クイック スタート:Azure portal を使用して Azure Data Box Heavy をデプロイするQuickstart: Deploy Azure Data Box Heavy using the Azure portal

このクイック スタートでは、Azure portal を使用して Azure Data Box Heavy をデプロイする方法について説明します。This quickstart describes how to deploy the Azure Data Box Heavy using the Azure portal. 手順には、ケーブル接続の方法、構成方法、Azure にアップロードするためにデータを Data Box Heavy にコピーする方法が含まれます。The steps include how to cable, configure, and copy data to Data Box Heavy so that it uploads to Azure. クイック スタートは、Azure portal およびデバイスのローカル Web UI で行われます。The quickstart is performed in the Azure portal and on the local web UI of the device.

デプロイと追跡に関する詳しい手順については、「チュートリアル: Azure Data Box Heavy の注文に関するチュートリアルを参照してください。For detailed step-by-step deployment and tracking instructions, go to Tutorial: Order Azure Data Box Heavy

前提条件Prerequisites

デバイスをデプロイする前に、設置場所、Data Box サービス、デバイスに関する次の構成の前提条件を満たしておいてください。Complete the following configuration prerequisites for the installation site, Data Box service, and device before you deploy the device.

設置場所ではFor installation site

開始する前に次の点を確認します。Before you begin, make sure that:

  • デバイスが搬入経路全体を問題なく通過できること。The device can fit through all your entryways. デバイスのサイズは次のとおりです。幅:26 インチ、長さ: 48 インチ、高さ: 28 インチ。Device dimensions are: width: 26” length: 48” height: 28”.
  • 1 階以外のフロアに設置する場合、エレベーターまたはスロープからでもデバイスにアクセスできること。You have access for the device via an elevator or a ramp if you plan to install on a floor other than the ground floor.
  • デバイスの運搬担当者が 2 人いること。You have two people to handle the device. デバイスの重量は約 500 ポンドです。The device weighs approximately ~500 lbs. 車輪付きです。and comes on wheels.
  • データセンター内に、これだけの設置面積を占めるデバイスを収容可能な平らな場所があり、その近くに使用可能なネットワーク接続用設備があること。You have a flat site in the datacenter with proximity to an available network connection that can accommodate a device with this footprint.

サービスではFor service

開始する前に次の点を確認します。Before you begin, make sure that:

  • アクセスの資格情報 (ストレージ アカウント名やアクセス キーなど) を持つ Microsoft Azure のストレージ アカウントがあること。You have your Microsoft Azure storage account with access credentials, such as storage account name and access key.

  • Data Box サービスで使用するサブスクリプションが、次のいずれかの種類であること。The subscription you use for Data Box service is one of the following types:

  • デバイスの注文を作成するサブスクリプションに対して、所有者または共同作成者アクセス権があることを確認します。Ensure that you have owner or contributor access to the subscription to create a device order.

デバイスではFor device

開始する前に次の点を確認します。Before you begin, make sure that:

  • Data Box Heavy の安全性のガイドラインを確認していること。You've reviewed the safety guidelines for your Data Box Heavy.
  • データセンター ネットワークに接続されているホスト コンピューターがあること。You have a host computer connected to the datacenter network. Data Box Heavy はこのコンピューターからデータをコピーします。Data Box Heavy will copy the data from this computer. お使いのホスト コンピューターでは、サポート対象のオペレーティング システムが実行されている必要があります。Your host computer must run a supported operating system.
  • RJ-45 ケーブルを使用してローカル UI に接続し、デバイスを構成するためのノート PC があること。You have a laptop with RJ-45 cable to connect to the local UI and configure the device. このノート PC を使用して、デバイスの各ノードで 1 回構成を行います。Use the laptop to configure each node of the device once.
  • データセンターに高速ネットワークが備わっており、少なくとも 1 つの 10 GbE 接続を使用できること。Your datacenter has high-speed network and you have at least one 10 GbE connection.
  • デバイス ノードごとに 40 Gbps ケーブルまたは 10 Gbps ケーブルが 1 本あること。You need one 40-Gbps cable or 10-Gbps cable per device node. Mellanox MCX314A-BCCT ネットワーク インターフェイスとの互換性のあるケーブルを選んでください。Choose cables that are compatible with the Mellanox MCX314A-BCCT network interface:
    • 40 Gbps ケーブルの場合、ケーブルのデバイス側の端は QSFP+ である必要があります。For the 40-Gbps cable, device end of the cable needs to be QSFP+.
    • 10 Gbps ケーブルの場合、SFP+ ケーブルが必要です。ケーブルの一端を 10 G スイッチに差し込み、QSFP+ から SFP+ へのアダプター (QSA アダプター) を使用して他端をデバイスに差し込みます。For the 10-Gbps cable, you need an SFP+ cable that plugs into a 10-G switch on one end, with a QSFP+ to SFP+ adapter (or the QSA adapter) for the end that plugs into the device.
  • 電源ケーブルがデバイス背面のトレイに収納されていること。The power cables are included in a tray at the back of the device.

Azure へのサインインSign in to Azure

Azure Portal https://portal.azure.com にサインインします。Sign in to the Azure portal at https://portal.azure.com.

OrderOrder

この手順には約 5 分かかります。This step takes roughly 5 minutes.

  1. Azure portal で新しい Azure Data Box リソースを作成します。Create a new Azure Data Box resource in Azure portal.
  2. このサービスが有効になった既存のサブスクリプションを選択し、転送の種類として [インポート] を選択します。Select an existing subscription enabled for this service and choose transfer type as Import. [ソースの国] にデータが存在する場所を、 [宛先 Azure リージョン] にデータの転送先を指定します。Provide the Source country where the data resides and Azure destination region for the data transfer.
  3. [Data Box Heavy] を選択します。Select Data Box Heavy. 使用可能な最大容量は 770 TB ですが、それを超えるサイズのデータを扱う場合は複数の注文を作成することができます。The maximum usable capacity is 770 TB and you can create multiple orders for larger data sizes.
  4. 注文の詳細と発送情報を入力します。Enter the order details and shipping information. ご利用のリージョンでこのサービスが提供されている場合、通知メール アドレスを指定し、概要を確認したうえで注文を作成します。If the service is available in your region, provide notification email addresses, review the summary, and then create the order.

注文が作成されると、デバイスの発送準備が行われます。Once the order is created, the device is prepared for shipment.

ケーブルを配線してデバイスに接続するCable and connect to your device

前提条件を確認したら、デバイスにケーブルを配線してデバイスに接続します。After you have reviewed the prerequisites, you'll cable and connect to your device.

電源にケーブル接続するCable for power

この手順の所要時間は約 5 分です。This step takes about 5 minutes.

Data Box Heavy を入手したら、次の手順に従ってデバイスのケーブルを電源に接続し、デバイスの電源を入れます。When you receive the Data Box Heavy, do the following steps to cable the device for power and turn on the device.

  1. デバイスが改ざんされたり破損していたりする形跡がある場合、作業を続行しないでください。If there is any evidence that the device is tampered with or damaged, do not proceed. 交換用のデバイスを発送するよう Microsoft サポートに問い合わせてください。Contact Microsoft Support to ship you a replacement device.
  2. 設置場所までデバイスを移動してから、後部車輪をロックします。Move the device to installation site and lock the rear wheels.
  3. 4 つの電源ケーブルをすべてデバイス背面の電源装置に接続します。Connect all the four power cables to the power supplies at the back of the device.
  4. 前面の電源ボタンを使用して、デバイス ノードの電源を入れます。Use the power buttons in the front plane to turn on the device nodes.

最初のノードをネットワークにケーブル接続するCable first node for network

この手順の所要時間は 10 分から 15 分程度です。This step takes about 10-15 minutes to complete.

  1. RJ-45 CAT 6 ネットワーク ケーブルを使用して、ホスト コンピューターをデバイス上の管理ポート (MGMT) に接続します。Use the RJ-45 CAT 6 network cable to connect your host computer to the management port (MGMT) on the device.

  2. Twinax QSFP+ 銅線ケーブルを使用して、40 Gbps 以上 (1 Gbps よりも望ましい) のデータ用 DATA 1 または DATA 2 ネットワーク インターフェイスを少なくとも 1 つ接続します。Use the Twinax QSFP+ copper cable to connect at least one 40 Gbps (preferred over 1 Gbps) network interface, DATA 1 or DATA 2 for data. 10 Gbps スイッチを使用している場合は、Twinax SFP+ 銅線ケーブルを使用して、QSFP+ から SFP+ へのアダプター (QSA アダプター) を使用して、データ用の 40 Gbps ネットワーク インターフェイスに接続します。If using a 10-Gbps switch, use a Twinax SFP+ copper cable with a QSFP+ to SFP+ adapter (the QSA adapter) to connect the 40-Gbps network interface for data.

  3. 次に示すようにしてデバイスのケーブルを接続します。Cable the device as shown below.

    ケーブル接続された Data Box Heavy

最初のノードを構成するConfigure first node

この手順の所要時間は 5 分から 7 分程度です。This step takes about 5-7 minutes to complete.

  1. デバイスのパスワードを取得するには、Azure Portal[全般] > [デバイスの詳細] に移動します。To get the device password, go to General > Device details in the Azure portal. デバイスの両方のノードで同じパスワードが使用されます。Same password is used for both nodes of the device.
  2. Data Box Heavy に接続するために使用するコンピューターのイーサネット アダプターを、静的 IP アドレス 192.168.100.5、サブネット 255.255.255.0 で構成します。Assign a static IP address of 192.168.100.5 and subnet 255.255.255.0 to the Ethernet adapter on the computer you are using to connect to Data Box Heavy. https://192.168.100.10 からデバイスのローカル Web UI にアクセスします。Access the local web UI of the device at https://192.168.100.10. デバイスを起動してから接続するまで最大 5 分かかることがあります。The connection could take up to 5 minutes after you turned on the device.
  3. Azure portal からパスワードを使用してサインインします。Sign in using the password from the Azure portal. Web サイトのセキュリティ証明書に問題があることを示すエラーが表示されます。You see an error indicating a problem with the website’s security certificate. ブラウザー固有の手順に従い Web ページに進みます。Follow the browser-specific instructions to proceed to the web page.
  4. 既定では、インターフェイス (MGMT を除く) のネットワーク設定は DHCP で構成されます。By default, the network settings for the interfaces (excluding the MGMT) are configured as DHCP. 必要に応じて、これらのインターフェイスを静的インターフェイスとして構成し、IP アドレスを指定することができます。If needed, you can configure these interfaces as static and provide an IP address.

2 番目のノードをケーブル接続して構成するCable and configure the second node

この手順の所要時間は 15 分から 20 分程度です。This step takes about 15-20 minutes to complete.

最初のノードのときに使用した手順に従って、デバイスの 2 番目のノードをケーブル接続して構成します。Follow the steps used for the first node to cable and configure the second node on the device.

データをコピーするCopy data

この操作の所要時間は、データのサイズと、データのコピー時に使用するネットワークの速度によって異なります。The time to complete this operation depends upon your data size and the speed of the network over which the data is copied.

  1. 両方の 40 Gbps データ インターフェイスを並列で使用して、両方のデバイス ノードにデータをコピーします。Copy data to both the device nodes using both the 40-Gbps data interfaces in parallel.

    • Windows ホストを使用する場合は、Robocopy などの SMB 互換のファイル コピー ツールを使用します。If using a Windows host, use an SMB compatible file copy tool such as Robocopy.
    • NFS のホストの場合、cp コマンドまたは rsync を使用してデータをコピーします。For NFS host, use cp command or rsync to copy the data.
  2. \\<IP address of your device>\ShareName というパスを使用して、デバイス上の共有に接続します。Connect to the shares on the device using the path:\\<IP address of your device>\ShareName. 共有アクセス資格情報を取得するには、Data Box Heavy のローカル Web UI にある [接続とコピー] ページに移動します。To get the share access credentials, go to the Connect & copy page in the local web UI of the Data Box Heavy.

  3. 共有とフォルダーの名前、そしてデータが、Azure Storage と Data Box Heavy サービスの制限に記載されているガイドラインに従っていることを確認します。Make sure that the share and folder names, and the data follow guidelines described in the Azure Storage and Data Box Heavy service limits.

発送の準備をするPrepare to ship

この工程にかかる時間は、実際のデータのサイズによって異なります。The time to complete this operation depends upon your data size.

  1. データのコピーがエラーなしで完了した後、ローカル Web UI の [発送準備] ページに移動し、発送準備を開始します。After the data copy is complete without any errors, go to Prepare to ship page in the local web UI and start the ship preparation.
  2. 両方のノードで発送準備が正常に完了したら、ローカル Web UI でデバイスの電源を切ります。After the Prepare to ship has completed successfully on both the nodes, turn off the device from the local web UI.

Azure への発送Ship to Azure

この操作の所要時間は 15 分から 20 分程度です。This operation takes about 15-20 minutes to complete.

  1. ケーブルを取り外し、デバイス背面のトレイに戻します。Remove the cables and return them to the tray at the back of the device.
  2. リージョンの運送業者で集荷をスケジュールします。Schedule a pickup with your regional carrier.
  3. Data Box 運用チームに連絡して集荷について通知し、返送ラベルを入手します。Reach out to Data Box Operations to inform regarding the pickup and to get the return shipping label.
  4. 返送ラベルがデバイスの前面クリア パネルに表示されます。The return shipping label should be visible on the front clear panel of the device.

データの確認Verify data

この工程にかかる時間は、実際のデータのサイズによって異なります。The time to complete this operation depends upon your data size.

  1. Data Box Heavy デバイスが Azure データセンターのネットワークに接続されると、データが自動的に Azure にアップロードされます。When the Data Box Heavy device is connected to the Azure datacenter network, the data automatically uploads to Azure.

  2. Data Box サービスから、データのコピーが完了したことが Azure portal 経由で通知されます。Data Box service notifies you that the data copy is complete via the Azure portal.

    1. 失敗していないかエラー ログで確認し、適切な措置を講じます。Check error logs for any failures and take appropriate actions.
    2. コピー元からデータを削除する前に、データがストレージ アカウントに存在することを確認します。Verify that your data is in the storage account(s) before you delete it from the source.

リソースをクリーンアップするClean up resources

この手順を完了するには、2 分から 3 分かかります。This step takes 2-3 minutes to complete.

  • Data Box Heavy の注文は、注文が処理される前であれば、Azure portal からキャンセルできます。You can cancel the Data Box Heavy order in the Azure portal before the order is processed. 注文が処理された後は、キャンセルできません。Once the order is processed, the order cannot be canceled. 注文は、完了ステージに到達するまで続行されます。The order progresses until it reaches the completed stage. 注文をキャンセルするには、 [概要] に移動し、コマンド バーの [キャンセル] をクリックします。To cancel the order, go to Overview and click Cancel from the command bar.

  • Azure portal で 完了済みまたはキャンセル済みの状態になった注文は削除することができます。You can delete the order once the status shows as Completed or Canceled in the Azure portal. 注文を削除するには、 [概要] に移動し、コマンド バーの [削除] をクリックします。To delete the order, go to Overview and click Delete from the command bar.

次のステップNext steps

このクイック スタートでは、Azure へのデータのインポートを支援する Data Box Heavy をデプロイしました。In this quickstart, you’ve deployed a Data Box Heavy to help import your data into Azure. Azure Data Box Heavy の管理の詳細については、次のチュートリアルを参照してください。To learn more about Azure Data Box Heavy management, advance to the following tutorial: