デジタル発明を開発するDevelop digital inventions

デジタル経済のイノベーション」で説明されているように、イノベーションでは発明と採用の間のバランスが求められます。As described in Innovation in the digital economy, innovation requires a balance between invention and adoption. 導入を促進するには、顧客のフィードバックとパートナーシップが必要です。Customer feedback and partnership are required to drive adoption. 次のセクションで説明する規範では、導入と顧客の共感を念頭に置きながら、デジタル発明を発展させるための一連のアプローチが定義されています。The disciplines described in the next section define a series of approaches to developing digital inventions while keeping adoption and customer empathy in mind. この後、各規範について簡単に説明し、各プロセスの詳細にアクセスするためのリンクを示します。Each of the disciplines is briefly described, along with deeper links into each process.

クラウド導入フレームワークのイノベーション手法

デジタル発明の各規範の概要Summary of each discipline of digital invention

すべての規範で特定のケースごとにイノベーションが促進される必要はありません。Not every discipline is required to drive innovation for each specific case. 顧客の共感を構築する」のガイダンスに示されているように、すべてのイテレーションで仮説をテストすることが目標です。By following the guidance in Build with customer empathy, the objective is to test a hypothesis in every iteration. 各イテレーションの出力を実用最低限の製品 (MVP) として定義することで、含める規範の数を最小限に抑えられます。By defining the output of each iteration as a minimum viable product (MVP), this should enable you to involve the fewest possible number of disciplines.

  • データの民主化: 顧客、パートナー、従業員の手にデータを渡すことで、革新的な意見が促進されます。Democratize data: By getting data into the hands of customers, partners, and employees, you encourage innovative observation. データの取り込み、一元化、管理、および共有を行います。Ingest, centralize, govern, and share data.
  • アプリケーションを介したエンゲージ: ユーザーは、アプリケーションとエクスペリエンスを通して、知識とつながります。Engage via applications: People connect with knowledge through applications and experiences. プロフェッショナルな開発者と市民開発者によるアプリケーションの迅速な作成を支援します。Empower professional and citizen developers to create applications quickly.
  • 導入の強化: 導入とパートナーシップに対する抵抗を減らすことで、イノベーションを促進します。Empower adoption: Encourage innovation by reducing friction to adoption and partnership. 可視性、コラボレーション、速度、およびフィードバックのループを設計します。Architect for visibility, collaboration, speed, and feedback loops.
  • デバイスとの接触: デジタルと物理の境界線は、複数のチャネルであいまいになっています。Interact with devices: Digital and physical lines have blurred across multiple-channels. デバイス、IoT、および複合現実によるエクスペリエンスを提供します。Deliver experiences across devices, IoT, and mixed reality.
  • 予測と影響: イノベーションをリードするために、未来に目を向けます。Predict and influence: Look to the future to lead innovation. 現在のデータを見てエクスペリエンスに関する情報を提供し、予測ツールを使用して対話します。Look past current data to inform experiences and interactions through predictive tools.

次のステップNext steps

データの民主化が、最初に評価するイノベーションの規範です。Democratization of data is the first discipline of innovation to consider and evaluate.