Intel Edison を Azure IoT Hub に接続する (Node.js)Connect Intel Edison to Azure IoT Hub (Node.js)

このチュートリアルでは、Intel Edison の操作の基本を学習することから始めます。In this tutorial, you begin by learning the basics of working with Intel Edison. 次に、Azure IoT Hub を使って、デバイスをクラウドにシームレスに接続する方法について説明します。You then learn how to seamlessly connect your devices to the cloud by using Azure IoT Hub.

キットをお持ちでない場合は、Don't have a kit yet? ここから開始Start here

作業内容What you do

  • Intel Edison と Grove モジュールをセットアップします。Setup Intel Edison and and Grove modules.
  • IoT Hub を作成します。Create an IoT hub.
  • Edison のデバイスを IoT Hub に登録します。Register a device for Edison in your IoT hub.
  • Edison でサンプル アプリケーションを実行して、センサー データを IoT Hub に送信します。Run a sample application on Edison to send sensor data to your IoT hub.

作成した IoT Hub に Intel Edison を接続します。Connect Intel Edison to an IoT hub that you create. 次に、Edison でサンプル アプリケーションを実行して、Grove 温度センサーから気温と湿度のデータを収集します。Then you run a sample application on Edison to collect temperature and humidity data from a Grove temperature sensor. 最後に、センサー データを IoT Hub に送信します。Finally, you send the sensor data to your IoT hub.

学習内容What you learn

  • Azure IoT Hub を作成し、新しいデバイス接続文字列を取得する方法。How to create an Azure IoT hub and get your new device connection string.
  • Edison を Grove 温度センサーと接続する方法。How to connect Edison with a Grove temperature sensor.
  • Edison でサンプル アプリケーションを実行してセンサー データを収集する方法。How to collect sensor data by running a sample application on Edison.
  • センサー データを IoT Hub に送信する方法。How to send sensor data to your IoT hub.

必要なものWhat you need

必要なもの

  • Intel Edison ボードThe Intel Edison board
  • Arduino 拡張ボードArduino expansion board
  • 有効な Azure サブスクリプションAn active Azure subscription. Azure アカウントがない場合は、無料試用版の Azure アカウントを数分で作成できます。If you don't have an Azure account, create a free Azure trial account in just a few minutes.
  • Mac PC または Windows か Linux を実行している PC。A Mac or a PC that is running Windows or Linux.
  • インターネット接続。An Internet connection.
  • マイクロ B - タイプ A のUSB ケーブルA Micro B to Type A USB cable
  • 直流 (DC) 電源。A direct current (DC) power supply. 電源の定格は以下のとおり。Your power supply should be rated as follows:
    • 7-15V DC7-15V DC
    • 1500mA 以上At least 1500mA
    • 中心/内部ピンが電源の正極The center/inner pin should be the positive pole of the power supply

省略可能な品目を次に示します。The following items are optional:

  • Grove ベース シールド V2Grove Base Shield V2
  • Grove 温度センサーGrove - Temperature Sensor
  • Grove ケーブルGrove Cable
  • パッケージに含まれているスペーサー バーやネジ (拡張ボードにモジュールを固定するための2本のネジ、ネジ、プラスチック スペーサー 4 セットなど)Any spacer bars or screws included in the packaging, including two screws to fasten the module to the expansion board and four sets of screws and plastic spacers.

注意

サンプル コードはシミュレートされたセンサー データをサポートしているため、これらの品目は省略可能です。These items are optional because the code sample support simulated sensor data.

IoT Hub の作成Create an IoT hub

  1. Azure Portal[新規] > [モノのインターネット (IoT)] > [IoT Hub] の順にクリックします。In the Azure portal, click New > Internet of Things > IoT Hub.

    Azure Portal で IoT ハブを作成する

  2. [IoT Hub] ウィンドウで、IoT Hub のために以下の情報を入力します。In the IoT hub pane, enter the following information for your IoT hub:

    [名前]: IoT ハブの名前を入力します。Name: Enter the name of your IoT hub. 入力した名前が有効である場合は、緑色のチェック マークが表示されます。If the name you enter is valid, a green check mark appears.

    [価格とスケールティア]: [F1 - Free] レベルを選択します。Pricing and scale tier: Select the F1 - Free tier. このデモでは、このオプションで十分です。This option is sufficient for this demo. 詳細については、料金とスケール レベルに関するページを参照してください。For more information, see the Pricing and scale tier.

    [リソース グループ]: IoT Hub をホストするリソース グループを作成するか、既存のリソース グループを使用します。Resource group: Create a resource group to host the IoT hub or use an existing one. 詳細については、リソース グループを使用した Azure リソースの管理に関するページを参照してください。For more information, see Use resource groups to manage your Azure resources.

    [場所]: IoT Hub が作成される場所に最も近い場所を選択します。Location: Select the closest location to you where the IoT hub is created.

    [ダッシュボードにピン留めする]: ダッシュボードから IoT Hub に簡単にアクセスできるようにするには、このオプションをオンにします。Pin to dashboard: Select this option for easy access to your IoT hub from the dashboard.

    情報を入力して IoT ハブを作成する

    重要

    IoT ハブは DNS エンドポイントとして公開されます。そのため、名前を付ける際は機密情報を含めないようにしてください。The IoT hub will be publicly discoverable as a DNS endpoint, so make sure to avoid any sensitive information while naming it.

  3. Create をクリックしてください。Click Create. IoT ハブの作成には数分かかることがあります。Your IoT hub might take a few minutes to create. [通知] ウィンドウで進行状況を確認できます。You can see progress in the Notifications pane.

    IoT ハブの進捗状況の通知を見る

  4. IoT ハブが作成されたら、ダッシュボードでその IoT ハブをクリックします。After your IoT hub is created, click it on the dashboard. ホスト名をメモして、[共有アクセス ポリシー] をクリックします。Make a note of the Hostname, and then click Shared access policies.

    IoT Hub のホスト名を取得する

  5. [共有アクセス ポリシー] ウィンドウで、[iothubowner] ポリシーをクリックし、IoT Hub の [接続文字列] をコピーしてメモしておきます。In the Shared access policies pane, click the iothubowner policy, and then copy and make a note of the Connection string of your IoT hub. 詳細については、「IoT Hub へのアクセスの制御」を参照してください。For more information, see Control access to IoT Hub.

注意

このセットアップ チュートリアルでは、この iothubowner 接続文字列は必要ありません。You will not need this iothubowner connection string for this set-up tutorial. ただし、このセットアップの完了後、異なる IoT シナリオの一部のチュートリアルでは必要になる場合があります。However, you may need it for some of the tutorials on different IoT scenarios after you complete this set-up.

IoT Hub の接続文字列を取得する

デバイスの IoT ハブにデバイスを登録するRegister a device in the IoT hub for your device

  1. Azure Portal で、IoT ハブを開きます。In the Azure portal, open your IoT hub.

  2. デバイス エクスプローラーをクリックします。Click Device Explorer.

  3. デバイス エクスプローラー ウィンドウで [追加] をクリックして、デバイスを IoT Hub に追加します。In the Device Explorer pane, click Add to add a device to your IoT hub. 次に、次を実行します。Then do the following:

    [デバイス ID]: 新しいデバイスの ID を入力します。Device ID: Enter the ID of the new device. デバイス ID には大文字と小文字の区別があります。Device IDs are case sensitive.

    [認証の種類]: [対称キー] を選択します。Authentication Type: Select Symmetric Key.

    [キーの自動生成]: このチェック ボックスをオンにします。Auto Generate Keys: Select this check box.

    [Connect device to IoT Hub (デバイスを IoT Hub に接続する)]: [有効] をクリックします。Connect device to IoT Hub: Click Enable.

    IoT ハブの Device Explorer でデバイスを追加する

    重要

    デバイス ID は、カスタマー サポートとトラブルシューティング目的で収集されたログに表示される場合があります。そのため、名前を付ける際は機密情報を含めないようにしてください。The device ID may be visible in the logs collected for customer support and troubleshooting, so make sure to avoid any sensitive information while naming it.

  4. [ Save] をクリックします。Click Save.

  5. デバイスが作成された後、デバイス エクスプローラー ウィンドウでデバイスを開きます。After the device is created, open the device in the Device Explorer pane.
  6. 接続文字列の主キーをメモします。Make a note of the primary key of the connection string.

    デバイスの接続文字列を取得する

Intel Edison をセットアップするSetup Intel Edison

ボードを取り付けるAssemble your board

このセクションでは、Intel® Edison モジュールを拡張ボードに接続する手順を説明します。This section contains steps to attach your Intel® Edison module to your expansion board.

  1. Intel® Edison モジュールを拡張ボードの白枠内に置いて、拡張ボードにあるネジをモジュールの穴に通します。Place the Intel® Edison module within the white outline on your expansion board, lining up the holes on the module with the screws on the expansion board.

  2. カチッとはまるまで、モジュールの What will you make? という文字のすぐ下を押し下げます。Press down on the module just below the words What will you make? until you feel a snap.

    assemble board 2

  3. 2 本の六角ナット (パッケージに同梱) を使用して、モジュールを拡張ボードに固定します。Use the two hex nuts (included in the package) to secure the module to the expansion board.

    assemble board 3

  4. 拡張ボードの四隅にある穴の 1 つにネジを差し込みます。Insert a screw in one of the four corner holes on the expansion board. ネジをプラスチック スペーサーの 1 つでしっかり固定します。Twist and tighten one of the white plastic spacers onto the screw.

    assemble board 4

  5. 他の 3 つの隅でも同様に繰り返します。Repeat for the other three corner spacers.

    assemble board 5

ボードを取り付けました。Now your board is assembled.

assemble board 5

Grove ベース シールドと温度センサーを接続するConnect the Grove Base Shield and the temperature sensor

  1. Grove ベース シールドをボードに取り付けます。Place the Grove Base Shield on to your board. すべてのピンがボードにしっかり差し込まれていることを確認します。Make sure all pins are tightly plugged into your board.

    Grove ベース シールド

  2. Grove ケーブルを使用して、Grove 温度センサーを Grove ベース シールドの A0 ポートに接続します。Use Grove Cable to connect Grove temperature sensor onto the Grove Base Shield A0 port.

    温度センサーへの接続

    Edison とセンサーの接続

これでセンサーの準備ができました。Now your sensor is ready.

Edison の電源をオンにするPower up Edison

  1. 電源を接続します。Plug in the power supply.

    Plug in power supply

  2. (Arduino * 拡張ボードで DS1 というラベルが付いている) 緑色の LED が点灯して、そのまま点灯を続けます。A green LED(labeled DS1 on the Arduino* expansion board) should light up and stay lit.

  3. ボードの起動が完了するまで 1 分待ちます。Wait one minute for the board to finish booting up.

    注意

    DC 電源を使用していない場合でも、USB ポートを介してボードに電源を供給できます。If you do not have a DC power supply, you can still power the board through a USB port. 詳細については、Connect Edison to your computer セクションをご覧ください。See Connect Edison to your computer section for details. この方法でボードに給電すると、Wi-Fi またはモーターを使用している場合は特に、ボードで予期せぬ動作が発生することがあります。Powering your board in this fashion may result in unpredictable behavior from your board, especially when using Wi-Fi or driving motors.

Edison をコンピューターに接続するConnect Edison to your computer

  1. Edison がデバイス モードになるように、マイクロ スイッチを 2 つのマイクロ USB ポート側に切り替えます。Toggle down the microswitch towards the two micro USB ports, so that Edison is in device mode. デバイス モードとホスト モードの違いについては、こちらをご覧ください。For differences between device mode and host mode, please reference here.

    Toggle down the microswitch

  2. 上のマイクロ USB ポートにマイクロ USB ケーブルを接続します。Plug the micro USB cable into the top micro USB port.

    上部のマイクロ USB ポート

  3. USB ケーブルのもう一方の端をコンピューターに接続します。Plug the other end of USB cable into your computer.

    Computer USB

  4. お使いのコンピューターに新しいドライブがマウントされると、ボードが完全に初期化されていることがわかります (コンピューターに SD カードを挿入するのと同様)。You will know that your board is fully initialized when your computer mounts a new drive (much like inserting a SD card into your computer).

構成ツールをダウンロードして実行するDownload and run the configuration tool

Installers という見出しの下に一覧表示されているこちらのリンクから最新の構成ツールを入手します。Get the latest configuration tool from this link listed under the Installers heading. ツールを実行し、画面の指示に従って、必要に応じて [次へ] をクリックします。Execute the tool and follow its on-screen instructions, clicking Next where needed

ファームウェアのフラッシュFlash firmware

  1. Set up options ページで Flash Firmware をクリックします。On the Set up options page, click Flash Firmware.
  2. 次のいずれかを実行して、ボードにフラッシュするイメージを選択します。Select the image to flash onto your board by doing one of the following:
    • Intel から入手できる最新のファームウェア イメージをダウンロードしてボードをフラッシュするには、Download the latest image version xxxx を選択します。To download and flash your board with the latest firmware image available from Intel, select Download the latest image version xxxx.
    • お使いのコンピューターに保存してあるイメージでボードをフラッシュするには、Select the local image を選択します。To flash your board with an image you already have saved on your computer, select Select the local image. ボードにフラッシュする画像を探して選択します。Browse to and select the image you want to flash to your board.
  3. セットアップ ツールがボードのフラッシュを試みます。The setup tool will attempt to flash your board. フラッシュのプロセス全体は最大 10 分を要します。The entire flashing process may take up to 10 minutes.

パスワードの設定Set password

  1. Set up options ページで Enable Security をクリックします。On the Set up options page, click Enable Security.
  2. Intel® Edison ボードのカスタム名を設定できます。You can set a custom name for your Intel® Edison board. これは省略可能です。This is optional.
  3. ボードのパスワードを入力してから、Set password をクリックします。Type a password for your board, then click Set password.
  4. 後で使用するため、パスワードをメモしておきます。Mark down the password, which is used later.

Wi-Fi の接続Connect Wi-Fi

  1. Set up options ページで Connect Wi-Fi をクリックします。On the Set up options page, click Connect Wi-Fi. コンピューターが利用できる Wi-Fi ネットワークをスキャンするまで、最大1分間待ちます。Wait up to one minute as your computer scans for available Wi-Fi networks.
  2. Detected Networks ドロップダウン リストで、ネットワークを選択します。From the Detected Networks drop-down list, select your network.
  3. Security ドロップダウン リストで、ネットワークのセキュリティ タイプを選択します。From the Security drop-down list, select the network's security type.
  4. ログイン名とパスワード情報を入力してから、Configure Wi-Fi をクリックします。Provide your login and password information, then click Configure Wi-Fi.
  5. 後で使用するため、IP アドレスをメモしておきます。Mark down the IP address, which is used later.

注意

必ず Edison をコンピューターと同じネットワークに接続してください。Make sure that Edison is connected to the same network as your computer. お使いのコンピューターは、IP アドレスを使用して Edison に接続します。Your computer connects to your Edison by using the IP address.

温度センサーへの接続

ご利用ありがとうございます。Congratulations! Edison を適切に構成できました。You've successfully configured Edison.

Intel Edison でサンプル アプリケーションを実行するRun a sample application on Intel Edison

Azure IoT Device SDK を準備するPrepare the Azure IoT Device SDK

  1. 次の SSH クライアントのいずれかを使用して、ホスト コンピューターから Intel Edison に接続します。Use one of the following SSH clients from your host computer to connect to your Intel Edison. 構成ツールの IP アドレスと、そのツールで設定済みのパスワードを使用します。The IP address is from the configuration tool and the password is the one you've set in that tool.

    • Windows では PuTTYPuTTY for Windows.
    • Ubuntu または macOS では組み込みの SSH クライアント。The built-in SSH client on Ubuntu or macOS.
  2. サンプル クライアント アプリケーションをデバイスに複製します。Clone the sample client app to your device.

    git clone https://github.com/Azure-Samples/iot-hub-node-intel-edison-client-app
    
  3. レポジトリ フォルダーに移動し、次のコマンドを実行してすべてのパッケージをインストールします。インストールが完了するまで数分かかることがあります。Then navigate to the repo folder to run the following command to install all packages, it may take serval minutes to complete.

    cd iot-hub-node-intel-edison-client-app
    npm install
    

サンプル アプリケーションを構成して実行するConfigure and run the sample application

  1. 次のコマンドを実行して、config ファイルを開きます。Open the config file by running the following commands:

    nano config.json
    

    config ファイル

    このファイルには、構成可能な 2 つのマクロがあります。There are two macros in this file you can configurate. 1 つ目は INTERVAL で、クラウドに送信する 2 つのメッセージの時間間隔を定義します。The first one is INTERVAL, which defines the time interval between two messages that send to cloud. 2 つ目は simulatedData で、シミュレートされたセンサー データを使用するかどうかを表すブール値です。The second one simulatedData,which is a Boolean value for whether to use simulated sensor data or not.

    センサーがない場合は、simulatedData 値を true に設定し、シミュレートされたセンサー データをサンプル アプリケーションで作成して使用します。If you don't have the sensor, set the simulatedData value to true to make the sample application create and use simulated sensor data.

  2. Control + O キー、Enter キー、Control + X キーの順に押し、保存して終了します。Save and exit by pressing Control-O > Enter > Control-X.

  3. 次のコマンドを実行して、サンプル アプリケーションを実行します。Run the sample application by running the following command:

    sudo node index.js '<your Azure IoT hub device connection string>'
    

    注意

    デバイスの接続文字列をコピーして貼り付け、必ず一重引用符で囲んでください。Make sure you copy-paste the device connection string into the single quotes.

IoT Hub に送信されるセンサー データとメッセージを示す次の出力が表示されます。You should see the following output that shows the sensor data and the messages that are sent to your IoT hub.

出力 - Intel Edison から IoT Hub に送信されるセンサー データ

次のステップNext steps

サンプル アプリケーションを実行してセンサー データを収集し、IoT Hub に送信します。You’ve run a sample application to collect sensor data and send it to your IoT hub.

引き続き Azure IoT Hub の使用方法を確認すると共に、他の IoT のシナリオについて調べるには、次のページを参照してください。To continue to get started with Azure IoT Hub and to explore other IoT scenarios, see the following: