Office の必要なサービス データ

注意

このプライバシー情報の対象となっている Office 製品の一覧については、「 Office 製品のプライバシーの制御」を参照してください。

Office は、クライアント ソフトウェア アプリケーションとユーザーがより効果的に作成、通信、共同作業できるように設計された接続エクスペリエンスで構成されています。 接続エクスペリエンスの例には、OneDrive for Business に保存されているドキュメントを他のユーザーと共同で作業したり、Word 文書のコンテンツを別の言語に変換したりすることがあります。

接続エクスペリエンスを使用すると、データが送信され、Microsoft によって処理されて、接続機能が提供されます。 この情報を使用すると、このようなクラウドベースの接続環境を実現できるため、このようなデータが重要です。 このデータは、サービスデータとして要求されます。

必要なサービスデータには、基盤となるサービスのセキュリティを維持し、常に最新の状態に維持し、期待通りのパフォーマンスが可能になるために必要な接続環境の運用に関連する情報が含まれます。 たとえばWord の翻訳機能など、接続された環境を使用して、コンテンツを分析する場合は、ドキュメントの翻訳対象として入力または選択したテキストが送信され、処理されて、接続機能が提供されます。 必要なサービスデータには、Officeアプリの構成情報などの、タスク実行のための接続エクスペリエンスが必要とする情報が含まれます。

接続エクスペリエンスの必要なサービス データの例

PowerPoint デザイナーを別の例として使用して、接続エクスペリエンスが Microsoft に送信する必須サービスデータの種類を示します。 PowerPoint デザイナーを使用すると、選択肢のデザインのアイデアを自動的に生成し、スライドを改良できます。 スライドにコンテンツを配置しているときに、デザイナーはバックグラウンドで動作して、コンテンツに一致する本格的なレイアウト デザインを生成します。

PowerPoint デザイナーが Microsoft に送信する必須のサービスデータは、次のようになります。

  • スライドに追加したテキストまたは画像。
  • 作業中のスライドとスライドのレイアウト。
  • デザインアイディアがスライドに正しく適用されたかどうか。
  • PowerPoint とデザイナーサービスの間の対話が期待どおりに実行されたかどうか。

この必須サービスデータは、PowerPoint デザイナーが期待どおりに確実に動作するようにする上で役立ちます。

必要なサービス データの管理

Office でユーザーは使用したい接続エクスペリエンスの種類を選択でき、それによって、Microsoft に送信する必要なサービス データが決定されます。 たとえば、Wordのディクテーションは、コンテンツを分析する複数の接続エクスペリエンスの 1 つです。 コンテンツを分析する接続機能をオフにした場合、Word のディクテーションは使用できないので、Word のディクテーションに関する必要なサービスデータは Microsoft に送信されません。 もっと詳しい情報は、接続エクスペリエンスが使用できるかどうかを選択するをご参照ください。

必須サービスデータは、使用しているデバイスで実行されている Office ソフトウェアの使用に関する情報に関連する必須またはオプションの 診断データとは異なります。 したがって、必須またはオプションの診断データに選んだプライバシー設定は、必要なサービスデータが Microsoft に送信されるかどうかに影響しません。

また、Office を使用するための適切なライセンスがあるかどうかを確認するライセンス サービスなどの Office の不可欠なサービスのために、必要なサービス データは収集され、Microsoft に送信されます。 ユーザーは自分が利用できる接続エクスペリエンスの多くを管理できます。また、組織の管理者の場合は、そのエンド ユーザーが利用できる接続エクスペリエンスの多くを管理できます。ただし、Office の動作に不可欠な一連のサービスは、無効化できません。 Office を使用している場合は、その他のプライバシー関連の設定がどのように構成されていても、必須サービスのデータは常に送信され、Microsoft によって処理されます。

必要なサービスデータは、データサービス要求 (DSRs) を介して利用できます。 詳細については、「Microsoft のプライバシーに関する声明」と「GDPRとCCPAのOffice 365 のデータサブジェクトの要求」を参照してください。

組織の管理者が、接続エクスペリエンスを管理する場合は、次の記事を参照してください:

必要なサービスデータのカテゴリ

必要なサービスデータは、次のカテゴリに分類されています:

  • ソフトウェアのセットアップと在庫
  • 製品とサービスの使用
  • 製品とサービスのパフォーマンス
  • デバイスの接続と構成

これらのカテゴリの情報によって、Microsoftは、接続エクスペリエンスや必須サービスが安全か、最新の状態か、および期待どおりに動作するかどうかを評価できます。

たとえば、[製品とサービスのパフォーマンス] カテゴリの情報には、予期しない問題 (クラッシュ)、応答時間の劣化、または機能のエラーが含まれることがあります。

製品とサービスの使用状況のカテゴリについては、接続エクスペリエンスが使用するサービスが、正常に開始され、必要なときに利用可能になったかどうかを示す情報を収集します。