Android のセットアップAndroid setup

Android アプリケーションは Microsoft Rights Management SDK 4.2 を使用して、Azure Active Directory Rights Management (AAD RM) を使用することでそのアプリケーション内で統合情報保護を有効にできます。Android applications can use the Microsoft Rights Management SDK 4.2 to enable integrated information protection in their applications by using Azure Active Directory Rights Management (AAD RM ).

このトピックでは、独自の新しいアプリを作成するために環境をセットアップする方法について説明します。This topic will guide you through setting up your environment for creating your own new apps .

必須コンポーネントPrerequisites

開発システムでは、次のソフトウェアをお勧めします。We recommend the following software on your development system:

  • Eclipse 開発環境を実行する Windows または OS X オペレーティング システム。Windows or OS X operating system to run the Eclipse development environment.

  • このガイドでは、Eclipse Juno 4.2 以降を持つ Eclipse SDK と、既定のインストールを使用していることを前提としています。This guide assumes that you are using the Eclipse SDK beginning with Eclipse Juno 4.2 and using a default installation.

  • Java 1.6 以降。Java starting with Java 1.6.

  • Android Developer Tools (ADT) プラグインAndroid Developer Tools (ADT) Plugin. 注 - インストールを完了するために、Eclipse の再起動を求められる場合があります。NOTE - You might be asked to restart Eclipse to complete the installation.

  • Android 向け MS RMS SDK 4.2 パッケージ。The MS RMS SDK 4.2 package for Android. 詳細については、「作業開始」を参照してください。For more information see, Get started.

    この SDK は、Android 4.0.3 (API レベル 15) 以降を対象とする開発に使用できます。This SDK can be used to develop for Android 4.0.3 (API level 15) and later.

  • 認証ライブラリ: Azure AD Authentication Library (ADAL) を使用することをお勧めします。Authentication library: We recommend that you use the Azure AD Authentication Library (ADAL). ただし、OAuth 2.0 をサポートしている他の認証ライブラリも使用できます。However, other authentication libraries that support OAuth 2.0 can be used as well.

    詳細については、「ADAL for iOS 」 (iOS 用の ADAL) を参照してください。For more information see, ADAL for Android

       アプリケーションで OAuth 2.0 認証ライブラリとして ADAL ライブラリが使用されない場合は、Android のガイダンス「Some SecureRandom Thoughts」 (SecureRandom に関する考察) を参照してください。Note  If your application will not be using the ADAL Library as the OAuth 2.0 authentication library, you should review this Android guidance, Some SecureRandom Thoughts.

What's new (新機能)」トピックで、API の更新情報、リリース ノート、およびよく寄せられる質問 (FAQ) をお読みください。Read the What's new topic for information about API updates, release notes, and frequently asked questions (FAQ).

OptionalOptional

UI ライブラリは、独自のカスタム UI 作成を望まない開発者のために、使用操作と保護操作用の再利用可能な UI を提供します。「UI Library and Sample app for Android」 (Android 用の UI ライブラリとサンプル アプリ) 参照。Our UI library provides re-usable UI for consumption and protection operations for developers who don’t want to create their own custom UI - UI Library and Sample app for Android.

開発環境の構成Configuring your development environment

  MS RMS SDK 4.2 プレビュー リリース: このプレビュー リリースでは、com/microsoft/protection から com/microsoft/rightsmanagment へのパス名の変更を表示するようにスクリーンショットが更新されていません。Note  MS RMS SDK 4.2 Preview Release: In this preview release, the screen shots have not been updated to show the change in name of the pathes from com/microsoft/protection to com/microsoft/rightsmanagment. テキストは更新されています。The text though, has been updated.

  • Eclipse の開発環境を開きます。Open the Eclipse development environment.

  • Android アプリケーション プロジェクトを新規作成するには、 [File] メニューで [New][Project] の順にクリックし、 [Android Application Project] を選択します。To create a new Android Application project, on the File menu, click New, click Project, and then select Android Application Project.

    新しい Android アプリケーションを作成する

  • アプリケーション名を入力します。Enter the application name. アプリケーション名に基づいて、プロジェクト名とパッケージ名が入力されます。The project name and package name is filled based on the application name.

  • [Next] をクリックし、ワークスペースを作成する場所を選択します。Click Next and select where you want to create the workspace.

    アプリケーション名を入力する

  • [Next] をクリックし、アプリのアイコンを選択します。Click Next and select an icon for your app.

    アプリのアイコンを選択する

  • [Next] をクリックし、 [Blank Activity] を選択してアクティビティを作成します。Click Next and select Blank Activity to create the activity.

    アクティビティを作成する

  • [Next] をクリックし、アクティビティの名前を指定します。Click Next and provide a name for the activity. MainActivity は既定の名前のままにし、レイアウト名を activity_main にします。You can leave MainActivity as the default name with a layout name of activity_main.

    アクティビティの名前を指定する

  • [Finish] をクリックします。Click Finish.

    作成を終了する

  • プロジェクトがメイン アクティビティ クラス MainActivity.java と共に作成されました。Your project has been created, along with the main activity class MainActivity.java.

SDK の参照Referencing the SDK

  • adrms_android_sdk.zip を展開したフォルダーに移動します。Navigate to the folder in which you extracted the adrms_android_sdk.zip. "SDK > com > microsoft > rightsmanagement" フォルダーで、ファイル .classpath.project、および project.properties が読み取り専用にマークされていないことを確認します。In the "SDK > com > microsoft > rightsmanagement" folder, make sure the files .classpath, .project, and project.properties are not marked as read-only.

  • 参照するには、SDK をワークスペースにインポートする必要があります。To reference the SDK, you must import it to the workspace.

    Eclipse で [File] をクリックします。In Eclipse, click File. [File] メニューの [Import] をクリックします。On the File menu, click Import. [Import] ダイアログ ボックスで、 [Android / Existing Android Code into Workspace] を選択します。In the Import dialog box, select Android / Existing Android Code into Workspace.

    ワークスペースにインポートする

  • [Next] をクリックします。Click Next. adrms_android_sdk.zip を展開したフォルダーに移動して選択します。Navigate to select the folder in which you extracted the adrms_android_sdk.zip. SDK が com.microsoft.rightsmanagement として一覧に表示されます。The SDK should appear in the list as com.microsoft.rightsmanagement.

    フォルダーに移動して選択する

  • [Finish] をクリックすると、SDK プロジェクトが、以前に作成したアプリケーションの兄弟として表示されます。When you click Finish, the SDK project appears as a sibling of your previously created application.

    SDK プロジェクトがアプリケーションの兄弟として表示される

  • プロジェクト アイコンを右クリックし、プロジェクトのプロパティを表示します。Right-click the Project icon and view the properties for the project.

  • [Android] タブに移動します。Navigate to the Android tab.

  • [Add] をクリックして、ワークスペースから com.microsoft.rightsmanagement ライブラリを選択します。Click Add, and then select the com.microsoft.rightsmanagement library from the workspace.

    ライブラリを追加する

  • [OK] をクリックします。Click OK.

    MS RMS SDK 4.2 は AAD RM に接続するため、アプリケーションに INTERNET および ACCESS_NETWORK_STATE が許可されている必要があります。Because the MS RMS SDK 4.2 connects with AAD RM, the application has to be granted the INTERNET and ACCESS_NETWORK_STATE. これを行うには、プロジェクトのルートで AndroidManifest.xml ファイルを開きます。To do so, open the AndroidManifest.xml file in the root of the project.

    アクセス許可を追加するには、 [Add] をクリックして、 [Uses Permissions] を選択します。To add the permissions, click Add, and then select Uses Permissions.

    アクセス許可を追加する

  • マニフェストを検証するには、テキスト エディターのビューでマニフェストを表示します。You can verify the manifest step by viewing the manifest in the text editor view. 次の行が表示されていることを確認してください。Make sure the following lines appear:

    <uses-sdk
         android:minSdkVersion="15"
         android:targetSdkVersion="19"/>
    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"/>
    <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE"/>
    <uses-permission/>
    

  SDK では android.support.v4 が使用されます。Note  The SDK uses the android.support.v4

  • 新しい独自の Android アプリを作成する準備が整いました。You are now ready to create your own new Android apps.

関連項目See Also

開始するにはGet started

新機能What's new

開発者の用語と概念Developer terms and concepts

Android API リファレンスAndroid API Reference