Windows Subsystem for Linux のリリース ノートRelease Notes for Windows Subsystem for Linux

ビルド 18890Build 18890

一般的な Windows ビルド 18890 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 18890 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • 非ブロッキング ソケット リーク [GH 2913]Non-blocking socket leak [GH 2913]
  • EOF 入力ターミナルには、それ以降の読み取り [GH 3421] をブロックできます。EOF input to terminal can block subsequent reads [GH 3421]
  • [GH 3928 で説明した] wsl.conf を参照するヘッダーを resolv.conf を更新します。Update resolv.conf header to refer to wsl.conf [discussed in GH 3928]
  • Epoll でデッドロック コード [GH 3922] の削除します。Deadlock in epoll delete code [GH 3922]
  • -インポートおよび – [GH 3932] をエクスポートする引数にスペースを処理します。Handle spaces in arguments to --import and –export [GH 3932]
  • Mmap の拡張ファイルが正しく機能しません [GH 3939]Extending mmap’d files does not work properly [GH 3939]
  • ARM64 に関する問題を解決する\wsl$ アクセスが正しく機能していませんFix issue with ARM64 \wsl$ access not working properly
  • Wsl.exe の向上の既定のアイコンを追加します。Add better default icon for wsl.exe

ビルド 18342Build 18342

一般的な Windows ビルド 18342 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 18342 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • ユーザーが Windows から WSL ディストリビューションでの Linux ファイルにアクセスする機能が追加されました。We've added the ability for users to access Linux files in a WSL distro from Windows. これらのファイルは、コマンドライン、およびもファイル エクスプ ローラー、VSCode のように、Windows アプリを使用アクセスできるなどは、これらのファイルと対話できます。These files can be accessed through the command line, and also Windows apps, like file explorer, VSCode, etc. can interact with these files. 移動して、ファイルにアクセス\ \wsl$\< distro_name > に移動してディストリビューションを実行しているの一覧を表示または\ \wsl$Access your files by navigating to \\wsl$\<distro_name>, or see a list of running distributions by navigating to \\wsl$
  • 追加の CPU 情報タグを追加し、[GH 2234] Cpus_allowed [リスト] の値を修正Add additional CPU info tags and fix Cpus_allowed[_list] values [GH 2234]
  • Exec 非リーダー スレッド [GH 3800] からのサポートします。Support exec from non-leader thread [GH 3800]
  • 致命的でない [GH 3785] として構成の更新の失敗を扱うTreat configuration update failures as non-fatal [GH 3785]
  • [GH 3768] のオフセットを正しく処理するために binfmt を更新します。Update binfmt to properly handle offsets [GH 3768]
  • 9 の計画 [GH 3854] のネットワーク ドライブのマッピングを有効にします。Enable mapping network drives for Plan 9 [GH 3854]
  • -> Linux のサポート Windows と Linux バインド マウント モードの Windows パスの変換を ->Support Windows -> Linux and Linux -> Windows path translation for bind mounts
  • 読み取り専用、開かれたファイルに読み取り専用のセクションで、マッピングを作成します。Create read-only sections for mappings on files opened read-only

ビルド 18334Build 18334

一般的な Windows ビルド 18334 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 18334 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • Windows タイム ゾーンが Linux のタイム ゾーン [GH 3747] にマップする方法を再設計します。Redesign the way that Windows time zone is mapped to a Linux time zone [GH 3747]
  • メモリ リークを修正し、新しい文字列変換関数 [GH 3746] を追加Fix memory leaks and add new string translation functions [GH 3746]
  • ないスレッドで、threadgroup SIGCONT は no-op [GH 3741]SIGCONT on a threadgroup with no threads is a no-op [GH 3741]
  • 正しく/proc/self/fd のソケットと epoll のファイル記述子を表示します。Correctly display socket and epoll file descriptors in /proc/self/fd

ビルド 18305Build 18305

一般的な Windows ビルド 18305 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 18305 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • pthreads プライマリ スレッドの終了 [GH 3589] 時にファイルへのアクセスが失われるpthreads lose access to files when the primary thread exits [GH 3589]
  • 必要である場合を除き、TIOCSCTTY は"-force"パラメーターを無視する必要があります [GH 3652]TIOCSCTTY should ignore the “force” parameter unless it is required [GH 3652]
  • wsl.exe コマンドラインの機能強化と加算のインポート/エクスポート機能。wsl.exe command line improvements and addition of import / export functionality.
Usage: wsl.exe [Argument] [Options...] [CommandLine]

Arguments to run Linux binaries:

    If no command line is provided, wsl.exe launches the default shell.

    --exec, -e <CommandLine>
        Execute the specified command without using the default Linux shell.

    --
        Pass the remaining command line as is.

Options:
    --distribution, -d <DistributionName>
        Run the specified distribution.

    --user, -u <UserName>
        Run as the specified user.

Arguments to manage Windows Subsystem for Linux:

    --export <DistributionName> <FileName>
        Exports the distribution to a tar file.
        The filename can be - for standard output.

    --import <DistributionName> <InstallLocation> <FileName>
        Imports the specified tar file as a new distribution.
        The filename can be - for standard input.

    --list, -l [Options]
        Lists distributions.

        Options:
            --all
                List all distributions, including distributions that are currently
                being installed or uninstalled.

            --running
                List only distributions that are currently running.

    -setdefault, -s <DistributionName>
        Sets the distribution as the default.

    --terminate, -t <DistributionName>
        Terminates the distribution.

    --unregister <DistributionName>
        Unregisters the distribution.

    --upgrade <DistributionName>
        Upgrades the distribution to the WslFs file system format.

    --help
        Display usage information.

ビルド 18277Build 18277

一般的な Windows ビルド 18277 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 18277 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • ビルド 18272 [GH 3645] で導入された「インターフェイスがサポートされています」エラーを修正します。Fix "no such interface supported" error introduced in build 18272 [GH 3645]
  • Umount syscall [GH 3605] の MNT_FORCE フラグを無視します。Ignore the MNT_FORCE flag for umount syscall [GH 3605]
  • 公式の CreatePseudoConsole API を使用してスイッチ WSL 相互運用機能Switch WSL interop to use the official CreatePseudoConsole API
  • FUTEX_WAIT の再起動時には、タイムアウト値を管理なしMaintain no timeout value when FUTEX_WAIT restarts

ビルド 18272Build 18272

一般的な Windows ビルド 18272 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 18272 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • 警告: WSL を使用できない、このビルドで問題があります。WARNING: There is an issue in this build that makes WSL inoperable. お使いのディストリビューションを起動しようとするときは、「インターフェイスがサポートされています」エラーが表示されます。When trying to launch your distribution you will see a “No such interface supported” error. 問題は修正されており、次の週の高速 Insider ビルドになります。The issue has been fixed and will be in next week's Insider Fast build. インストールしている場合ことができますにロールバックする前に"以前のバージョンの Windows 10 に Go"を使用して Windows ビルド設定でこのビルドに更新プログラム]-> [& セキュリティ Recovery]-> [です。If you've installed this build you can roll back to the previous Windows build using “Go back to the previous version of Windows 10” in Settings->Update & Security->Recovery.

ビルド 18267Build 18267

一般的な Windows ビルド 18267 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 18267 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • ゾンビのプロセスを取得しない可能性があります、無期限に問題を修正します。Fix issue where zombie process may not be reaped and remain indefinitely.
  • エラー メッセージが [GH 3592] の最大長を超える場合、WslRegisterDistribution がハングします。WslRegisterDistribution hangs if error message exceeds max length [GH 3592]
  • Fsync DrvFs [GH 3556] で、読み取り専用のファイルが正常に許可します。Allow fsync to succeed for read-only files on DrvFs [GH 3556]
  • [GH 3584] 内のシンボリック リンクを作成する前にディレクトリ/bin と/sbin ディレクトリが存在することを確認します。Ensure that /bin and /sbin directories exist before creating symlinks inside [GH 3584]
  • WSL インスタンスのインスタンスの終了タイムアウト メカニズムを追加します。Added an instance termination timeout mechanism for WSL instances. タイムアウトは 15 秒、つまり、インスタンスは、最後の WSL プロセスが終了した後、15 秒を終了して現在設定されます。The timeout is currently set to 15 seconds, meaning the instance will terminate 15 seconds after the last WSL process exits. ディストリビューションをすぐに終了するには、次のように使用します。To terminate a distribution immediately, use:
wslconfig.exe /terminate <DistributionName>

ビルド 17763 (1809)Build 17763 (1809)

一般的な Windows ビルド 17763 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17763 visit the Windows blog.

WSLWSL

  • Setpriority syscall アクセス許可のチェックが同じスレッドの優先順位 [GH 1838] を変更するためには厳格すぎます。Setpriority syscall permission check too strict for changing same thread priority [GH 1838]
  • バイアスをかけない割り込み時間が clock_gettime(CLOCK_BOOTTIME) [GH 3434] の負の値が返されないように、ブート時に使用されるようにEnsure that unbiased interrupt time is used for boot time to avoid returning negative values for clock_gettime(CLOCK_BOOTTIME) [GH 3434]
  • WSL binfmt インタープリター [GH 3424] でハンドルのシンボリック リンクHandle symlinks in the WSL binfmt interpreter [GH 3424]
  • Threadgroup リーダー ファイル記述子のクリーンアップの処理の改善。Better handling of threadgroup leader file descriptor cleanup.
  • WSL KeQueryInterruptTimePrecise を KeQueryPerformanceCounter ではなく [GH 3252] のオーバーフローを回避するために使用するスイッチします。Switch WSL to use KeQueryInterruptTimePrecise instead of KeQueryPerformanceCounter to avoid overflow [GH 3252]
  • Ptrace アタッチ システム コール [GH 1731] から不適切な戻り値が発生します。Ptrace attach may cause bad return value from system calls [GH 1731]
  • 修正プログラムのいくつかの AF_UNIX 関連の問題 [GH 3371]Fix several AF_UNIX related issues [GH 3371]
  • WSL の相互運用機能を現在の作業ディレクトリが 5 より小さい文字長 [GH 3379] の場合は失敗を引き起こす可能性のある問題を修正します。Fix issue that could cause WSL interop to fail if the current working directory is less than 5 characters long [GH 3379]
  • 存在しないポート [GH 3286] へのループバック接続に失敗した 1 つの 2 つ目の遅延を防ぐAvoid one second delay failing loopback connections to non-existent ports [GH 3286]
  • 書き込むスタブ ファイル [GH 2893] の追加します。Add /proc/sys/fs/file-max stub file [GH 2893]
  • 正確な IPV6 スコープ情報。More accurate IPV6 scope information.
  • PR_SET_PTRACER サポート [GH 3053]PR_SET_PTRACER support [GH 3053]
  • パイプのファイル システムが誤ってところイベント [GH 3276] の消去Pipe filesystem inadvertently clearing edge-triggered epoll event [GH 3276]
  • Win32 実行可能ファイルの NTFS シンボリック リンクを使用して起動のリンクをシンボリック名 [GH 2909] を順守していませんWin32 executable launched via NTFS symlink doesn't respect symlink name [GH 2909]
  • ゾンビのサポート [GH 1353] の強化Improved zombie support [GH 1353]
  • [GH 場合 1493] Windows の相互運用機能を制御するための wsl.conf エントリを追加します。Add wsl.conf entries for controlling Windows interop behavior [GH 1493]
      [interop]
    
      enabled=false # enable launch of Windows binaries; default is true
    
      appendWindowsPath=false # append Windows path to $PATH variable; default is true
    
  • 常にではありません UNIX ソケット ファミリの種類 [GH 1774] を返す getsockname 問題を修正しましたFix for getsockname not always returning UNIX socket family type [GH 1774]
  • TIOCSTI [GH 1863] のサポートを追加します。Add support for TIOCSTI [GH 1863]
  • 接続処理中の非ブロッキング ソケットの書き込み試行 [GH 2846] EAGAIN を返す必要があります。Non-blocking sockets in the process of connecting should return EAGAIN for write attempts [GH 2846]
  • [GH 3246、3291] のマウントされた Vhd での相互運用機能をサポートします。Support interop on mounted VHDs [GH 3246, 3291]
  • アクセス許可のチェックのルート フォルダー [GH 3304] 上の問題を修正します。Fix permission checking issue on root folder [GH 3304]
  • TTY キーボード ioctl KDGKBTYPE、KDGKBMODE および KDSKBMODE の制限付きのサポート。Limited support for TTY keyboard ioctls KDGKBTYPE, KDGKBMODE and KDSKBMODE.
  • バック グラウンドで起動された場合でも、Windows UI アプリを実行する必要があります。Windows UI apps should execute even when launched in the background.
  • Wsl-u または - ユーザー オプション [GH 1203] の追加します。Add wsl -u or --user option [GH 1203]
  • 高速スタートアップを有効にした場合、WSL 起動の問題を修正 [GH 2576]Fix WSL launch issues when fast startup is enabled [GH 2576]
  • Unix ソケットが切断されているピア資格情報 [GH 3183] を保持する必要があります。Unix sockets need to retain disconnected peer credentials [GH 3183]
  • 非ブロッキング Unix ソケット EAGAIN [GH 3191] で無期限に失敗しました。Non-blocking Unix sockets failing indefinitely with EAGAIN [GH 3191]
  • 場合 = off が新しい既定 drvfs マウントの種類 [GH 2937、3212、3328]case=off is the new default drvfs mount type [GH 2937, 3212, 3328]
    • 参照してくださいブログ詳細についてはします。See blog for more information.
  • Wslconfig を追加/ディストリビューションの実行を停止する終了します。Add wslconfig /terminate to stop running distributions.
  • WSL シェルのコンテキストにスペースを含むパスを正しく処理しないメニュー エントリの問題を解決します。Fix issue with the WSL shell context menu entries that do not correctly handle paths with spaces.
  • 拡張属性として大文字と小文字をディレクトリあたりの公開します。Expose per-directory case sensitivity as an extended attribute
  • ARM64: キャッシュのメンテナンス操作をエミュレートします。ARM64: Emulate cache maintenance operations. 解決dotnet 問題します。Resolve dotnet issue.
  • DrvFs:、エスケープされた文字に対応するプライベートの範囲内の文字のみエスケープ解除します。DrvFs: only unescape characters in the private range that correspond to an escaped character.
  • ELF パーサー インタープリター長さの検証 [GH 3154] で 1 ではオフのエラーを修正します。Fix off-by-one error in ELF parser interpreter length validation [GH 3154]
  • WSL の絶対タイマー、過去の時刻では [GH 3091] が起動されません。WSL absolute timers with a time in the past do not fire [GH 3091]
  • 新しく作成した再解析ポイントはそのために一覧表示、親ディレクトリを確認します。Ensure newly created reparse points are listed as such in the parent directory.
  • アトミックに DrvFs で大文字と小文字のディレクトリを作成します。Atomically create case sensitive directories in DrvFs.
  • 追加の問題を修正しました、ファイルが存在するにもかかわらずに、マルチ スレッド操作で ENOENT に返すことができます。Fixed an additional issue where multithreaded operations could return ENOENT even though the file exists. [GH 2712][GH 2712]
  • UMCI が有効にすると、固定 WSL はエラーを起動します。Fixed WSL launch failure when UMCI is enabled. [GH 3020][GH 3020]
  • WSL [GH 437、603、1836] を起動するエクスプ ローラーのコンテキスト メニューを追加します。Add explorer context menu to launch WSL [GH 437, 603, 1836]. を使用するには、shift キーを押しして、エクスプ ローラー ウィンドウで右クリックします。To use, hold shift and right-click when in an explorer window.
  • [GH 2822、3100] Unix ソケット非ブロッキング動作を修正します。Fix Unix socket non-blocking behavior [GH 2822, 3100]
  • GH 2026 で報告される NETLINK コマンドのハングを修正。Fix hanging NETLINK command as reported in GH 2026.
  • マウント フラグと反映フラグ [GH 2911] のサポートを追加します。Add support for mount propagation flags [GH 2911].
  • 切り捨てが発生しない inotify イベント [GH 2978] で問題を解決します。Fix issue with truncate not causing inotify events [GH 2978].
  • 追加 - wsl.exe シェルせず 1 つのバイナリを呼び出すための exec オプション。Add --exec option for wsl.exe to invoke a single binary without a shell.
  • 追加 - 特定のディストリビューションを選択する wsl.exe の分散オプション。Add --distribution option for wsl.exe to select a specific distro.
  • Dmesg の制限付きのサポート。Limited support for dmesg. アプリケーションは、dmesg をログインできるようになりました。Applications can now log to dmesg. WSL ドライバーでは、dmesg に限定された情報を記録します。WSL driver logs limited information to dmesg. 今後、このドライバーから他の情報診断/を実行するために拡張できます。In future, this can be extended to carry other information/diagnostics from the driver.
    • 注: dmesg は現在サポートされてから、/dev/kmsgデバイス インターフェイス。Note: dmesg is currently supported through the /dev/kmsg device interface. syslog syscall インターフェイスはまだサポートされていません。syslog syscall interface is not yet supported. そのため、いくつかのdmesgなどのコマンド ライン オプション-S-C機能しません。And, so, some of the dmesg command line options such as -S, -C don't work.
  • 既定の gid およびネイティブ [GH 3042] に一致するようにシリアル デバイスのモードを変更します。Change default gid and mode of serial devices to match native [GH 3042]
  • DrvFs 拡張属性をサポートします。DrvFs now supports extended attributes.
    • 注:DrvFs では、拡張属性の名前をいくつかの制限があります。Note: DrvFs has some limitations on the name of extended attributes. 一部の文字 (のように '/'、':' と '*') を許可、および拡張がない属性名は DrvFs で大文字小文字を区別しません。Some characters (like '/', ':' and '*') are not allowed, and extended attribute names are not case sensitive on DrvFs

ビルド 18252 (スキップ先)Build 18252 (Skip Ahead)

一般的な Windows ビルド 18252 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 18252 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Lxssmanager dll 外および個別のツールのフォルダーには、init と多くのバイナリを移動します。Move init and bsdtar binaries out of lxssmanager dll and into a separate tools folder
  • CLONE_FILES を使用する場合は、ファイル記述子を閉じる周囲の競合を修正します。Fix race around closing file descriptor when using CLONE_FILES
  • DrvFs パスを変換するときに、/proc/pid/mountinfo で省略可能なフィールドを処理します。Handle optional fields in /proc/pid/mountinfo when translating DrvFs paths
  • S_IFREG のメタデータのサポートなしに成功 DrvFs mknod を許可します。Allow DrvFs mknod to succeed without metadata support for S_IFREG
  • DrvFs に作成される読み取り専用ファイルは読み取り専用属性が [GH 3411] の設定が必要Readonly files created on DrvFs should have the readonly attribute set [GH 3411]
  • DrvFs マウントを処理するために/sbin/mount.drvfs ヘルパーを追加します。Add /sbin/mount.drvfs helper to handle DrvFs mounting
  • DrvFs の POSIX 名の変更を使用します。Use POSIX rename in DrvFs.
  • ボリューム GUID を除くボリュームでは、パスの変換を許可します。Allow path translation on volumes without a volume GUID.

17738 (Fast) のビルドします。Build 17738 (Fast)

一般的な Windows ビルド 17738 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17738 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Setpriority syscall アクセス許可のチェックが同じスレッドの優先順位 [GH 1838] を変更するためには厳格すぎます。Setpriority syscall permission check too strict for changing same thread priority [GH 1838]
  • バイアスをかけない割り込み時間が clock_gettime(CLOCK_BOOTTIME) [GH 3434] の負の値が返されないように、ブート時に使用されるようにEnsure that unbiased interrupt time is used for boot time to avoid returning negative values for clock_gettime(CLOCK_BOOTTIME) [GH 3434]
  • WSL binfmt インタープリター [GH 3424] でハンドルのシンボリック リンクHandle symlinks in the WSL binfmt interpreter [GH 3424]
  • Threadgroup リーダー ファイル記述子のクリーンアップの処理の改善。Better handling of threadgroup leader file descriptor cleanup.

17728 (Fast) のビルドします。Build 17728 (Fast)

一般的な Windows ビルド 17728 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17728 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • WSL KeQueryInterruptTimePrecise を KeQueryPerformanceCounter ではなく [GH 3252] のオーバーフローを回避するために使用するスイッチします。Switch WSL to use KeQueryInterruptTimePrecise instead of KeQueryPerformanceCounter to avoid overflow [GH 3252]
  • Ptrace アタッチ システム コール [GH 1731] から不適切な戻り値が発生します。Ptrace attach may cause bad return value from system calls [GH 1731]
  • AF_UNIX 数に関連する修正プログラムの問題 [GH 3371]Fix a number of AF_UNIX related issues [GH 3371]
  • WSL の相互運用機能を現在の作業ディレクトリが 5 より小さい文字長 [GH 3379] の場合は失敗を引き起こす可能性のある問題を修正します。Fix issue that could cause WSL interop to fail if the current working directory is less than 5 characters long [GH 3379]

ビルド 18204 (スキップ先)Build 18204 (Skip Ahead)

一般的な Windows ビルド 18204 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 18204 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • パイプのところイベント [GH 3276] をオフにすると、ファイル システム inadvertenlyPipe filesystem inadvertenly clearing edge-triggered epoll event [GH 3276]
  • Win32 実行可能ファイルの NTFS シンボリック リンクを使用して起動のリンクをシンボリック名 [GH 2909] を順守していませんWin32 executable launched via NTFS symlink doesn't respect symlink name [GH 2909]

17723 (Fast) のビルドします。Build 17723 (Fast)

一般的な Windows ビルド 17723 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17723 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • 存在しないポート [GH 3286] へのループバック接続に失敗した 1 つの 2 つ目の遅延を防ぐAvoid one second delay failing loopback connections to non-existent ports [GH 3286]
  • 書き込むスタブ ファイル [GH 2893] の追加します。Add /proc/sys/fs/file-max stub file [GH 2893]
  • 正確な IPV6 スコープ情報。More accurate IPV6 scope information.
  • PR_SET_PTRACER サポート [GH 3053]PR_SET_PTRACER support [GH 3053]
  • パイプのところイベント [GH 3276] をオフにすると、ファイル システム inadvertenlyPipe filesystem inadvertenly clearing edge-triggered epoll event [GH 3276]
  • Win32 実行可能ファイルの NTFS シンボリック リンクを使用して起動のリンクをシンボリック名 [GH 2909] を順守していませんWin32 executable launched via NTFS symlink doesn't respect symlink name [GH 2909]

ビルド 17713Build 17713

一般的な Windows ビルド 17713 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17713 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • ゾンビのサポート [GH 1353] の強化Improved zombie support [GH 1353]
  • [GH 場合 1493] Windows の相互運用機能を制御するための wsl.conf エントリを追加します。Add wsl.conf entries for controlling Windows interop behavior [GH 1493]
      [interop]
    
      enabled=false # enable launch of Windows binaries; default is true
    
      appendWindowsPath=false # append Windows path to $PATH variable; default is true
    
  • 常にではありません UNIX ソケット ファミリの種類 [GH 1774] を返す getsockname 問題を修正しましたFix for getsockname not always returning UNIX socket family type [GH 1774]
  • TIOCSTI [GH 1863] のサポートを追加します。Add support for TIOCSTI [GH 1863]
  • 接続処理中の非ブロッキング ソケットの書き込み試行 [GH 2846] EAGAIN を返す必要があります。Non-blocking sockets in the process of connecting should return EAGAIN for write attempts [GH 2846]
  • [GH 3246、3291] のマウントされた Vhd での相互運用機能をサポートします。Support interop on mounted VHDs [GH 3246, 3291]
  • アクセス許可のチェックのルート フォルダー [GH 3304] 上の問題を修正します。Fix permission checking issue on root folder [GH 3304]
  • TTY キーボード ioctl KDGKBTYPE、KDGKBMODE および KDSKBMODE の制限付きのサポート。Limited support for TTY keyboard ioctls KDGKBTYPE, KDGKBMODE and KDSKBMODE.
  • バック グラウンドで起動された場合でも、Windows UI アプリを実行する必要があります。Windows UI apps should execute even when launched in the background.

ビルド 17704Build 17704

一般的な Windows ビルド 17704 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17704 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Wsl-u または - ユーザー オプション [GH 1203] の追加します。Add wsl -u or --user option [GH 1203]
  • 高速スタートアップを有効にした場合、WSL 起動の問題を修正 [GH 2576]Fix WSL launch issues when fast startup is enabled [GH 2576]
  • Unix ソケットが切断されているピア資格情報 [GH 3183] を保持する必要があります。Unix sockets need to retain disconnected peer credentials [GH 3183]
  • 非ブロッキング Unix ソケット EAGAIN [GH 3191] で無期限に失敗しました。Non-blocking Unix sockets failing indefinitely with EAGAIN [GH 3191]
  • 場合 = off が新しい既定 drvfs マウントの種類 [GH 2937、3212、3328]case=off is the new default drvfs mount type [GH 2937, 3212, 3328]
    • 参照してくださいブログ詳細についてはします。See blog for more information.
  • Wslconfig を追加/ディストリビューションの実行を停止する終了します。Add wslconfig /terminate to stop running distributions.

ビルド 17692Build 17692

一般的な Windows ビルド 17692 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17692 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • WSL シェルのコンテキストにスペースを含むパスを正しく処理しないメニュー エントリの問題を解決します。Fix issue with the WSL shell context menu entries that do not correctly handle paths with spaces.
  • 拡張属性として大文字と小文字をディレクトリあたりの公開します。Expose per-directory case sensitivity as an extended attribute
  • ARM64: キャッシュのメンテナンス操作をエミュレートします。ARM64: Emulate cache maintenance operations. 解決dotnet 問題します。Resolve dotnet issue.
  • DrvFs:、エスケープされた文字に対応するプライベートの範囲内の文字のみエスケープ解除します。DrvFs: only unescape characters in the private range that correspond to an escaped character.

ビルド 17686Build 17686

一般的な Windows ビルド 17686 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17686 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • ELF パーサー インタープリター長さの検証 [GH 3154] で 1 ではオフのエラーを修正します。Fix off-by-one error in ELF parser interpreter length validation [GH 3154]
  • WSL の絶対タイマー、過去の時刻では [GH 3091] が起動されません。WSL absolute timers with a time in the past do not fire [GH 3091]
  • 新しく作成した再解析ポイントはそのために一覧表示、親ディレクトリを確認します。Ensure newly created reparse points are listed as such in the parent directory.
  • アトミックに DrvFs で大文字と小文字のディレクトリを作成します。Atomically create case sensitive directories in DrvFs.

ビルド 17677Build 17677

一般的な Windows ビルド 17677 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17677 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • 追加の問題を修正しました、ファイルが存在するにもかかわらずに、マルチ スレッド操作で ENOENT に返すことができます。Fixed an additional issue where multithreaded operations could return ENOENT even though the file exists. [GH 2712][GH 2712]
  • UMCI が有効にすると、固定 WSL はエラーを起動します。Fixed WSL launch failure when UMCI is enabled. [GH 3020][GH 3020]

ビルド 17666Build 17666

一般的な Windows ビルド 17666 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17666 visit the Windows Blog.

WSLWSL

警告:WSL がいくつか AMD チップセット [GH 3134] で実行されていることを防止、問題があります。WARNING: There is an issue preventing WSL from running on some AMD chipsets [GH 3134]. 修正プログラムは、その方法 Insider ビルド ブランチ準備しです。A fix is ready and making its way to the Insider Build branch.

  • WSL [GH 437、603、1836] を起動するエクスプ ローラーのコンテキスト メニューを追加します。Add explorer context menu to launch WSL [GH 437, 603, 1836]. 保留中の shift キーと、エクスプ ローラー ウィンドウで右クリックを使用します。To use hold shift and right-click when in an explorer window.
  • [GH 2822、3100] unix ソケット非ブロッキング動作を修正します。Fix unix socket non-blocking behavior [GH 2822, 3100]
  • GH 2026 で報告される NETLINK コマンドのハングを修正。Fix hanging NETLINK command as reported in GH 2026.
  • マウント フラグと反映フラグ [GH 2911] のサポートを追加します。Add support for mount propagation flags [GH 2911].
  • 切り捨てが発生しない inotify イベント [GH 2978] で問題を解決します。Fix issue with truncate not causing inotify events [GH 2978].
  • 追加 - wsl.exe シェルせず 1 つのバイナリを呼び出すための exec オプション。Add --exec option for wsl.exe to invoke a single binary without a shell.
  • 追加 - 特定のディストリビューションを選択する wsl.exe の分散オプション。Add --distribution option for wsl.exe to select a specific distro.

ビルド 17655 (スキップ先)Build 17655 (Skip Ahead)

一般的な Windows ビルド 17655 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17655 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Dmesg の制限付きのサポート。Limited support for dmesg. アプリケーションは、dmesg をログインできるようになりました。Applications can now log to dmesg. WSL ドライバーでは、dmesg に限定された情報を記録します。WSL driver logs limited information to dmesg. 今後、このドライバーから他の情報診断/を実行するために拡張できます。In future, this can be extended to carry other information/diagnostics from the driver.
    • 注: dmesg は現在サポートされてから、/dev/kmsgデバイス インターフェイス。Note: dmesg is currently supported through the /dev/kmsg device interface. syslog sycall インターフェイスはまだサポートされていません。syslog sycall interface is not yet supported. そのため、いくつかのdmesgなどのコマンド ライン オプション-S-C機能しません。And, so, some of the dmesg command line options such as -S, -C don't work.
  • ファイルが存在するにもかかわらずに、マルチ スレッド操作で ENOENT に返すことが問題を修正しました。Fixed an issue where multithreaded operations could return ENOENT even though the file exists. [GH 2712][GH 2712]

ビルド 17639 (スキップ先)Build 17639 (Skip Ahead)

一般的な Windows ビルド 17639 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17639 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • 既定の gid およびネイティブ [GH 3042] に一致するようにシリアル デバイスのモードを変更します。Change default gid and mode of serial devices to match native [GH 3042]
  • DrvFs 拡張属性をサポートします。DrvFs now supports extended attributes.
    • 注:DrvFs では、拡張属性の名前をいくつかの制限があります。Note: DrvFs has some limitations on the name of extended attributes. 具体的には、いくつかの文字 (のように '/'、':' と '*') を許可、および拡張がない属性名は DrvFs で大文字小文字を区別しません。In particular, some characters (like '/', ':' and '*') are not allowed, and extended attribute names are not case sensitive on DrvFs

17133 (Fast) のビルドします。Build 17133 (Fast)

一般的な Windows ビルド 17133 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17133 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • WSL でハングを修正しました。Fix for hang in WSL. [GH 3039、3034][GH 3039, 3034]

17128 (Fast) のビルドします。Build 17128 (Fast)

一般的な Windows ビルド 17128 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17128 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • なしNone

ビルド 17627 (スキップ先)Build 17627 (Skip Ahead)

一般的な Windows ビルド 17627 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17627 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Futex pi に対応した操作のサポートを追加します。Add support for the futex pi-aware operations. [GH 1006][GH 1006]
    • 優先順位いないこと現在サポートされている WSL 機能、制限がありますが、標準の使用状況ブロックを解除する必要がありますので注意してください。Note that priorities are not currently a supported WSL feature so there are limitations, but standard usage should be unblocked.
  • WSL プロセスの Windows ファイアウォールのサポート。Windows firewall support for WSL processes. [GH 1852][GH 1852]
    • たとえば、WSL を許可するのには、任意のポートでリッスンするには、管理者特権で Windows cmd を使用に python が処理します。 netsh.exe advfirewall firewall add rule name=wsl_python dir=in action=allow program="C:\users\<username>\appdata\local\packages\canonicalgrouplimited.ubuntuonwindows_79rhkp1fndgsc\localstate\rootfs\usr\bin\python2.7" enable=yesFor example, to allow the WSL python process to listen on any port, use the elevated Windows cmd: netsh.exe advfirewall firewall add rule name=wsl_python dir=in action=allow program="C:\users\<username>\appdata\local\packages\canonicalgrouplimited.ubuntuonwindows_79rhkp1fndgsc\localstate\rootfs\usr\bin\python2.7" enable=yes
    • ファイアウォール規則を追加する方法の詳細については、次を参照してくださいリンク。For additional details on how to add firewall rules, see link
  • Wsl.exe を使用する場合は、ユーザーの既定のシェルを尊重します。Respect user's default shell when using wsl.exe. [GH 2372][GH 2372]
  • すべてのネットワーク インターフェイスは、イーサネットとして報告します。Report all network interfaces as ethernet. [GH 2996][GH 2996]
  • 破損している/etc/passwd ファイルの処理の改善。Better handling of corrupt /etc/passwd file. [GH 3001][GH 3001]

ConsoleConsole

  • バグ修正。No fixes.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17618 (スキップ先)Build 17618 (Skip Ahead)

一般的な Windows ビルド 17618 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17618 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • NT の相互運用機能 pseudoconsole 機能が導入 [GH 988、1366、1433、1542、2370、2406]。Introduce pseudoconsole functionality for NT interop [GH 988, 1366, 1433, 1542, 2370, 2406].
  • レガシ インストール メカニズム (lxrun.exe) は非推奨とされました。The legacy install mechanism (lxrun.exe) has been deprecated. ディストリビューションをインストールするためのサポートされているメカニズムは、Microsoft Store からです。The supported mechanism for installing distributions is through the Microsoft Store.

ConsoleConsole

  • バグ修正。No fixes.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17110Build 17110

一般的な Windows ビルド 17110 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17110 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Windows [GH 2928] から終了する/init を許可します。Allow /init to be terminated from Windows [GH 2928].
  • DrvFs は既定でディレクトリあたり大文字小文字の区別を使用するようになりました (に相当します"ケース dir ="マウント オプション)。DrvFs now uses per-directory case sensitivity by default (equivalent to the “case=dir” mount option).
    • 使用して"ケース force ="(以前の動作) では、レジストリ キーを設定する必要があります。Using “case=force” (the old behavior) requires setting a registry key. 有効にするのには、次のコマンドを実行"ケース force ="それを使用する必要がある場合: reg HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lxss/v DrvFsAllowForceCaseSensitivity/t REG_DWORD/d 1 を追加します。Run the following command to enable “case=force” if you need to use it: reg add HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lxss /v DrvFsAllowForceCaseSensitivity /t REG_DWORD /d 1
    • WSL で大文字と小文字を区別する必要がある Windows の以前のバージョンで作成された既存のディレクトリがある場合は、マークと小文字を区別する fsutil.exe を使用して: fsutil.exe ファイル setcasesensitiveinfoを有効にします。If you have existing directories created with WSL in older version of Windows which need to be case sensitive, use fsutil.exe to mark them as case sensitive: fsutil.exe file setcasesensitiveinfo enable
  • Uname syscall から返される文字列を NULL に終了します。NULL terminate strings returned from the uname syscall.

ConsoleConsole

  • バグ修正。No fixes.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17107Build 17107

一般的な Windows ビルド 17107 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17107 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • マスター pty エンドポイント [GH 2552] 上の TCSETSF と TCSETSW をサポートします。Support TCSETSF and TCSETSW on master pty endpoints [GH 2552].
  • 同時の相互運用プロセスの開始と、EINVAL [GH 2813] が発生することができます。Starting simultaneous interop processes can result in EINVAL [GH 2813].
  • メモリ stat に適切なトレースの状態を表示する PTRACE_ATTACH を修正します。Fix PTRACE_ATTACH to show proper tracing status in /proc/pid/status.
  • CLEARTID と SETTID の両方のフラグでの有効期間が短いプロセスの複製、修正プログラムの競合はでした TID アドレスをクリアせずに終了します。Fix race where short-lived processes cloned with both the CLEARTID and SETTID flags could exit without clearing the TID address.
  • Pre 17093 ビルドから移動するときに、Linux ファイル システムのディレクトリをアップグレードする場合は、メッセージを表示します。Display a message when upgrading the Linux file system directories when moving from a pre-17093 build. 17093 ファイル システムの変更の詳細については、のリリース ノートを参照してください。 17093します。For more details on the 17093 file system changes, see the release notes for 17093.

ConsoleConsole

  • バグ修正。No fixes.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17101Build 17101

一般的な Windows ビルド 17101 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17101 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Signalfd をサポートします。Support for signalfd. [GH 129][GH 129]
  • ファイル名がプライベートの Unicode 文字としてエンコードすることによって、NTFS の無効な文字を含むをサポートします。Support file-names containing illegal NTFS characters by encoding them as private Unicode characters. [GH 1514][GH 1514]
  • 書き込みがサポートされていない場合、自動マウントは読み取り専用にフォールバックが。Auto mount will fallback to read-only when write is not supported. [GH 2603][GH 2603]
  • (絵文字の文字) などの Unicode サロゲート ペアの貼り付けを許可します。Allow pasting of Unicode surrogate pairs (like emoji characters). [GH 2765][GH 2765]
  • 擬似/proc と/sys が読み取りを返すし、select、ポーリング、epoll、副次的 [GH 2838] からの準備完了の書き込みPseudo-files in /proc and /sys should return read and write ready from select, poll, epoll, et al. [GH 2838]
  • レジストリが改ざんされてまたは破損するいると、無限ループに移動するサービスを引き起こす可能性のある問題を解決します。Fix issue that could cause service to go into infinite loop when the registry has been tampered with or is corrupt.
  • Iproute2 の新しい (4.14 アップ ストリーム) バージョンを使用する netlink メッセージを修正します。Fix netlink messages to work with newer (upstream 4.14) version of iproute2.

ConsoleConsole

  • バグ修正。No fixes.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17093Build 17093

一般的な Windows ビルド 17093 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17093 visit the Windows Blog.

重要:Important:

このビルドにアップグレードした後初めて WSL を開始するときに、Linux ファイル システムのディレクトリをアップグレードする作業の実行が必要です。When starting WSL for the first time after upgrading to this build, it needs to perform some work upgrading the Linux file system directories. 緩やかに変化を開始する WSL が表示されるようには、数分にかかるこの可能性があります。This may take up to several minutes, so WSL may appear to start slowly. これは、ストアからインストールする各配布とにのみ発生する必要があります。This should only happen once for each distribution you have installed from the store.

  • DrvFs での大文字小文字の区別のサポートが向上しました。Improved case sensitivity support in DrvFs.
    • DrvFs は、ディレクトリあたり大文字小文字の区別をサポートします。DrvFs now supports per-directory case sensitivity. これは、新しいフラグ設定可能なディレクトリをそれらのディレクトリ内のすべての操作を扱う必要があるかを示すで小文字の区別、でも Windows アプリケーション大文字と小文字が異なるだけファイルを正しく開くことができます。This is a new flag that can be set on directories to indicate all operations in those directories should be treated as case sensitive, which allows even Windows applications to correctly open files that differ only by case.
    • DrvFs がディレクトリ単位ごとに大文字小文字の区別を制御する新しいマウント オプションDrvFs has new mount options controlling case sensitivity on a per-directory basis
      • ケース force =: すべてのディレクトリは小文字の区別 (ドライブのルート) を除くに扱われます。case=force: all directories are treated as case sensitive (except for the drive root). WSL で作成された新しいディレクトリは、大文字小文字が区別としてマークされます。New directories created with WSL are marked as case sensitive. これは、新しいディレクトリの大文字と小文字をマークすることを除く、従来の動作です。This is the legacy behavior except for marking new directories case sensitive.
      • ケース = dir: ディレクトリあたり大文字小文字の区別フラグを使用してディレクトリだけを小文字の区別; に扱われますその他のディレクトリは、大文字と小文字を区別しません。case=dir: only directories with the per-directory case sensitivity flag are treated as case sensitive; other directories are case insensitive. WSL で作成された新しいディレクトリは、大文字小文字が区別としてマークされます。New directories created with WSL are marked as case sensitive.
      • ケース = オフ: ディレクトリあたり大文字小文字の区別フラグを使用してディレクトリだけを小文字の区別; に扱われますその他のディレクトリは、大文字と小文字を区別しません。case=off: only directories with the per-directory case sensitivity flag are treated as case sensitive; other directories are case insensitive. WSL で作成された新しいディレクトリは、大文字と小文字を区別しないとしてマークされます。New directories created with WSL are marked as case insensitive.
    • 注: 以前のリリースで WSL で作成されたディレクトリがないこのフラグが設定されるのでは扱われません小文字の区別を使用する場合、"ケース dir ="オプション。Note: directories created by WSL in previous releases do not have this flag set, so will not be treated as case sensitive if you use the “case=dir” option. 既存のディレクトリにこのフラグを設定する方法は近日公開予定。A way to set this flag on existing directories is coming soon.
    • これらのオプションを使用してマウントの例 (既存のドライブをする必要がありますまずマウントを解除する前に、さまざまなオプションをマウントすることができます): sudo mount-t drvfs c:、/mnt/retention/o c ケース dir を =Example of mounting with these options (for existing drives, you must first unmount before you can mount with different options): sudo mount -t drvfs C: /mnt/c -o case=dir
    • ここでは、ケース = 強制は、既定のオプション。For now, case=force is still the default option. これは、ケースに変更、将来 dir を = です。This will be changed to case=dir in the future.
  • 例: DrvFs をマウントする際に Windows パスにスラッシュに使用することようになりましたことができます: sudo-t drvfs//server/share/mnt/share をマウントします。You can now use forward slashes in Windows paths when mounting DrvFs, e.g.: sudo mount -t drvfs //server/share /mnt/share
  • WSL は、今すぐ [GH 2636] インスタンスの起動中に、/etc/fstab ファイルを処理します。WSL now processes the /etc/fstab file during instance start [GH 2636].
    • これは自動的に DrvFs ドライブをマウントする前に行われますfstab によって既にマウントされていたすべてのドライブはいない再マウントする、自動的に特定のドライブのマウント ポイントを変更することができます。This is done prior to automatically mounting DrvFs drives; any drives that were already mounted by fstab will not be remounted automatically, allowing you to change the mount point for specific drives.
    • この動作は wsl.conf を使用してオフにすることができます。This behavior can be turned off using wsl.conf.
  • /Proc でマウント、mountinfo mountstats ファイルは、バック スラッシュとスペース [GH 2799] などの特殊文字を正しくエスケープします。The mount, mountinfo and mountstats files in /proc properly escape special characters like backslashes and spaces [GH 2799]
  • メタデータが有効にした場合、WSL シンボリック リンク、または fifo ソケットなど DrvFs で作成された特別なファイルのコピーし、Windows 間で移動ようになりましたことができます。Special files created with DrvFs such as WSL symbolic links, or fifos and sockets when metadata is enabled, can now be copied and moved from Windows.

WSL は wsl.conf でさらに構成できます。WSL is more configurable with wsl.conf

サブシステムを起動するたびに適用される WSL で自動的に特定の機能を構成するためのメソッドを追加しました。We added a method for you to automatically configure certain functionality in WSL that will be applied every time you launch the subsystem. これには、自動マウント オプションおよびネットワークの構成が含まれます。This includes automount options and network configuration. こちらのブログでの詳細については、について説明します。 https://aka.ms/wslconfLearn more about it in our blog post at: https://aka.ms/wslconf

AF_UNIX は、WSL 上の Linux プロセスと Windows のネイティブ プロセスの間のソケット接続を許可します。AF_UNIX allows socket connections between Linux processes on WSL and Windows native processes

WSL および Windows アプリケーションは、Unix ソケット上で互いと通信ようになりましたできます。WSL and Windows applications can now communicate with each other over Unix sockets. Windows でサービスを実行して、Windows と WSL の両方のアプリで使用できるようにする場合を考えます。Imagine you want to run a service in Windows and make it available to both Windows and WSL apps. ここで、Unix ソケットでできることです。Now, that’s possible with Unix sockets. 読み取りでの詳細は私たちのブログ投稿 https://aka.ms/afunixinteropRead more in our blog post at https://aka.ms/afunixinterop

WSLWSL

  • Mmap() MAP_NORESERVE [GH 121、2784] でのサポートします。Support mmap() with MAP_NORESERVE [GH 121, 2784]
  • CLONE_PTRACE と CLONE_UNTRACED [2781 GH 121、] をサポートします。Support CLONE_PTRACE and CLONE_UNTRACED [GH 121, 2781]
  • [GH 121、2781] の複製で SIGCHLD 非終了のシグナルを処理します。Handle non-SIGCHLD termination signal in clone [GH 121, 2781]
  • スタブ/proc/sys/fs/inotify/max_user_instances と/proc/sys/fs/inotify/max_user_watches [GH 1705]Stub /proc/sys/fs/inotify/max_user_instances and /proc/sys/fs/inotify/max_user_watches [GH 1705]
  • [GH 1884] の非ゼロ オフセットを持つロード ヘッダーを含む ELF バイナリの読み込みエラーError loading ELF binaries that contain load headers with non-zero offsets [GH 1884]
  • イメージの読み込み時に末尾のページのバイトをゼロにします。Zero out trailing page bytes when loading images.
  • Execve プロセスが終了するサイレント モードでのケースを削減します。Reduce cases where execve silently terminates process

ConsoleConsole

  • バグ修正。No fixes.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17083Build 17083

一般的な Windows ビルド 17083 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17083 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • Epoll [GH 2798、2801 を報告しました 2857] に関連する固定のバグチェックFixed bugcheck related to epoll [GH 2798, 2801, 2857]
  • ASLR [GH 1185、2870] をオフにするときに固定がハングします。Fixed hangs when turning off ASLR [GH 1185, 2870]
  • Mmap 操作にアトミック [GH 2732] が表示されることを確認します。Ensure mmap operations appear atomic [GH 2732]

ConsoleConsole

  • バグ修正。No fixes.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17074Build 17074

一般的な Windows ビルド 17074 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17074 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • 固定のストレージ形式の DrvFs メタデータ [GH 2777]Fixed storage format of DrvFs metadata [GH 2777]
    概要DrvFs メタデータがこのビルドは表示が正しくないかまったくない前に作成します。Important: DrvFs metadata created before this build will show up incorrectly or not at all. 影響を受けるファイルを修正するのにには、メタデータを再適用するのに chmod、chown を使用します。To fix affected files, use chmod and chown to re-apply the metadata.
  • 複数の信号と再開可能な syscall で問題を修正しました。Fixed issue with multiple signals and restartable syscalls.

ConsoleConsole

  • バグ修正。No fixes.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17063Build 17063

一般的な Windows ビルド 17063 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17063 visit the Windows Blog.

WSLWSL

  • DrvFs には、Linux の追加のメタデータがサポートされています。DrvFs supports additional Linux metadata. これにより、所有者と chmod/chown とも fifo、unix ソケット デバイス ファイルなどの特殊なファイルの作成を使用してファイルのモードを設定できます。This allows setting the owner and mode of files using chmod/chown, and also the creation of special files such as fifos, unix sockets and device files. これは既定で無効にここではまだ実験段階であるためです。This is disabled by default for now since it's still experimental. 注: DrvFs で使用されるメタデータ形式でバグを修正しました。Note: We fixed a bug in the metadata format used by DrvFs. メタデータの実験用には、このビルドで動作しますが、将来のビルドのこのビルドによって作成されたメタデータが正しく読み取られない。While metadata works on this build for experimentation, future builds will not correctly read metadata created by this build. 手動で変更されたファイルの所有者を更新する必要があり、カスタム デバイス ID を持つデバイスが再作成する必要があります。You might need to manually update owner for modified files and devices with a custom device ID will have to be recreated.

    メタデータのオプションを使用してマウント DrvFs を有効にする (既存のマウントを有効にするにする必要がありますまずマウントを解除できます)。To enable, mount DrvFs with the metadata option (to enable it on an existing mount, you must first unmount it):

    mount -t drvfs C: /mnt/c -o metadata
    

    Linux のアクセス許可は、追加のメタデータとしては、ファイルに追加されます。Windows のアクセス許可には影響しません。Linux permissions are added as additional metadata to the file; they do not affect the Windows permissions. メタデータを削除 Windows エディターを使用してファイルを編集することがありますに注意してください。Remember, editing a file using a Windows editor may remove the metadata. この場合、ファイルは、その既定のアクセス許可に戻されます。In this case, the file will revert to its default permissions.

  • メタデータなしのコントロール ファイルに追加されたマウント オプション DrvFs。Added mount options to DrvFs to control files without metadata.

    • uid: すべてのファイルの所有者を使用するユーザーの ID。uid: the user ID used for the owner of all files.
    • gid: すべてのファイルの所有者のためのグループ ID。gid: the group ID used for the owner of all files.
    • umask: すべてのファイルとディレクトリを除外するアクセス許可の 8 進数のマスク。umask: an octal mask of permissions to exclude for all files and directories.
    • fmask: すべての定期的なファイルを除外するアクセス許可の 8 進数のマスク。fmask: an octal mask of permissions to exclude for all regular files.
    • dmask: すべてのディレクトリを除外するアクセス許可の 8 進数のマスク。dmask: an octal mask of permissions to exclude for all directories.

    例:For example:

    mount -t drvfs C: /mnt/c -o uid=1000,gid=1000,umask=22,fmask=111
    

    メタデータのないファイルの既定のアクセス許可を指定するメタデータのオプションとの組み合わせ。Combine with the metadata option to specify default permissions for files without metadata.

  • 新しい環境変数を導入WSLENVWSL と Win32 の間の環境変数のフローを構成する。Introduced a new environment variable, WSLENV, to configure how environment variables flow between WSL and Win32.

    例:For example:

    WSLENV=GOPATH/l:USERPROFILE/pu:DISPLAY
    

    WSLENV 環境変数 Win32 から WSL プロセスまたは WSL から Win32 プロセスを起動するときに含めることができるコロンで区切られた一覧を示します。WSLENV is a colon-delimited list of environment variables that can be included when launching WSL processes from Win32 or Win32 processes from WSL. 各変数は、次の後が変換される方法を指定するフラグのスラッシュに付けることができます。Each variable can be suffixed with a slash followed by flags to specify how it is translated.

    • p:値は、Win32 のパスと WSL パスの間を変換するパスです。p: The value is a path that should be translated between WSL paths and Win32 paths.
    • L:値は、パスの一覧です。l: The value is a list of paths. WSL、コロンで区切られたリストを勧めします。In WSL, it is a colon-delimited list. Win32 では、セミコロン区切りのリストを勧めします。In Win32, it is a semicolon-delimited list.
    • u:値は、必ず含まれる Win32 の WSL を呼び出すときにu: The value should only be included when invoking WSL from Win32
    • 属性:値は、必ず含まれる WSL から Win32 を呼び出すときにw: The value should only be included when invoking Win32 from WSL

    設定できるWSLENV.bashrc や、ユーザーのカスタムの Windows 環境でします。You can set WSLENV in .bashrc or in the custom Windows environment for your user.

  • drvfs マウントは、tar からのタイムスタンプを正しく保持 cp-p (GH 1939)drvfs mounts correctly preserves timestamps from tar, cp -p (GH 1939)

  • drvfs シンボリック リンク レポートの適切なサイズ (GH 2641)drvfs symlinks report the correct size (GH 2641)

  • 読み取り/書き込みの IO サイズが非常に大きな (GH 2653) のしくみread/write works for very large IO sizes (GH 2653)

  • プロセス グループ Id (GH 2534) で未定義の動作します。waitpid works with process group IDs (GH 2534)

  • 大規模な予約のリージョンの強化された mmap パフォーマンスが大幅にghc (GH 1671) のパフォーマンスが向上します。significantly improved mmap performance for large reserve regions; improves ghc performance (GH 1671)

  • READ_IMPLIES_EXEC; のパーソナリティのサポート最大値および clisp (GH 1185) を修正します。personality supports for READ_IMPLIES_EXEC; fixes maxima and clisp (GH 1185)

  • mprotect PROT_GROWSDOWN; をサポートしています修正 clisp (GH 1128)mprotect supports PROT_GROWSDOWN; fixes clisp (GH 1128)

  • オーバー コミット モードをページ フォールトを修正修正 sbcl (GH 1128)page fault fixes in overcommit mode; fixes sbcl (GH 1128)

  • 複製は、複数のフラグの組み合わせをサポートしていますclone supports more flags combinations

  • 選択/epoll epoll ファイル (以前れません) をサポートします。Support select/epoll of epoll files (previously a no-op).

  • 実装されていない syscall の ptrace を通知します。Notify ptrace of unimplemented syscalls.

  • Resolv.conf nameservers [GH 2694] を生成するときのないインターフェイスを無視します。Ignore interfaces that are not up when generating resolv.conf nameservers [GH 2694]

  • 物理アドレスなしのネットワーク インターフェイスを列挙します。Enumerate network interfaces with no physical address. [GH 2685][GH 2685]

  • 追加のバグ修正と機能強化。Additional bug fixes and improvements.

Windows 上の開発者が利用できる Linux ツールLinux tools available to developers on Windows

  • Windows コマンド ライン ツール チェーンと curl の多く (tar) が含まれています。Windows Command line Toolchain includes bsdtar (tar) and curl. 読み取りこのブログをこれら 2 つの新しいツールの追加の詳細を学習し、Windows での開発者エクスペリエンスを形成している方法を参照してください。Read this blog to learn more about the addition of these two new tools and see how they’re shaping the developer experience on Windows.

  • AF_UNIX Windows Insider SDK (17061 +) で使用できます。AF_UNIX is available in the Windows Insider SDK (17061+). 読み取りこのブログについてAF_UNIXおよび Windows の開発者が使用できる方法です。Read this blog to learn more about AF_UNIX and how developers on Windows can use it.

ConsoleConsole

  • バグ修正。No fixes.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17046Build 17046

一般的な Windows ビルド 17046 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17046 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • アクティブなターミナルをせずに実行するプロセスを許可します。Allow processes to run without an active terminal. [GH 709、1007、1511、2252、2391、et al]。[GH 709, 1007, 1511, 2252, 2391, et al.]
  • CLONE_VFORK といなくて向上をサポートします。Better support of CLONE_VFORK and CLONE_VM. [GH 1878、2615][GH 1878, 2615]
  • WSL がネットワーク操作に TDI フィルター ドライバーをスキップします。Skip TDI filter drivers for WSL networking operations. [GH 1554][GH 1554]
  • DrvFs は、特定の条件が満たされたときに、NT シンボリック リンクを作成します。DrvFs creates NT symlinks when certain conditions are met. [GH 353、1475、2602][GH 353, 1475, 2602]
    • リンク先は相対である必要があります、マウント ポイントやシンボリック リンクを越える必要がありますいないや、存在する必要があります。The link target must be relative, must not cross any mount points or symlinks, and must exist.
    • ユーザー必要があります (通常必要 wsl.exe 管理者特権でを起動すること) SE_CREATE_SYMBOLIC_LINK_PRIVILEGE、開発者モードがオンになっている場合を除き、します。The user must have SE_CREATE_SYMBOLIC_LINK_PRIVILEGE (this normally requires you to launch wsl.exe elevated), unless Developer Mode is turned on.
    • その他のすべての状況で DrvFs はまだ WSL シンボリック リンクを作成します。In all other situations, DrvFs still creates WSL symlinks.
  • 管理者特権と、管理者特権以外の WSL インスタンスを同時に実行を許可します。Allow running elevated and non-elevated WSL instances simultaneously.
  • /Proc/sys/kernel/yama/ptrace_scope をサポートします。Support /proc/sys/kernel/yama/ptrace_scope
  • WSL <> - Windows パスの変換を実行する wslpath を追加します。Add wslpath to do WSL<->Windows path conversions. [GH 522、1243、1834、2327、et al]。[GH 522, 1243, 1834, 2327, et al.]
      wslpath usage:
        -a    force result to absolute path format
        -u    translate from a Windows path to a WSL path (default)
        -w    translate from a WSL path to a Windows path
        -m    translate from a WSL path to a Windows path, with ‘/’ instead of ‘\\’
    
        EX: wslpath ‘c:\users’
    

    ConsoleConsole

  • バグ修正。No fixes.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17040Build 17040

一般的な Windows ビルド 17040 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17040 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • 17035 以降の修正プログラムがありません。No fixes since 17035.

ConsoleConsole

  • 17035 以降の修正プログラムがありません。No fixes since 17035.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17035Build 17035

一般的な Windows ビルド 17035 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17035 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • DrvFs ファイルへのアクセスによって変更できる場合によっては失敗します。Accessing files on DrvFs could occasionally fail with EINVAL. [GH 2448][GH 2448]

ConsoleConsole

  • VT モード内の行の挿入/削除するときに色の一部が失われる。Some color loss when inserting/deleting lines in VT mode.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17025Build 17025

一般的な Windows ビルド 17025 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17025 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • 新しいフォア グラウンド プロセス グループ [GH 1653、2510] 内には、初期のプロセスを開始します。Start initial processes in a new foreground process group [GH 1653, 2510].
  • SIGHUP 配信では、[GH 2496] を修正します。SIGHUP delivery fixes [GH 2496].
  • [GH 2497] 何もない場合は、既定の仮想のブリッジの名前を生成します。Generate default virtual bridge name if none provided [GH 2497].
  • /Proc/sys/kernel/random/boot_id [GH 2518] を実装します。Implement /proc/sys/kernel/random/boot_id [GH 2518].
  • 複数の相互運用機能の stdout と stderr のパイプを修正します。More interop stdout/stderr pipe fixes.
  • Syncfs システム コールをスタブします。Stub syncfs system call.

ConsoleConsole

  • サード パーティ製コンソール [GH 111] の入力の VT 翻訳を修正します。Fix input VT translation for third party consoles [GH 111]

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

ビルド 17017Build 17017

一般的な Windows ビルド 17017 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 17017 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • 空の [GH 330] ELF プログラム ヘッダーを無視します。Ignore empty ELF program headers [GH 330].
  • 非対話型ユーザー用の WSL インスタンスを作成する LxssManager を許可する (ssh およびスケジュール タスクのサポート) [GH 777、1602]。Allow LxssManager to create WSL instances for non-interactive users (ssh and scheduled task support) [GH 777, 1602].
  • サポート WSL Win32]-> [WSL (「開始」) のシナリオ [GH 1228]-> [です。Support WSL->Win32->WSL ("inception") scenarios [GH 1228].
  • [GH 1614] 相互運用機能を介して呼び出すコンソール アプリの終了の制限付きのサポート。Limited support for termination of console apps invoked via interop [GH 1614].
  • Devpts [GH 1948] のマウント オプションをサポートします。Support mount options for devpts [GH 1948].
  • Ptrace 子 [GH 2333] の起動をブロックします。Ptrace blocking child startup [GH 2333].
  • EPOLLET [GH 2462] の一部のイベントがありません。EPOLLET missing some events [GH 2462].
  • PTRACE_GETSIGINFO 用のデータを返します。Return more data for PTRACE_GETSIGINFO.
  • Lseek で Getdents には、正しくない結果が得られます。Getdents with lseek gives incorrect results.
  • データがなくなったをパイプで入力を待機しているいくつかの Win32 相互運用機能アプリ ハングを修正します。Fix some Win32 interop app hangs, waiting for input on a pipe that has no more data.
  • Tty/pty ファイルの指定をサポートします。O_ASYNC support for tty/pty files.
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

  • コンソールには、このリリースで変更が関連付けられていません。No Console related changes in this release.

成る結果:LTP Results:

進行中のテスト。Testing in progress.

Fall Creators UpdateFall Creators Update

ビルド 16288Build 16288

一般的な Windows ビルド 16288 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16288 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • 正しく初期化し、uid や gid、ソケット ファイル記述子の設定 [GH 2490] モードのレポートCorrectly initialize and report uid, gid, and mode for socket file descriptors [GH 2490]
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

  • コンソールには、このリリースで変更が関連付けられていません。No Console related changes in this release.

成る結果:LTP Results:

16273 以降変更なしNo change since 16273

ビルド 16278Build 16278

一般的な Windows ビルド 162738 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 162738 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • LX MM 状態 [GH 2415] 解除を行うときにバックアップ ファイルのセクションのマップ ビューを明示的にマップ解除します。Explicitly unmap mapped views of file backed sections when tearing down LX MM state [GH 2415]
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

  • コンソールには、このリリースで変更が関連付けられていません。No Console related changes in this release.

成る結果:LTP Results:

16273 以降変更なしNo change since 16273

ビルド 16275Build 16275

一般的な Windows ビルド 162735 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 162735 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • このリリースで変更に関連付けられた WSL がありません。No WSL related changes in this release.

ConsoleConsole

  • コンソールには、このリリースで変更が関連付けられていません。No Console related changes in this release.

成る結果:LTP Results:

16273 以降変更なしNo change since 16273

ビルド 16273Build 16273

一般的な Windows ビルド 16273 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16273 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • DrvFs ディレクトリ [GH 2392] の正しくないファイルの種類が報告されることが問題を修正しましたFixed an issue where DrvFs sometimes reported the wrong file type for directories [GH 2392]
  • その使用 uevent プログラムのブロックを解除する NETLINK_KOBJECT_UEVENT ソケットの作成を許可する [GH 1121、2293、2242、2295、2235、648、637]Allow creation of NETLINK_KOBJECT_UEVENT sockets to unblock programs that use uevent [GH 1121, 2293, 2242, 2295, 2235, 648, 637]
  • 接続の非ブロッキングのサポートを追加 [GH 903、1391、1584、1585、1829、2290、2314]Add support for non-blocking connect [GH 903, 1391, 1584, 1585, 1829, 2290, 2314]
  • 実装 CLONE_FS 複製システム呼び出しフラグ [GH 2242]Implement CLONE_FS clone system call flag [GH 2242]
  • タブまたは NT の相互運用 [GH 1625、2164] で正しく引用符を処理しないに関する問題を修正します。Fix issues around not handling tabs or quotes correctly in NT interop [GH 1625, 2164]
  • 解決するには再 WSL を起動しようとするときにエラー [GH 651、2095] のインスタンスにアクセスが拒否されましたResolve access denied error when trying to re-launch WSL instances [GH 651, 2095]
  • Futex FUTEX_REQUEUE および FUTEX_CMP_REQUEUE 操作 [GH 2242] 実装します。Implement futex FUTEX_REQUEUE and FUTEX_CMP_REQUEUE operations [GH 2242]
  • さまざまな SysFs ファイル [GH 2214] のアクセス許可を修正します。Fix permissions for various SysFs files [GH 2214]
  • [GH 2290] のセットアップ中に Haskell スタックのハングを修正します。Fix Haskell stack hang during setup [GH 2290]
  • Binfmt_misc 'C' の実装 'o' と 'P' フラグ [GH 2103]Implement binfmt_misc 'C' 'O' and 'P' flags [GH 2103]
  • Add /proc/sys/kernel /shmmax /shmmni & /threads-max [GH 1753]Add /proc/sys/kernel /shmmax /shmmni & /threads-max [GH 1753]
  • Ioprio_set システム コール [GH 498] の部分的なサポートを追加します。Add partial support for ioprio_set system call [GH 498]
  • スタブ SO_REUSEPORT SO_PASSCRED netlink ソケット [GH 69] のサポートを追加 (&)Stub SO_REUSEPORT & adding support for SO_PASSCRED for netlink sockets [GH 69]
  • 現在、配布の場合、RegisterDistribuiton から別のエラー コードを返すインストールまたはアンインストールします。Return different error codes from RegisterDistribuiton if a distribution is currently being installed or uninstalled.
  • 部分的にインストールされている WSL ディストリビューション wslconfig.exe 経由での登録解除を許可します。Allow unregistration of partially installed WSL distributions via wslconfig.exe
  • Udp::msg_peek から python ソケット テスト ハングを修正します。Fix python socket test hang from udp::msg_peek
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

  • コンソールには、このリリースで変更が関連付けられていません。No Console related changes in this release.

成る結果:LTP Results:

合計テスト数:1904Total Tests: 1904
合計には、テストがスキップされました。209Total Skipped Tests: 209
失敗の総数:229Total Failures: 229
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs

ビルド 16257Build 16257

一般的な Windows ビルド 16257 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16257 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • Prlimit64 システム コールを実装します。Implement prlimit64 system call
  • Ulimit n (setrlimit RLIMIT_NOFILE) のサポートを追加する [GH 1688]Add support for ulimit -n (setrlimit RLIMIT_NOFILE) [GH 1688]
  • スタブ MSG_MORE TCP ソケット [GH 2351]Stub MSG_MORE for TCP sockets [GH 2351]
  • 無効な AT_EXECFN 補助ベクター動作 [GH 2133] を修正します。Fix invalid AT_EXECFN auxiliary vector behavior [GH 2133]
  • コンソール/tty のコピー/貼り付けの動作を修正しより優れたいっぱいバッファー処理 [GH 2204、2131] の追加Fix copy/paste behavior for console/tty, and add better full buffer handling [GH 2204, 2131]
  • ユーザー ID の設定およびグループ ID の設定のプログラム [GH 2031] 補助のベクトル内の AT_SECURE を設定します。Set AT_SECURE in auxiliary vector for set-user-ID and set-group-ID programs [GH 2031]
  • 擬似端末のマスター エンドポイント TIOCPGRP [GH 1063] は処理されません。Psuedo-terminal master endpoint not handling TIOCPGRP [GH 1063]
  • 修正プログラム lseek が LxFs [GH から 2310] 内のディレクトリを巻き戻すにはFix lseek does to rewind directories in LxFs [GH 2310]
  • 多量の使用 [GH 1882] 後に/dev/ptmx をロックします。/dev/ptmx locks up after heavy usage [GH 1882]
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

成る結果:LTP Results:

16251 以降変更なしNo change since 16251

Syscall サポートSyscall Support

WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧を以下に示します。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. 少なくとも 1 つのシナリオではこの一覧に syscall がサポートされているが場合がありますがすべてのパラメーター サポートされていませんこの時点で。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

prlimit64

既知の問題Known Issues

GitHub 問題 2392:Windows フォルダーが WSL で認識されない.GitHub Issue 2392: Windows Folders not recognized by WSL ...

WSL が経由で Windows のファイル/フォルダーを列挙中に問題が 16257 のビルドで/mnt/c/...します。In build 16257, WSL has issues when enumerating Windows files/folders via /mnt/c/.... この問題は修正されておりで解放する必要がある 2017 年 8 月 14 の開始週に Insider のビルドします。This issue has been fixed and should be released in Insiders build during week commencing 8/14/2017.


ビルド 16251Build 16251

一般的な Windows ビルド 16251 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16251 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • WSL オプションのコンポーネントからベータ版のタグを削除しを参照してくださいブログの投稿詳細についてはします。Remove beta tag from WSL optional component, see blog post for details.
  • 保存された一連の uid と gid の exec [GH 962、1415、2072] でユーザー ID の設定とグループ ID の設定のバイナリを正しく初期化します。Correctly initialize saved-set uid and gid for set-user-ID and set-group-ID binaries on exec [GH 962, 1415, 2072]
  • Ptrace PTRACE_O_TRACEEXIT [GH 555] のサポートが追加されましたAdded support for ptrace PTRACE_O_TRACEEXIT [GH 555]
  • Ptrace サポートが追加されました PTRACE_GETFPREGS と PTRACE_GETREGSET NT_FPREGSET [GH 555] でAdded support for ptrace PTRACE_GETFPREGS and PTRACE_GETREGSET with NT_FPREGSET [GH 555]
  • Ptrace を固定を停止する場合は無視信号Fixed ptrace to stop on ignored signals
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ConsoleConsole

  • コンソールには、このリリースで変更が関連付けられていません。No Console related changes in this release.

成る結果:LTP Results:

渡すテスト数:768Number of Passing Tests: 768
失敗したテスト数:244Number of Failing Tests: 244
スキップされたテスト数:96Number of Skipped Tests: 96
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 16241Build 16241

一般的な Windows ビルド 16241 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16241 visit the Windows Blog.

固定Fixed

WSLWSL

  • このリリースで変更に関連付けられた WSL がありません。No WSL related changes in this release.

ConsoleConsole

  • 報告されていた、交差行 DEC の正しくない文字を出力するための修正プログラムここFix for outputting the wrong character for the crossing-lines DEC, originally reported here
  • コード ページ 65001 (utf8) に表示されている出力テキストの修正Fix for no output text being displayed in codepage 65001 (utf8)
  • 選択の変更、パレットの他の部分を 1 つの色の RGB 値に加えられた変更を転送することはありません。Do not transfer changes made to one color's RGB values to other parts of the palette on selection change. これにより、コンソールのプロパティ シートを使用して、はるかに簡単です。This will make the console properties sheet a lot easier to use.
  • Ctrl キーを押しながら S キーが正常に動作する表示されません。Ctrl+S doesn't appear to work correctly
  • されていない太字/-Dim 不在であれば完全に ANSI エスケープ コード [GH 2174] からUn-Bold/-Dim completely absent from ANSI escape codes [GH 2174]
  • コンソールで Vim の配色テーマ [GH 1706] を正しくサポートしません。Console doesn't correctly support Vim color themes [GH 1706]
  • 特定の文字 [GH 2149] に貼り付けることはできません。Cannot paste particular characters [GH 2149]
  • 折り返しのサイズ変更が編集/コマンド ライン [GH ConEmu 1123] 機能がある場合は、bash ウィンドウをサイズ変更と対話妙Reflow resize interacts strangely with resizing a bash window when stuff is on the edit/command line [GH ConEmu 1123]
  • Ctrl キーを押し、-l まま画面ダーティ [GH 1978]Ctrl-L leaves the screen dirty [GH 1978]
  • HDPI [GH 1907] で VT を表示するときに、コンソール表示バグConsole rendering bug when displaying VT on HDPI [GH 1907]
  • Japansese 文字が Unicode 文字 U + 30FB は奇妙に見える [GH 2146]Japansese characters look strange with Unicode Character U+30FB [GH 2146]
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ビルド 16237Build 16237

一般的な Windows ビルド 16237 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16237 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 既定の属性を使用して、EAs のない lxfs (ルート、ルート、0000) でのファイルUse default attributes for files without EAs in lxfs (root, root, 0000)
  • 拡張属性の使用のディストリビューションのサポートが追加されましたAdded support for distributions that use extended attributes
  • 埋め込み getdents と getdents64 で返されるエントリを修正Fix padding for entries returned by getdents and getdents64
  • Shmctl するシステム コール [GH 2068] のアクセス許可チェックを修正します。Fix permissions check for the shmctl SHM_STAT system call [GH 2068]
  • Tty [GH 2231] の状態は固定の正しくない初期 epollFixed incorrect initial epoll state for ttys [GH 2231]
  • [GH 2077] のすべてのエントリが返されない DrvFs readdir を修正します。Fix DrvFs readdir not returning all entries [GH 2077]
  • 修正 LxFs readdir ファイルが [GH 2077] のリンクを解除Fix LxFs readdir when files are unlinked [GH 2077]
  • リンクされていない drvfs ファイルの詳しい情報を再度開くを許可します。Allow unlinked drvfs files to be reopened through procfs
  • WSL 機能を無効にするためのグローバル レジストリ キーのオーバーライドを追加 (相互運用機能/ドライブのマウント)Added global registry key override for disabling WSL features (interop / drive mounting)
  • DrvFs (および LxFs)「状態」での不正なブロックの数の修正 [GH 1894]Fix incorrect block count in "stat" for DrvFs (and LxFs) [GH 1894]
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ビルド 16232Build 16232

一般的な Windows ビルド 16232 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16232 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • このリリースで変更に関連付けられた WSL がありません。No WSL related changes in this release.

ビルド 16226Build 16226

一般的な Windows ビルド 16226 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16226 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • xattr 関連の syscall のサポート (getxattr、setxattr、listxattr、removexattr)。xattr related syscalls support (getxattr, setxattr, listxattr, removexattr).
  • security.capablity xattr サポートします。security.capablity xattr support.
  • 特定のファイル システム フィルター、ミリ秒以外の SMB サーバーを含むと互換性の強化。Improved compatibility with certain file systems and filters, including non-MS SMB servers. [GH #1952][GH #1952]
  • 圧縮されたファイルを OneDrive のプレース ホルダー、GVFS のプレース ホルダー、およびコンパクトな OS のサポートを強化します。Improved support for OneDrive placeholders, GVFS placeholders, and Compact OS compressed files.
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ビルド 16215Build 16215

一般的な Windows ビルド 16215 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16215 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • WSL では、開発者モードが必要がなくなります。WSL no longer requires developer mode.
  • Drvfs でディレクトリ ジャンクションをサポートします。Support directory junctions in drvfs.
  • WSL 配布 appx パッケージのアンインストールを処理します。Handle uninstalling of WSL distribution appx packages.
  • プライベートの表示に詳しい情報の更新プログラムとのマッピングを共有します。Update procfs to show private and shared mappings.
  • 配布が部分的にインストールまたはアンインストールをクリーンアップする wslconfig.exe の機能を追加します。Add ability for wslconfig.exe to clean up distributions that are partially installed or uninstalled.
  • TCP ソケット IP_MTU_DISCOVER のサポートを追加しました。Added support for IP_MTU_DISCOVER for TCP sockets. [GH 1639、2115、2205][GH 1639, 2115, 2205]
  • AF_INADDR へのルートのプロトコル ファミリを推論します。Infer protocol family for routes to AF_INADDR.
  • シリアル デバイスの機能強化 [GH 1929]。Serial device improvements [GH 1929].

ビルド 16199Build 16199

一般的な Windows ビルド 16199 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16199 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • これらのリリースで変更に関連付けられた WSL がありません。No WSL related changes in these releases.

ビルド 16193Build 16193

一般的な Windows ビルド 16193 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16193 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 送信 SIGCONT と終了 [GH 1973] threadgroup 間で競合状態Race condition between sending SIGCONT and a threadgroup terminating [GH 1973]
  • レポート FILE_DEVICE_CONSOLE [GH 1840] ではなく FILE_DEVICE_NAMED_PIPE に tty および pty デバイスを変更します。change tty and pty devices to report FILE_DEVICE_NAMED_PIPE instead of FILE_DEVICE_CONSOLE [GH 1840]
  • なる用の SSH の修正プログラムSSH fix for IP_OPTIONS
  • Init デーモンに DrvFs マウントを移動する [GH 1862、1968 年に、1767、1933]Moved DrvFs mounting to init daemon [GH 1862, 1968, 1767, 1933]
  • 次の NT シンボリック リンク DrvFs でサポートが追加されました。Added support in DrvFs for following NT symlinks.

ビルド 16184Build 16184

一般的な Windows ビルド 16184 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16184 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Removed apt package maintenance task (lxrun.exe /update)Removed apt package maintenance task (lxrun.exe /update)
  • 表示されない node.js [GH 1840] で、Windows プロセスから出力を修正Fixed output not showing up in from Windows processes in node.js [GH 1840]
  • Lxcore [GH 1794] のアラインメント要件を緩和します。Relax alignment requirements in lxcore [GH 1794]
  • システム呼び出し数の AT_EMPTY_PATH フラグの処理を修正しました。Fixed handling of the AT_EMPTY_PATH flag in a numer of system calls.
  • ハンドルを開いた DrvFs ファイルを削除して未定義の動作 [GH 544,966,1357,1535,1615] ファイルとが、問題を修正しましたFixed issue where deleting DrvFs files with open handles will cause the file to exhibit undefined behavior [GH 544,966,1357,1535,1615]
  • /etc/ホストは Windows ホスト ファイル (%windir%\system32\drivers\etc\hosts) からエントリを継承ようになりました [GH 1495]/etc/hosts will now inherit entries from the Windows hosts file (%windir%\system32\drivers\etc\hosts) [GH 1495]

ビルド 16179Build 16179

一般的な Windows ビルド 16179 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16179 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • WSL 変更はこの 1 週間です。No WSL changes this week.

ビルド 16176Build 16176

一般的な Windows ビルド 16176 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16176 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • シリアル サポートを有効になっています。Enabled serial support
  • IP ソケット オプションなる [GH 1116] が追加されましたAdded IP socket option IP_OPTIONS [GH 1116]
  • (ファイルのアップロードに nginx/PHP-FPM) 中の pwritev 関数の実装 [GH 1506]Implemented pwritev function (while uploading file to nginx/PHP-FPM) [GH 1506]
  • IP ソケット オプション IP_MULTICAST_IF & IPV6_MULTICAST_IF の追加 [GH 990]Added IP socket options IP_MULTICAST_IF & IPV6_MULTICAST_IF [GH 990]
  • IP_MULTICAST_LOOP & IPV6_MULTICAST_LOOP ソケット オプションのサポート [GH 1678]Support for socket option IP_MULTICAST_LOOP & IPV6_MULTICAST_LOOP [GH 1678]
  • アプリのノード、traceroute、dig、nslookup、ホストの IP (V6) _MTU ソケット オプションが追加されましたAdded IP(V6)_MTU socket option for apps node, traceroute, dig, nslookup, host
  • IP ソケット オプション IPV6_UNICAST_HOPS が追加されましたAdded IP socket option IPV6_UNICAST_HOPS
  • ファイル システムの機能強化Filesystem Improvements
    • UNC パスをマウントをします。Allow mounting of UNC paths
    • Drvfs で CDFS サポートを有効にします。Enable CDFS support in drvfs
    • Drvfs でネットワーク ファイル システムのアクセス許可を正しく処理します。Correctly handle permissions for network file systems in drvfs
    • Drvfs にリモート ドライブのサポートを追加します。Add support for remote drives to drvfs
    • FAT を有効にする drvfs のサポートEnable FAT support in drvfs
  • 追加の修正と機能強化Additional fixes and Improvements

成る結果LTP Results

15042 以降変更なしNo changes since 15042


ビルド 16170Build 16170

一般的な Windows ビルド 16170 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 16170 visit the Windows Blog.

新しいリリースしましたブログの投稿WSL をテストする取り組みについて説明します。We released a new blog post discussing our efforts to test WSL.

固定Fixed

  • サポートのソケット オプション IP_ADD_MEMBERSHIP & IPV6_ADD_MEMBERSHIP [GH 1678]Support socket option IP_ADD_MEMBERSHIP & IPV6_ADD_MEMBERSHIP [GH 1678]
  • PTRACE_OLDSETOPTIONS のサポートを追加します。Add support for PTRACE_OLDSETOPTIONS. [GH 1692][GH 1692]
  • 追加の修正と機能強化Additional fixes and improvements

成る結果LTP Results

15042 以降変更なしNo changes since 15042


ビルドを Windows 10 15046 Creators UpdateBuild 15046 to Windows 10 Creators Update

これ以上の WSL 修正プログラムや Windows 10 Creators Update に含める予定されている機能があります。There are no more WSL fixes or features planned for inclusion in the Creators Update to Windows 10. WSL のリリース ノートは、次の主要な Windows 更新プログラムを対象とする追加機能を今後数週間で再開されます。Release notes for WSL will resume in the coming weeks for additions targeting the next major Windows Update. 一般的な Windows ビルド 15046 と将来の詳細についてはリリースのアクセス、 Windows ブログします。For general Windows information on build 15046 and future Insider releases visit the Windows Blog.


ビルド 15042Build 15042

一般的な Windows ビルド 15042 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 15042 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 終わるパスを削除するときに、デッドロックの解決"..."Fix for a deadlock when removing a path ending in ".."
  • 問題を修正しました、FIONBIO [GH 1683] 成功した場合に 0 が返されないFixed an issue where FIONBIO not returning 0 on success [GH 1683]
  • Inet データグラム ソケットの長さが 0 の読み取りで問題を修正しましたFixed issue with zero-length reads of inet datagram sockets
  • Drvfs inode 参照 [GH 1675] 内での競合状態が原因でデッドロックが発生を修正します。Fix possible deadlock due to race condition in drvfs inode lookup [GH 1675]
  • Unix ソケット補助的なデータの拡張サポートSCM_CREDENTIALS と SCM_RIGHTS [GH 514、613、1326]Extended support for unix socket ancillary data; SCM_CREDENTIALS and SCM_RIGHTS [GH 514, 613, 1326]
  • 追加の修正と機能強化Additional fixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:737Number of Passing Test: 737
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。255Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 255


ビルド 15031Build 15031

一般的な Windows ビルド 15031 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 15031 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Time(2) が誤動作が散発的バグを修正しました。Fixed a bug where time(2) would sporadically misbehave.
  • 修正され、発行場所 * syscall を組み合わせて使用される信号のマスクが破損する可能性があります。Fixed and issue where *SIGPROCMASK syscalls could corrupt signal mask.
  • WSL プロセスの作成の通知では、完全なコマンドラインの長さを返すようになりました。Now return full command line length in WSL process creation notification. [GH 1632][GH 1632]
  • WSL は、今すぐ ptrace を GDB がハングすることによってスレッドの終了を報告します。WSL now reports thread exit through ptrace for GDB hangs. [GH 1196][GH 1196]
  • 負荷の高い tmux IO 後 pty がハング、バグを修正しました。Fixed bug where ptys would hang after heavy tmux IO. [GH 1358][GH 1358]
  • 多くのシステム コール (futex、semtimedop、参照のこと、sigtimedwait、itimer、timer_create) での固定のタイムアウトの検証Fixed timeout validation in many system calls (futex, semtimedop, ppoll, sigtimedwait, itimer, timer_create)
  • 追加された eventfd EFD_SEMAPHORE サポート [GH 452]Added eventfd EFD_SEMAPHORE support [GH 452]
  • 追加の修正と機能強化Additional fixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:737Number of Passing Test: 737
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。255Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 255
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 15025Build 15025

一般的な Windows ビルド 15025 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 15025 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • その壊れて grep 2.27 [GH 1578] バグの修正します。Fix for bug that broke grep 2.27 [GH 1578]
  • 実装された EFD_SEMAPHORE フラグ eventfd2 syscall [GH 452]Implemented EFD_SEMAPHORE flag for eventfd2 syscall [GH 452]
  • /Proc/[pid]/net ipv6_route の実装 [GH 1608]Implemented /proc/[pid]/net/ipv6_route [GH 1608]
  • シグナル ドリブン unix ストリーム ソケット [GH 393、68] の IO のサポートSignal driven IO support for unix stream sockets [GH 393, 68]
  • F_GETPIPE_SZ と F_SETPIPE_SZ [GH 1012] サポートします。Support F_GETPIPE_SZ and F_SETPIPE_SZ [GH 1012]
  • Recvmmsg() syscall [GH 1531] の実装します。Implement recvmmsg() syscall [GH 1531]
  • Epoll_wait() でした [GH 1609] を待っているバグを修正しましたFixed bug where epoll_wait() wasn't waiting [GH 1609]
  • /Proc/version_signature を実装します。Implement /proc/version_signature
  • Tee syscall はエラーを両方のファイル記述子が同じパイプを参照している場合に返すようになりましたTee syscall now returns failure if both file descriptors refer to the same pipe
  • Unix ソケット SO_PEERCRED に実装されている適切な動作Implemented correct behavior for SO_PEERCRED for Unix sockets
  • 固定 tkill syscall 無効なパラメーターの処理Fixed tkill syscall invalid parameter handling
  • Drvfs の preformace の増加への変更Changes to increase the preformace of drvfs
  • Ruby の IO のブロックの軽微な修正Minor fix for Ruby IO blocking
  • 固定の recvmsg() MSG_DONTWAIT フラグ inet ソケット [GH 1296] の EINVAL を返すFixed recvmsg() returning EINVAL for the MSG_DONTWAIT flag for inet sockets [GH 1296]
  • 追加の修正と機能強化Additional fixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:732Number of Passing Test: 732
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。255Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 255
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 15019Build 15019

一般的な Windows ビルド 15019 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 15019 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • CPU 使用率を正しく報告されるバグを修正したければ (945、971 は GH 823) などのツールの詳しい情報Fixed bug that incorrectly reported CPU usage in procfs for tools like htop (GH 823, 945, 971)
  • 既存の O_TRUNC で open() の呼び出し時にファイル inotify ようになりました IN_OPEN 前に、IN_MODIFY が生成されます。When calling open() with O_TRUNC on an existing file inotify now generates IN_MODIFY before IN_OPEN
  • Unix ソケット getsockopt SO_ERROR postgress [GH 61、1354] を有効にするための修正します。Fixes to unix socket getsockopt SO_ERROR to enable postgress [GH 61, 1354]
  • GO 言語の実装の説明がImplement /proc/sys/net/core/somaxconn for the GO language
  • Apt get パッケージ更新プログラムのバック グラウンド タスク今すぐ表示せずに実行ビューからApt-get package update background task now runs hidden from view
  • Ipv6 localhost (Spring-Framework(Java) 失敗) のスコープをクリアします。Clear scope for ipv6 localhost (Spring-Framework(Java) failure).
  • 追加の修正と機能強化Additional fixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:714Number of Passing Test: 714
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。249Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 249
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 15014Build 15014

一般的な Windows ビルド 15014 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 15014 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 意図したようになりました Ctrl + CCtrl+C now works as intended
  • たければと ps auxw ここで表示する適切なリソース使用率 (GH #516)htop and ps auxw now show correct resource utilization (GH #516)
  • NT 例外シグナルの基本的な変換です。Basic translation of NT exceptions to signals. (GH #513)(GH #513)
  • EINVAL (GH #1571) ではなく容量が不足した場合、この fallocate は、今すぐ ENOSPC で失敗しました。fallocate now fails with ENOSPC when running out of space instead of EINVAL (GH #1571)
  • 追加された/proc/sys/kernel/sem します。Added /proc/sys/kernel/sem.
  • 実装された semop と semtimedop システム コールImplemented semop and semtimedop system calls
  • IP_RECVTOS & IPV6_RECVTCLASS ソケット オプション (GH 69) を使用して固定 nslookup のエラーFixed nslookup errors with IP_RECVTOS & IPV6_RECVTCLASS socket option (GH 69)
  • IP_RECVTTL と IPV6_RECVHOPLIMIT ソケット オプションのサポートSupport for socket options IP_RECVTTL and IPV6_RECVHOPLIMIT
  • 追加の修正と機能強化Additional fixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:709Number of Passing Test: 709
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。255Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 255
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs

Syscall の概要Syscall Summary

合計 Syscall:384Total Syscalls: 384
実装の合計:235Total Implemented: 235
スタブの合計:22Total Stubbed: 22
合計が実装されていません。127Total Unimplemented: 127
詳細な内訳Detailed Breakdown


ビルド 15007Build 15007

一般的な Windows ビルド 15007 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 15007 visit the Windows Blog.

既知の問題Known Issue

  • コンソールがいくつかの ctrl キーを認識しない既知のバグがある +入力します。There is a known bug where the console does not recognize some Ctrl + input. これには、標準の 'c' keypress として機能するを ctrl キーを押しながら c コマンドが含まれます。This includes the ctrl-c command which will act as a normal ‘c’ keypress.

    • 対応策 :代替キーを Ctrl キーを押しながら C キーにマップします。Workaround: Map an alternate key to Ctrl+C. たとえば、マップに Ctrl + C には、Ctrl + K は:stty intr \^kします。For example, to map Ctrl+K to Ctrl+C do: stty intr \^k. このマッピングは、ターミナルごとおよび実行する必要がありますすべて時間 bash を起動します。This mapping is per terminal and will have to be done every time bash is launched. ユーザーを含めるには、このオプションを調べることができます、 .bashrcUsers can explore the option to include this in their .bashrc

固定Fixed

  • WSL を実行して、CPU コアの 100% を消費は、問題を修正しましたCorrected the issue where running WSL would consume 100% of a CPU core
  • ソケットのオプション、IP_PKTINFO IPV6_RECVPKTINFO のようになりました。Socket option IP_PKTINFO, IPV6_RECVPKTINFO now supported. (987 GH # の 851)(GH #851, 987)
  • Truncate lxcore 16 バイトにネットワーク インターフェイスの物理アドレス (GH #1452、1414、1343、468、308)Truncate network interface physical address to 16 bytes in lxcore (GH #1452, 1414, 1343, 468, 308)
  • 追加の修正と機能強化Additional fixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:709Number of Passing Test: 709
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。255Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 255
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 15002Build 15002

一般的な Windows ビルド 15002 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 15002 visit the Windows Blog.

既知の問題Known Issue

2 つの既知の問題:Two known issues:

  • コンソールがいくつかの ctrl キーを認識しない既知のバグがある +入力します。There is a known bug where the console does not recognize some Ctrl + input. これには、標準の 'c' keypress として機能するを ctrl キーを押しながら c コマンドが含まれます。This includes the ctrl-c command which will act as a normal ‘c’ keypress.

    • 対応策 :代替キーを Ctrl キーを押しながら C キーにマップします。Workaround: Map an alternate key to Ctrl+C. たとえば、マップに Ctrl + C には、Ctrl + K は:stty intr \^kします。For example, to map Ctrl+K to Ctrl+C do: stty intr \^k. このマッピングは、ターミナルごとおよび実行する必要がありますすべて時間 bash を起動します。This mapping is per terminal and will have to be done every time bash is launched. ユーザーを含めるには、このオプションを調べることができます、 .bashrcUsers can explore the option to include this in their .bashrc
  • WSL の実行中にシステム スレッドは CPU コアの 100% を消費します。While WSL is running a system thread will consume 100% of a CPU core. 根本原因はアドレス指定され、内部的に固定します。The root cause has been addressed and fixed internally.

固定Fixed

  • すべての bash セッションを同じアクセス許可レベルで作成されましたする必要があります。All bash sessions must now be created at the same permission level. さまざまなレベルでセッションを開始しようとしてがブロックされます。Attempting to start a session at a different level will be blocked. つまり、管理者と管理者以外のコンソールを同時に実行できません。This means admin and non-admin consoles cannot run at the same time. (GH #626)(GH #626)
  • 次の NETLINK_ROUTE メッセージを実装 (Windows の管理者権限が必要)Implemented the following NETLINK_ROUTE messages (requires Windows admin)
    • RTM_NEWADDR (サポートip addr add)RTM_NEWADDR (supports ip addr add)
    • RTM_NEWROUTE (サポートip route add)RTM_NEWROUTE (supports ip route add)
    • RTM_DELADDR (サポートip addr del)RTM_DELADDR (supports ip addr del)
    • RTM_DELROUTE (サポートip route del)RTM_DELROUTE (supports ip route del)
  • スケジュールされたタスクがパッケージを更新するためのチェックは、従量制課金接続 (GH #1371) では実行されなくScheduled task checking for packages to update will no longer run on a metered connection (GH #1371)
  • パイプの取得が詰まっているつまり bash-c エラーを修正しました"ls alR/"|bash-c"cat"(GH #1214)Fixed error where piping gets stuck i.e. bash -c "ls -alR /" | bash -c "cat" (GH #1214)
  • 実装された TCP_KEEPCNT ソケット オプション (GH #843)Implemented TCP_KEEPCNT socket option (GH #843)
  • 実装された IP_MTU_DISCOVER INET ソケット オプション (GH #720、717, 170, 69)Implemented IP_MTU_DISCOVER INET socket option (GH #720, 717, 170, 69)
  • NT パス参照を init から NT バイナリを実行する従来の機能を削除します。Removed legacy functionality to run NT binaries from init with NT path lookup. (GH #1325)(GH #1325)
  • 開発/グループ/その他の読み取りアクセス (0644) (GH #1321) を許可する kmsg のモードを修正します。Fix mode of /dev/kmsg to allow group / other read access (0644) (GH #1321)
  • 実装された/proc/sys/kernel/random/uuid (GH #1092)Implemented /proc/sys/kernel/random/uuid (GH #1092)
  • プロセスの開始時刻が年 2432 (GH #974) を示すエラーを修正しましたCorrected error where process start time was showing as year 2432 (GH #974)
  • スイッチの既定環境変数を TERM xterm 256color (GH #1446) をSwitched default TERM environment variable to xterm-256color (GH #1446)
  • 変更のコミットを処理する方法は、プロセスの分岐の中に計算されます。Modified the way that process commit is calculated during process fork. (GH #1286)(GH #1286)
  • 実装された受け取る可能性があります。Implemented /proc/sys/vm/overcommit_memory. (GH #1286)(GH #1286)
  • 実装された/proc/net/route ファイル (GH #69)Implemented /proc/net/route file (GH #69)
  • ショートカット名がない正しくエラーを修正しました (GH #696) のローカライズFixed error where shortcut name was incorrectly localized (GH #696)
  • プログラムのヘッダーが正しく検証ロジックを解析する固定 elf 必要があります (以下に) 設定される。 します。Fixed elf parsing logic that is incorrectly validating the program headers must be less than (or equal to) PATH_MAX. (GH #1048)(GH #1048)
  • 詳しい情報、sysfs、cgroupfs、および binfmtfs (GH #1378) 実装 statfs コールバックImplemented statfs callback for procfs, sysfs, cgroupfs, and binfmtfs (GH #1378)
  • (GH #1184 も GH #1193 で説明) を閉じない固定の AptPackageIndexUpdate windowsFixed AptPackageIndexUpdate windows that won’t close (GH #1184, also discussed in GH #1193)
  • ASLR パーソナリティ ADDR_NO_RANDOMIZE サポートを追加します。Added ASLR personality ADDR_NO_RANDOMIZE support. (GH #1148、1128)(GH #1148, 1128)
  • 強化された PTRACE_GETSIGINFO、AV (GH #875) 中に適切な gdb スタック トレースの SIGSEGVImproved PTRACE_GETSIGINFO, SIGSEGV, for proper gdb stack traces during AV (GH #875)
  • Patchelf バイナリ elf が不要になった解析が失敗します。Elf parsing no longer fails for patchelf binaries. (GH #471)(GH #471)
  • /Etc/resolv.conf (GH #416、1350) に VPN DNS が反映されます。VPN DNS propagated to /etc/resolv.conf (GH #416, 1350)
  • TCP の機能強化より信頼性の高いデータの転送を閉じます。Improvements to TCP close for more reliable data transfer. (GH #610 616、1025、1335)(GH #610, 616, 1025, 1335)
  • 適切なエラーを返すようになりましたコード ファイルが多すぎる場合に、(EMFILE) が開かれます。Now return correct error code when too many files are opened (EMFILE). (GH #1126、2090)(GH #1126, 2090)
  • Windows の監査ログから報告プロセスで、イメージの名前は、監査を作成します。Windows Audit log now reports the image name in process create audit.
  • Bash ウィンドウ内から bash.exe を起動するときに正常に失敗します。Now gracefully fail when launching bash.exe from within a bash window
  • 相互運用機能と、追加のエラー メッセージが LxFs (つまり notepad.exe .bashrc) の下の作業ディレクトリにアクセスできません。Added error message when interop is unable to access a working directory under LxFs (i.e. notepad.exe .bashrc)
  • Windows のパスが WSL で切り捨てられました問題を修正しましたFixed issue where Windows path was truncated in WSL
  • 追加の修正と機能強化Additional fixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:690Number of Passing Test: 690
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。274Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 274
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


Syscall サポートSyscall Support

WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧を以下に示します。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. 少なくとも 1 つのシナリオではこの一覧に syscall がサポートされているが場合がありますがすべてのパラメーター サポートされていませんこの時点で。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

shmctl
shmget
shmdt
shmat

ビルド 14986Build 14986

一般的な Windows ビルド 14986 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14986 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 固定のバグチェック Netlink と Pty IoctlFixed bugchecks with Netlink and Pty IOCTLs
  • カーネルのバージョンが現在 4.4.0-43 Xenial との整合性を報告します。Kernel version now reports 4.4.0-43 for consistency with Xenial
  • Bash.exe は入力の指示を起動 ' nul:' (GH #1259)Bash.exe now launches when input directed to 'nul:' (GH #1259)
  • 詳しい情報 (GH # の 967) で、スレッド Id を正しく今すぐ報告Thread IDs now reported correctly in procfs (GH #967)
  • IN_UNMOUNT |IN_Q_OVERFLOW |IN_IGNORED |IN_ISDIR フラグが inotify_add_watch() (GH #1280) でサポートされていますIN_UNMOUNT | IN_Q_OVERFLOW | IN_IGNORED | IN_ISDIR flags now supported in inotify_add_watch() (GH #1280)
  • 実装 timer_create と関連するシステムの呼び出し。Implement timer_create and related system calls. これにより、GHC サポート (GH #307)This enables GHC support (GH #307)
  • Ping が 0.000ms (GH #1296) の時刻を返す問題を修正しましたFixed issue where ping returned a time of 0.000ms (GH #1296)
  • ファイルが多すぎますが開かれたときに、適切なエラー コードを返します。Return correct error code when too many files are opened.
  • WSL で Netlink の要求のネットワーク インターフェイスのデータは失敗によって変更できるインターフェイスのハードウェアのアドレスが 32 バイト (など、Teredo インターフェイス) の場合の問題を修正しましたFixed issue in WSL where Netlink request for network interface data would fail with EINVAL if the interface's hardware address is 32-bytes (such as the Teredo interface)
    • Linux"ip"ユーティリティが WSL が 32 バイトのハードウェアのアドレスを報告する場合、クラッシュがバグを含むことに注意してください。Note that the Linux "ip" utility contains a bug where it will crash if WSL reports a 32-byte hardware address. これは、"ip"、WSL ではないのバグです。This is a bug in "ip", not WSL. ハードウェアのアドレスを印刷する、"ip"ユーティリティ ハードコード化文字列バッファーの長さが使用し、そのバッファーが小さすぎる 32 バイトのハードウェアのアドレスを印刷します。The “ip” utility hard-codes the length of the string buffer used to print the hardware address, and that buffer is too small to print a 32-byte hardware address.
  • 追加の修正と機能強化Additional fixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:669Number of Passing Test: 669
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。258Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 258
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


Syscall サポートSyscall Support

WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧を以下に示します。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. 少なくとも 1 つのシナリオではこの一覧に syscall がサポートされているが場合がありますがすべてのパラメーター サポートされていませんこの時点で。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

timer_create
timer_delete
timer_gettime
timer_settime

ビルド 14971Build 14971

一般的な Windows ビルド 14971 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14971 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • コントロールが及ばないのための更新はありません Windows Subsystem for Linux のビルドでします。Due to circumstances beyond our control there are no updates in this build for the Windows Subsystem for Linux. 次回のリリースでは、定期的にスケジュールされた更新プログラムが再開されます。Regularly scheduled updates will resume on the next release.

成る結果:LTP Results:

14965 から変更されていませんUnchanged from 14965
テストの成功の数:664Number of Passing Test: 664
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 14965Build 14965

一般的な Windows ビルド 14965 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14965 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Netlink のサポートはソケット NETLINK_ROUTE プロトコルの RTM_GETLINK と RTM_GETADDR (GH #468)Support for Netlink sockets NETLINK_ROUTE protocol's RTM_GETLINK and RTM_GETADDR (GH #468)

  • /sbin が既定では、ユーザーの path に追加/sbin is now in the user's path by default

  • NT ユーザー パスのようになりました (つまりここで入力できます notepad.exe System32 を Linux パスに追加せずに) 既定で WSL パスに追加NT user path now appended to the WSL path by default (i.e. you can now type notepad.exe without adding System32 to the Linux path)

  • /Proc/sys/kernel/cap_last_cap サポートが追加されましたAdded support for /proc/sys/kernel/cap_last_cap

  • 現在の作業ディレクトリには、ansi 以外の文字 (GH #1254) が含まれている場合は NT バイナリ WSL から起動することはようになりましたNT Binaries can now be launched from WSL when the current working directory contains non-ansi characters (GH #1254)

  • 切断された unix ストリーム ソケットのシャット ダウンを許可します。Allow shutdown on disconnected unix stream socket.

  • PR_GET_PDEATHSIG サポートが追加されました。Added support for PR_GET_PDEATHSIG.

  • あるサポートが追加されましたAdded support for CLONE_PARENT

  • パイプの取得が詰まっているつまり bash-c エラーを修正しました"ls alR/"|bash-c"cat"(GH #1214)Fixed error where piping gets stuck i.e. bash -c "ls -alR /" | bash -c "cat" (GH #1214)

  • 現在のターミナルに接続する要求の処理。Handle requests to connect to the current terminal.

  • /Proc/のマーク/oom_score_adj を書き込み可能です。Mark /proc//oom_score_adj as writable.

  • /Sys/fs/cgroup フォルダーを追加します。Add /sys/fs/cgroup folder.

  • sched_setaffinity 関係ビット マスクの数を返す必要があります。sched_setaffinity should return number of affinity bits mask

  • インタープリターのパスより小さい 64 文字を指定する必要がありますと誤った前提を ELF 検証ロジックを修正します。Fix ELF validation logic which incorrectly assumes interpreter paths must be less than 64 characters long. (GH #743)(GH #743)

  • 開いているファイル記述子は、コンソール ウィンドウを開いて (GH #1187) を保持できます。Open file descriptors can keep console window open (GH #1187)

  • 末尾にスラッシュをターゲットの名前 (GH #1008) rename() が失敗しました Fixeed エラーFixeed error where rename() failed with trailing slash on target name (GH #1008)

  • /Proc/net/dev ファイルを実装します。Implement /proc/net/dev file

  • 固定 0.000ms タイマーの解決のために ping を実行します。Fixed 0.000ms pings due to timer resolution.

  • 実装された/proc/self/environ (GH #730)Implemented /proc/self/environ (GH #730)

  • 追加のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:664Number of Passing Test: 664
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 14959Build 14959

一般的な Windows ビルド 14959 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14959 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Windows の Pico プロセス通知機能強化。Improved Pico Process notification for Windows. 詳細情報について、 WSL ブログします。Additional information found on the WSL Blog.
  • Windows の相互運用性と安定性の向上Improved stability with Windows interoperability
  • 0x80070057 エンタープライズ データ保護 (EDP) を有効にすると、bash.exe を起動するときにエラーを修正しましたFixed error 0x80070057 when launching bash.exe when Enterprise Data Protection (EDP) is enabled
  • 追加のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:665Number of Passing Test: 665
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 14955Build 14955

一般的な Windows ビルド 14955 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14955 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • コントロールが及ばないのための更新はありません Windows Subsystem for Linux のビルドでします。Due to circumstances beyond our control there are no updates in this build for the Windows Subsystem for Linux. 次回のリリースでは、定期的にスケジュールされた更新プログラムが再開されます。Regularly scheduled updates will resume on the next release.

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:665Number of Passing Test: 665
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 14951Build 14951

一般的な Windows ビルド 14951 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14951 visit the Windows Blog.

新機能:Windows または Ubuntu の相互運用性New Feature: Windows / Ubuntu Interoperability

WSL のコマンドラインから直接 Windows バイナリを呼び出すようになりましたことができます。Windows binaries can now be invoked directly from the WSL command line. これにより、ユーザーは、Windows 環境と考えられるされていない方法でシステムとやり取りできるようにします。This gives users the ability to interact with their Windows environment and system in a way that has not been possible. 簡単な例として、次のコマンドを実行することはようになりました。As a quick example, it is now possible for users to run the following commands:

```
$ export PATH=$PATH:/mnt/c/Windows/System32
$ notepad.exe
$ ipconfig.exe | grep IPv4 | cut -d: -f2
$ ls -la | findstr.exe foo.txt
$ cmd.exe /c dir
```

詳細についてにあります。More information can be found at:

固定Fixed

  • WSL のすべての新しいインスタンスを Ubuntu 16.04 (Xenial) がインストールされているようになりました。Ubuntu 16.04 (Xenial) is now installed for all new WSL instances. 14.04 (頼りになる) の既存のインスタンスを持つユーザーは自動的にアップグレードされません。Users with existing 14.04 (Trusty) instances will not be automatically upgraded.
  • インストール中に設定されたロケールが表示されるようになりましたLocale set during install is now displayed
  • バグが常にではありませんが、WSL プロセスをファイルにリダイレクトする場所のターミナル強化機能します。Terminal improvements including bug where redirecting a WSL process to a file does not always work
  • コンソールの有効期間は bash.exe 有効期間に関連付けられる必要があります。Console lifetime should be tied to bash.exe lifetime
  • コンソール ウィンドウのサイズがバッファー サイズではなく、表示サイズを使用する必要があります。Console window size should use visible size, not buffer size
  • 追加のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:665Number of Passing Test: 665
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 14946Build 14946

一般的な Windows ビルド 14946 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14946 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • スペースや引用符が含まれている NT ユーザー名とユーザー用の WSL ユーザー アカウントの作成を妨げる問題を修正しました。Fixed an issue that prevented creating WSL user accounts for users with NT usernames that contain spaces or quotes.

  • Stat でディレクトリのリンク数の場合は 0 を返すには、VolFs と DrvFs を変更します。Change VolFs and DrvFs to return 0 for directory's link count in stat

  • IPV6_MULTICAST_HOPS ソケット オプションをサポートします。Support IPV6_MULTICAST_HOPS socket option.

  • Tty あたりの I/O ループを 1 つのコンソールに制限されます。Limit to a single console I/O loop per tty. 例: 次のコマンドは、考えられる。Example: the following command is possible:

    • bash -c "echo data" | bash -c "ssh user@example.com 'cat > foo.txt'"bash -c "echo data" | bash -c "ssh user@example.com 'cat > foo.txt'"
  • /proc/cpuinfo (GH #1115) にタブ スペースに置換します。replace spaces with tabs in /proc/cpuinfo (GH #1115)

  • Windows のマウントされたボリュームに一致する名前を持つ mountinfo に DrvFs が表示されます。DrvFs now appears in mountinfo with a name that matches mounted Windows volume

  • /home と/root mountinfo 正しい名前で表示されます。/home and /root now appear in mountinfo with correct names

  • 追加のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:665Number of Passing Test: 665
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 14942Build 14942

一般的な Windows ビルド 14942 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14942 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • メモリを含む、"試行された実行の NOEXECUTE"SSH がブロックしてクラッシュのネットワークのアドレス指定、バグチェック数A number of bugchecks addressed, including the “ATTEMPTED EXECUTE OF NOEXECUTE MEMORY” networking crash which was blocking SSH
  • inotifiy サポート DrvFs 上の Windows アプリケーションから生成された通知がようになりましたinotifiy support for notifications generated from Windows applications on DrvFs is now in
  • Mongod の TCP_KEEPIDLE と TCP_KEEPINTVL を実装します。Implement TCP_KEEPIDLE and TCP_KEEPINTVL for mongod. (GH #695)(GH #695)
  • Pivot_root システム コールを実装します。Implement the pivot_root system call
  • SO_DONTROUTE のソケット オプションを実装します。Implement socket option for SO_DONTROUTE
  • 追加のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:665Number of Passing Test: 665
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。263Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 263
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs

Syscall サポートSyscall Support

WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧を以下に示します。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. 少なくとも 1 つのシナリオではこの一覧に syscall がサポートされているが場合がありますがすべてのパラメーター サポートされていませんこの時点で。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

pivot_root

ビルド 14936Build 14936

一般的な Windows ビルド 14936 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14936 visit the Windows Blog.

注:WSL では、Ubuntu バージョン 16.04 (Xenial) Ubuntu 14.04 (信頼性) ではなくを今後のリリースでインストールします。Note: WSL will install Ubuntu version 16.04 (Xenial) instead of Ubuntu 14.04 (Trusty) in an upcoming release. この変更は、内部関係者が (lxrun.exe/install または bash.exe の最初の実行) の新しいインスタンスのインストールに適用されます。This change will apply to Insiders installing new instances (lxrun.exe /install or first run of bash.exe). 信頼性と既存のインスタンスは自動的にアップグレードされません。Existing instances with Trusty will not be upgraded automatically. ユーザーは、do リリース-アップグレード コマンドを使用して Xenial に頼りになる、イメージをアップグレードできます。Users can upgrade their Trusty image to Xenial using the do-release-upgrade command.

既知の問題Known Issue

WSL でソケットの実装によって問題が発生します。WSL is experiencing an issue with some socket implementations. バグチェックでは、"試行された実行の NOEXECUTE MEMORY"のエラーでクラッシュとして出現します。The bugcheck manifests itself as a crash with the error “ATTEMPTED EXECUTE OF NOEXECUTE MEMORY”. この問題の最も一般的な形では、ssh を使用する場合、クラッシュです。The most common manifestation of this issue is a crash when using ssh. 根本原因は、内部のビルドでは固定され、内部関係者に、できるだけ早い機会にプッシュされます。The root cause is fixed on internal builds and will be pushed to Insiders at the earliest opportunity.

固定Fixed

  • Chroot システム コールの実装Implemented the chroot system call
  • Inotify 改善DrvFs 上の Windows アプリケーションから生成された通知のサポートを含むImprovements in inotify including support for notifications generated from Windows applications on DrvFs
    • 修正:Inotify は、この時点ではない Windows アプリケーションから送信された変更のサポートします。Correction: Inotify support for changes originating from Windows applications not available at this time.
  • ソケットの IPV6 へのバインド:: IPV6_V6ONLY ようになりました (GH #68、#157、#393、#460、#674、#740、#982、#996)Socket binding to IPV6:: now supports IPV6_V6ONLY (GH #68, #157, #393, #460, #674, #740, #982, #996)
  • Waitid systemcall の WNOWAIT 動作 (GH #638) を実装します。WNOWAIT behavior for waitid systemcall implemented (GH #638)
  • のでおよび IP_TTL IP ソケット オプションをサポートします。Support for IP socket options IP_HDRINCL and IP_TTL
  • 長さ 0 の read() をすぐに返す必要があります (GH #975)Zero-length read() should return immediately (GH #975)
  • .Tar ファイルで、NULL 終端文字が含まれていないファイル名とファイル名のプレフィックスを正しく処理します。Correctly handle filenames and filename prefixes that don't include a NULL terminator in a .tar file.
  • /dev/null epoll のサポートepoll support for /dev/null
  • /Dev/alarm タイム ソースを修正します。Fix /dev/alarm time source
  • Bash-c をファイルにリダイレクトできるようになりましたBash -c now able to redirect to a file
  • 追加のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:664Number of Passing Test: 664
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。264Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 264
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs

Syscall サポートSyscall Support

WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧を以下に示します。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. 少なくとも 1 つのシナリオではこの一覧に syscall がサポートされているが場合がありますがすべてのパラメーター サポートされていませんこの時点で。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

chroot

ビルド 14931Build 14931

一般的な Windows ビルド 14931 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14931 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • コントロールが及ばないのための更新はありません Windows Subsystem for Linux のビルドでします。Due to circumstances beyond our control there are no updates in this build for the Windows Subsystem for Linux. 次のリリースで定期的にスケジュールされた更新プログラムが再開されます。Regularly scheduled updates will resume in the next release.

ビルド 14926Build 14926

一般的な Windows ビルド 14926 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14926 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Ping は管理者特権がないコンソールPing now works in consoles which do not have administrator privileges
  • 現在サポートされても管理者特権のない Ping6Ping6 now supported, also without administrator privileges
  • WSL で変更されたファイルの Inotify サポート。Inotify support for files modified through WSL. (GH #216)(GH #216)
    • サポートされているフラグ:Flags supported:
      • inotify_init1:LX_O_CLOEXEC, LX_O_NONBLOCKinotify_init1: LX_O_CLOEXEC, LX_O_NONBLOCK
      • inotify_add_watch イベント:LX_IN_ACCESS, LX_IN_MODIFY, LX_IN_ATTRIB, LX_IN_CLOSE_WRITE, LX_IN_CLOSE_NOWRITE, LX_IN_OPEN, LX_IN_MOVED_FROM, LX_IN_MOVED_TO, LX_IN_CREATE, LX_IN_DELETE, LX_IN_DELETE_SELF, LX_IN_MOVE_SELFinotify_add_watch events: LX_IN_ACCESS, LX_IN_MODIFY, LX_IN_ATTRIB, LX_IN_CLOSE_WRITE, LX_IN_CLOSE_NOWRITE, LX_IN_OPEN, LX_IN_MOVED_FROM, LX_IN_MOVED_TO, LX_IN_CREATE, LX_IN_DELETE, LX_IN_DELETE_SELF, LX_IN_MOVE_SELF
      • inotify_add_watch 属性:LX_IN_DONT_FOLLOW, LX_IN_EXCL_UNLINK, LX_IN_MASK_ADD, LX_IN_ONESHOT, LX_IN_ONLYDIRinotify_add_watch attributes: LX_IN_DONT_FOLLOW, LX_IN_EXCL_UNLINK, LX_IN_MASK_ADD, LX_IN_ONESHOT, LX_IN_ONLYDIR
      • 出力を参照してください。LX_IN_ISDIR, LX_IN_IGNOREDread output: LX_IN_ISDIR, LX_IN_IGNORED
    • 既知の問題:Windows アプリケーションからファイルを変更するすべてのイベントを生成しませんKnown issue: Modifying files from Windows applications does not generate any events
  • Unix ソケットになりました SCM_CREDENTIALSUnix socket now supports SCM_CREDENTIALS

成る結果:LTP Results:

テストの成功の数:651Number of Passing Test: 651
不合格数 (失敗、スキップされたなど.)。258Number of non-Passing (failing, skipped, etc…): 258
成るテスト実行のログLTP Test Run Logs


ビルド 14915Build 14915

一般的な Windows ビルド 14915 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14915 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Socketpair unix データグラム ソケット (GH #262)Socketpair for unix datagram sockets (GH #262)
  • SO_REUSEADDR の Unix ソケットのサポートUnix socket support for SO_REUSEADDR
  • UNIX ソケット サポート:so_broadcast (GH #568)UNIX socket support for SO_BROADCAST (GH #568)
  • 型 (GH #758、#546) の Unix ソケットのサポートUnix socket support for SOCK_SEQPACKET (GH #758, #546)
  • Unix データグラム ソケットの送信、受信、およびシャット ダウンのサポートの追加Adding support for unix datagram socket send, recv and shutdown
  • 非固定アドレスに無効な mmap パラメーターの検証のためのバグチェックを修正します。Fix bugcheck due to invalid mmap parameter validation for non-fixed addresses. (GH #847)(GH #847)
  • 中断のサポート]、[ターミナル状態の再開Support for suspend / resume of terminal states
  • TIOCPKT ioctl 画面ユーティリティ (GH #774) ブロックを解除するためのサポートSupport for TIOCPKT ioctl to unblock the Screen utility (GH #774)
    • 既知の問題:関数キーが動作していませんKnown issue: Function keys not operational
  • 解放されたメンバー 'ReaderReady' へのアクセスを LxpTimerFdWorkerRoutine (GH #814) を引き起こす可能性のある TimerFd するときの競合を修正しましたCorrected a race in TimerFd that could cause a freed member 'ReaderReady' to be accessed by LxpTimerFdWorkerRoutine (GH #814)
  • Futex、アンケート、および同様の再開可能なシステムの呼び出しのサポートを有効にします。Enable restartable system call support for futex, poll, and clock_nanosleep
  • 追加されたバインド マウントのサポートAdded bind mount support
  • マウントの名前空間のサポートの共有を解除します。unshare for mount namespace support
    • 既知の問題:新しいマウント名前空間を作成するときにunshare(CLONE_NEWNS)現在の作業ディレクトリは引き続き古い名前空間を指すKnown issue: When creating a new mount namespace with unshare(CLONE_NEWNS) the current working directory will continue to point to the old namespace
  • 追加の機能強化とバグ修正Additional improvements and bug fixes

ビルド 14905Build 14905

一般的な Windows ビルド 14905 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14905 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 呼び出しは今すぐ再起動可能なシステムには、(GH #349、GH #520) がサポートされていますRestartable system calls are now supported (GH #349, GH #520)
  • ディレクトリ]、[今すぐに運用を終了 (GH #650) へのシンボリック リンクSymlinks to directories ending in / now operational (GH #650)
  • /Dev/random の実装の RNDGETENTCNT ioctlImplemented RNDGETENTCNT ioctl for /dev/random
  • /Proc/[pid] を実装/マウント、/proc/[pid]/mountinfo と/proc/[pid]/mountstats ファイルImplemented the /proc/[pid]/mounts, /proc/[pid]/mountinfo and /proc/[pid]/mountstats files
  • 追加のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

ビルド 14901Build 14901

最初の内部関係者は、Windows 10 Anniversary Update のリリースの投稿に対してビルドします。First Insider build for the post Windows 10 Anniversary Update release.

一般的な Windows ビルド 14901 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14901 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 末尾のスラッシュの問題を修正しましたFixed trailing slash issue
    • などのコマンド$ mv a/c/ a/b/作業ようになりましたCommands such as $ mv a/c/ a/b/ now work
  • Ubuntu のロケールは、Windows ロケールに設定する必要がある場合に要求をインストールするようになりましたInstalling now prompts if Ubuntu locale should be set to Windows locale
  • Ns フォルダーの詳しい情報のサポートProcfs support for ns folder
  • マウントを追加し、tmpfs、詳しい情報と sysfs ファイル システムのマウントを解除Added mount and unmount for tmpfs, procfs and sysfs file systems
  • [At] の 32 ビットの ABI 署名 mknod を修正します。Fix mknod[at] 32-bit ABI signature
  • Unix ソケットのディスパッチ モデルに移動Unix sockets moved to dispatch model
  • INET ソケットの受信バッファー サイズ、setsockopt を使用して設定を適用する必要があります。INET socket recv buffer size set using the setsockopt should be honored
  • 実装 MSG_CMSG_CLOEXEC unix ソケットの受信メッセージのフラグImplement MSG_CMSG_CLOEXEC unix socket receive message flag
  • Linux プロセス stdin と stdout パイプ リダイレクト (GH 2)Linux process stdin/stdout pipe redirection (GH #2)
    • Cmd. で bash-c コマンドのパイプ処理では、します。Allows for piping of bash -c commands in CMD. 例: > dir |bash-c"grep foo"Example: >dir | bash -c "grep foo"
  • Bash は、複数のページファイル (GH #538、#358) をシステムにインストールするようになりましたことができます。Bash can now be installed on systems with multiple pagefiles (GH #538, #358)
  • INET ソケット バッファーの既定のサイズには、Ubuntu の既定の設定の一致する必要があります。Default INET Socket buffer size should match that of default Ubuntu setup
  • Xattr syscall listxattr に揃えるAlign xattr syscalls to listxattr
  • のみ SIOCGIFCONF から有効な IPv4 アドレスとのインターフェイスを返すOnly return interfaces with a valid IPv4 address from SIOCGIFCONF
  • Ptrace によって挿入されたときに既定のアクションを信号を修正します。Fix signal default action when injected by ptrace
  • implement /proc/sys/vm/min_free_kbytesimplement /proc/sys/vm/min_free_kbytes
  • Sigreturn でコンテキストを復元するときにコンピューター コンテキスト レジスタの値を使用します。Use machine context register values when restoring context in sigreturn
    • Java と javac に一部のユーザーの分岐がどこで問題が解決します。This resolves the issue where java and javac were hanging for some users
  • /Proc/sys/kernel/hostname を実装します。Implement /proc/sys/kernel/hostname

Syscall サポートSyscall Support

WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧を以下に示します。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. 少なくとも 1 つのシナリオではこの一覧に syscall がサポートされているが場合がありますがすべてのパラメーター サポートされていませんこの時点で。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

waitid
epoll_pwait


Windows 10 Anniversary Update に 14388 をビルドします。Build 14388 to Windows 10 Anniversary Update

一般的な Windows ビルド 14388 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14388 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 8/2 で、Windows 10 Anniversary Update の準備のための修正します。Fixes to prepare for the Windows 10 Anniversary Update on 8/2
    • WSL Anniversary update の詳細についてを参照できます、ブログMore information about WSL in the Anniversary Update can be found on our blog

ビルド 14376Build 14376

一般的な Windows ビルド 14376 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14376 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Apt get が (GH #493) がハングするいくつかのインスタンスの削除Removed some instances where apt-get hangs (GH #493)
  • 空のマウントが正しく処理されませんが、問題を修正しましたFixed an issue where empty mounts were not handled correctly
  • 場所 ram ディスクがマウントされていない正しく問題を修正しましたFixed an issue where ramdisks were not mounted correctly
  • 変更の unix ソケットのフラグ (部分的な GH #451) をサポートするために受け入れChange unix socket accept to support flags (partial GH #451)
  • 固定の一般的なネットワーク関連のブルー スクリーンFixed common network related bluescreen
  • /Proc/[pid] にアクセスする場合は、ブルー スクリーンを固定/task (GH #523)Fixed bluescreen when accessing /proc/[pid]/task (GH #523)
  • 高の固定の CPU 使用率のいくつか pty シナリオ (GH #488、#504)Fixed high CPU utilization for some pty scenarios (GH #488, #504)
  • 追加のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

ビルド 14371Build 14371

一般的な Windows ビルド 14371 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14371 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Ptrace を使用する場合は、SIGCHLD wait() とタイミングの競合を修正しましたCorrected timing race with SIGCHLD and wait() when using ptrace
  • パスは、末尾がある場合は、いくつかの動作を修正/(GH #432)Corrected some behavior when paths have a trailing / (GH #432)
  • 名前の変更/リンク解除の子に開いているハンドルのために失敗したと問題を修正しましたFixed issue with rename/unlink failing due to open handles to children
  • 追加のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

ビルド 14366Build 14366

一般的な Windows ビルド 14366 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14366 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • シンボリック リンクをファイルの作成を修正します。Fix in file creation through symlinks
  • 追加された listxattr for Python (GH 385)Added listxattr for Python (GH 385)
  • 追加のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

Syscall サポートSyscall Support

  • WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧を以下に示します。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. 少なくとも 1 つのシナリオではこの一覧に syscall がサポートされているが場合がありますがすべてのパラメーター サポートされていませんこの時点で。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

listxattr

ビルド 14361Build 14361

一般的な Windows ビルド 14361 に情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14361 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • Windows 上の Ubuntu 上で Bash で実行する場合、DrvFs は大文字小文字が区別ようになりました。DrvFs is now case sensitive when running in Bash on Ubuntu on Windows.
    • ユーザーが case.txt とケース。TXT、/mnt/retention/c ドライブします。Users may case.txt and CASE.TXT on their /mnt/c drives
    • 大文字小文字の区別は、Bash on Ubuntu on Windows 内でのみサポートされます。Case sensitivity is only supported within Bash on Ubuntu on Windows. NTFS の Bash の外側では、ファイルを正しく報告されますが、予期しない動作には、Windows からファイルとの対話が発生する場合。When outside of Bash NTFS will report the files correctly, but unexpected behavior may occur interacting with the files from Windows.
    • 各ボリューム (つまり/mnt/c) のルートは大文字小文字を区別しません。The root of each volume (i.e. /mnt/c) is not case sensitive
    • Windows でこれらのファイルの処理の詳細についてはありますここします。More information on handling these files in Windows can be found here.
  • Pty を大幅に強化/tty をサポートします。Greatly enhanced pty / tty support. TMUX などのアプリケーションがサポートされています (GH #40)Applications like TMUX now supported (GH #40)
  • ユーザー アカウントが常にではありません作成の固定のインストールの問題Fixed install issue where user accounts not always created
  • コマンド ライン arg 構造が非常に長い引数リストに最適化されています。Optimized command line arg structure allowing for extremely long argument list. (GH #153)(GH #153)
  • Read_only は、DrvFs からファイルを削除して chmod を行うようになりましたNow able to delete and chmod read_only files from DrvFs
  • ターミナルのハングが (GH #43) を切断するいくつかのインスタンスを修正しましたFixed some instances where the terminal hangs on disconnect (GH #43)
  • chmod、chown tty を作業ようになりましたchmod and chown now work on tty devices
  • 0.0.0.0 への接続を許可して:: localhost (GH #388) としてAllow connection to 0.0.0.0 and :: as localhost (GH #388)
  • Sendmsg/検知の IO ベクターの長さを処理するようになりました > 1 (部分的な GH #376)Sendmsg/recvmsg now handle an IO vector length of >1 (partial GH #376)
  • ユーザーできるようになりましたオプトアウトのホストの自動生成されたファイル (GH #398)Users can now opt-out of auto-generated hosts file (GH #398)
  • 自動的にインストール (GH 11) 中に NT ロケールに Linux ロケールと一致します。Automatically match Linux locale to the NT locale during install (GH #11)
  • /Proc/sys/vm/swappiness ファイル (GH #306) の追加Added the /proc/sys/vm/swappiness file (GH #306)
  • strace が正しく終了ようになりましたstrace now exits correctly
  • /Proc/self/fd (GH #222) を再度開くをパイプを許可します。Allow pipes to be reopened through /proc/self/fd (GH #222)
  • %LOCALAPPDATA%\lxss DrvFs (GH #270) から下のディレクトリを非表示にします。Hide directories under %LOCALAPPDATA%\lxss from DrvFs (GH #270)
  • Bash.exe の処理の改善 ~。Better handling of bash.exe ~. などのコマンド"bash ~-c %.ls"(GH #467) をサポートするようになりましたCommands like “bash ~ -c ls” now supported (GH #467)
  • ソケットは epoll を通知するようになりました (GH #271) をシャット ダウン中に使用可能な読み取りSockets now notify epoll read available during shutdown (GH #271)
  • lxrun/uninstall 的確ファイルとフォルダーを削除します。lxrun /uninstall does a better job of deleting the files and folders
  • 修正された ps f (GH #246)Corrected ps -f (GH #246)
  • X11 のサポート強化 xEmacs (GH #481) などのアプリImproved support for x11 apps such as xEmacs (GH #481)
  • Ubuntu の既定の設定と get_rlimit syscall (GH #172、#258) にサイズを正しく報告を照合する最初のスレッドのスタック サイズを更新Updated initial thread stack size to match default Ubuntu setting and reporting the size correctly to the get_rlimit syscall (GH #172, #258)
  • Pico プロセスのイメージ名 (例: 監査) 用のレポート機能の強化Improved reporting of pico process image names (e.g., for auditing)
  • 実装された/proc/mountinfo df コマンドImplemented /proc/mountinfo for df command
  • 子の名前のエラー コードのシンボリック リンクを修正しました。Fixed symlink error code for child name . そして。and ..
  • 追加の機能強化のバグ修正と機能強化Additional improvements bugfixes and improvements

Syscall サポートSyscall Support

WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧を以下に示します。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. 少なくとも 1 つのシナリオではこの一覧に syscall がサポートされているが場合がありますがすべてのパラメーター サポートされていませんこの時点で。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

GETTIMER
MKNODAT
RENAMEAT
SENDFILE
SENDFILE64
SYNC_FILE_RANGE

ビルド 14352Build 14352

一般的な Windows ビルド 14352 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14352 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • 大きなファイルが非ダウンロード/正常に作成された問題を修正しました。Fixed issue where large files were not downloaded / created correctly. これは、npm その他のシナリオ (GH 3、GH #313) ブロックを解除する必要があります。This should unblock npm and other scenarios (GH #3, GH #313)
  • ソケットのハングをいくつかのインスタンスの削除Removed some instances where sockets hang
  • 一部の ptrace エラーを修正しましたCorrected some ptrace errors
  • WSL が 255 文字より長いファイル名を許可すると問題を修正しましたFixed issue with WSL allowing filenames longer than 255 characters
  • 英語以外の文字のサポート強化Improved support for non-English characters
  • 現在の Windows タイム ゾーン データを追加し、既定値として設定Add current Windows timezone data and set as default
  • 一意のデバイス id のそれぞれのマウント ポイント (jre の修正 – GH 番号 49)Unique device id’s for each mount point (jre fix – GH #49)
  • パスを格納している問題を修正"します"。Correct issue with paths containing “.” および"."and “..”
  • Fifo サポートが追加されました (GH #71)Added Fifo support (GH #71)
  • Ubuntu のネイティブ形式を一致するように resolv.conf の更新の形式Updated format of resolv.conf to match native Ubuntu format
  • いくつかの詳しい情報のクリーンアップSome procfs cleanup
  • 管理コンソール (GH #18) の ping を有効になっています。Enabled ping for Administrator consoles (GH #18)

Syscall サポートSyscall Support

WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧を以下に示します。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. 少なくとも 1 つのシナリオではこの一覧に syscall がサポートされているが場合がありますがすべてのパラメーター サポートされていませんこの時点で。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

FALLOCATE
EXECVE
LGETXATTR
FGETXATTR

ビルド 14342Build 14342

一般的な Windows についてビルド 14342、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14342 the Windows Blog.

VolFs と DriveFs に関する情報が見つかりません、 WSL ブログします。Information on VolFs and DriveFs can be found on the WSL Blog.

固定Fixed

  • Windows ユーザーは、ユーザー名に Unicode 文字がある場合に、インストールの問題を修正しましたFixed install issue when the Windows user had Unicode characters in the username
  • FAQ の apt-get と更新プログラムの udev 回避策が初回実行時の既定値によって提供されるようになりましたThe apt-get update udev workaround in the FAQ is now provided by default on first run
  • DriveFs にシンボリック リンクを有効になっている (/mnt/) ディレクトリEnabled symlinks in DriveFs (/mnt/) directories
  • シンボリック リンクが DriveFs と VolFs 間で作業するようになりましたSymlinks now work between DriveFs and VolFs
  • 解析の問題、アドレス指定された最上位レベル パス: %.ls/期待どおりに、正しく動作/。Addressed top level path parsing issue: ls .// will now work as expected
  • DriveFs に npm をインストールし、-g オプションが有効になったnpm install on DriveFs and the -g options are now working
  • PHP サーバーが起動できない問題を修正しましたFixed issue preventing PHP server from launching
  • Ubuntu のネイティブに近い一致を $PATH などの最新の既定環境値Updated default environment values, such as $PATH to closer match native Ubuntu
  • Apt パッケージ キャッシュを更新する Windows で、毎週のメンテナンス タスクを追加Added a weekly maintenance task in Windows to update the apt package cache
  • ELF ヘッダーの検証で問題を修正しました、WSL なりました Melkor のすべてのオプションFixed issue with ELF header validation, WSL now supports all Melkor options
  • Zsh シェルが機能Zsh shell is functional
  • Go のプリコンパイル済みのバイナリはサポートされていますPrecompiled Go binaries are now supported
  • 最初に実行 Bash.exe で入力を求めるは正しくローカライズされていますPrompting on Bash.exe first run is now localized correctly
  • proc/meminfo 返します情報を修正するようになりました/proc/meminfo now returns correct information
  • ソケットの VFS でサポートされていますSockets now supported in VFS
  • tempfs として/dev がマウントされました/dev now mounted as tempfs
  • Fifo のようになりましたFifo now supported
  • Proc/cpuinfo で正しく表示されて、マルチコア システムMulti-core systems now showing correctly in /proc/cpuinfo
  • さらなる改良とエラー メッセージが最初の実行中にダウンロードAdditional improvements and error messages downloading during first run
  • Syscall の機能強化とバグ修正。Syscall improvements and bugfixes. 以下のサポートされている syscall 一覧。Supported syscall list below.
  • 追加のバグ修正と機能強化Additional bugfixes and improvements

既知の問題Known Issues

  • 解決されていません '… 'Not resolving ‘..’ 場合によっては DriveFs で正しくcorrectly on DriveFs in some cases

Syscall サポートSyscall Support

WSL でいくつかの実装を持つ新しいまたは強化された syscall の一覧を以下に示します。Below are a list of new or enhanced syscalls that have some implementation in WSL. 少なくとも 1 つのシナリオではこの一覧に syscall がサポートされているが場合がありますがすべてのパラメーター サポートされていませんこの時点で。The syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

FCHOWNAT
GETEUID
GETGID
GETRESUID
GETXATTR
PTRACE
SETGID
SETGROUPS
SETHOSTNAME
SETXATTR

ビルド 14332Build 14332

一般的な Windows ビルド 14332 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14332 visit the Windows Blog.

固定Fixed

  • DNS エントリの優先順位付けを含む resolv.conf 生成の向上Better resolv.conf generation including prioritizing DNS entries
  • /Mnt 間と非ファイルおよびディレクトリの移動に関する問題-mnt ドライブ/Issue with moving files and directories between /mnt and non-/mnt drives
  • Tar ファイル、シンボリック リンクは作成できます。Tar files can now be created with symlinks
  • インスタンスの作成時に追加された既定/run/lock ディレクトリAdded default /run/lock directory on instance creation
  • 適切な統計情報を返すこと/dev/null を更新します。Update /dev/null to return proper stat info
  • 最初の実行中にダウンロードするときにその他のエラーAdditional errors when downloading during first run
  • Syscall の機能強化とバグ修正。Syscall improvements and bugfixes. 以下のサポートされている syscall 一覧。Supported syscall list below.
  • 追加の機能強化のバグ修正と機能強化Additional improvements bugfixes and improvements

Syscall サポートSyscall Support

WSL でいくつかの実装を含む新しい syscall を次に示します。Below is the new syscall that has some implementation in WSL. 少なくとも 1 つのシナリオではこの一覧にシステム コールがサポートされているが場合がありますがすべてのパラメーター サポートされていませんこの時点でします。The syscall on this list is supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

READLINKAT

ビルド 14328Build 14328

一般的な Windows ビルド 14332 に関する情報を参照してください、 Windows ブログします。For general Windows information on build 14332 visit the Windows Blog.

新機能New Features

  • Linux ユーザーをサポートします。Now support Linux users. Ubuntu on Windows での Bash のインストールは、Linux ユーザーの作成を求められます。Installing Bash on Ubuntu on Windows will prompt for creation of a Linux user. 詳細については、次を参照してください。 https://aka.ms/wslusersFor more information, visit https://aka.ms/wslusers
  • ホスト名がない設定を Windows コンピューター名にようになりました @localhostHostname is now set to the Windows computer name, no more @localhost
  • 詳細については、ビルド 14328 を参照してください。 https://aka.ms/wip14328For more information on build 14328, visit: https://aka.ms/wip14328

固定Fixed

  • 非/mnt/のシンボリック リンクの機能強化ファイルSymlink improvements for non /mnt/ files
    • npm インストール機能npm install now works
    • jdk jre を今すぐインストール可能な命令を使用してここします。jdk / jre now installable using instructions found here.
    • 既知の問題: Windows のマウントのシンボリック リンクが機能しません。known issue: symlinks do not work for Windows mounts. 機能は今後のビルドで使用できます。Functionality will be available in a later build
  • top としたければが表示されます。top and htop now display
  • インストール エラーのいくつかの追加のエラー メッセージAdditional error messages for some install failures
  • Syscall の機能強化とバグ修正。Syscall improvements and bugfixes. 以下のサポートされている syscall 一覧。Supported syscall list below.
  • 追加の機能強化のバグ修正と機能強化Additional improvements bugfixes and improvements

Syscall サポートSyscall Support

WSL でのいくつかの実装を持って syscall の一覧を次に示します。Below is a list of syscalls that have some implementation in WSL. Syscall この一覧には少なくとも 1 つのシナリオでサポートされてが可能性がありますがパラメーターをすべてサポートされていませんこの時点でします。Syscalls on this list are supported in at least one scenario, but may not have all parameters supported at this time.

ACCEPT
ACCEPT4
ACCESS
ALARM
ARCH_PRCTL
BIND
BRK
CAPGET
CAPSET
CHDIR
CHMOD
CHOWN
CLOCK_GETRES
CLOCK_GETTIME
CLOCK_NANOSLEEP
CLONE
CLOSE
CONNECT
CREAT
DUP
DUP2
DUP3
EPOLL_CREATE
EPOLL_CREATE1
EPOLL_CTL
EPOLL_WAIT
EVENTFD
EVENTFD2
EXECVE
EXIT
EXIT_GROUP
FACCESSAT
FADVISE64
FCHDIR
FCHMOD
FCHMODAT
FCHOWN
FCHOWNAT
FCNTL64
FDATASYNC
FLOCK
FORK
FSETXATTR
FSTAT64
FSTATAT64
FSTATFS64
FSYNC
FTRUNCATE
FTRUNCATE64
FUTEX
GETCPU
GETCWD
GETDENTS
GETDENTS64
GETEGID
GETEGID16
GETEUID
GETEUID16
GETGID
GETGID16
GETGROUPS
GETPEERNAME
GETPGID
GETPGRP
GETPID
GETPPID
GETPRIORITY
GETRESGID
GETRESGID16
GETRESUID
GETRESUID16
GETRLIMIT
GETRUSAGE
GETSID
GETSOCKNAME
GETSOCKOPT
GETTID
GETTIMEOFDAY
GETUID
GETUID16
GETXATTR
GET_ROBUST_LIST
GET_THREAD_AREA
INOTIFY_ADD_WATCH
INOTIFY_INIT
INOTIFY_RM_WATCH
IOCTL
IOPRIO_GET
IOPRIO_SET
KEYCTL
KILL
LCHOWN
LINK
LINKAT
LISTEN
LLSEEK
LSEEK
LSTAT64
MADVISE
MKDIR
MKDIRAT
MKNOD
MLOCK
MMAP
MMAP2
MOUNT
MPROTECT
MREMAP
MSYNC
MUNLOCK
MUNMAP
NANOSLEEP
NEWUNAME
OPEN
OPENAT
PAUSE
PERF_EVENT_OPEN
PERSONALITY
PIPE
PIPE2
POLL
PPOLL
PRCTL
PREAD64
PROCESS_VM_READV
PROCESS_VM_WRITEV
PSELECT6
PTRACE
PWRITE64
READ
READLINK
READV
REBOOT
RECV
RECVFROM
RECVMSG
RENAME
RMDIR
RT_SIGACTION
RT_SIGPENDING
RT_SIGPROCMASK
RT_SIGRETURN
RT_SIGSUSPEND
RT_SIGTIMEDWAIT
SCHED_GETAFFINITY
SCHED_GETPARAM
SCHED_GETSCHEDULER
SCHED_GET_PRIORITY_MAX
SCHED_GET_PRIORITY_MIN
SCHED_SETAFFINITY
SCHED_SETPARAM
SCHED_SETSCHEDULER
SCHED_YIELD
SELECT
SEND
SENDMMSG
SENDMSG
SENDTO
SETDOMAINNAME
SETGID
SETGROUPS
SETHOSTNAME
SETITIMER
SETPGID
SETPRIORITY
SETREGID
SETRESGID
SETRESUID
SETREUID
SETRLIMIT
SETSID
SETSOCKOPT
SETTIMEOFDAY
SETUID
SETXATTR
SET_ROBUST_LIST
SET_THREAD_AREA
SET_TID_ADDRESS
SHUTDOWN
SIGACTION
SIGALTSTACK
SIGPENDING
SIGPROCMASK
SIGRETURN
SIGSUSPEND
SOCKET
SOCKETCALL
SOCKETPAIR
SPLICE
STAT64
STATFS64
SYMLINK
SYMLINKAT
SYNC
SYSINFO
TEE
TGKILL
TIME
TIMERFD_CREATE
TIMERFD_GETTIME
TIMERFD_SETTIME
TIMES
TKILL
TRUNCATE
TRUNCATE64
UMASK
UMOUNT
UMOUNT2
UNLINK
UNLINKAT
UNSHARE
UTIME
UTIMENSAT
UTIMES
VFORK
WAIT4
WAITPID
WRITE
WRITEV