VMware VM から Azure へのディザスター リカバリーの概要About disaster recovery of VMware VMs to Azure

この記事では、Azure Site Recovery サービスを使用したオンプレミスの VMware VM から Azure へのディザスター リカバリーの概要について説明します。This article provides an overview of disaster recovery for on-premises VMware VMs to Azure using the Azure Site Recovery service.

BCDR とはWhat is BCDR?

事業継続とディザスター リカバリー (BCDR) 戦略は、ビジネスを維持するために役立ちます。A business continuity and disaster recovery (BCDR) strategy helps keep your business up and running. 計画されたダウンタイム時と予想外の停止時に、BCDR はデータの安全性と可用性を維持し、アプリケーションの継続的な実行を確保します。During planned downtime and unexpected outages, BCDR keeps data safe and available, and ensures that apps continue running. リージョンのペアリングや高可用性ストレージなどのプラットフォーム BCDR 機能に加え、Azure は BCDR ソリューションの重要な部分として Recovery Services を提供しています。In addition to platform BCDR features such as regional pairing, and high availability storage, Azure provides Recovery Services as an integral part of your BCDR solution. Recovery Services には以下が含まれています。Recovery services include:

  • Azure Backup: オンプレミスと Azure VM のデータをバックアップします。Azure Backup backs up your on-premises and Azure VM data. ファイルとフォルダー、特定のワークロード、または VM 全体をバックアップできます。You can back up a file and folders, specific workloads, or an entire VM.
  • Azure Site Recovery: オンプレミス マシンまたは Azure IaaS VM 上で実行されているアプリとワークロードに復元機能とディザスター リカバリー機能を提供します。Azure Site Recovery provides resilience and disaster recovery for apps and workloads running on on-premises machines, or Azure IaaS VMs. Site Recovery は、障害の発生時にレプリケーションを調整して Azure へのフェールオーバーを処理します。Site Recovery orchestrates replication, and handles failover to Azure when outages occur. また、Azure からプライマリ サイトへの復旧も処理します。It also handles recovery from Azure to your primary site.

Site Recovery によるディザスター リカバリーのしくみHow does Site Recovery do disaster recovery?

  1. Azure とオンプレミス サイトを準備したら、オンプレミス マシンのレプリケーションを設定して有効にします。After preparing Azure and your on-premises site, you set up and enable replication for your on-premises machines.
  2. Site Recovery によって、ポリシー設定に従ってマシンの最初のレプリケーションが調整されます。Site Recovery orchestrates initial replication of the machine, in accordance with your policy settings.
  3. 最初のレプリケーション後は、Site Recovery によって差分の変更が Azure にレプリケートされます。After the initial replication, Site Recovery replicates delta changes to Azure.
  4. すべてが想定どおりにレプリケートされたら、ディザスター リカバリー訓練を実行します。When everything's replicating as expected, you run a disaster recovery drill.
    • 訓練によって、実際に必要になったときに想定どおりにフェールオーバーが機能することを確認できます。The drill helps ensure that failover will work as expected when a real need arises.
    • 訓練では、運用環境に影響を与えずにテスト フェールオーバーを実行します。The drill performs a test failover without impacting your production environment.
  5. 障害が発生した場合、Azure への完全なフェールオーバーを実行します。If an outage occurs, you run a full failover to Azure. 1 台のマシンをフェールオーバーすることも、複数のマシンを同時にフェールオーバーする復旧プランを作成することもできます。You can fail over a single machine, or you can create a recovery plan that fails over multiple machines at the same time.
  6. フェールオーバー時に、Azure VM はマネージド ディスクまたはストレージ アカウントの VM データから作成されます。On failover, Azure VMs are created from the VM data in Managed disks or storage accounts. ユーザーは、引き続き Azure VM からアプリケーションとワークロードにアクセスできます。Users can continue accessing apps and workloads from the Azure VM
  7. オンプレミス サイトが再び使用可能になったら、Azure からフェールバックします。When your on-premises site is available again, you fail back from Azure.
  8. フェールバックし、再びプライマリ サイトから作業した後に、またオンプレミス VM から Azure へのレプリケートを開始します。After you fail back and are working from your primary site once more, you start replicating on-premises VMs to Azure again.

自分の環境が Azure へのディザスター リカバリーに適しているかどうかを確認する方法How do I know if my environment is suitable for disaster recovery to Azure?

Site Recovery を使用して、サポートされている VMware VM または物理サーバー上で実行されているワークロードをレプリケートできます。Site Recovery can replicate any workload running on a supported VMware VM or physical server. 環境について、次の点を確認する必要があります。Here are the things you need to check in your environment:

  • VMware VM をレプリケートする場合は、適切なバージョンの VMware 仮想化サーバーを実行していますか。If you're replicating VMware VMs, are you running the right versions of VMware virtualization servers? ここで確認してください。Check here.
  • レプリケートするマシンは、サポートされているオペレーティング システムを実行していますか。Are the machines you want to replicate running a supported operating system? ここで確認してください。Check here.
  • Linux のディザスター リカバリーの場合、マシンはサポートされているファイル システム/ゲスト ストレージを実行していますか。For Linux disaster recovery, are machines running a supported file system/guest storage? ここで確認してください。Check here
  • レプリケートするマシンは Azure の要件に準拠していますか。Do the machines you want to replicate comply with Azure requirements? ここで確認してください。Check here.
  • ネットワーク構成はサポートされていますか。Is your network configuration supported? ここで確認してください。Check here.
  • ストレージ構成はサポートされていますか。Is your storage configuration supported? ここで確認してください。Check here.

開始する前に必要な Azure の設定内容What do I need to set up in Azure before I start?

Azure では、以下を準備する必要があります。In Azure you need to prepare the following:

  1. Azure に VM を作成するアクセス許可が Azure アカウントにあることを確認します。Verify that your Azure account has permissions to create VMs in Azure.
  2. フェールオーバー後に Azure VM がストレージ アカウントまたはマネージド ディスクから作成されるときに参加する Azure ネットワークを作成します。Create an Azure network that Azure VMs will join when they're created from storage accounts or managed disks after failover.
  3. Site Recovery の Azure Recovery Services コンテナーを設定します。Set up an Azure Recovery Services vault for Site Recovery. コンテナーは Azure portal にあります。コンテナーは、Site Recovery のデプロイ、構成、調整、監視、およびトラブルシューティングに使用します。The vault resides in the Azure portal, and is used to deploy, configure, orchestrate, monitor, and troubleshoot your Site Recovery deployment.

さらにサポートが必要な場合Need more help?

Azure の設定方法については、アカウントの確認、ネットワークの作成、コンテナーの設定に関するページを参照してください。Learn how to set up Azure by verifying your account, creating a network, and setting up a vault.

開始する前に必要なオンプレミスの設定内容What do I need to set up on-premises before I start?

オンプレミスで実行する必要があることを次に示します。On-premises here's what you need to do:

  1. いくつかのアカウントを設定する必要があります。You need to set up a couple of accounts:

    • VMware VM をレプリケートする場合は、Site Recovery が vCenter Server または vSphere ESXi ホストにアクセスして VM を自動的に検出できるアカウントが必要です。If you're replicating VMware VMs, an account is needed for Site Recovery to access vCenter Server or vSphere ESXi hosts to automatically discover VMs.
    • レプリケートする各物理マシンまたは VM に Site Recovery Mobility サービス エージェントをインストールするアカウントが必要です。An account is needed to install the Site Recovery Mobility service agent on each physical machine or VM you want to replicate.
  2. VMware インフラストラクチャの互換性をまだ確認していない場合は、確認する必要があります。You need to check the compatibility of your VMware infrastructure if you didn't previously do that.

  3. フェールオーバー後に Azure VM に接続できることを確認します。Ensure that you can connect to Azure VMs after a failover. オンプレミスの Windows マシンには RDP を、Linux マシンには SSH を設定します。You set up RDP on on-premises Windows machines, or SSH on Linux machines.

さらにサポートが必要な場合Need more help?

ディザスター リカバリーを設定する方法How do I set up disaster recovery?

Azure とオンプレミスのインフラストラクチャの準備が完了したら、ディザスター リカバリーを設定できます。After you have your Azure and on-premises infrastructure in place, you can set up disaster recovery.

  1. デプロイする必要があるコンポーネントについては、「VMware から Azure へのレプリケーション アーキテクチャ」と「物理サーバーから Azure へのレプリケーション アーキテクチャ」を参照してください。To understand the components that you'll need to deploy, review the VMware to Azure architecture, and the physical to Azure architecture. 多数のコンポーネントがあるので、どのように組み合わせられるかを理解することが重要です。There are a number of components, so it's important to understand how they all fit together.
  2. ソース環境:デプロイの第一歩として、レプリケーションのソース環境を設定します。Source environment: As a first step in deployment, you set up your replication source environment. レプリケート対象とレプリケート先を指定します。You specify what you want to replicate, and where you want to replicate to.
  3. 構成サーバー:オンプレミスのソース環境に構成サーバーを設定する必要があります。Configuration server: You need to set up a configuration server in your on-premises source environment:
    • 構成サーバーは、単一のオンプレミス マシンです。The configuration server is a single on-premises machine. VMware のディザスター リカバリーの場合は、ダウンロード可能な OVF テンプレートからデプロイできる VMware VM としてデプロイすることをお勧めします。For VMware disaster recovery, we recommend that you deploy it as a VMware VM that can be deployed from a downloadable OVF template.
    • 構成サーバーは、オンプレミスと Azure の間の通信を調整します。The configuration server coordinates communications between on-premises and Azure
    • その他のいくつかのコンポーネントは、構成サーバー マシン上で実行されます。A couple of other components run on the configuration server machine.
      • プロセス サーバーは、レプリケーション データを受け取り、最適化して、Azure のキャッシュ ストレージ アカウントに送信します。The process server receives, optimizes, and sends replication data to cache storage account in Azure. また、レプリケートするマシン上のモビリティ サービスの自動インストールを処理し、VMware サーバー上で VM の自動検出を実行します。It also handles automatic installation of the Mobility service on machines you want to replicate, and performs automatic discovery of VMs on VMware servers.
      • マスター ターゲット サーバーは、Azure からのフェールバック中にレプリケーション データを処理します。The master target server handles replication data during failback from Azure.
    • 設定には、構成サーバーのコンテナーへの登録、MySQL Server と VMware PowerCLI のダウンロード、自動検出用とモビリティ サービスのインストール用に作成したアカウントの指定などがあります。Set up includes registering the configuration server in the vault, downloading MySQL Server and VMware PowerCLI, and specifying the accounts created for automatic discovery and Mobility service installation.
  4. ターゲット環境:Azure サブスクリプションおよびネットワーク設定を指定して、ターゲットの Azure 環境を設定します。Target environment: You set up your target Azure environment by specifying your Azure subscription and network settings.
  5. レプリケーション ポリシー:レプリケーションの実行方法を指定します。Replication policy: You specify how replication should occur. 設定には、復旧ポイントを作成および保存する頻度、アプリ整合性スナップショットを作成するかどうかなどがあります。Settings include how often recovery points are created and stored, and whether app-consistent snapshots should be created.
  6. レプリケーションを有効にしますEnable replication. オンプレミス マシンのレプリケーションを有効にします。You enable replication for on-premises machines. モビリティ サービスをインストールするためのアカウントを作成した場合、マシンのレプリケーションを有効にすると、インストールされます。If you created an account to install the Mobility service, then it will be installed when you enable replication for a machine.

さらにサポートが必要な場合Need more help?

  • これらの手順の簡単なチュートリアルについては、VMware のチュートリアル物理サーバーのチュートリアルを試してみてください。For a quick walkthrough of these steps, you can try out our VMware tutorial, and physical server walkthrough.
  • ソース環境の設定の詳細については、こちらを参照してください。Learn more about setting up your source environment.
  • 構成サーバーの要件と、VMware レプリケーション用の OVF テンプレートを使用した構成サーバーの設定については、こちらを参照してください。Learn about configuration server requirements, and setting up the configuration server with an OVF template for VMware replication. 何らかの理由でテンプレートを使用できない場合、または物理サーバーをレプリケートしている場合は、こちらの手順を実行してくださいIf for some reason you can't use a template, or you're replicating physical servers, use these instructions.
  • ターゲットの設定の詳細については、こちらを参照してください。Learn more about target settings.
  • レプリケーション ポリシーの設定の詳細については、こちらを参照してください。Get more information about setting up a replication policy.
  • レプリケーションを有効にする方法についてはこちら、レプリケーションからディスクを除外する方法についてはこちらを参照してください。Learn how to enable replication, and exclude disks from replication.

問題が発生した場合のトラブルシューティング方法Something went wrong, how do I troubleshoot?

  • まず、デプロイを監視して、レプリケートされた項目、ジョブ、インフラストラクチャの問題の状態を確認し、エラーを特定します。As a first step, try monitoring your deployment to verify the status of replicated items, jobs, and infrastructure issues, and identify any errors.
  • 初回のレプリケーションを完了できない場合、または進行中のレプリケーションが想定どおりに機能しない場合は、こちらの記事で一般的なエラーとトラブルシューティングのヒントを確認します。If you're unable to complete the initial replication, or ongoing replication isn't working as expected, review this article for common errors and troubleshooting tips.
  • レプリケートするマシンにモビリティ サービスを自動インストールする際に問題がある場合は、こちらの記事で一般的なエラーを確認します。If you're having issues with the automatic installation of the Mobility service on machines you want to replicate, review common errors in this article.
  • フェールオーバーが想定どおりに機能しない場合は、こちらの記事で一般的なエラーを確認します。If failover isn't working as expected, check common errors in this article.
  • フェールバックが機能していない場合は、こちらの記事に問題が記載されているかどうかを確認します。If failback isn't working, check whether your issue appears in this article.

次の手順Next steps

レプリケーションの準備が完了したら、ディザスター リカバリー訓練を実行して、フェールオーバーが想定どおりに機能することを確認します。With replication now in place, you should run a disaster recovery drill to ensure that failover works as expected.