Windows Server 2008 を実行しているサーバーを Azure に移行するMigrate servers running Windows Server 2008 to Azure

このチュートリアルでは、Azure Site Recovery を使用して Windows Server 2008 または 2008 R2 を実行しているオンプレミスのサーバーを Azure に移行する方法を示します。This tutorial shows you how to migrate on-premises servers running Windows Server 2008 or 2008 R2 to Azure using Azure Site Recovery. このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • 移行対象のオンプレミス環境を準備するPrepare your on-premises environment for migration
  • ターゲット環境をセットアップするSet up the target environment
  • レプリケーション ポリシーを設定するSet up a replication policy
  • レプリケーションを有効にするEnable replication
  • テスト移行を実行して、すべて想定どおりに動作していることを確認するRun a test migration to make sure everything's working as expected
  • Azure にフェールオーバーして、移行を完了するFailover to Azure and complete the migration

「制限事項と既知の問題」セクションでは、いくつかの制限事項と、Windows Server 2008 マシンを Azure に移行する際に発生する可能性がある既知の問題の回避策を一覧に示しています。The limitations and known issues section, lists some of limitations and workarounds for known issues that you may encounter while migrating Windows Server 2008 machines to Azure.

サポートされているオペレーティング システムと環境Supported Operating Systems and environments

オペレーティング システムOperating System オンプレミスの環境On-premises environment
Windows Server 2008 SP2 - 32 ビットおよび 64 ビット(IA-32 および x86-64)Windows Server 2008 SP2 - 32 bit and 64 bit(IA-32 and x86-64)
- Standard- Standard
- Enterprise- Enterprise
- Datacenter- Datacenter
VMware VM、Hyper-V VM、および物理サーバーVMware VMs, Hyper-V VMs, and Physical Servers
Windows Server 2008 R2 SP1 - 64 bitWindows Server 2008 R2 SP1 - 64 bit
- Standard- Standard
- Enterprise- Enterprise
- Datacenter- Datacenter
VMware VM、Hyper-V VM、および物理サーバーVMware VMs, Hyper-V VMs, and Physical Servers

警告

  • Server Core を実行しているサーバーの移行は、サポートされていません。Migration of servers running Server Core is not supported.
  • 移行前に、最新の Service Pack と Windows 更新プログラムがインストールされていることを確認してください。Ensure that you have the latest service pack and Windows updates installed before migrating.

前提条件Prerequisites

開始する前に、VMware と物理サーバーの移行Hyper-V 仮想マシンの移行のための Azure Site Recovery アーキテクチャを確認することをお勧めします。Before you start, it's helpful to review the Azure Site Recovery architecture for VMware and Physical server migration or Hyper-V virtual machine migration

Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を実行している Hyper-V を移行するには、オンプレミス マシンを Azure に移行するチュートリアルの手順に従います。To migrate Hyper-V virtual machines running Windows Server 2008 or Windows Server 2008 R2, follow the steps in the migrate on-premises machines to Azure tutorial.

このチュートリアルの手順以外の部分では、オンプレミス VMware 仮想マシンと Windows Server 2008 または 2008 R2 を実行している物理サーバーを移行する方法を説明しています。The rest of this tutorial shows you how you can migrate on-premises VMware virtual machines and Physical servers running Windows Server 2008 or 2008 R2.

ヒント

VMware VM をエージェントレスで Azure に移行する方法については、Looking for an agentless way to migrate VMware VMs to Azure? ここをクリックしてください。Click here

制限事項と既知の問題Limitations and known issues

  • Windows Server 2008 SP2 サーバーの移行に使用される構成サーバー、追加のプロセス サーバー、およびモビリティ サービスは、Azure Site Recovery ソフトウェアのバージョン 9.19.0.0 以降を実行している必要があります。The Configuration Server, additional process servers, and mobility service used to migrate Windows Server 2008 SP2 servers should be running version 9.19.0.0 or later of the Azure Site Recovery software.

  • Windows Server 2008 SP2 を実行しているサーバーのレプリケーションでは、アプリケーション整合性復旧ポイントおよびマルチ VM 整合性機能はサポートされません。Application consistent recovery points and the multi-VM consistency feature are not supported for replication of servers running Windows Server 2008 SP2. Windows Server 2008 SP2 サーバーは、クラッシュ整合性復旧ポイントに移行する必要があります。Windows Server 2008 SP2 servers should be migrated to a crash consistent recovery point. クラッシュ整合性復旧ポイントは既定で、5 分ごとに生成されます。Crash consistent recovery points are generated every 5 minutes by default. 構成済みのアプリケーション整合性スナップショットの頻度を備えたレプリケーション ポリシーを使用すると、アプリケーション整合性復旧ポイントの不足が原因で、レプリケーションの正常性が致命的な状態に変わります。Using a replication policy with a configured application consistent snapshot frequency will cause replication health to turn critical due to the lack of application consistent recovery points. 誤検知を避けるために、レプリケーション ポリシーのアプリケーション整合性スナップショットの頻度を "オフ" に設定します。To avoid false positives, set the application-consistent snapshot frequency in the replication policy to "Off".

  • 移行されるサーバーは、モビリティ サービスが動作するように .NET Framework 3.5 Service Pack 1 を備えている必要があります。The servers being migrated should have .NET Framework 3.5 Service Pack 1 for the mobility service to work.

  • サーバーに動的ディスクがある場合、特定の構成では、フェイルオーバーされたサーバー上のこれらのディスクはオフラインとしてマークされ、形式の異なるディスクとして表示されることが確認できます。If your server has dynamic disks, you may notice in certain configurations, that these disks on the failed over server are marked offline or shown as foreign disks. また、複数の動的ディスクにわたるミラー ボリュームのミラー化設定ステータスは、"Failed redundancy"(冗長に失敗しました) とマークされます。You may also notice that the mirrored set status for mirrored volumes across dynamic disks is marked "Failed redundancy". これらのディスクを手動でインポートして再アクティブ化することで、diskmgmt.msc からこの問題を修正できます。You can fix this issue from diskmgmt.msc by manually importing these disks and reactivating them.

  • 移行されるサーバーは、vmstorfl.sys ドライバーを備えている必要があります。The servers being migrated should have the vmstorfl.sys driver. 移行されるサーバーにドライバーが存在しない場合、フェールオーバーに失敗することがあります。Failover may fail if the driver is not present in the server being migrated.

    ヒント

    ドライバーが "C:\Windows\system32\drivers\vmstorfl.sys" にあるかどうかを確認します。Check if the driver is present at "C:\Windows\system32\drivers\vmstorfl.sys" . ドライバーが見つからない場合は、適切な場所にダミー ファイルを作成することで、問題を回避できます。If the driver is not found, you can workaround the issue by creating a dummy file in place.

    コマンド プロンプトを開き ([実行] > [cmd])、"copy nul c:\Windows\system32\drivers\vmstorfl.sys" を実行します。Open command prompt (run > cmd) and run the following: "copy nul c:\Windows\system32\drivers\vmstorfl.sys"

  • フェールオーバーされた後、または Azure へのフェール オーバーをテストした後に、32 ビットのオペレーティング システムを実行している Windows Server 2008 SP2 サーバーに対して、すぐに RDP できない場合があります。You may be unable to RDP to Windows Server 2008 SP2 servers running the 32-bit operating system immediately after they are failed over or test failed over to Azure. Azure Portal からフェールオーバーした仮想マシンを再起動し、接続を再試行します。Restart the failed over virtual machine from the Azure portal and try connecting again. まだ接続できない場合は、リモート デスクトップ接続を許可するようにサーバーが構成されているかどうかをチェックし、接続をブロックするファイアウォール ルールまたはネットワーク セキュリティ グループがないことを確認します。If you are still unable to connect, check if the server is configured to allow remote desktop connections, and ensure that there are no firewall rules or network security groups blocking the connection.

    ヒント

    サーバーを移行する前に、テスト フェールオーバーを行うことを強くお勧めします。A test failover is highly recommended before migrating servers. 移行中の各サーバー上で少なくとも 1 回、正常にテスト フェールオーバーを実行したことを確認します。Ensure that you've performed at least one successful test failover on each server that you are migrating. テスト フェールオーバーの一環として、テスト フェールオーバーのマシンに接続して、期待通りに動作することを確認します。As part of the test failover, connect to the test failed over machine and ensure things work as expected.

    テスト フェールオーバー操作は中断がなく、選択した分離ネットワークに仮想マシンを作成することで、移行のテストを支援します。The test failover operation is non-disruptive and helps you test migrations by creating virtual machines in an isolated network of your choice. フェールオーバー操作とは異なり、テスト フェールオーバー操作中は、データ レプリケーションは進行を続けます。Unlike the failover operation, during the test failover operation, data replication continues to progres. 移行の準備が整う前に、好きな回数だけ、テスト フェールオーバーを実行できます。You can perform as many test failovers as you like before you are ready to migrate.

使用の開始Getting started

次のタスクを実行して、Azure サブスクリプションおよびオンプレミス VMware/物理環境を準備します。Perform the following tasks to prepare the Azure subscription and on-premises VMware/Physical environment:

  1. Azure を準備するPrepare Azure
  2. オンプレミスの VMware を準備するPrepare on-premises VMware

Recovery Services コンテナーを作成するCreate a Recovery Services vault

  1. Azure Portal > Recovery Services にサインインします。Sign in to the Azure portal > Recovery Services.

  2. [リソースの作成] > [管理ツール] > [Backup and Site Recovery] の順にクリックします。Click Create a resource > Management Tools > Backup and Site Recovery.

  3. [名前] に、フレンドリ名 W2K8-migration を指定します。In Name, specify the friendly name W2K8-migration. 複数のサブスクリプションがある場合は、適切なものを選択します。If you have more than one subscription, select the appropriate one.

  4. リソース グループ w2k8migrate を作成します。Create a resource group w2k8migrate.

  5. Azure リージョンを指定します。Specify an Azure region. サポートされているリージョンを確認するには、Azure Site Recovery の価格の詳細に関するページでご利用可能な地域をご覧ください。To check supported regions, see geographic availability in Azure Site Recovery Pricing Details.

  6. ダッシュボードからコンテナーにすばやくアクセスするには、 [ダッシュボードにピン留めする][作成] の順にクリックします。To quickly access the vault from the dashboard, click Pin to dashboard and then click Create.

    新しいコンテナー

新しいコンテナーは、 [ダッシュボード][すべてのリソース] と、メインの [Recovery Services コンテナー] ページに追加されます。The new vault is added to the Dashboard under All resources, and on the main Recovery Services vaults page.

移行対象のオンプレミス環境を準備するPrepare your on-premises environment for migration

ターゲット環境をセットアップするSet up the target environment

ターゲット リソースを選択して確認します。Select and verify target resources.

  1. [インフラストラクチャの準備] > [ターゲット] の順にクリックし、使用する Azure サブスクリプションを選択します。Click Prepare infrastructure > Target, and select the Azure subscription you want to use.
  2. Resource Manager デプロイ モデルを指定します。Specify the Resource Manager deployment model.
  3. Site Recovery によって、互換性のある Azure ストレージ アカウントとネットワークが 1 つ以上あるかどうかが確認されます。Site Recovery checks that you have one or more compatible Azure storage accounts and networks.

レプリケーション ポリシーを設定するSet up a replication policy

  1. 新しいレプリケーション ポリシーを作成するには、 [Site Recovery インフラストラクチャ] > [レプリケーション ポリシー] > [+ レプリケーション ポリシー] の順にクリックします。To create a new replication policy, click Site Recovery infrastructure > Replication Policies > +Replication Policy.
  2. [レプリケーション ポリシーの作成] で、ポリシー名を指定します。In Create replication policy, specify a policy name.
  3. [RPO しきい値] で、復旧ポイントの目標 (RPO) の上限を指定します。In RPO threshold, specify the recovery point objective (RPO) limit. レプリケーション RPO がこの制限を超えると、アラートが生成されます。An alert is generated if the replication RPO exceeds this limit.
  4. [復旧ポイントの保持期間] で、各復旧ポイントのリテンション期間の長さ (時間単位) を指定します。In Recovery point retention, specify how long (in hours) the retention window is for each recovery point. レプリケートされたサーバーは、この期間内の任意の時点に復旧できます。Replicated servers can be recovered to any point in this window. Premium Storage にレプリケートされたマシンでは最大 24 時間のリテンション期間がサポートされ、Standard Storage の場合は 72 時間です。Up to 24 hours retention is supported for machines replicated to premium storage, and 72 hours for standard storage.
  5. [アプリ整合性スナップショットの頻度] で、 [オフ] を指定します。In App-consistent snapshot frequency, specify Off. [OK] をクリックしてポリシーを作成します。Click OK to create the policy.

このポリシーは自動的に構成サーバーに関連付けられます。The policy is automatically associated with the configuration server.

警告

レプリケーション ポリシーのアプリ整合性スナップショットの頻度の設定で、 [オフ] を指定していることを確認してください。Ensure that you specify OFF in the App-consistent snapshot frequency setting of the replication policy. Windows Server 2008 を実行しているサーバーのレプリケート時は、クラッシュ整合性復旧ポイントだけがサポートされます。Only crash-consistent recovery points are supported while replicating servers running Windows Server 2008. アプリ整合性スナップショットの頻度にその他の値を指定すると、アプリケーション整合性復旧ポイントの不足が原因で、サーバーのレプリケーションの正常性が致命的な状態に変わり、エラーのアラートが発生します。Specifying any other value for the App-consistent snapshot frequency will result in false alerts by turning replication health of the server critical due to lack of App-consistent recovery points.

レプリケーション ポリシーの作成

レプリケーションを有効にするEnable replication

Windows Server 2008 SP2 / Windows Server 2008 R2 SP1 サーバーが移行されるように、レプリケーションを有効にしますEnable replication for the Windows Server 2008 SP2 / Windows Server 2008 R2 SP1 server to be migrated.

物理サーバーを追加する

レプリケーションを有効にする

テスト移行を実行するRun a test migration

初期レプリケーションが完了し、サーバーのステータスが [保護済み] に変わった後、サーバーのレプリケーションのテスト フェールオーバーを実行できます。You can perform a test failover of replicating servers after initial replication completes and the server status turns to Protected.

Azure へのテスト フェールオーバーを実行して、すべて想定どおりに動作していることを確認します。Run a test failover to Azure, to make sure everything's working as expected.

[テスト フェールオーバー]

Azure への移行Migrate to Azure

移行するマシンのフェールオーバーを実行します。Run a failover for the machines you want to migrate.

  1. [設定] > [レプリケートされたアイテム] で、[マシン] > [フェールオーバー] をクリックします。In Settings > Replicated items click the machine > Failover.

  2. [フェールオーバー] で、フェールオーバーする復旧ポイントを選択します。In Failover select a Recovery Point to fail over to. 最新の復旧ポイントを選択します。Select the latest recovery point.

  3. [フェールオーバーを開始する前にマシンをシャットダウンします] を選択します。Select Shut down machine before beginning failover. Site Recovery は、フェールオーバーを開始する前にサーバーをシャットダウンしようとします。Site Recovery will attempt to shut down the server before triggering the failover. 仮にシャットダウンが失敗したとしても、フェールオーバーは続行されます。Failover continues even if shutdown fails. フェールオーバーの進行状況は [ジョブ] ページで確認できます。You can follow the failover progress on the Jobs page.

  4. 想定どおりに Azure VM が Azure に表示されることを確認します。Check that the Azure VM appears in Azure as expected.

  5. [レプリケートされたアイテム] でサーバーを右クリックし、 [移行の完了] を選択します。In Replicated items, right-click the server > Complete Migration. 次の処理が実行されます。This does the following:

    • 移行プロセスが終了し、サーバーのレプリケーションが停止して、そのサーバーでの Site Recovery の課金が停止します。Finishes the migration process, stops replication for the server, and stops Site Recovery billing for the serve.
    • この手順でレプリケーション データがクリーンアップされます。This step cleans up the replication data. 移行した VM は削除されません。It doesn't delete the migrated VMs.

    移行の完了

警告

進行中のフェールオーバーを取り消さないでください: フェールオーバーが開始される前に、サーバーのレプリケーションが停止されます。Don't cancel a failover in progress: Server replication is stopped before failover starts. 進行中のフェールオーバーを取り消すと、フェールオーバーは停止しますが、サーバーによるレプリケーションが続行されなくなります。If you cancel a failover in progress, failover stops, but the server won't continue to replicate.