iOS および OS X のセットアップiOS and OS X setup

iOS および OS X アプリケーションでは、Microsoft Rights Management SDK 4.2 を使用して、Azure Rights Management (Azure RMS) を使用することにより、そのアプリケーション内で統合情報保護を有効にできます。iOS and OS X applications can use the Microsoft Rights Management SDK 4.2 to enable integrated information protection in their application by using the Azure Rights Management (Azure RMS).

このトピックでは、独自の新しいアプリを作成するために環境をセットアップする方法について説明します。This topic will guide you through setting up your environment for creating your own new apps.

  この SDK では iPod Touch はサポートされていません。Note  This SDK does not support iPod Touch.

必須コンポーネントPrerequisites

開発システムでは、次のソフトウェアをお勧めします。We recommend the following software on your development system:

  • OS X は、すべての iOS 開発に必要です。OS X is required for all iOS development.

  • Xcode バージョン 6.0 以降Xcode version 6.0 and later

    Xcode は、Mac App Store で入手できます。Xcode is available through the Mac App Store.

  • iOS および OS X 用 MS RMS SDK 4.2 パッケージ。詳しくは、「作業開始」をご覧ください。The MS RMS SDK 4.2 package for iOS and OS X. For more information see, Get started.

    この SDK は、iOS 7.0 および OS X 10.8 以降を対象とする開発に使用できます。This SDK can be used to develop for iOS 7.0 and OS X 10.8 and later.

  • 認証ライブラリ: Azure AD Authentication Library (ADAL) を使用することをお勧めします。Authentication library: We recommend that you use the Azure AD Authentication Library (ADAL). ただし、OAuth 2.0 をサポートしている他の認証ライブラリも使用できます。However, other authentication libraries that support OAuth 2.0 can be used as well.

    詳細については、「ADAL for iOS (iOS 用の ADAL)」または「ADAL for OS X (OS X 用の ADAL)」を参照してください。For more information see, ADAL for iOS or ADAL for OS X

What's new (新機能)」トピックで、API の更新情報、リリース ノート、およびよく寄せられる質問 (FAQ) をお読みください。Read the What's new topic for information about API updates, release notes, and frequently asked questions (FAQ).

省略可Optional

UI ライブラリは、独自のカスタム UI 作成を望まない開発者のために、使用操作と保護操作用の再利用可能な UI を提供します。「UI Library and Sample app for iOS (iOS 用の UI ライブラリとサンプル アプリ」参照。Our UI library provides re-usable UI for consumption and protection operations for developers who don’t want to create their own custom UI - UI Library and Sample app for iOS.

開発環境の構成Configuring your development environment

  • 新しいプロジェクトを作成するために、 [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、 [プロジェクト] をクリックします。To create a new project, on the File menu, click New, and then click Project.

  • [Single View Application (単一枠ビュー アプリケーション)] を選択します。Select Single View Application.

    新しいプロジェクトの作成

  • 新しいプロジェクトの名前および識別子を入力します。Enter a name and identifier for your new project.

    プロジェクトの命名

  • [次へ] をクリックして、プロジェクトの場所を選択します。Click Next and select the location for your project.

  • iOS フレームワークの MSRightsManagement フレームワークを追加するために、.framework フォルダーを SDK のインストール フォルダーからプロジェクト ナビゲーターFrameworks セクションにドラッグします。To add the MSRightsManagement framework for iOS Frameworks, drag the .framework folder from the SDK installation folder into the Frameworks section of your Project Navigator.

    場所の設定

  • [Create groups for any added folders (追加されたすべてのフォルダーのグループを作成する)] オプション ボタンをクリックし、 [Copy items into destination group's folder (if needed) (出力先グループのフォルダーに項目をコピーする (必要な場合))] チェック ボックスをオフにします。Select Create groups for any added folders option button and clear the Copy items into destination group's folder (if needed) check box.

    この操作により、コピーを作成する代わりに、SDK のインストール フォルダーへの参照を保持します。This action maintains the reference to the SDK installation folder instead of creating a copy.

    SDK のインストール フォルダーへの参照の設定

  • リソース バンドル用の MS RMS SDK 4.2 を追加するには、MSRightsManagementResources.bundle ファイルを MSRightsManagement.framework/Resources フォルダーから Project Navigator の [Frameworks](フレームワーク) セクションにドラッグします。To add the MS RMS SDK 4.2 for the resource bundle, drag the MSRightsManagementResources.bundle file from the MSRightsManagement.framework/Resources folder into the Frameworks section of your Project Navigator.

    リソース バンドルの追加

  • フレームワークをコピーしたときと同様に、 [Create groups for any added folders (追加されたすべてのフォルダーのグループを作成する)] オプション ボタンを選択し、 [Copy items into destination group's folder (if needed) (出力先グループのフォルダーに項目をコピーする (必要な場合))] チェック ボックスをオフにします。As you did when you copied the Framework, select Create groups for any added folders option button and clear the Copy items into destination group's folder (if needed) check box.

  • SDK は次のような他のフレームワークに依存しています:CoreDataMessageUISystemConfigurationLibresolvSecurityThe SDK relies on other frameworks including: CoreData, MessageUI, SystemConfiguration, Libresolv and Security. これらのフレームワークを追加するために、ターゲットの [サマリー] ウィンドウの [Linked Frameworks and Libraries (リンク フレームワークとライブラリ)] セクションに移動して、フレームワークを追加するセクションを展開します。To add these frameworks, navigate to the Linked Frameworks and Libraries section of the target's Summary pane, and expand that section to add them.

    UIKitFoundation フレームワークが必要ですが、通常は既定で表示されます。The UIKit and Foundation frameworks are required and generally present by default.

    リソースの追加

  • ターゲットの [ビルド設定][Other Linker Flags (その他のリンカー フラグ)]- ObjC フラグを追加します。Add the -ObjC flag to Other Linker Flags in your target Build Settings.

    ビルド設定の追加

  • これで、プロジェクト ナビゲーターはこのツリーのようになります。Now your Project Navigator should look something like this tree.

    プロジェクトの確認

  • 新しい独自の iOS/OS X アプリを作成する準備が整いました。You are now ready to create your own new iOS/OS X apps.

関連項目See Also