U-SQL を実行し、Visual Studio Code のローカルでデバッグするRun U-SQL and debug locally in Visual Studio Code

このアーティクルは、ローカルの開発コンピューター上で U-SQL ジョブを実行して、初期のコーディング フェーズを迅速化したり、Visual Studio Code でローカルにコードをデバッグしたりする方法について説明します。This article describes how to run U-SQL jobs on a local development machine to speed up early coding phases or to debug code locally in Visual Studio Code. Azure Data Lake Tools for Visual Studio Code に関する手順については、「Azure Data Lake Tools for Visual Studio Code の使用」をご覧ください。For instructions on Azure Data Lake Tool for Visual Studio Code, see Use Azure Data Lake Tools for Visual Studio Code.

U-SQL ジョブをローカルで実行したり U-SQL をローカルでデバッグするアクションは、Azure Data Lake Tools for Visual Studio の Windows インストールでのみサポートされています。Only Windows installations of the Azure Data Lake Tools for Visual Studio support the action to run U-SQL locally and debug U-SQL locally. この機能は、macOS および Linux ベースのオペレーティング システム上のインストールではサポートされていません。Installations on macOS and Linux-based operating systems do not support this feature.

U-SQL ローカル実行環境の設定Set up the U-SQL local run environment

  1. Ctrl + Shift + P キーを押してコマンド パレットを開き、「ADL:Download Local Run Package」と入力してパッケージをダウンロードします。Select Ctrl+Shift+P to open the command palette, and then enter ADL: Download Local Run Package to download the packages.

    ADL LocalRun Dependency パッケージのダウンロード

  2. [出力] ウィンドウに表示されるパスから依存関係パッケージを探し、BuildTools をインストールして Win10SDK 10240 をインストールします。Locate the dependency packages from the path shown in the Output pane, and then install BuildTools and Win10SDK 10240. パスの例を次に示します。Here is an example path:
    C:\Users\xxx\AppData\Roaming\LocalRunDependency

    依存関係パッケージを探す

    2.1 BuildTools をインストールするには、LocalRunDependency フォルダーにある visualcppbuildtools_full.exe をクリックして、ウィザードの指示に従います。2.1 To install BuildTools, click visualcppbuildtools_full.exe in the LocalRunDependency folder, then follow the wizard instructions.

    BuildTools のインストール

    2.2 Win10SDK 10240 をインストールするには、LocalRunDependency/Win10SDK_10.0.10240_2 フォルダーにある sdksetup.exe をクリックして、ウィザードの指示に従います。2.2 To install Win10SDK 10240, click sdksetup.exe in the LocalRunDependency/Win10SDK_10.0.10240_2 folder, then follow the wizard instructions.

    Win10SDK 10240 のインストール

  3. 環境変数を設定します。Set up the environment variable. SCOPE_CPP_SDK 環境変数を次のように設定します。Set the SCOPE_CPP_SDK environment variable to:
    C:\Users\XXX\AppData\Roaming\LocalRunDependency\CppSDK_3rdparty

ローカル実行サービスを開始してローカル アカウントに U-SQL ジョブを送信するStart the local run service and submit the U-SQL job to a local account

初めてのユーザーの場合は、ADL:Download Local Run Package を使用してローカルの実行パッケージをダウンロードします ( U-SQL ローカル実行環境を設定していない場合)。For the first-time user, use ADL: Download Local Run Package to download local run packages, if you have not set up U-SQL local run environment.

  1. Ctrl + Shift + P キーを押してコマンド パレットを開き、「ADL:Start Local Run Service」と入力します。Select Ctrl+Shift+P to open the command palette, and then enter ADL: Start Local Run Service.

  2. 初回使用時は、 [同意する] を選択し、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。Select Accept to accept the Microsoft Software License Terms for the first time.

    マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意

  3. cmd コンソールが表示されます。The cmd console opens. 初回使用時は「3」と入力し、データの入力と出力に使用するローカル フォルダーのパスを決める必要があります。For first-time users, you need to enter 3, and then locate the local folder path for your data input and output. バックスラッシュでパスを定義できなかった場合は、スラッシュを使用してください。If you are unsuccessful defining the path with backslashes, try forward slashes. その他のオプションについては、既定値を使用できます。For other options, you can use the default values.

    Data Lake Tools for Visual Studio Code のローカル実行 cmd

  4. Ctrl + Shift + P キーを押してコマンド パレットを開き、「ADL:Submit Job」と入力し、 [Local](ローカル) を選択してローカル アカウントにジョブを送信します。Select Ctrl+Shift+P to open the command palette, enter ADL: Submit Job, and then select Local to submit the job to your local account.

    Data Lake Tools for Visual Studio Code のローカルの選択

  5. ジョブを送信すると、その詳細を確認できます。After you submit the job, you can view the submission details. 送信の詳細を確認するには、 [出力] ウィンドウで [jobUrl] を選択します。To view the submission details, select jobUrl in the Output window. cmd コンソールからジョブの送信ステータスを確認することもできます。You can also view the job submission status from the cmd console. さらに詳しいジョブの情報が必要な場合は、cmd コンソールで「7」と入力します。Enter 7 in the cmd console if you want to know more job details.

    Data Lake Tools for Visual Studio Code ローカル実行の出力 Data Lake Tools for Visual Studio Code ローカル実行の cmd ステータスData Lake Tools for Visual Studio Code local run output Data Lake Tools for Visual Studio Code local run cmd status

U-SQL ジョブのローカル デバッグを開始するStart a local debug for the U-SQL job

初めてのユーザーは、次の手順を実行します。For the first-time user:

  1. ADL:Download Local Run Package を使用してローカルの実行パッケージをダウンロードします ( U-SQL ローカル実行環境を設定していない場合)。Use ADL: Download Local Run Package to download local run packages, if you have not set up U-SQL local run environment.
  2. .NET Core SDK 2.0 をまだインストールしていない場合は、メッセージ ボックスの提示に従ってインストールします。Install .NET Core SDK 2.0 as suggested in the message box, if not installed.

 
リマインダーが Dotnet をインストールする 
reminder installs Dotnet 3. Visual Studio Code 向けの C# をまだインストールしていない場合は、メッセージ ボックスの提示に従ってインストールします。Install C# for Visual Studio Code as suggested in the message box if not installed.   [インストール] をクリックして続行し、VSCode を再起動します。 Click Install to continue, and then restart VSCode.

![リマインダーによる C# のインストール](./media/data-lake-analytics-data-lake-tools-for-vscode-local-run-and-debug/install-csharp.png)

ローカル デバッグを実行するには、次の手順に従います。Follow steps below to perform local debug:

  1. Ctrl + Shift + P キーを押してコマンド パレットを開き、「ADL:Start Local Run Service」と入力します。Select Ctrl+Shift+P to open the command palette, and then enter ADL: Start Local Run Service. cmd コンソールが表示されます。The cmd console opens. DataRoot が設定されていることを確認します。Make sure that the DataRoot is set.

  2. C# コードビハインドにブレークポイントを設定します。Set a breakpoint in your C# code-behind.

  3. スクリプト エディターに戻り、右クリックして [ADL:Local Debug] を選択します。Back to script editor, right-click and select ADL: Local Debug.

    Data Lake Tools for Visual Studio Code のローカル実行結果

次のステップNext steps