Azure PowerShell で Azure Data Lake Analytics の使用を開始するGet started with Azure Data Lake Analytics using Azure PowerShell

Azure PowerShell を使って Azure Data Lake Analytics アカウントを作成し、U-SQL ジョブを送信して実行する方法について説明します。Learn how to use Azure PowerShell to create Azure Data Lake Analytics accounts and then submit and run U-SQL jobs. Data Lake Analytics の詳細については、「 Azure Data Lake Analytics の概要」を参照してください。For more information about Data Lake Analytics, see Azure Data Lake Analytics overview.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを開始する前に、次の条件を満たしておく必要があります。Before you begin this tutorial, you must have the following information:

Azure にログインするLog in to Azure

このチュートリアルでは、既に Azure PowerShell を使い慣れていることを前提としています。This tutorial assumes you are already familiar with using Azure PowerShell. 特に、Azure にログインする方法を理解している必要があります。In particular, you need to know how to log in to Azure. ヘルプが必要な場合は、Azure PowerShell の概要に関するページを参照してください。See the Get started with Azure PowerShell if you need help.

サブスクリプション名でログインするには:To log in with a subscription name:

Connect-AzureRmAccount -SubscriptionName "ContosoSubscription"

サブスクリプション名の代わりに、サブスクリプション ID を使用してログインすることもできます。Instead of the subscription name, you can also use a subscription id to log in:

Connect-AzureRmAccount -SubscriptionId "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx"

成功した場合、このコマンドの出力は、次のテキストのようになります。If successful, the output of this command looks like the following text:

Environment           : AzureCloud
Account               : joe@contoso.com
TenantId              : "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx"
SubscriptionId        : "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx"
SubscriptionName      : ContosoSubscription
CurrentStorageAccount :

チュートリアルの準備Preparing for the tutorial

このチュートリアルの PowerShell スニペットでは、以下の変数を使って各情報を格納します。The PowerShell snippets in this tutorial use these variables to store this information:

$rg = "<ResourceGroupName>"
$adls = "<DataLakeStoreAccountName>"
$adla = "<DataLakeAnalyticsAccountName>"
$location = "East US 2"

Data Lake Analytics アカウントに関する情報を取得するGet information about a Data Lake Analytics account

Get-AdlAnalyticsAccount -ResourceGroupName $rg -Name $adla  

U-SQL ジョブの送信Submit a U-SQL job

U-SQL スクリプトを保持する PowerShell 変数を作成します。Create a PowerShell variable to hold the U-SQL script.

$script = @"
@a  = 
    SELECT * FROM 
        (VALUES
            ("Contoso", 1500.0),
            ("Woodgrove", 2700.0)
        ) AS 
              D( customer, amount );
OUTPUT @a
    TO "/data.csv"
    USING Outputters.Csv();

"@

Submit-AdlJob コマンドレットと -Script パラメーターでスクリプト テキストを送信します。Submit the script text with the Submit-AdlJob cmdlet and the -Script parameter.

$job = Submit-AdlJob -Account $adla -Name "My Job" �Script $script

別の方法として、-ScriptPath パラメーターを使用してスクリプト ファイルを送信することもできます。As an alternative, you can submit a script file using the -ScriptPath parameter:

$filename = "d:\test.usql"
$script | out-File $filename
$job = Submit-AdlJob -Account $adla -Name "My Job" �ScriptPath $filename

Get-AdlJob でジョブの状態を取得します。Get the status of a job with Get-AdlJob.

$job = Get-AdlJob -Account $adla -JobId $job.JobId

ジョブが完了するまで Get-AdlJob を何度も呼び出すのではなく、Wait-AdlJob コマンドレットを使用します。Instead of calling Get-AdlJob over and over until a job finishes, use the Wait-AdlJob cmdlet.

Wait-AdlJob -Account $adla -JobId $job.JobId

Export-AdlStoreItem を使用して出力ファイルをダウンロードします。Download the output file using Export-AdlStoreItem.

Export-AdlStoreItem -Account $adls -Path "/data.csv" -Destination "C:\data.csv"

関連項目See also