クイック スタート:ポータルで Azure Cognitive Search サービスを作成するQuickstart: Create an Azure Cognitive Search service in the portal

Azure Cognitive Search は、カスタム アプリに検索エクスペリエンスを追加するために使用されるスタンドアロンのリソースです。Azure Cognitive Search is a standalone resource used to plug in a search experience in custom apps. Azure Cognitive Search は他の Azure サービスと簡単に統合できますが、スタンドアロン コンポーネントとして使用することも、ネットワーク サーバー上のアプリまたは他のクラウド プラットフォーム上で実行されているソフトウェアと統合することもできます。Although Azure Cognitive Search integrates easily with other Azure services, you can also use it as a standalone component, or integrate it with apps on network servers, or with software running on other cloud platforms.

この記事では、Azure portal 内で Azure Cognitive Search リソースを作成する方法を説明します。In this article, learn how to create an Azure Cognitive Search resource in the Azure portal.

アニメーション GIFAnimated GIF

PowerShell をお好みですか?Prefer PowerShell? Azure Resource Manager サービス テンプレートをご使用ください。Use the Azure Resource Manager service template. 作業の開始にあたっては、PowerShell を使用して Azure Cognitive Search サービスを管理する方法に関するページを参照してください。For help with getting started, see Manage Azure Cognitive Search with PowerShell.

サブスクリプション (無料または有料)Subscribe (free or paid)

無料の Azure アカウントを開き、無料クレジットを使って有料の Azure サービスを試用できます。Open a free Azure account and use free credits to try out paid Azure services. このクレジットを使い切った後は、アカウントを保持したまま、Websites などの無料の Azure サービスを使用できます。After credits are used up, keep the account and continue to use free Azure services, such as Websites. 明示的に設定を変更して課金を了承しない限り、クレジット カードに課金されることはありません。Your credit card is never charged unless you explicitly change your settings and ask to be charged.

MSDN サブスクライバーの特典を有効にすることもできます。Alternatively, activate MSDN subscriber benefits. MSDN サブスクリプションにより、有料の Azure サービスを利用できるクレジットが毎月与えられます。An MSDN subscription gives you credits every month you can use for paid Azure services.

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.
  2. 左上隅のプラス記号 ([+ リソースの作成]) をクリックします。Click the plus sign ("+ Create Resource") in the top-left corner.
  3. 検索バーを使用して "Azure Cognitive Search" を検索するか、 [Web] > [Azure Cognitive Search] を選択してリソースに移動します。Use the search bar to find "Azure Cognitive Search" or navigate to the resource through Web > Azure Cognitive Search.

Azure Cognitive Search リソースに移動するNavigate to an Azure Cognitive Search resource

サブスクリプションの選択Select a subscription

サブスクリプションが複数ある場合には、データまたはファイル ストレージ サービスがあるものを 1 つ選択します。If you have more than one subscription, choose one that also has data or file storage services. Azure Cognitive Search では、"インデクサー" 経由でインデックスが作成されている場合に、Azure テーブルおよび Blob Storage、SQL Database、Azure Cosmos DB の自動検出が可能ですが、これは同じサブスクリプション内のサービスのみで有効です。Azure Cognitive Search can autodetect Azure Table and Blob storage, SQL Database, and Azure Cosmos DB for indexing via indexers, but only for services under the same subscription.

リソース グループを設定するSet a resource group

リソース グループは、コスト管理を含め、リソースをまとめて管理するために必要であり、また利便性を発揮します。A resource group is required and is useful for managing resources all-up, including cost management. リソース グループは、1 つのサービスの場合もあれば、一緒に使用される複数のサービスから成る場合もあります。A resource group can consist of one service, or multiple services used together. たとえば、Azure Cognitive Search を使用して Azure Cosmos DB データベースのインデックスを作成する場合、両方のサービスを同じリソース グループに追加して管理することができます。For example, if you are using Azure Cognitive Search to index an Azure Cosmos DB database, you could make both services part of the same resource group for management purposes.

リソースを単一グループに結合していない場合、または関連のないソリューションで使用されるリソースが既存のリソース グループに格納されている場合は、Azure Cognitive Search リソース用の新しいリソース グループを作成します。If you aren't combining resources into a single group, or if existing resource groups are filled with resources used in unrelated solutions, create a new resource group just for your Azure Cognitive Search resource.

サービスを使用する際に、現在のコストと予想されるコストをまとめて追跡 (スクリーンショットを参照) できるほか、下へスクロールして個々のリソースの料金を確認することができます。As you use the service, you can track current and projected costs all-up (as shown in the screenshot) or scroll down to view charges for individual resources.

リソース グループ レベルでコストを管理するManage costs at the resource group level

ヒント

リソース グループを削除すると、その中のサービスも削除されます。Deleting a resource group also deletes the services within it. 複数のサービスを利用するプロトタイプ プロジェクトの場合は、すべてのサービスを同じリソース グループに配置することで、プロジェクト終了後のクリーンアップが容易になります。For prototype projects utilizing multiple services, putting all of them in the same resource group makes cleanup easier after the project is over.

サービスに名前を付けるName the service

サービスの名前は、[インスタンスの詳細] の [URL] フィールドに入力します。In Instance Details, provide a service name in the URL field. この名前は、API 呼び出しの発行対象となる URL エンドポイントの一部となります (https://your-service-name.search.windows.net)。The name is part of the URL endpoint against which API calls are issued: https://your-service-name.search.windows.net. たとえば、エンドポイントを https://myservice.search.windows.net とする場合は、「myservice」と入力します。For example, if you want the endpoint to be https://myservice.search.windows.net, you would enter myservice.

サービス名の要件:Service name requirements:

  • search.windows.net 名前空間内で一意であるIt must be unique within the search.windows.net namespace
  • 2 ~ 60 文字である2 and 60 characters in length
  • 小文字、数字、ダッシュ ("-") のみを使用するUse lowercase letters, digits, or dashes ("-")
  • 最初の 2 文字または最後の 1 文字にダッシュ ("-") を使用していないAvoid dashes ("-") in the first 2 characters or as the last single character
  • 連続するダッシュ ("-") をどこにも使用していないNo consecutive dashes ("--") anywhere

ヒント

複数のサービスを使用する予定がある場合、名前付け規則として、サービス名にリージョン (場所) を含めることをお勧めします。If you think you'll be using multiple services, we recommend including the region (or location) in the service name as a naming convention. 同じリージョン内のサービスはデータを無料で交換することができます。したがって、Azure Cognitive Search とそれ以外のサービスが米国西部にある場合、mysearchservice-westus のような名前を付けておけば、リソースの組み合わせ (関連付け) を決めるときに逐一プロパティ ページを確認する手間が省けます。Services within the same region can exchange data at no charge, so if Azure Cognitive Search is in West US, and you have other services also in West US, a name like mysearchservice-westus can save you a trip to the properties page when deciding how to combine or attach resources.

場所を選択するChoose a location

Azure サービスの 1 つである Azure Cognitive Search は、世界中のデータ センターでホストできます。As an Azure service, Azure Cognitive Search can be hosted in datacenters around the world. サポートされているリージョンの一覧は、価格のページにあります。The list of supported regions can be found in the pricing page.

複数のサービスに対して同じ場所を選ぶことで帯域幅の料金を最小限に抑えるか、回避することができます。You can minimize or avoid bandwidth charges by choosing the same location for multiple services. たとえば、別の Azure サービス (Azure Storage、Azure Cosmos DB、Azure SQL Database) によって提供されたデータにインデックスを付ける場合、同じリージョン内に Azure Cognitive Search サービスを作成することで、帯域幅の料金を避けることができます。つまり、サービスが同じリージョン内にある場合、アウトバウンド データに料金はかかりません。For example, if you are indexing data provided by another Azure service (Azure storage, Azure Cosmos DB, Azure SQL Database), creating your Azure Cognitive Search service in the same region avoids bandwidth charges (there are no charges for outbound data when services are in the same region).

さらに、コグニティブ検索 AI エンリッチメントを使用している場合は、Cognitive Services リソースと同じリージョンにサービスを作成します。Additionally, if you are using cognitive search AI enrichments, create your service in the same region as your Cognitive Services resource. Azure Cognitive Search と Cognitive Services を同じリージョンに配置することは、AI エンリッチメントの要件ですCo-location of Azure Cognitive Search and Cognitive Services in the same region is a requirement for AI enrichment.

注意

インド中部は、現在、新しいサービスには使用できません。Central India is currently unavailable for new services. 既にインド中部で使用できるサービスについては、制限なしでスケールアップでき、サービスはそのリージョンで完全にサポートされます。For services already in Central India, you can scale up with no restrictions, and your service is fully supported in that region. このリージョンに関する制限は一時的なものであり、新しいサービスのみに限定されます。The restriction on this region is temporary and limited to new services only. 制限が適用されなったら、この注記を削除する予定です。We will remove this note when the restriction no longer applies.

価格レベル (SKU) を選択するChoose a pricing tier (SKU)

Azure Cognitive Search は現在、複数の価格レベルで提供されています(Free、Basic、Standard)。Azure Cognitive Search is currently offered in multiple pricing tiers: Free, Basic, or Standard. レベルごとに独自の 容量と制限があります。Each tier has its own capacity and limits. ガイダンスについては、 価格レベルまたは SKU の選択 に関する記事をご覧ください。See Choose a pricing tier or SKU for guidance.

運用環境のワークロードでは Basic と Standard が最も一般的な選択肢ですが、ほとんどのお客様は Free サービスから始めています。Basic and Standard are the most common choices for production workloads, but most customers start with the Free service. レベルごとの主な違いは、パーティション サイズと速度、そして作成できるオブジェクトの数に対する制限です。Key differences among tiers is partition size and speed, and limits on the number of objects you can create.

サービスの作成後に価格レベルを変更することはできないことに注意してください。Remember that a pricing tier cannot be changed once the service is created. 後で高いレベルまたは低いレベルが必要になった場合は、サービスを作成し直す必要があります。If you need a higher or lower tier later, you have to re-create the service.

サービスの作成Create your service

必要な入力作業を終えたら、サービスの作成に進みます。After you've provided the necessary inputs, go ahead and create the service.

サービスの確認と作成Review and create the service

ご利用のサービスは数分以内にデプロイされ、Azure の通知を介してそれを監視できます。Your service is deployed within minutes, which you can monitor through Azure notifications. 今後アクセスしやすくするために、サービスをご自分のダッシュ ボードにピン留めすることを検討してください。Consider pinning the service to your dashboard for easy access in the future.

サービスの監視とピン留めMonitor and pin the service

キーと URL エンドポイントを取得するGet a key and URL endpoint

ポータルを使用していない場合、新しいサービスにプログラムからアクセスするには、URL エンドポイントと認証 API キーを指定する必要があります。Unless you are using the portal, programmatic access to your new service requires that you provide the URL endpoint and an authentication api-key.

  1. サービス概要ページの右側から、URL エンドポイントを探してコピーします。In the service overview page, locate and copy the URL endpoint on the right side of the page.

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウから [キー] を選択し、いずれかの管理者キー (どちらも働きは同じです) をコピーします。In the left navigation pane, select Keys and then copy either one of the admin keys (they are equivalent). ご利用のサービスのオブジェクトを作成、更新、削除するためには、管理者の API キーが必要です。Admin api-keys are required for creating, updating, and deleting objects on your service.

    URL エンドポイントを含むサービスの概要ページService overview page with URL endpoint

ポータル ベースのタスクにエンドポイントとキーは必要ありません。An endpoint and key are not needed for portal-based tasks. ポータルは、ご利用の Azure Cognitive Search リソースにあらかじめ管理者権限付きでリンクされています。The portal is already linked to your Azure Cognitive Search resource with admin rights. ポータルのチュートリアルについては、クイック スタート: ポータルで Azure Cognitive Search インデックスを作成する方法のページから始めてください。For a portal walkthrough, start with Quickstart: Create an Azure Cognitive Search index in the portal.

サービスを拡張するScale your service

サービスのプロビジョニングが完了したら、ニーズに合わせてサービスを拡張できます。After your service is provisioned, you can scale it to meet your needs. Azure Cognitive Search サービスの Standard レベルを選択している場合は、レプリカとパーティションの 2 つのディメンションでご利用のサービスをスケーリングできます。If you chose the Standard tier for your Azure Cognitive Search service, you can scale your service in two dimensions: replicas and partitions. Basic レベルを選択した場合は、レプリカのみ追加できます。Had you chosen the Basic tier, you can only add replicas. 無料サービスをプロビジョニングした場合、拡張は利用できません。If you provisioned the free service, scale is not available.

パーティションを使用すると、サービスでより多くのドキュメントを格納し、検索できます。Partitions allow your service to store and search through more documents.

レプリカを使用すると、より大きい検索クエリの負荷をサービスが処理できます。Replicas allow your service to handle a higher load of search queries.

リソースを追加すると、月ごとの請求が増加します。Adding resources increases your monthly bill. 料金計算ツールを使うと、リソース追加の課金への影響を把握できます。The pricing calculator can help you understand the billing ramifications of adding resources. 負荷に基づいてリソースを調整できることに注意してください。Remember that you can adjust resources based on load. たとえば、リソースを増やして完全な初期インデックスを作成した後、増分インデックス作成に適したレベルまでリソースを減らすことができます。For example, you might increase resources to create a full initial index, and then reduce resources later to a level more appropriate for incremental indexing.

  1. Azure Portal で検索サービス ページを開きます。Go to your search service page in the Azure portal.
  2. 左のナビゲーション ウィンドウで、 [設定] > [スケール] を選択します。In the left-navigation pane, select Settings > Scale.
  3. スライダーを使って、いずれかの種類のリソースを追加します。Use the slidebar to add resources of either type.

容量を追加するAdd capacity

注意

パーティションごとのストレージと速度がより高いレベルで向上します。Per-partition storage and speed increases at higher tiers. 詳細については、容量と制限に関するページをご覧ください。For more information, see capacity and limits.

2 番目のサービスの追加が必要になる状況When to add a second service

大半のお客様は、リソースの適切なバランスを提供する階層にプロビジョニングされたサービスを 1 つだけ使用します。Most customers use just one service provisioned at a tier providing the right balance of resources. 1 つのサービスで、相互に分離された複数のインデックスをホストできます。インデックスは、選択した階層の上限の対象になります。One service can host multiple indexes, subject to the maximum limits of the tier you select, with each index isolated from another. Azure Cognitive Search では、要求は 1 つのインデックスにのみ転送でき、同じサービス内の他のインデックスから偶発的または意図的にデータが取得される可能性が最小限に抑えられます。In Azure Cognitive Search, requests can only be directed to one index, minimizing the chance of accidental or intentional data retrieval from other indexes in the same service.

ほとんどのお客様はサービスを 1 つしか使いませんが、運用要件に次のことが含まれる場合、サービスの冗長性が必要になる場合があります。Although most customers use just one service, service redundancy might be necessary if operational requirements include the following:

  • 障害復旧 (データ センターの停止)。Disaster recovery (data center outage). Azure Cognitive Search では、停止時の即時フェールオーバーは提供されません。Azure Cognitive Search does not provide instant failover in the event of an outage. 推奨事項とガイダンスについては、「Azure Portal での Azure Search のサービス管理」をご覧ください。For recommendations and guidance, see Service administration.
  • マルチ テナント モデルの調査により、サービスを追加するのが最適な設計であると判断された場合。Your investigation of multi-tenancy modeling has determined that additional services is the optimal design. 詳しくは、「マルチテナント SaaS アプリケーションと Azure Search の設計パターン」をご覧ください。For more information, see Design for multi-tenancy.
  • グローバルにデプロイされるアプリケーションで、アプリケーションの国際トラフィックの待機時間を最小限に抑えるため、複数のリージョンに Azure Cognitive Search のインスタンスが必要な場合。For globally deployed applications, you might require an instance of Azure Cognitive Search in multiple regions to minimize latency of your application’s international traffic.

注意

Azure Cognitive Search では、インデックス作成とクエリの操作を分離することはできません。このため、ワークロードを分離するために複数のサービスを作成することはありません。In Azure Cognitive Search, you cannot segregate indexing and querying operations; thus, you would never create multiple services for segregated workloads. インデックスのクエリは常に、インデックスが作成されたサービスで行われます (あるサービスでインデックスを作成し、それを別のサービスにコピーすることはできません)。An index is always queried on the service in which it was created (you cannot create an index in one service and copy it to another).

高可用性のために 2 番目のサービスを作成する必要はありません。A second service is not required for high availability. クエリの高可用性は、同じサービスで 2 つ以上のレプリカを使用することにより実現されます。High availability for queries is achieved when you use 2 or more replicas in the same service. レプリカの更新はシーケンシャルです。つまり、サービスの更新が展開されているとき、少なくとも 1 つのレプリカが動作しています。アップタイムについて詳しくは、「サービス レベル アグリーメント」をご覧ください。Replica updates are sequential, which means at least one is operational when a service update is rolled out. For more information about uptime, see Service Level Agreements.

次の手順Next steps

Azure Cognitive Search サービスのプロビジョニングが完了した後、ポータル内で最初のインデックスの作成に進むことができます。After provisioning an Azure Cognitive Search service, you can continue in the portal to create your first index.