リソースの名前付けとタグ付けの意思決定ガイドResource naming and tagging decision guide

デプロイが単純なものでない限り、クラウドベースのリソースの整理は IT 部門にとって重要なタスクです。Organizing cloud-based resources is a crucial task for IT, unless you only have simple deployments. 次の目的のために、名前付けとタグ付けの標準を使用してリソースを整理します。Use naming and tagging standards to organize your resources for these reasons:

  • リソース管理: IT チームは、特定のワークロード、環境、所有権グループ、またはその他の重要な情報に関連付けられているリソースをすばやく見つける必要があります。Resource management: Your IT teams will need to quickly locate resources associated with specific workloads, environments, ownership groups, or other important information. リソースの整理は、リソース管理に組織のロールとアクセス許可を割り当てるために不可欠です。Organizing resources is critical to assigning organizational roles and access permissions for resource management.

  • コスト管理と最適化: ビジネス グループにクラウド リソースの消費量を認識してもらうために、IT 部門は、各チームが使用しているリソースとワークロードを把握する必要があります。Cost management and optimization: Making business groups aware of cloud resource consumption requires IT to understand the resources and workloads each team is using. 次のトピックがコスト関連のタグでサポートされています。The following topics are supported by cost-related tags:

  • 運用管理: 運用管理チームにとって、ビジネス コミットメントや SLA に対する可視性は、継続的な運用を行ううえで重要な側面です。Operations management: Visibility for the operations management team regarding business commitments and SLAs is an important aspect of ongoing operations. 適切に管理するためには、ミッション クリティカル度のタグ付けが必要です。To be well-managed, tagging for mission criticality tagging is a requirement.

  • セキュリティ: データとセキュリティへの影響を分類することは、違反や他のセキュリティの問題が発生したときに、チームにとって重要なデータ ポイントです。Security: Classification of data and security impact is a vital data point for the team, when breaches or other security issues arise. 安全に運用するには、データ分類のタグ付けが必要です。To operate securely, tagging for data classification is required.

  • ガバナンスと規制に対するコンプライアンス: リソース間の一貫性を維持することで、取り決められたポリシーとのずれを特定するのに役立ちます。Governance and regulatory compliance: Maintaining consistency across resources helps identify deviation from agreed-upon policies. このガバナンスの基礎に関する記事では、ガバナンス プラクティスを展開するときに以下のいずれかのパターンがどのように役立つかを示します。This governance foundation article demonstrates how one of the patterns below can help when deploying governance practices. タグを使用して規制コンプライアンスを評価するのに類似のパターンを利用できます。Similar patterns are available to evaluate regulatory compliance using tags.

  • 自動化: 適切な方法で編成すると、IT 部門によるリソースの管理が簡単になるだけでなく、リソースの作成、運用の監視、および DevOps プロセスの作成の一部としてオートメーションを利用できるようになります。Automation: In addition to making resources easier for IT to manage, a proper organizational scheme allows you to take advantage of automation as part of resource creation, operational monitoring, and the creation of DevOps processes.

  • ワークロードの最適化: タグ付けは、パターンを特定し、広範な問題を解決するのに役立ちます。Workload optimization: Tagging can help identify patterns and resolve broad issues. また、タグは 1 つのワークロードをサポートするのに必要な資産を特定するのにも役立ちます。Tag can also help identify the assets required to support a single workload. 各ワークロードに関連付けられているすべての資産にタグを付けることで、ミッション クリティカルなワークロードをより詳しく分析して、適切なアーキテクチャを決めることができます。Tagging all assets associated with each workload enables deeper analysis of your mission-critical workloads to make sound architectural decisions.

タグ付け決定ガイドTagging decision guide

タグ付けのオプションを最も簡単なものから最も複雑なものまでプロットし、その下に整合するジャンプ リンクを示す

ジャンプ先:ベースラインの名前付け規則 | リソースのタグ付けパターン | 詳細情報Jump to: Baseline naming conventions | Resource tagging patterns | Learn more

タグ付けアプローチは、クラウド ワークロードを管理する IT チームのサポートから、ビジネス全体のすべての側面に関連する情報の統合までの範囲の何に注目するかによって、簡単にも複雑にもなります。Your tagging approach can be simple or complex, with the emphasis ranging from supporting IT teams managing cloud workloads to integrating information relating to all aspects of the business.

ワークロード、アプリケーション、機能、または環境に基づくタグ付けのように、IT に合わせることに注目したタグ付けでは、資産を監視する複雑さは軽減され、機能と分類に基づく管理の決定が簡単になります。An IT-aligned tagging focus, such as tagging based on workload, application, function, or environment, reduces the complexity of monitoring assets and simplifies making management decisions based on operational requirements.

会計、企業形態、ビジネス上の重要度など、ビジネスに合わせることに注目したタグ付けスキームでは、ビジネスの関心が反映されたタグ付け標準を作成し、そのような標準を長期間維持するために、より多くの時間をかけることが必要になる場合があります。Tagging schemes that include a business-aligned focus, such as accounting, business ownership, or business criticality may require a larger time investment to create tagging standards that reflect business interests and maintain those standards over time. この投資によって、ビジネス全体に対する IT 資産のコストと価値の会計を向上させることができるタグ付けシステムが実現します。This investment yields a tagging system that provides improved accounting for costs and value of IT assets to the overall business. 資産の事業価値とその運用コストのこのような関連付けは、より幅広い組織内での IT のコスト センターとしての認識を変える最初のステップの 1 つです。This association of an asset's business value to its operational cost is one of the first steps in changing the cost center perception of IT within your wider organization.

ベースラインの名前付け規則Baseline naming conventions

標準化された名前付け規則は、クラウドでホストされるリソースを編成するための開始点です。A standardized naming convention is the starting point for organizing your cloud-hosted resources. 適切な構造の名前付けシステムを作成すると、管理とアカウンティング両方の目的でリソースをすばやく識別できるようになります。A properly structured naming system allows you to quickly identify resources for both management and accounting purposes. 組織の他の部分に IT 名前付け規則が既にある場合は、クラウドの名前付け規則をそれらに揃えるかどうか、またはクラウドベースの標準を別に確立する必要があるかを検討します。If you have existing IT naming conventions in other parts of your organization, consider whether your cloud naming conventions should align with them or if you should establish separate cloud-based standards.

注意

名前付け規則と制限事項は Azure リソースごとに変わります。Naming rules and restrictions vary per Azure resource. 名前付け規則は、これらの規則に従っている必要があります。Your naming conventions must comply with these rules.

リソース タグ付けのパターンResource tagging patterns

一貫した名前付け規則だけで提供できるものより高度な組織のために、クラウド プラットフォームではリソースのタグ付けの機能がサポートされています。For more sophisticated organization than a consistent naming convention only can provide, cloud platforms support the ability to tag resources.

タグは、リソースにアタッチされているメタデータ要素です。Tags are metadata elements attached to resources. タグは、キー/値の文字列のペアで構成されます。Tags consist of pairs of key/value strings. これらのペアに含める値はユーザー次第ですが、包括的な名前付けとタグ付けのポリシーの一部として、一貫性のあるグローバルなタグのセットを適用することは、全体的なガバナンス ポリシーの重要な部分です。The values you include in these pairs is up to you, but the application of a consistent set of global tags, as part of a comprehensive naming and tagging policy, is a critical part of an overall governance policy.

計画プロセスの一環として、次の質問を使用して、リソース タグでサポートする必要がある情報の種類を判断してください。As part of your planning process, use the following questions to help determine the kind of information your resource tags need to support:

  • 名前付けポリシーとタグ付けポリシーを、社内の既存の名前付けポリシーや組織的ポリシーと統合する必要はありますか。Does your naming and tagging policies need to integrate with existing naming and organizational policies within your company?
  • チャージバックまたはショウバックのアカウンティング システムを実装しますか。Will you implement a chargeback or showback accounting system? 部署、ビジネス グループ、およびチームの会計情報に対して、単純なサブスクリプション レベルの内訳よりも細かくリソースを関連付ける必要がありますか。Will you need to associate resources with accounting information for departments, business groups, and teams in more detail than a simple subscription-level breakdown allows?
  • リソースの規制準拠要件のような詳細情報をタグ付けで表す必要がありますかDoes tagging need to represent details such regulatory compliance requirements for a resource? 稼働時間の要件、パッチのスケジュール、セキュリティ要件など、運用に関する詳細はどうですかWhat about operational details such as uptime requirements, patching schedules, or security requirements?
  • すべてのリソースに対して、一元化された IT ポリシーに基づくどのようなタグが必要になりますか。What tags will be required for all resources based on centralized IT policy? どのようなタグを省略できますか。What tags will be optional? 個々のチームでの独自のカスタム タグ付けスキームの実装を許可しますか。Are individual teams allowed to implement their own custom tagging schemes?

次に示す一般的なタグ付けパターンは、タグ付けを使用してクラウド資産を整理する方法の例を示しています。The common tagging patterns listed below provide examples of how tagging can be used to organize cloud assets. これらのパターンは、1 つだけ使用する必要はなく、いくつかを同時に使用でき、会社のニーズに基づいて複数の方法で資産を整理できます。These patterns are not meant to be exclusive and can be used in parallel, providing multiple ways of organizing assets based on your company's needs.

タグの種類Tag type Examples 説明Description
機能Functional app = catalogsearch1
tier = web
webserver = apache
env = prod
env = staging
env = dev
ワークロード内での目的との関連、デプロイされている環境、または他の機能および運用に関する詳細で、リソースを分類します。Categorize resources in relation to their purpose within a workload, what environment they've been deployed to, or other functionality and operational details.
分類Classification confidentiality = private
SLA = 24hours
使用方法および適用されるポリシーによって、リソースを分類します。Classifies a resource by how it is used and what policies apply to it.
会計Accounting department = finance
program = business-initiative
region = northamerica
課金を目的として、組織内の特定のグループにリソースを関連付けることができます。Allows a resource to be associated with specific groups within an organization for billing purposes.
パートナーシップPartnership owner = jsmith
contactalias = catsearchowners
stakeholders = user1;user2;user3
リソースに関連のある、またはそれ以外でリソースによって影響を受けるユーザー (IT 外) に関する情報を提供します。Provides information about what people (outside of IT) are related or otherwise affected by the resource.
目的Purpose businessprocess = support
businessimpact = moderate
revenueimpact = high
投資に関する決定のサポートを向上させるため、リソースをビジネス機能と一致させます。Aligns resources to business functions to better support investment decisions.

詳細情報Learn more

Azure での名前付けとタグ付けに関する詳細については、以下を参照してください。For more information about naming and tagging in Azure, see:

次のステップNext steps

リソースのタグ付けは、クラウド導入プロセスでのアーキテクチャに関する意思決定で要求されるコア インストラクチャ コンポーネントの 1 つにすぎません。Resource tagging is just one of the core infrastructure components requiring architectural decisions during a cloud adoption process. アーキテクチャの決定ガイドの概要を参照して、他の種類のインフラストラクチャの設計に関する決定を行うときに使用される代替パターンまたはモデルを確認してください。Visit the architectural decision guides overview to learn about alternative patterns or models used when making design decisions for other types of infrastructure.