告するようになりましたKernel version now reports 4.4.0-43 for consistency with Xenial
  • "Nul:" にリダイレクトされたときに Bash が起動するようになりました (GH #1259)Bash.exe now launches when input directed to 'nul:' (GH #1259)
  • Procfs (GH #967) でスレッド Id が正しくレポートされるようになりましたThread IDs now reported correctly in procfs (GH #967)
  • IN_UNMOUNT |IN_Q_OVERFLOW |IN_IGNORED |IN_ISDIR フラグが inotify_add_watch () でサポートされるようになりました (GH #1280)IN_UNMOUNT | IN_Q_OVERFLOW | IN_IGNORED | IN_ISDIR flags now supported in inotify_add_watch() (GH #1280)
  • Timer_create と関連するシステムコールを実装します。Implement timer_create and related system calls. これにより、GHC サポート (GH #307) が可能になります。This enables GHC support (GH #307)
  • Ping によって 0.000 m の時間 (GH #1296) が返された問題を修正しました。Fixed issue where ping returned a time of 0.000ms (GH #1296)
  • 開いているファイルが多すぎる場合は、正しいエラーコードを返します。Return correct error code when too many files are opened.
  • WSL の Netlink 要求が、インターフェイスのハードウェアアドレスが32バイト (Teredo インターフェイスなど) の場合は EINVAL で失敗する問題を修正した。Fixed issue in WSL where Netlink request for network interface data would fail with EINVAL if the interface's hardware address is 32-bytes (such as the Teredo interface)
    • Linux の "ip" ユーティリティには、WSL が32バイトのハードウェアアドレスを報告した場合にクラッシュするバグが含まれていることに注意してください。Note that the Linux "ip" utility contains a bug where it will crash if WSL reports a 32-byte hardware address. これは、WSL ではなく、"ip" のバグです。This is a bug in "ip", not WSL. "Ip" ユーティリティは、ハードウェアアドレスの印刷に使用される文字列バッファーの長さをハードコーディングします。また、32バイトのハードウェアアドレスを出力するには、バッファーが小さすぎます。The “ip” utility hard-codes the length of the string buffer used to print the hardware address, and that buffer is too small to print a 32-byte hardware address.
  • その他の修正プログラムと機能強化Additional fixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:669Number of Passing Test: 669
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:258Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 258
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


Syscall のサポートSyscall Support

次に示すのは、WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧です。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

timer_create
timer_delete
timer_gettime
timer_settime

ビルド14971Build 14971

ビルド14971の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14971 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Windows Subsystem for Linux では、コントロールを超える状況により、このビルドには更新プログラムがありません。Due to circumstances beyond our control there are no updates in this build for the Windows Subsystem for Linux. 定期的にスケジュールされた更新は、次回のリリースで再開されます。Regularly scheduled updates will resume on the next release.

LTP の結果:LTP Results:

14965から変更されていませんUnchanged from 14965
成功したテストの数:664Number of Passing Test: 664
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド14965Build 14965

ビルド14965の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14965 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Netlink sockets NETLINK_ROUTE protocol の RTM_GETLINK および RTM_GETADDR (GH #468) のサポートSupport for Netlink sockets NETLINK_ROUTE protocol's RTM_GETLINK and RTM_GETADDR (GH #468)

  • /sbin がユーザーのパスに既定で含まれるようになりました。/sbin is now in the user's path by default

  • NT ユーザーパスが既定で WSL パスに追加されました (つまり、Linux パスに System32 を追加せずに notepad.exe を入力できるようになりました)NT user path now appended to the WSL path by default (i.e. you can now type notepad.exe without adding System32 to the Linux path)

  • /Proc/sys/kernel/cap_last_cap のサポートを追加しましたAdded support for /proc/sys/kernel/cap_last_cap

  • 現在の作業ディレクトリに ansi 以外の文字が含まれている場合、WSL から NT バイナリを起動できるようになりました (GH #1254)NT Binaries can now be launched from WSL when the current working directory contains non-ansi characters (GH #1254)

  • 切断された unix ストリームソケットでのシャットダウンを許可します。Allow shutdown on disconnected unix stream socket.

  • PR_GET_PDEATHSIG のサポートを追加しました。Added support for PR_GET_PDEATHSIG.

  • CLONE_PARENT のサポートを追加しましたAdded support for CLONE_PARENT

  • パイプがスタックした場合のエラーを修正します。 bash-c "ls-alR/" |bash-c "cat" (GH #1214)Fixed error where piping gets stuck i.e. bash -c "ls -alR /" | bash -c "cat" (GH #1214)

  • 現在のターミナルに接続するための要求を処理します。Handle requests to connect to the current terminal.

  • /Proc//oom_score_adj を書き込み可能としてマークします。Mark /proc//oom_score_adj as writable.

  • /Fs フォルダーを追加します。Add /sys/fs/cgroup folder.

  • sched_setaffinity は、関係ビットマスクの数を返す必要がありますsched_setaffinity should return number of affinity bits mask

  • インタープリターパスの長さが64文字未満であることを誤って想定している ELF 検証ロジックを修正します。Fix ELF validation logic which incorrectly assumes interpreter paths must be less than 64 characters long. (GH #743)(GH #743)

  • 開いているファイル記述子は、コンソールウィンドウを開いたままにすることができます (GH #1187)Open file descriptors can keep console window open (GH #1187)

  • 名前の変更 () がターゲット名の末尾のスラッシュで失敗した Fixeed エラー (GH #1008)Fixeed error where rename() failed with trailing slash on target name (GH #1008)

  • /Proc/net/dev ファイルを実装するImplement /proc/net/dev file

  • タイマー精度による 0.000 ms ping を修正します。Fixed 0.000ms pings due to timer resolution.

  • 実装された/proc/self/environ (GH #730)Implemented /proc/self/environ (GH #730)

  • その他のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:664Number of Passing Test: 664
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド14959Build 14959

ビルド14959の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14959 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Windows の Pico Process 通知が改善されました。Improved Pico Process notification for Windows. Wsl ブログに記載されている追加情報。Additional information found on the WSL Blog.
  • Windows の相互運用性による安定性の向上Improved stability with Windows interoperability
  • エンタープライズデータ保護 (EDP) が有効になっている場合に bash を起動したときのエラー0x80070057 を修正しましたFixed error 0x80070057 when launching bash.exe when Enterprise Data Protection (EDP) is enabled
  • その他のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:665Number of Passing Test: 665
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド14955Build 14955

ビルド14955の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14955 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Windows Subsystem for Linux では、コントロールを超える状況により、このビルドには更新プログラムがありません。Due to circumstances beyond our control there are no updates in this build for the Windows Subsystem for Linux. 定期的にスケジュールされた更新は、次回のリリースで再開されます。Regularly scheduled updates will resume on the next release.

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:665Number of Passing Test: 665
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド14951Build 14951

ビルド14951の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14951 visit the Windows Blog.

新機能:Windows/Ubuntu の相互運用性New Feature: Windows / Ubuntu Interoperability

Windows バイナリを WSL コマンドラインから直接呼び出すことができるようになりました。Windows binaries can now be invoked directly from the WSL command line. これにより、ユーザーは Windows 環境とシステムを、不可能な方法で操作できるようになります。This gives users the ability to interact with their Windows environment and system in a way that has not been possible. 簡単な例として、ユーザーが次のコマンドを実行できるようになりました。As a quick example, it is now possible for users to run the following commands:

```
$ export PATH=$PATH:/mnt/c/Windows/System32
$ notepad.exe
$ ipconfig.exe | grep IPv4 | cut -d: -f2
$ ls -la | findstr.exe foo.txt
$ cmd.exe /c dir
```

詳細については、以下を参照してください。More information can be found at:

固定Fixed

  • Ubuntu 16.04 (Xenial) が、すべての新しい WSL インスタンスにインストールされるようになりました。Ubuntu 16.04 (Xenial) is now installed for all new WSL instances. 既存の 14.04 (Trusty) インスタンスを持つユーザーは自動的にアップグレードされません。Users with existing 14.04 (Trusty) instances will not be automatically upgraded.
  • インストール中に設定されたロケールが表示されるようになりましたLocale set during install is now displayed
  • WSL プロセスをファイルにリダイレクトする場合のバグを含むターミナルの機能強化Terminal improvements including bug where redirecting a WSL process to a file does not always work
  • コンソールの有効期間は、bash の有効期間に関連付けられている必要がありますConsole lifetime should be tied to bash.exe lifetime
  • コンソールウィンドウのサイズは、バッファーサイズではなく表示サイズを使用する必要がありますConsole window size should use visible size, not buffer size
  • その他のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:665Number of Passing Test: 665
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド14946Build 14946

ビルド14946の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14946 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • スペースまたは引用符を含む NT ユーザー名を持つユーザーの WSL ユーザーアカウントを作成できない問題を修正しています。Fixed an issue that prevented creating WSL user accounts for users with NT usernames that contain spaces or quotes.

  • ディレクトリのリンク数が stat で0を返すように、VolFs と DrvFs を変更します。Change VolFs and DrvFs to return 0 for directory's link count in stat

  • IPV6_MULTICAST_HOPS socket オプションをサポートします。Support IPV6_MULTICAST_HOPS socket option.

  • Tty ごとに1つのコンソール i/o ループに制限します。Limit to a single console I/O loop per tty. 例: 次のコマンドを実行できます。Example: the following command is possible:

    • bash-c "echo data" |bash-c "ssh user@example.com " cat > foo .txt ""bash -c "echo data" | bash -c "ssh user@example.com 'cat > foo.txt'"
  • /proc/cpuinfo のタブでスペースを置換する (GH #1115)replace spaces with tabs in /proc/cpuinfo (GH #1115)

  • Mountinfo に DrvFs が、マウントされた Windows ボリュームと一致する名前で表示されるようになりました。DrvFs now appears in mountinfo with a name that matches mounted Windows volume

  • /home と/root が mountinfo に正しい名前で表示されるようになりました/home and /root now appear in mountinfo with correct names

  • その他のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:665Number of Passing Test: 665
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド14942Build 14942

ビルド14942の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14942 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • SSH をブロックしていた "NOEXECUTE MEMORY の実行を試行しました" というネットワーククラッシュを含む、いくつかのバグを解決しました。A number of bugchecks addressed, including the “ATTEMPTED EXECUTE OF NOEXECUTE MEMORY” networking crash which was blocking SSH
  • DrvFs の Windows アプリケーションから生成された通知の inotifiy サポートがになりました。inotifiy support for notifications generated from Windows applications on DrvFs is now in
  • TCP_KEEPIDLE と TCP_KEEPINTVL を mongod 用に実装します。Implement TCP_KEEPIDLE and TCP_KEEPINTVL for mongod. (GH #695)(GH #695)
  • Pivot_root システムコールを実装するImplement the pivot_root system call
  • SO_DONTROUTE のソケットの実装オプションImplement socket option for SO_DONTROUTE
  • その他のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:665Number of Passing Test: 665
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs

Syscall のサポートSyscall Support

次に示すのは、WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧です。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

pivot_root

ビルド14936Build 14936

ビルド14936の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14936 visit the Windows Blog.

注:WSL は、今後のリリースで Ubuntu 14.04 (Trusty) ではなく、Ubuntu バージョン 16.04 (Xenial) をインストールします。Note: WSL will install Ubuntu version 16.04 (Xenial) instead of Ubuntu 14.04 (Trusty) in an upcoming release. この変更は、新しいインスタンスをインストールする場合に適用されます (lxrun/install または bash の最初の実行)。This change will apply to Insiders installing new instances (lxrun.exe /install or first run of bash.exe). Trusty を使用した既存のインスタンスは自動的にはアップグレードされません。Existing instances with Trusty will not be upgraded automatically. ユーザーは、Trusty コマンドを使用して、自分のイメージを Xenial にアップグレードできます。Users can upgrade their Trusty image to Xenial using the do-release-upgrade command.

既知の問題Known Issue

WSL でいくつかのソケット実装に問題が発生しています。WSL is experiencing an issue with some socket implementations. "NOEXECUTE MEMORY の実行を試行しました" というエラーが発生すると、バグチェックはクラッシュします。The bugcheck manifests itself as a crash with the error “ATTEMPTED EXECUTE OF NOEXECUTE MEMORY”. この問題の最も一般的な取り組みは、ssh を使用する場合のクラッシュです。The most common manifestation of this issue is a crash when using ssh. 根本原因は内部ビルドで固定されており、最も早い機会に Insider にプッシュされます。The root cause is fixed on internal builds and will be pushed to Insiders at the earliest opportunity.

固定Fixed

  • Chroot システム呼び出しを実装します。Implemented the chroot system call
  • DrvFs の Windows アプリケーションから生成された通知のサポートを含むinotify の機能強化Improvements in inotify including support for notifications generated from Windows applications on DrvFs
    • 量現時点では利用できない Windows アプリケーションからの変更については、Inotify のサポートが提供されています。Correction: Inotify support for changes originating from Windows applications not available at this time.
  • IPV6 へのソケットバインド: : で IPV6_V6ONLY (GH #68、#157、#393、#460、#674、#740、#982、#996) がサポートされるようになりました。Socket binding to IPV6:: now supports IPV6_V6ONLY (GH #68, #157, #393, #460, #674, #740, #982, #996)
  • Waitid systemcall が実装された WNOWAIT 動作 (GH #638)WNOWAIT behavior for waitid systemcall implemented (GH #638)
  • IP ソケットオプション IP_HDRINCL と IP_TTL のサポートSupport for IP socket options IP_HDRINCL and IP_TTL
  • 長さ0の読み取り () はすぐに返される必要があります (GH #975)Zero-length read() should return immediately (GH #975)
  • Tar ファイルに NULL 終端文字を含まないファイル名とファイル名プレフィックスを正しく処理します。Correctly handle filenames and filename prefixes that don't include a NULL terminator in a .tar file.
  • /dev/null の epoll サポートepoll support for /dev/null
  • 更新プログラムのタイムソースを修正するFix /dev/alarm time source
  • Bash-c がファイルにリダイレクトできるようになりましたBash -c now able to redirect to a file
  • その他のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:664Number of Passing Test: 664
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:264Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 264
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs

Syscall のサポートSyscall Support

次に示すのは、WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧です。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

chroot

ビルド14931Build 14931

ビルド14931の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14931 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Windows Subsystem for Linux では、コントロールを超える状況により、このビルドには更新プログラムがありません。Due to circumstances beyond our control there are no updates in this build for the Windows Subsystem for Linux. 定期的にスケジュールされた更新は、次のリリースで再開されます。Regularly scheduled updates will resume in the next release.

ビルド14926Build 14926

ビルド14926の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14926 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 管理者特権を持たないコンソールで Ping が機能するようになりました。Ping now works in consoles which do not have administrator privileges
  • Ping6 がサポートされるようになりました。管理者特権も必要ありませんPing6 now supported, also without administrator privileges
  • WSL によって変更されたファイルの Inotify サポート。Inotify support for files modified through WSL. (GH #216)(GH #216)
    • サポートされているフラグ:Flags supported:
      • inotify_init1:LX_O_CLOEXEC, LX_O_NONBLOCKinotify_init1: LX_O_CLOEXEC, LX_O_NONBLOCK
      • inotify_add_watch イベント:LX_IN_ACCESS, LX_IN_MODIFY, LX_IN_ATTRIB, LX_IN_CLOSE_WRITE, LX_IN_CLOSE_NOWRITE, LX_IN_OPEN, LX_IN_MOVED_FROM, LX_IN_MOVED_TO, LX_IN_CREATE, LX_IN_DELETE, LX_IN_DELETE_SELF, LX_IN_MOVE_SELFinotify_add_watch events: LX_IN_ACCESS, LX_IN_MODIFY, LX_IN_ATTRIB, LX_IN_CLOSE_WRITE, LX_IN_CLOSE_NOWRITE, LX_IN_OPEN, LX_IN_MOVED_FROM, LX_IN_MOVED_TO, LX_IN_CREATE, LX_IN_DELETE, LX_IN_DELETE_SELF, LX_IN_MOVE_SELF
      • inotify_add_watch 属性 (i):LX_IN_DONT_FOLLOW, LX_IN_EXCL_UNLINK, LX_IN_MASK_ADD, LX_IN_ONESHOT, LX_IN_ONLYDIRinotify_add_watch attributes: LX_IN_DONT_FOLLOW, LX_IN_EXCL_UNLINK, LX_IN_MASK_ADD, LX_IN_ONESHOT, LX_IN_ONLYDIR
      • 出力の読み取り:LX_IN_ISDIR, LX_IN_IGNOREDread output: LX_IN_ISDIR, LX_IN_IGNORED
    • 既知の問題:Windows アプリケーションからファイルを変更してもイベントが生成されないKnown issue: Modifying files from Windows applications does not generate any events
  • Unix ソケットで SCM_CREDENTIALS がサポートされるようになりました。Unix socket now supports SCM_CREDENTIALS

LTP の結果:LTP Results:

成功したテストの数:651Number of Passing Test: 651
非パッシング (失敗、スキップされたなど) の数:258Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 258
LTP テストの実行ログLTP Test Run Logs


ビルド14915Build 14915

ビルド14915の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14915 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Unix データグラムソケットの socketpair (GH #262)Socketpair for unix datagram sockets (GH #262)
  • SO_REUSEADDR の Unix ソケットサポートUnix socket support for SO_REUSEADDR
  • SO_BROADCAST の UNIX ソケットサポート (GH #568)UNIX socket support for SO_BROADCAST (GH #568)
  • SOCK_SEQPACKET の Unix ソケットサポート (GH #758、#546)Unix socket support for SOCK_SEQPACKET (GH #758, #546)
  • Unix データグラムソケットの送信、受信、およびシャットダウンのサポートの追加Adding support for unix datagram socket send, recv and shutdown
  • 非固定アドレスに対する mmap パラメーターの検証が無効なため、バグチェックを修正します。Fix bugcheck due to invalid mmap parameter validation for non-fixed addresses. (GH #847)(GH #847)
  • ターミナル状態の中断/再開のサポートSupport for suspend / resume of terminal states
  • 画面ユーティリティのブロックを解除する TIOCPKT ioctl のサポート (GH #774)Support for TIOCPKT ioctl to unblock the Screen utility (GH #774)
    • 既知の問題:関数キーが動作していませんKnown issue: Function keys not operational
  • TimerFd の競合を修正しました。これにより、解放されたメンバー ' ReaderReady ' が Lxp Timerfdworkspace Erroutine (GH #814) によってアクセスされる可能性がありますCorrected a race in TimerFd that could cause a freed member 'ReaderReady' to be accessed by LxpTimerFdWorkerRoutine (GH #814)
  • Futex、投票、clock_nanosleep の再起動可能なシステムコールのサポートを有効にするEnable restartable system call support for futex, poll, and clock_nanosleep
  • バインドマウントサポートを追加しましたAdded bind mount support
  • マウントの名前空間のサポートの共有を解除するunshare for mount namespace support
    • 既知の問題:現在の作業ディレクトリを使用しunshare(CLONE_NEWNS)て新しいマウント名前空間を作成すると、引き続き古い名前空間が参照されます。Known issue: When creating a new mount namespace with unshare(CLONE_NEWNS) the current working directory will continue to point to the old namespace
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ビルド14905Build 14905

ビルド14905の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14905 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 再開可能なシステムコールがサポートされるようになりました (GH #349、GH #520)Restartable system calls are now supported (GH #349, GH #520)
  • 現在操作中のディレクトリへのシンボリックリンク (GH #650)Symlinks to directories ending in / now operational (GH #650)
  • /Dev/random の RNDGETENTCNT ioctl を実装します。Implemented RNDGETENTCNT ioctl for /dev/random
  • /Proc/[pid]/マウント,/proc/[pid]/mountinfo および/proc/[pid]/mountstats ファイルを実装します。Implemented the /proc/[pid]/mounts, /proc/[pid]/mountinfo and /proc/[pid]/mountstats files
  • その他のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

ビルド14901Build 14901

Windows 10 記念日更新リリースの最初の Insider ビルド。First Insider build for the post Windows 10 Anniversary Update release.

ビルド14901の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14901 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 末尾のスラッシュの問題を修正したFixed trailing slash issue
    • などのコマンドが動作するようになりました$ mv a/c/ a/b/Commands such as $ mv a/c/ a/b/ now work
  • Ubuntu ロケールを Windows ロケールに設定するかどうかを確認するメッセージが表示されるようになりましたInstalling now prompts if Ubuntu locale should be set to Windows locale
  • Ns フォルダーの Procfs サポートProcfs support for ns folder
  • Tmpfs、procfs、および sysfs ファイルシステムのマウントとマウント解除を追加しましたAdded mount and unmount for tmpfs, procfs and sysfs file systems
  • Mknod [at] 32 ビット ABI 署名の修正Fix mknod[at] 32-bit ABI signature
  • Unix ソケットをディスパッチモデルに移行Unix sockets moved to dispatch model
  • Setsockopt を使用して、INET ソケットの recv バッファーサイズを設定する必要がありますINET socket recv buffer size set using the setsockopt should be honored
  • MSG_CMSG_CLOEXEC unix socket receive message フラグを実装するImplement MSG_CMSG_CLOEXEC unix socket receive message flag
  • Linux プロセス stdin/stdout パイプのリダイレクト (GH #2)Linux process stdin/stdout pipe redirection (GH #2)
    • CMD で bash-c コマンドのパイプを使用できるようにします。Allows for piping of bash -c commands in CMD. 例: > dir |bash-c "grep foo"Example: >dir | bash -c "grep foo"
  • Bash を複数のシステムにインストールできるようになりました (GH #538、#358)Bash can now be installed on systems with multiple pagefiles (GH #538, #358)
  • 既定の INET ソケットバッファーサイズは、既定の Ubuntu セットアップのものと一致している必要があります。Default INET Socket buffer size should match that of default Ubuntu setup
  • Xattr syscall を listxattr に揃えるAlign xattr syscalls to listxattr
  • SIOCGIFCONF から有効な IPv4 アドレスを持つインターフェイスのみを返すOnly return interfaces with a valid IPv4 address from SIOCGIFCONF
  • Ptrace によって挿入されるときのシグナルの既定の動作を修正するFix signal default action when injected by ptrace
  • /proc/sys/vm/min_free_kbytes を実装するimplement /proc/sys/vm/min_free_kbytes
  • Sigreturn でコンテキストを復元するときにマシンコンテキストレジスタの値を使用するUse machine context register values when restoring context in sigreturn
    • これにより、一部のユーザーに対して java と javac がハングした問題が解決されます。This resolves the issue where java and javac were hanging for some users
  • /Proc/sys/kernel/hostname を実装するImplement /proc/sys/kernel/hostname

Syscall のサポートSyscall Support

次に示すのは、WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧です。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

waitid
epoll_pwait


14388を Windows 10 記念日更新プログラムにビルドするBuild 14388 to Windows 10 Anniversary Update

ビルド14388の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14388 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 8/2 で Windows 10 記念日更新プログラムを準備するための修正プログラムFixes to prepare for the Windows 10 Anniversary Update on 8/2
    • 記念日の更新に関する詳細については、こちらのブログを参照してください。More information about WSL in the Anniversary Update can be found on our blog

ビルド14376Build 14376

ビルド14376の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14376 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Apt-get がハングするインスタンスをいくつか削除しました (GH #493)Removed some instances where apt-get hangs (GH #493)
  • 空のマウントが正しく処理されない問題を修正しましたFixed an issue where empty mounts were not handled correctly
  • Ramdisks が正しくマウントされていない問題を修正しましたFixed an issue where ramdisks were not mounted correctly
  • Unix ソケットの受け入れをサポートフラグに変更する (partial GH #451)Change unix socket accept to support flags (partial GH #451)
  • 一般的なネットワーク関連のブルースクリーンを修正したFixed common network related bluescreen
  • /Proc/[pid]/task (GH #523) にアクセスするときにブルースクリーンを修正Fixed bluescreen when accessing /proc/[pid]/task (GH #523)
  • 一部の pty シナリオ (GH #488、#504) の高 CPU 使用率を修正したFixed high CPU utilization for some pty scenarios (GH #488, #504)
  • その他のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

ビルド14371Build 14371

ビルド14371の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14371 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Ptrace を使用するときに SIGCHLD と wait () を使用してタイミングレースを修正しましたCorrected timing race with SIGCHLD and wait() when using ptrace
  • パスの末尾に/(GH #432) がある場合の動作を修正しましたCorrected some behavior when paths have a trailing / (GH #432)
  • 子へのハンドルが開いているため、名前の変更とリンク解除に失敗する問題を修正したFixed issue with rename/unlink failing due to open handles to children
  • その他のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

ビルド14366Build 14366

ビルド14366の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14366 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • シンボリックリンクを使用したファイル作成時の修正Fix in file creation through symlinks
  • Python 用 listxattr (GH 385) が追加されましたAdded listxattr for Python (GH 385)
  • その他のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

Syscall のサポートSyscall Support

  • 次に示すのは、WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧です。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

listxattr

ビルド14361Build 14361

ビルド14361の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14361 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Windows 上で Bash on Ubuntu を実行すると、DrvFs の大文字と小文字が区別されるようになりました。DrvFs is now case sensitive when running in Bash on Ubuntu on Windows.
    • ユーザーは .txt と大文字小文字を区別することができます。/Mnt/c ドライブ上の TXTUsers may case.txt and CASE.TXT on their /mnt/c drives
    • 大文字小文字の区別は、Bash on Ubuntu on Windows でのみサポートされています。Case sensitivity is only supported within Bash on Ubuntu on Windows. Bash の外部では、ファイルが正しく報告されますが、予期しない動作が Windows からのファイルの操作で発生する場合があります。When outside of Bash NTFS will report the files correctly, but unexpected behavior may occur interacting with the files from Windows.
    • 各ボリュームのルート (つまり/mnt/c) は大文字と小文字が区別されません。The root of each volume (i.e. /mnt/c) is not case sensitive
    • これらのファイルを Windows で処理する方法の詳細については、こちらを参照してください。More information on handling these files in Windows can be found here.
  • Pty/tty のサポートが大幅に強化されました。Greatly enhanced pty / tty support. TMUX のようなアプリケーションがサポートされるようになりました (GH #40)Applications like TMUX now supported (GH #40)
  • ユーザーアカウントが常に作成されていないインストールの問題を修正しましたFixed install issue where user accounts not always created
  • 非常に長い引数リストを許可する最適化されたコマンドライン arg 構造体。Optimized command line arg structure allowing for extremely long argument list. (GH #153)(GH #153)
  • DrvFs からファイルを削除することができるようになりました。Now able to delete and chmod read_only files from DrvFs
  • 切断時にターミナルがハングする一部のインスタンスを修正した (GH #43)Fixed some instances where the terminal hangs on disconnect (GH #43)
  • chmod と chown が tty デバイスで動作するようになりましたchmod and chown now work on tty devices
  • 0.0.0.0 および:: as localhost (GH #388) への接続を許可しますAllow connection to 0.0.0.0 and :: as localhost (GH #388)
  • Sendmsg/recvmsg が > 1 (partial GH #376) の IO ベクターの長さを処理するようになりましたSendmsg/recvmsg now handle an IO vector length of >1 (partial GH #376)
  • ユーザーは、自動生成された hosts ファイル (GH #398) をオプトアウトできるようになりました。Users can now opt-out of auto-generated hosts file (GH #398)
  • インストール中に Linux ロケールを NT ロケールに自動的に一致させる (GH #11)Automatically match Linux locale to the NT locale during install (GH #11)
  • /Proc/sys/vm/swappiness ファイル (GH #306) が追加されました。Added the /proc/sys/vm/swappiness file (GH #306)
  • strace が正常に終了するようになりましたstrace now exits correctly
  • /Proc/self/fd を使用してパイプを再度開くことを許可する (GH #222)Allow pipes to be reopened through /proc/self/fd (GH #222)
  • DrvFs から%LOCALAPPDATA%\lxss の下にあるディレクトリを非表示にする (GH #270)Hide directories under %LOCALAPPDATA%\lxss from DrvFs (GH #270)
  • Bash の処理の強化 ~.Better handling of bash.exe ~. などのコマンド"bash ~-c %.ls"(GH #467) をサポートするようになりましたCommands like “bash ~ -c ls” now supported (GH #467)
  • ソケットはシャットダウン中に使用可能な epoll read を通知するようになりました (GH #271)Sockets now notify epoll read available during shutdown (GH #271)
  • lxrun/uninstall では、ファイルとフォルダーを削除する機能が改善されています。lxrun /uninstall does a better job of deleting the files and folders
  • 修正された ps-f (GH #246)Corrected ps -f (GH #246)
  • XEmacs (GH #481) などの x11 アプリのサポートの強化Improved support for x11 apps such as xEmacs (GH #481)
  • 既定の Ubuntu 設定に一致するように初期スレッドスタックサイズを更新し、get_rlimit syscall (GH #172、#258) にサイズを正しく報告しましたUpdated initial thread stack size to match default Ubuntu setting and reporting the size correctly to the get_rlimit syscall (GH #172, #258)
  • Pico プロセスのイメージ名 (監査のためなど) のレポートが改善されました。Improved reporting of pico process image names (e.g., for auditing)
  • Df コマンドの/proc/mountinfo を実装します。Implemented /proc/mountinfo for df command
  • 子名のシンボリックリンクエラーコードを修正した。Fixed symlink error code for child name . そして。and ..
  • 追加の改善バグ修正と改善Additional improvements bugfixes and improvements

Syscall のサポートSyscall Support

次に示すのは、WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧です。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

GETTIMER
MKNODAT
RENAMEAT
SENDFILE
SENDFILE64
SYNC_FILE_RANGE

ビルド14352Build 14352

ビルド14352の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14352 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 大きなファイルが正しくダウンロードまたは作成されなかった問題を修正しました。Fixed issue where large files were not downloaded / created correctly. これにより、npm とその他のシナリオ (GH #3、GH #313) のブロックが解除されます。This should unblock npm and other scenarios (GH #3, GH #313)
  • ソケットがハングする一部のインスタンスを削除しましたRemoved some instances where sockets hang
  • いくつかの ptrace エラーを修正しましたCorrected some ptrace errors
  • 255文字を超えるファイル名を許可する WSL の問題を修正しましたFixed issue with WSL allowing filenames longer than 255 characters
  • 英語以外の文字のサポートの強化Improved support for non-English characters
  • 現在の Windows タイムゾーンデータを追加し、既定として設定するAdd current Windows timezone data and set as default
  • 各マウントポイントの一意のデバイス id (jre fix – GH #49)Unique device id’s for each mount point (jre fix – GH #49)
  • "." を含むパスの問題を修正してください。Correct issue with paths containing “.” および "."and “..”
  • 追加された Fifo サポート (GH #71)Added Fifo support (GH #71)
  • ネイティブ Ubuntu 形式に一致するように resolv.conf の形式を更新しましたUpdated format of resolv.conf to match native Ubuntu format
  • 一部の procfs クリーンアップSome procfs cleanup
  • 管理者コンソールの ping を有効にする (GH #18)Enabled ping for Administrator consoles (GH #18)

Syscall のサポートSyscall Support

次に示すのは、WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧です。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

FALLOCATE
EXECVE
LGETXATTR
FGETXATTR

ビルド14342Build 14342

ビルド14342の一般的な Windows 情報については、 Windows ブログを参照してください。For general Windows information on build 14342 the Windows Blog.

VolFs とドライブ Fs に関する情報は、 Wsl ブログを参照してください。Information on VolFs and DriveFs can be found on the WSL Blog.

固定Fixed

  • Windows ユーザーのユーザー名に Unicode 文字が含まれている場合のインストールの問題を修正しましたFixed install issue when the Windows user had Unicode characters in the username
  • FAQ の apt get 更新 udev の回避策は、最初の実行時に既定で提供されるようになりました。The apt-get update udev workaround in the FAQ is now provided by default on first run
  • ドライブ fs (/mnt/) ディレクトリでのシンボリックリンクの有効化Enabled symlinks in DriveFs (/mnt/) directories
  • シンボリックリンクがドライブ Fs と VolFs 間で機能するようになりましたSymlinks now work between DriveFs and VolFs
  • 解析の問題、アドレス指定された最上位レベル パス: %.ls/期待どおりに、正しく動作/。Addressed top level path parsing issue: ls .// will now work as expected
  • npm がドライブ Fs にインストールされ、-g オプションが機能するようになりました。npm install on DriveFs and the -g options are now working
  • PHP サーバーの起動を妨げている問題を修正したFixed issue preventing PHP server from launching
  • ネイティブ Ubuntu に近い $PATH など、既定の環境値が更新されましたUpdated default environment values, such as $PATH to closer match native Ubuntu
  • Apt パッケージキャッシュを更新するための週単位のメンテナンスタスクが Windows に追加されましたAdded a weekly maintenance task in Windows to update the apt package cache
  • ELF ヘッダーの検証に関する問題を修正しました。 WSL ですべての Melkor オプションがサポートされるようになりましたFixed issue with ELF header validation, WSL now supports all Melkor options
  • Zsh シェルが機能していますZsh shell is functional
  • プリコンパイル済みのジャンプバイナリがサポートされるようになりましたPrecompiled Go binaries are now supported
  • Bash の初回実行時のプロンプトが正しくローカライズされるようになりましたPrompting on Bash.exe first run is now localized correctly
  • /proc/meminfo が正しい情報を返すようになりました/proc/meminfo now returns correct information
  • VFS でソケットがサポートされるようになりましたSockets now supported in VFS
  • /dev が tempfs としてマウントされるようになりました/dev now mounted as tempfs
  • Fifo がサポートされるようになりましたFifo now supported
  • /Proc/cpuinfo で、マルチコアシステムが正しく表示されるようになりました。Multi-core systems now showing correctly in /proc/cpuinfo
  • 初回実行時の追加の改善とエラーメッセージのダウンロードAdditional improvements and error messages downloading during first run
  • Syscall の機能強化とバグ修正。Syscall improvements and bugfixes. 以下のサポートされている syscall 一覧。Supported syscall list below.
  • その他のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

既知の問題Known Issues

  • '. ' を解決できませんNot resolving ‘..’ 場合によっては、ドライブ Fs で正しく動作します。correctly on DriveFs in some cases

Syscall のサポートSyscall Support

次に示すのは、WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧です。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

FCHOWNAT
GETEUID
GETGID
GETRESUID
GETXATTR
PTRACE
SETGID
SETGROUPS
SETHOSTNAME
SETXATTR

ビルド14332Build 14332

ビルド14332の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14332 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • DNS エントリの優先順位を含む resolv.conf の生成の向上Better resolv.conf generation including prioritizing DNS entries
  • /Mnt ドライブと/mnt 以外のドライブの間でファイルとディレクトリを移動する場合の問題Issue with moving files and directories between /mnt and non-/mnt drives
  • シンボリックリンクを使用して Tar ファイルを作成できるようになりました。Tar files can now be created with symlinks
  • インスタンスの作成時に既定の/run/lock ディレクトリが追加されましたAdded default /run/lock directory on instance creation
  • /Dev/null を更新して適切な stat 情報を返すUpdate /dev/null to return proper stat info
  • 初回実行時のダウンロード時の追加エラーAdditional errors when downloading during first run
  • Syscall の機能強化とバグ修正。Syscall improvements and bugfixes. 以下のサポートされている syscall 一覧。Supported syscall list below.
  • 追加の改善バグ修正と改善Additional improvements bugfixes and improvements

Syscall のサポートSyscall Support

以下は、WSL で実装がいくつかある新しい syscall です。Below is the new syscall that has some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。The syscall on this list is supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

READLINKAT

ビルド14328Build 14328

ビルド14332の一般的な Windows 情報については、 windows のブログを参照してください。For general Windows information on build 14332 visit the Windows Blog.

新機能New Features

  • Linux ユーザーがサポートされるようになりました。Now support Linux users. Bash on Ubuntu on Windows をインストールすると、Linux ユーザーの作成を求めるメッセージが表示されます。Installing Bash on Ubuntu on Windows will prompt for creation of a Linux user. 詳細については、「」を参照してください。 https://aka.ms/wslusersFor more information, visit https://aka.ms/wslusers
  • ホスト名が Windows コンピューター名に設定されました@localhostHostname is now set to the Windows computer name, no more @localhost
  • ビルド14328の詳細については、次を参照してください。 https://aka.ms/wip14328For more information on build 14328, visit: https://aka.ms/wip14328

固定Fixed

  • 非/mnt/ファイルのシンボリックリンクの機能強化Symlink improvements for non /mnt/ files
    • npm のインストールが機能するようになりましたnpm install now works
    • jdk/jreはここに記載されている手順に従ってインストールできるようになりました。jdk / jre now installable using instructions found here.
    • 既知の問題: symlink は Windows マウントでは機能しません。known issue: symlinks do not work for Windows mounts. 機能は、後のビルドで使用できるようになりますFunctionality will be available in a later build
  • 上部と htop が表示されるようになりましたtop and htop now display
  • 一部のインストールエラーに関する追加のエラーメッセージAdditional error messages for some install failures
  • Syscall の機能強化とバグ修正。Syscall improvements and bugfixes. 以下のサポートされている syscall 一覧。Supported syscall list below.
  • 追加の改善バグ修正と改善Additional improvements bugfixes and improvements

Syscall のサポートSyscall Support

WSL で実装がいくつかある syscall の一覧を次に示します。Below is a list of syscalls that have some implementation in WSL. この一覧の syscall は、少なくとも1つのシナリオでサポートされていますが、現時点では一部のパラメーターがサポートされていない可能性があります。Syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

ACCEPT
ACCEPT4
ACCESS
ALARM
ARCH_PRCTL
BIND
BRK
CAPGET
CAPSET
CHDIR
CHMOD
CHOWN
CLOCK_GETRES
CLOCK_GETTIME
CLOCK_NANOSLEEP
CLONE
CLOSE
CONNECT
CREAT
DUP
DUP2
DUP3
EPOLL_CREATE
EPOLL_CREATE1
EPOLL_CTL
EPOLL_WAIT
EVENTFD
EVENTFD2
EXECVE
EXIT
EXIT_GROUP
FACCESSAT
FADVISE64
FCHDIR
FCHMOD
FCHMODAT
FCHOWN
FCHOWNAT
FCNTL64
FDATASYNC
FLOCK
FORK
FSETXATTR
FSTAT64
FSTATAT64
FSTATFS64
FSYNC
FTRUNCATE
FTRUNCATE64
FUTEX
GETCPU
GETCWD
GETDENTS
GETDENTS64
GETEGID
GETEGID16
GETEUID
GETEUID16
GETGID
GETGID16
GETGROUPS
GETPEERNAME
GETPGID
GETPGRP
GETPID
GETPPID
GETPRIORITY
GETRESGID
GETRESGID16
GETRESUID
GETRESUID16
GETRLIMIT
GETRUSAGE
GETSID
GETSOCKNAME
GETSOCKOPT
GETTID
GETTIMEOFDAY
GETUID
GETUID16
GETXATTR
GET_ROBUST_LIST
GET_THREAD_AREA
INOTIFY_ADD_WATCH
INOTIFY_INIT
INOTIFY_RM_WATCH
IOCTL
IOPRIO_GET
IOPRIO_SET
KEYCTL
KILL
LCHOWN
LINK
LINKAT
LISTEN
LLSEEK
LSEEK
LSTAT64
MADVISE
MKDIR
MKDIRAT
MKNOD
MLOCK
MMAP
MMAP2
MOUNT
MPROTECT
MREMAP
MSYNC
MUNLOCK
MUNMAP
NANOSLEEP
NEWUNAME
OPEN
OPENAT
PAUSE
PERF_EVENT_OPEN
PERSONALITY
PIPE
PIPE2
POLL
PPOLL
PRCTL
PREAD64
PROCESS_VM_READV
PROCESS_VM_WRITEV
PSELECT6
PTRACE
PWRITE64
READ
READLINK
READV
REBOOT
RECV
RECVFROM
RECVMSG
RENAME
RMDIR
RT_SIGACTION
RT_SIGPENDING
RT_SIGPROCMASK
RT_SIGRETURN
RT_SIGSUSPEND
RT_SIGTIMEDWAIT
SCHED_GETAFFINITY
SCHED_GETPARAM
SCHED_GETSCHEDULER
SCHED_GET_PRIORITY_MAX
SCHED_GET_PRIORITY_MIN
SCHED_SETAFFINITY
SCHED_SETPARAM
SCHED_SETSCHEDULER
SCHED_YIELD
SELECT
SEND
SENDMMSG
SENDMSG
SENDTO
SETDOMAINNAME
SETGID
SETGROUPS
SETHOSTNAME
SETITIMER
SETPGID
SETPRIORITY
SETREGID
SETRESGID
SETRESUID
SETREUID
SETRLIMIT
SETSID
SETSOCKOPT
SETTIMEOFDAY
SETUID
SETXATTR
SET_ROBUST_LIST
SET_THREAD_AREA
SET_TID_ADDRESS
SHUTDOWN
SIGACTION
SIGALTSTACK
SIGPENDING
SIGPROCMASK
SIGRETURN
SIGSUSPEND
SOCKET
SOCKETCALL
SOCKETPAIR
SPLICE
STAT64
STATFS64
SYMLINK
SYMLINKAT
SYNC
SYSINFO
TEE
TGKILL
TIME
TIMERFD_CREATE
TIMERFD_GETTIME
TIMERFD_SETTIME
TIMES
TKILL
TRUNCATE
TRUNCATE64
UMASK
UMOUNT
UMOUNT2
UNLINK
UNLINKAT
UNSHARE
UTIME
UTIMENSAT
UTIMES
VFORK
WAIT4
WAITPID
WRITE
WRITEV