クイック スタート:Azure CLI を使用して Azure DNS ゾーンとレコードを作成する

この記事では、Windows、Mac、Linux で使用できる Azure CLI を使用して、最初の DNS ゾーンとレコードを作成する手順について説明します。 これらの手順は、Azure portal または Azure PowerShell を使用して実行することもできます。

DNS ゾーンは、特定のドメインの DNS レコードをホストするために使用されます。 Azure DNS でドメインのホストを開始するには、そのドメイン名用に DNS ゾーンを作成する必要があります。 ドメインの DNS レコードはすべて、この DNS ゾーン内に作成されます。 最後に、DNS ゾーンをインターネットに公開するには、ドメインのネーム サーバーを構成する必要があります。 ここでは、その手順について説明します。

Azure portal を使用した DNS デプロイ環境の図。

Azure DNS は、プライベート DNS ゾーンもサポートします。 プライベート DNS ゾーンの詳細については、「Using Azure DNS for private domains (プライベート ドメインでの Azure DNS の使用)」をご覧ください。 プライベート DNS ゾーンを作成する例については、CLI で Azure DNS プライベート ゾーンを使用するための基礎に関するページを参照してください。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に Azure 無料アカウントを作成してください。

前提条件

  • Azure Cloud Shell で Bash 環境を使用します。 詳細については、Azure Cloud Shell の Bash のクイックスタートに関するページを参照してください。

    新しいウィンドウで Cloud Shell を起動する

  • CLI リファレンス コマンドをローカルで実行する場合、Azure CLI をインストールします。 Windows または macOS で実行している場合は、Docker コンテナーで Azure CLI を実行することを検討してください。 詳細については、「Docker コンテナーで Azure CLI を実行する方法」を参照してください。

    • ローカル インストールを使用する場合は、az login コマンドを使用して Azure CLI にサインインします。 認証プロセスを完了するには、ターミナルに表示される手順に従います。 その他のサインイン オプションについては、Azure CLI でのサインインに関するページを参照してください。

    • 初回使用時にインストールを求められたら、Azure CLI 拡張機能をインストールします。 拡張機能の詳細については、Azure CLI で拡張機能を使用する方法に関するページを参照してください。

    • az version を実行し、インストールされているバージョンおよび依存ライブラリを検索します。 最新バージョンにアップグレードするには、az upgrade を実行します。

  • この記事では、Azure CLI のバージョン 2.0.4 以降が必要です。 Azure Cloud Shell を使用している場合は、最新バージョンが既にインストールされています。

リソース グループの作成

DNS ゾーンを作成する前に、DNS ゾーンが含まれるリソース グループを作成します。

az group create --name MyResourceGroup --location "East US"

DNS ゾーンの作成

DNS ゾーンは、az network dns zone create コマンドを使用して作成します。 このコマンドのヘルプを表示するには、「az network dns zone create -h」と入力します。

次の例では、MyResourceGroup というリソース グループに contoso.xyz という DNS ゾーンを作成します。 この例の値を実際の値に置き換えて、DNS ゾーンを作成できます。

az network dns zone create -g MyResourceGroup -n contoso.xyz

DNS レコードの作成

DNS レコードを作成するには、az network dns record-set [record type] add-record コマンドを使用します。 A レコードのヘルプ情報については、azure network dns record-set A add-record -h を参照してください。

下の例では、リソース グループ "MyResourceGroup" で DNS ゾーン "contoso.xyz" に相対名 "www" を持つレコードを作成します。 レコード セットの完全修飾名は、"www.contoso.xyz" になります。 レコードの種類は "A"、IP アドレスは "10.10.10.10"、既定の TTL として 3,600 秒 (1 時間) が使用されます。

az network dns record-set a add-record -g MyResourceGroup -z contoso.xyz -n www -a 10.10.10.10

レコードの表示

ゾーン内の DNS レコードを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。

az network dns record-set list -g MyResourceGroup -z contoso.xyz

名前解決をテストする

テスト DNS ゾーンを作成し、その中にテスト "A" レコードを含めたので、nslookup という名前のツールを使用して、名前解決をテストできます。

DNS 名前解決をテストするには:

  1. 次のコマンドレットを実行して、ゾーン用のネーム サーバーの一覧を取得します。

    az network dns record-set ns show --resource-group MyResourceGroup --zone-name contoso.xyz --name @
    
  2. 前の手順の出力から、いずれかのネーム サーバーの名前をコピーします。

  3. コマンド プロンプトを開いて、次のコマンドを実行します。

    nslookup www.contoso.xyz <name server name>
    

    次に例を示します。

    nslookup www.contoso.xyz ns1-08.azure-dns.com.
    

    次のような画面が表示されます。

    n s lookup コマンドと、Server、Address、Name、Address の値を表示するコマンド プロンプト ウィンドウを示すスクリーンショット。

ホスト名 www.contoso.xyz は、構成したとおり、10.10.10.10 に名前解決されています。 この結果で、名前解決が正常に機能していることを確認できます。

リソースをクリーンアップする

不要になった場合、リソース グループを削除することで、このクイック スタートで作成したすべてのリソースを削除できます。

az group delete --name MyResourceGroup

次のステップ

これで、Azure CLI を使用して最初の DNS ゾーンとレコードを作成できました。カスタム ドメインで Web アプリのレコードを作成できます。