ロゴ Visual Studio 2022 製品ファミリのシステム要件


ヒント

Visual Studio 2022 のローンチ イベントの録画を視聴して、新機能について学習し、ヒントやテクニックを確認して、無料のデジタル Swag をダウンロードしてください。

| Developer Community Visual Studio 2022 ロードマップ | システム要件 | 互換性 | 再頒布可能コード | リリース履歴 | ライセンス条項 | ブログ | 最新リリース 既知の問題 | Visual Studio Docs の新機能


概要

ここでは、Visual Studio 2022 製品ファミリの最小システム要件について説明します。 互換性の詳細については、「Visual Studio 2022 の対象プラットフォームと互換性」を参照してください。 パフォーマンスの向上については、「Visual Studio のパフォーマンスのヒントとテクニック」を参照してください。

詳細については、「Visual Studio 2022 の新機能」、またはVisual Studio 2022 のリリース ノートに関する記事を参照してください。

ダウンロード


ボタンをクリックして、Visual Studio 2022 の最新バージョンをダウンロードします。 Visual Studio 2022 のインストールと更新の手順については、Visual Studio 2022 の最新リリースへの更新に関する記事をご覧ください。 また、オフラインでインストールする方法の手順もご覧ください。

コミュニティボタンのダウンロードプロフェッショナルボタンのダウンロードエンタープライズボタン

他の Visual Studio 2022 製品をダウンロードするには、Visual Studio サイトにアクセスしてください。


ヒント

以前のバージョンの Visual Studio については、Visual Studio 2019Visual Studio 2017Visual Studio 2015、または Visual Studio 2013 のシステム要件を参照してください。


ご感想をお聞かせください。

皆様のご意見をお待ちしております。 問題がある場合は、インストーラーまたは Visual Studio IDE 自体の右上隅にある [問題の報告] オプションからお知らせください。 フィードバック アイコン アイコンは右上隅にあります。 問題は Visual Studio 開発者コミュニティで追跡できます。ここでは、質問、回答の検索、製品提案の送信を行うことができます。 ライブ チャット サポートを介して、無料のインストールのヘルプを取得することができます。

Visual Studio 2022 のシステム要件

次の製品は、下記の最小システム要件をサポートします。

  • Visual Studio Enterprise 2022。
  • Visual Studio Professional 2022。
  • Visual Studio Community 2022。

サポートされるオペレーティング システム

Visual Studio 2022 は、次の x64 ビット オペレーティング システムでサポートされています。

  • Windows 11 バージョン 21H2 以上: Home、Pro、Pro Education、Pro for Workstations、Enterprise、Education
  • Windows 10 バージョン 1909 以上: Home、Professional、Education、Enterprise。
  • Windows Server 2022: Standard および Datacenter。
  • Windows Server 2019: Standard および Datacenter
  • Windows Server 2016: Standard および Datacenter。

Visual Studio 2022 17.4 以降は、次の 64 ビット ARM オペレーティング システムでサポートされています。

  • Windows 11 バージョン 21H2 以降

Note

次の要素はサポートされていません。

  • 32 ビット オペレーティング システム。
  • アームのWindows 10。 Visual Studio 2022 バージョン 17.3 以前の Windows 11 on Arm。
  • Windows 11 Home (S モード)Windows Enterprise IoTWindows 10 IoT CoreWindows 10 Enterprise LTSC エディションWindows 10 SWindows 10 Team Edition。 これらのエディションの Windows 上で実行されるアプリは、Visual Studio 2022 を使用してビルドできます。
  • Windows Server 用の Server IoT、Server Core、最小限のサーバー インターフェイス オプション。
  • Visual Studio Build Tools を除く、Windows コンテナー。
  • 完全な Windows オペレーティング システムなしの仮想マシン環境での実行。
  • Microsoft App-V や MSIX for Windows、サードパーティ製のアプリ仮想化テクノロジなどの、アプリケーション仮想化ソリューション。
  • 共有仮想デスクトップ インフラストラクチャ コンピューターやプールされた Windows Virtual Desktop ホストプールなど、複数のユーザーで同じコンピューター上のソフトウェアを同時に使用すること。

ハードウェア

パフォーマンスの向上に関するガイダンスについては、「Visual Studio のパフォーマンスを最適化する」をご覧ください。

  • 1.8 GHz 以上の 64 ビット プロセッサ。クアッドコア以上をお勧めします。 ARM プロセッサはサポートされていません。
  • 4 GB 以上の RAM。 使用されるリソースには多くの要因が影響します。一般的なプロフェッショナル ソリューションには 16 GB の RAM を使用することをお勧めします。
  • Windows 365: 最小 2 vCPU と 8 GB の RAM。 4 vCPU と 16 GB の RAM をお勧めします。
  • ハード ディスク容量: 最小 850 MB、最大 210 GB の空き領域 (インストールされる機能により異なる。一般的なインストールでは、20 から 50 GB の空き領域が必要)。 パフォーマンスを向上させるには、ソリッド ステート ドライブ (SSD) に Windows と Visual Studio をインストールすることをお勧めします。
  • WXGA (1366 x 768) 以上のディスプレイ解像度をサポートするビデオ カード。Visual Studio は 1920 x 1080 以上の解像度で最適に動作します。
    • 最小解像度は、ズーム、DPI 設定、およびテキストの拡大縮小が 100% に設定されていることを前提としています。 100% に設定されていない場合は、設定に応じて最小解像度を調整する必要があります。 たとえば、Surface Book で、3,000 x 2,000 の物理ディスプレイを備えた Windows のディスプレイの [拡大縮小とレイアウト] を 200% に設定すると、Visual Studio には 1,500 x 1,000 の論理画面が表示され、最低要件である 1,366 x 768 を満たします。

サポートされている言語

Visual Studio は、英語、簡体中国語、繁体中国語、チェコ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語、スペイン語、トルコ語で利用できます。 Visual Studio で使用する言語はインストール中に選択できます。 Visual Studio インストーラーは、上記と同じ 14 か国語で利用できます。利用できる場合、Windows の言語と一致します。

Note

Visual Studio Team Foundation Server Office Integration 2019 は、Visual Studio Team Foundation Server 2019 でサポートされている 10 か国語で利用できます。

追加の要件とガイダンス

  • Visual Studio をインストールまたは更新するには、管理者権限が必要です。
  • 組織全体に Visual Studio をインストール、展開、更新、および構成する方法に関する追加の考慮事項とガイダンスについては、Visual Studio 管理者ガイドを参照してください。
  • Visual Studio をインストールには、.NET Framework 4.5.2 以上が必要です。 Visual Studio では、.NET Framework 4.8 を実行する必要があります。 .NET Framework 4.8 がまだインストールされていない場合は、セットアップ時にインストールされます。
  • Arm 上の Windows 11 で Visual Studio を実行するには、.NET 4.8.1 が必要です。 .NET 4.8.1 がまだインストールされていない場合は、セットアップ中にインストールされます。
  • 設計、編集、およびデバッグを含むユニバーサル Windows アプリ開発には、Windows 10 が必要です。 Windows Server 2019 および Windows Server 2016 を使用して、コマンドラインからユニバーサル Windows アプリを構築できます。
  • Visual Studio をインストールするためには、WebView2 ランタイムが必要です。 まだインストールされていない場合は、セットアップ時にインストールされます。 (インストール エラーかグループ ポリシーのインストールまたは更新の制限のために) WebView2 を正常にインストールできない場合、Visual Studio のインストールは失敗します。
  • Team Foundation Server 2019 Office Integration では、Office 2016、Office 2013、または Office 2010 が必要です。

Visual Studio 2022 用のリモート ツールと IntelliTrace スタンドアロン コレクターのシステム必要条件

リモート ツールと IntelliTrace スタンドアロン コレクターは Visual Studio と同じシステム必要条件をサポートしますが、以下の点が異なります。

  • Windows 7、Windows Server Windows Server 2008 Service Pack 2、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1、arm のWindows 10、LTSC、Windows 10 Enterprise Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012でもサポートされます
  • X86 または AMD64/x64 の場合、1.6 GHz 以上のプロセッサが必要
  • 1 GB の RAM (仮想マシン上で実行される場合は 1.5 GB) が必要
  • 1 GB のハード ディスク空き容量が必要
  • 1024 x 768 以上のディスプレイ解像度が必要
  • 最良の結果を得るには、ご使用のバージョンの Visual Studio に対応した診断ツールの最新の更新版を使用してください

Microsoft Visual Studio Build Tools 2022 のシステム必要条件

Build Tools は、Visual Studio と同じシステム要件をサポートしますが、次の点が異なります。

  • Windows Server 2016 と Windows Server 2019 の Server Core オプションでもインストールされる
  • Windows コンテナーにもインストールされる
  • インストールされる機能により、2.3 GB から 60 GB の使用可能なハード ディスク空き領域が必要

Microsoft Visual C++ 2015--2022 再頒布可能パッケージのシステム必要条件

Visual C++ 2015-2022 再頒布可能パッケージをダウンロードする場合は、visualstudio.microsoft.com/downloads を参照してください。 Visual C++ 2015-2022 再頒布可能パッケージは、Visual Studio と同じシステム必要条件をサポートしますが、以下の点が異なります。

  • Windows 11、Windows 10、Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016 のすべてのエディションと、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 SP1、Arm64 エディションの Windows でもインストールされる
  • Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Vista SP2、Windows Server 2008 SP2 でもインストールされるので、Visual C++ 2017 と Visual C++ 2015 のツールを使用してビルドされるアプリケーションがサポート対象。
  • 1 GB の RAM (仮想マシン上で実行される場合は 1.5 GB) が必要
  • 50 MB のハード ディスク空き容量が必要

Microsoft Visual Studio Test Agent 2022 のシステム必要条件

Visual Studio Test Agent は、Visual Studio と同じシステム要件をサポートしますが、以下の点が異なります。

  • 2\.6 GHz 以上のプロセッサが必要、クアッドコア以上を推奨
  • 10 GB のハード ディスク領域が必要

Microsoft Visual Studio Test Controller 2022 のシステム必要条件

Visual Studio Test Controller は、Visual Studio と同じシステム要件をサポートしますが、以下の点が異なります。

  • 2\.6 GHz 以上のプロセッサが必要、クアッドコア以上を推奨
  • 10 GB のハード ディスク領域が必要


ページの先頭へ