開発者ガイドDeveloper guidance

Microsoft Rights Management SDK 4.2 では、Active Directory Rights Management サービス (AD RMS) を利用する AD RMS 対応アプリケーションを可能な限りシンプルに構築できるようにすることに重点が置かれています。The focus of Microsoft Rights Management SDK 4.2 is to help you build AD RMS-enabled applications that leverage Active Directory Right Management Services (AD RMS), as simply as possible.

RMS 対応アプリケーションを開発するためのデザイン プロセスについては、次のトピックが参考になります。The following topics are intended to support your design process for developing RMS-enabled applications.