構成サーバーをデプロイするDeploy a configuration server

Azure への VMware 仮想マシンと物理サーバーのディザスター リカバリーに Azure Site Recovery を使うときは、オンプレミスの構成サーバーを展開します。You deploy an on-premises configuration server when you use Azure Site Recovery for disaster recovery of VMware VMs and physical servers to Azure. 構成サーバーは、オンプレミスの VMware と Azure の間の通信を調整します。The configuration server coordinates communications between on-premises VMware and Azure. データのレプリケーションも管理します。It also manages data replication. この記事では、VMware VM を Azure にレプリケートするときの構成サーバーの展開に必要な手順について説明します。This article walks you through the steps needed to deploy the configuration server when you're replicating VMware VMs to Azure. 物理サーバーのレプリケーション用に構成サーバーを設定する必要がある場合は、こちらの記事に従ってくださいFollow this article if you need to set up a configuration server for physical server replication.

ヒント

Azure Site Recovery アーキテクチャの一部としての構成サーバーの役割については、こちらを参照してください。You can learn about the role of Configuration server as part of Azure Site Recovery architecture here.

OVA テンプレートを使用する構成サーバーのデプロイDeployment of configuration server through OVA template

構成サーバーは、特定の最小限のハードウェアおよびサイズ要件に基づいて、高可用性 VMware VM として設定する必要があります。Configuration server must be set up as a highly available VMware VM with certain minimum hardware and sizing requirements. 便利で簡単なデプロイを実現するために、Site Recovery では、以下にリストされているすべての必須要件に準拠する構成サーバーを設定するためのダウンロード可能な OVA (Open Virtualization Application) テンプレートが提供されます。For convenient and easy deployment, Site Recovery provides a downloadable OVA (Open Virtualization Application) template to set up the configuration server that complies with all the mandated requirements listed below.

前提条件Prerequisites

構成サーバーの最小限のハードウェア要件を次の表にまとめます。Minimum hardware requirements for a configuration server are summarized in the following table.

構成/プロセス サーバー要件Configuration/Process server requirements

コンポーネントComponent 要件Requirement
ハードウェアの設定HARDWARE SETTINGS
CPU コア数CPU cores 88
RAMRAM 16 GB16 GB
ディスクの数Number of disks 3、OS ディスク、プロセス サーバーのキャッシュ ディスク、フェールバック用リテンション ドライブを含みます3, including the OS disk, process server cache disk, and retention drive for failback
ディスクの空き領域 (プロセス サーバー キャッシュ)Free disk space (process server cache) 600 GB600 GB
ディスクの空き領域 (リテンション ディスク)Free disk space (retention disk) 600 GB600 GB
ソフトウェアの設定SOFTWARE SETTINGS
オペレーティング システムOperating system Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016Windows Server 2016
オペレーティング システムのロケールOperating system locale 英語 (en-us)English (en-us)
Windows Server の役割Windows Server roles これらの役割を有効にしないでください。Don't enable these roles:
- Active Directory Domain Services- Active Directory Domain Services
- インターネット インフォメーション サービス- Internet Information Services
- Hyper-V- Hyper-V
グループ ポリシーGroup policies これらのグループ ポリシーを有効にしないでください。Don't enable these group policies:
- コマンド プロンプトへのアクセス禁止。- Prevent access to the command prompt.
- レジストリ編集ツールへのアクセス禁止。- Prevent access to registry editing tools.
- ファイル添付の信頼ロジック。- Trust logic for file attachments.
- スクリプト実行の有効化。- Turn on Script Execution.
詳細情報Learn more
IISIIS - 既存の Web サイトが存在しない- No pre-existing default website
- ポート 443 でリッスンしている既存の Web サイト/アプリケーションが存在しない- No preexisting website/application listening on port 443
- 匿名認証を有効にする- Enable anonymous authentication
- FastCGI 設定を有効にする- Enable FastCGI setting
ネットワークの設定NETWORK SETTINGS
IP アドレスの種類IP address type 静的Static
PortPorts 443 (コントロール チャネルのオーケストレーション)443 (Control channel orchestration)
9443 (データ転送)9443 (Data transport)
NIC の種類NIC type VMXNET3 (構成サーバーが VMware VM である場合)VMXNET3 (if the Configuration Server is a VMware VM)
インターネット アクセス (サーバーは、次の URL にアクセスする必要があります (直接またはプロキシ経由))。Internet access (The server needs access to following URLs - directly or via proxy):
*.backup.windowsazure.com*.backup.windowsazure.com レプリケートされたデータの転送と調整に使用Used for replicated data transfer and coordination
*.store.core.windows.net*.store.core.windows.net レプリケートされたデータの転送と調整に使用Used for replicated data transfer and coordination
*.blob.core.windows.net*.blob.core.windows.net レプリケートされたデータを格納するストレージ アカウントへのアクセスに使用Used to access storage account that stores replicated data
*.hypervrecoverymanager.windowsazure.com*.hypervrecoverymanager.windowsazure.com レプリケーション管理操作と調整に使用Used for replication management operations and coordination
https://management.azure.comhttps://management.azure.com レプリケーション管理操作と調整に使用Used for replication management operations and coordination
*.services.visualstudio.com*.services.visualstudio.com テレメトリの目的で使用 (省略可能)Used for telemetry purposes (It is optional)
time.nist.govtime.nist.gov システム時刻とグローバル時刻間の時刻同期の確認に使用。Used to check time synchronization between system and global time.
time.windows.comtime.windows.com システム時刻とグローバル時刻間の時刻同期の確認に使用。Used to check time synchronization between system and global time.
  • https://login.microsoftonline.comhttps://login.microsoftonline.com
  • https://secure.aadcdn.microsoftonline-p.comhttps://secure.aadcdn.microsoftonline-p.com
  • https://login.live.comhttps://login.live.com
  • https://graph.windows.nethttps://graph.windows.net
  • https://login.windows.nethttps://login.windows.net
  • https://www.live.comhttps://www.live.com
  • https://www.microsoft.comhttps://www.microsoft.com
OVF のセットアップでは、次の URL にアクセスできる必要があります。OVF set up needs access to these URLs. Azure Active Directory によるアクセス制御と ID 管理に使用されます。They are used for access control and identity management by Azure Active Directory
https://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQLInstaller/mysql-installer-community-5.7.20.0.msihttps://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQLInstaller/mysql-installer-community-5.7.20.0.msi MySQL のダウンロードを完了するためのものですTo complete MySQL download
インストールするソフトウェアSOFTWARE TO INSTALL
VMware vSphere PowerCLIVMware vSphere PowerCLI VMware 仮想マシン上で構成サーバーが実行されている場合は、PowerCLI バージョン 6.0 をインストールする必要があります。PowerCLI version 6.0 should be installed if the Configuration Server is running on a VMware VM.
MYSQLMYSQL MySQL をインストールする必要があります。MySQL should be installed. 手動でインストールするか、または Site Recovery によってインストールすることができます。You can install manually, or Site Recovery can install it. (詳細については、「 設定の構成」を参照してください)(Refer to configure settings for more information)

構成/プロセス サーバーのサイズ要件Configuration/Process server sizing requirements

CPUCPU メモリMemory キャッシュ ディスクCache disk データの変更率Data change rate レプリケートされたマシンReplicated machines
8 vCPU8 vCPUs

2 ソケット * 4 コア @ 2.5 GHz2 sockets * 4 cores @ 2.5 GHz
16GB16GB 300 GB300 GB 500 GB 以下500 GB or less 100 台未満のマシン< 100 machines
12 vCPU12 vCPUs

2 ソケット * 6 コア @ 2.5 GHz2 socks * 6 cores @ 2.5 GHz
18 GB18 GB 600 GB600 GB 500 GB ~ 1 TB500 GB-1 TB 100 ~ 150 台のマシン100 to 150 machines
16 vCPU16 vCPUs

2 ソケット * 8 コア @ 2.5 GHz2 socks * 8 cores @ 2.5 GHz
32 GB32 GB 1 TB (テラバイト)1 TB 1 ~ 2 TB1-2 TB 150 ~ 200 台のマシン150 -200 machines

Azure Active Directory アクセス許可の要件Azure Active Directory permission requirements

Azure Site Recovery サービスに構成サーバーを登録するには、AAD (Azure Active Directory) で設定された次のいずれかのアクセス許可を持つユーザーが必要です。You require a user with one of the following permissions set in AAD (Azure Active Directory) to register configuration server with Azure Site Recovery services.

  1. ユーザーは、アプリケーションを作成するために、"アプリケーション開発者" ロールを持つ必要があります。User should have “Application developer” role to create application.

    1. 確認するには、Azure portal にサインインするTo verify, Sign in to Azure portal
    2. [Azure Active Directory] > [ロールと管理者] の順に移動するNavigate to Azure Active Directory > Roles and administrators
    3. "アプリケーション開発者" ロールがユーザーに割り当てられているかどうかを確認します。Verify if "Application developer" role is assigned to the user. 割り当てられていない場合、このアクセス許可を持つユーザーを使用するか、アクセス許可の有効化を管理者に要求します。If not, use a user with this permission or reach out to administrator to enable the permission.
  2. "アプリケーション開発者" ロールを割り当てることができない場合は、ID を作成するユーザーで、[ユーザーはアプリケーションを登録できる] が [はい] に設定されていることを確認します。If the "Application developer" role cannot be assigned, ensure that "User can register application” flag is set as true for user to create identity. 上記のアクセス許可を有効にするには、次の手順を実行します。To enable above permissions,

    1. Azure Portal にサインインするSign in to Azure portal

    2. [Azure Active Directory]、[ユーザー設定] の順に移動するNavigate to Azure Active Directory > User settings

    3. [アプリの登録] で、[ユーザーはアプリケーションを登録できる] を [はい] に設定する必要があります。Under **App registrations", "Users can register applications" should be chosen as "Yes".

      AAD_application_permission

注意

Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) はサポートされていません。Active Directory Federation Services(ADFS) is not supported. Azure Active Directory で管理されているアカウントを使用してください。Please use an account managed through Azure Active Directory.

容量計画Capacity planning

構成サーバーのサイズ要件は、潜在的なデータ変更率に依存します。The sizing requirements for the configuration server depend on the potential data change rate. 次の表を参考にしてください。Use this table as a guide.

CPUCPU メモリMemory キャッシュ ディスク サイズCache disk size データの変更率Data change rate 保護されたマシンProtected machines
8 vCPU (2 ソケット * 4 コア @ 2.5 GHz)8 vCPUs (2 sockets * 4 cores @ 2.5 GHz) 16 GB16 GB 300 GB300 GB 500 GB 以下500 GB or less 100 台未満のマシンをレプリケートします。Replicate fewer than 100 machines.
12 vCPU (2 ソケット * 6 コア @ 2.5 GHz)12 vCPUs (2 sockets * 6 cores @ 2.5 GHz) 18 GB18 GB 600 GB600 GB 500 GB ~ 1 TB500 GB to 1 TB 100 ~ 150 台のマシンをレプリケートします。Replicate 100-150 machines.
16 vCPU (2 ソケット * 8 コア @ 2.5 GHz)16 vCPUs (2 sockets * 8 cores @ 2.5 GHz) 32 GB32 GB 1 TB (テラバイト)1 TB 1 TB ~ 2 TB1 TB to 2 TB 150 ~ 200 台のマシンをレプリケートします。Replicate 150-200 machines.

複数の VMware VM をレプリケートする場合は、容量計画に関する考慮事項を参照してください。If you're replicating more than one VMware VM, read capacity planning considerations. VMware のレプリケーションの場合は Deployment Planner ツールを実行します。Run the Deployment planner tool for VMWare replication.

テンプレートをダウンロードするDownload the template

  1. コンテナーで、 [インフラストラクチャの準備] > [ソース] の順に移動します。In the vault, go to Prepare Infrastructure > Source.

  2. [ソースの準備][+ 構成サーバー] を選びます。In Prepare source, select +Configuration server.

  3. [サーバーの追加] で、 [サーバーの種類][VMware の構成サーバー] が表示されていることを確認します。In Add Server, check that Configuration server for VMware appears in Server type.

  4. 構成サーバー用の Open Virtualization Application (OVA) テンプレートをダウンロードします。Download the Open Virtualization Application (OVA) template for the configuration server.

    ヒント

    構成サーバー テンプレートの最新バージョンは、Microsoft ダウンロード センターから直接ダウンロードすることもできます。You can also download the latest version of the configuration server template directly from Microsoft Download Center.

注意

OVA テンプレートに付属するライセンスは、180 日間有効な評価版ライセンスです。The license provided with OVA template is an evaluation license valid for 180 days. この期間が経過した後は、入手済みのライセンスを使用して Windows のライセンス認証をユーザーが行う必要があります。Post this period, customer needs to activate the windows with a procured license.

VMware にテンプレートをインポートするImport the template in VMware

  1. VMWare vSphere Client を使って、VMware vCenter サーバーまたは vSphere ESXi ホストにサインインします。Sign in to the VMware vCenter server or vSphere ESXi host by using the VMWare vSphere Client.

  2. [File](ファイル) メニューの [Deploy OVF Template](OVF テンプレートのデプロイ) を選び、Deploy OVF Template (OVF テンプレートのデプロイ) ウィザードを起動します。On the File menu, select Deploy OVF Template to start the Deploy OVF Template wizard.

    OVF テンプレート

  3. [Select source](ソースの選択) で、ダウンロードした OVF の場所を入力します。In Select source, enter the location of the downloaded OVF.

  4. [Review details](詳細の確認) で、 [Next](次へ) を選択します。In Review details, select Next.

  5. [Select name and folder](名前とフォルダーの選択) および [Select configuration](構成の選択) は、既定の設定のままにします。In Select name and folder and Select configuration, accept the default settings.

  6. [Select storage](ストレージの選択) で、パフォーマンスを最大にするために、 [Select virtual disk format](仮想ディスクの形式の選択)[Thick Provision Eager Zeroed](シック プロビジョニング Eager Zeroed) を選びます。In Select storage, for best performance select Thick Provision Eager Zeroed in Select virtual disk format. シン プロビジョニングのオプションの使用は、構成サーバーのパフォーマンスに影響を及ぼす場合があります。Usage of thin provisioning option might impact the performance of configuration server.

  7. ウィザードの残りのページでは、既定の設定をそのまま使います。In the rest of the wizard pages, accept the default settings.

  8. [Ready to complete](完了の準備) で、次の操作を行います。In Ready to complete:

    • 既定の設定で VM をセットアップするには、 [Power on after deployment](デプロイ後に電源をオンにする) > [Finish](完了) の順に選びます。To set up the VM with the default settings, select Power on after deployment > Finish.

    • 追加のネットワーク インターフェイスを追加するには、 [Power on after deployment](デプロイ後に電源をオンにする) をオフにし、 [Finish](完了) を選びます。To add an additional network interface, clear Power on after deployment, and then select Finish. 既定でデプロイされる構成サーバー テンプレートの NIC は 1 つだけですが、By default, the configuration server template is deployed with a single NIC. デプロイ後にさらに NIC を追加することができます。You can add additional NICs after deployment.

重要

デプロイ後は、リソースの構成 (CPU/メモリ/コアの制限) を変更したり、構成サーバーにインストールされているサービスやファイルを変更または削除したりしないでください。Do not change resource configurations(memory/cores/CPU restriction), modify/delete installed services or files on configuration server after deployment. これは、Azure サービスへの構成サーバーの登録と構成サーバーのパフォーマンスに影響を及ぼします。This will impact registration of configuration server with Azure services and performance of configuration server.

さらにアダプターを追加するAdd an additional adapter

構成サーバーにさらに NIC を追加する場合は、サーバーをコンテナーに登録する前に追加します。If you want to add an additional NIC to the configuration server, add it before you register the server in the vault. 登録後のアダプターの追加はサポートされていません。Adding additional adapters isn't supported after registration.

  1. vSphere Client インベントリで VM を右クリックし、 [Edit Settings](設定の編集) を選びます。In the vSphere Client inventory, right-click the VM and select Edit Settings.
  2. [Hardware](ハードウェア) で、 [Add](追加) > [Ethernet Adapter](イーサネット アダプター) の順に選択します。In Hardware, select Add > Ethernet Adapter. 次に、 [次へ] を選択します。Then select Next.
  3. アダプターの種類およびネットワークを選びます。Select an adapter type and a network.
  4. VM がオンになったときに仮想 NIC を接続するには、 [Connect at power- on](電源をオンにしたときに接続する) を選択します。To connect the virtual NIC when the VM is turned on, select Connect at power-on. 次に、 [Next](次へ) > [Finish](完了) > OK の順に選びます。Then select Next > Finish > OK.

構成サーバーを Azure Site Recovery サービスに登録するRegister the configuration server with Azure Site Recovery services

  1. VMWare vSphere Client のコンソールで、VM をオンにします。From the VMWare vSphere Client console, turn on the VM.
  2. VM が Windows Server 2016 のインストール エクスペリエンスで起動します。The VM boots up into a Windows Server 2016 installation experience. 使用許諾契約書に同意し、管理者パスワードを入力します。Accept the license agreement, and enter an administrator password.
  3. インストールの完了後に、管理者として VM にサインインします。After the installation finishes, sign in to the VM as the administrator.
  4. 初めてサインインすると、数秒後に Azure Site Recovery 構成ツールが起動します。The first time you sign in, within few seconds the Azure Site Recovery Configuration Tool starts.
  5. 構成サーバーを Site Recovery に登録するために使う名前を入力します。Enter a name that's used to register the configuration server with Site Recovery. 次に、 [次へ] を選択します。Then select Next.
  6. このツールは、VM が Azure に接続できることを確認します。The tool checks that the VM can connect to Azure. 接続が確立された後、 [サインイン] を選択して、自分の Azure サブスクリプションにサインインします。After the connection is established, select Sign in to sign in to your Azure subscription.
    a.a. この資格情報は、構成サーバーを登録するコンテナーにアクセスできる必要があります。The credentials must have access to the vault in which you want to register the configuration server.
    b.b. 選択したユーザー アカウントが Azure でアプリケーションを作成するアクセス許可を持っていることを確認します。Ensure that chosen user account has permissions to create an application in Azure. 必要なアクセス許可を有効にするには、ここに指定されているガイドラインに従ってください。To enable required permissions, follow guidelines given here.
  7. ツールがいくつかの構成タスクを実行した後、再起動されます。The tool performs some configuration tasks, and then reboots.
  8. 再度マシンにサインインします。Sign in to the machine again. 構成サーバーの管理ウィザードが数秒後に自動的に起動します。The configuration server management wizard starts automatically in few seconds.

設定を構成するConfigure settings

  1. 構成サーバー管理ウィザードで、 [接続の設定] を選びます。In the configuration server management wizard, select Setup connectivity. ドロップダウンから、最初に、モビリティ サービスの検出とソース マシンへのプッシュ インストールのために組み込みプロセス サーバーが使用する NIC を選択し、次に、構成サーバーが Azure との接続に使用する NIC を選択します。From the dropdowns, first select the NIC that the in-built process server uses for discovery and push installation of mobility service on source machines, and then select the NIC that Configuration Server uses for connectivity with Azure. 次に、 [保存] を選択します。Then select Save. 構成後、この設定を変更することはできません。You cannot change this setting after it is configured. 構成サーバーの IP アドレスは変更しないことを強くお勧めします。It is strongly advised to not change the IP address of a configuration server. 構成サーバーに割り当てられている IP は、DHCP IP ではなく確実に静的 IP にします。Ensure IP assigned to the Configuration Server is STATIC IP and not DHCP IP.

  2. [Recovery Services コンテナーを選択する] で、手順 6 の「構成サーバーを Azure Site Recovery サービスに登録する」で使用されている資格情報を使用して Microsoft Azure にサインインします。In Select Recovery Services vault, sign in to Microsoft Azure with credentials used in step 6 of "Register configuration server with Azure Site Recovery Services".

  3. サインインした後、Azure サブスクリプションと、関連するリソース グループおよびコンテナーを選びます。After sign-in, Select your Azure subscription and the relevant resource group and vault.

    注意

    登録後に Recovery Services コンテナーを変更する柔軟性はありません。Once registered, there is no flexibility to change the recovery services vault. Recovery Services コンテナーを変更するには、現在のコンテナーとの構成サーバーの関連付けの解除が必要になります。それにより構成サーバーの下で保護されているすべての仮想マシンのレプリケーションが停止されます。Changing recovery services vault would require disassociation of configuration server from current vault, and the replication of all protected virtual machines under the configuration server is stopped. 詳細情報Learn more.

  4. [サードパーティ製ソフトウェアのインストール] で、In Install third-party software,

    シナリオScenario 実行する手順Steps to follow
    MySQL を手動でダウンロードしてインストールすることはできますか?Can I download & install MySQL manually? はい。Yes. MySQL アプリケーションをダウンロードし、C:\Temp\ASRSetup フォルダーに配置してから手動でインストールします。Download MySQL application & place it in the folder C:\Temp\ASRSetup, then install manually. これで、使用条件に同意し、 [ダウンロードしてインストール] をクリックすると、ポータルに [インストール済み] と示されます。Now, when you accept the terms > click on Download and install, the portal says Already installed. 次の手順に進むことができます。You can proceed to the next step.
    オンラインでの MySQL のダウンロードを回避することはできますか?Can I avoid download of MySQL online? はい。Yes. MySQL インストーラー アプリケーションを C:\Temp\ASRSetup フォルダーに配置します。Place your MySQL installer application in the folder C:\Temp\ASRSetup. 使用条件に同意し、 [ダウンロードしてインストール] をクリックすると、ポータルでは追加されたインストーラーが使用され、アプリケーションがインストールされます。Accept the terms > click on Download and install, the portal will use the installer added by you and installs the application. インストール後に次の手順に進むことができます。You can proceed to the next step post installation.
    Azure Site Recovery を使用して、MySQL をダウンロードし、インストールしたいI would like to download & install MySQL through Azure Site Recovery ライセンス契約の内容に同意し、 [ダウンロードしてインストール] をクリックします。Accept the license agreement & click on Download and Install. これで、インストール後に次の手順に進むことができます。Then you can proceed to the next step post installation.
  5. [アプライアンス構成の検証] で、続行する前に前提条件が検証されます。In Validate appliance configuration, prerequisites are verified before you continue.

  6. [Configure vCenter Server/vSphere ESXi server](vCenter Server/vSphere ESXi サーバーの構成) で、レプリケートする VM が存在している vCenter サーバーまたは vSphere ホストの FQDN または IP アドレスを入力します。In Configure vCenter Server/vSphere ESXi server, enter the FQDN or IP address of the vCenter server, or vSphere host, where the VMs you want to replicate are located. サーバーがリッスンするポートを入力します。Enter the port on which the server is listening. コンテナーで VMware サーバーに使うフレンドリ名を入力します。Enter a friendly name to be used for the VMware server in the vault.

  7. VMware サーバーに接続するために構成サーバーによって使われる資格情報を入力します。Enter credentials to be used by the configuration server to connect to the VMware server. Site Recovery はこれらの資格情報を使って、レプリケーションに利用できる VMware VM を自動的に検出します。Site Recovery uses these credentials to automatically discover VMware VMs that are available for replication. [追加][続行] の順に選択します。Select Add, and then Continue. ここに入力した資格情報はローカルに保存されます。The credentials entered here are locally saved.

  8. [仮想マシンの資格情報の構成] で、レプリケーション時にモビリティ サービスを自動的にインストールするために、仮想マシンのユーザー名とパスワードを入力します。In Configure virtual machine credentials, enter the user name, and password of Virtual machines to automatically install Mobility Service during replication. Windows マシンの場合、アカウントには、レプリケートするマシンに対するローカル管理者特権が必要です。For Windows machines, the account needs local administrator privileges on the machines you want to replicate. Linux の場合は、ルート アカウントの詳細を指定します。For Linux, provide details for the root account.

  9. [構成の確定] を選択して、登録を完了します。Select Finalize configuration to complete registration.

  10. 登録が終了したら、Azure portal を開き、構成サーバーと VMware サーバーが、 [Recovery Services コンテナー] > [管理] > [Site Recovery インフラストラクチャ] > [構成サーバー] にリストされていることを確認します。After registration finishes, open Azure portal, verify that the configuration server and VMware server are listed on Recovery Services Vault > Manage > Site Recovery Infrastructure > Configuration Servers.

構成サーバーをアップグレードするUpgrade the configuration server

構成サーバーを最新バージョンにアップグレードするには、こちらの手順に従ってください。To upgrade the configuration server to the latest version, follow these steps. すべての Site Recovery コンポーネントをアップグレードする方法の詳細な手順については、こちらをクリックしてください。For detailed instructions on how to upgrade all Site Recovery components, click here.

構成サーバーの管理Manage the configuration server

進行中のレプリケーションの中断を回避するには、構成サーバーがコンテナーに登録された後に構成サーバーの IP アドレスが変更されないようにします。To avoid interruptions in ongoing replication, ensure that IP address of the configuration server does not change after the configuration server has been registered to a vault. 構成サーバーの一般的な管理タスクの詳細については、こちらを参照してください。You can learn more about common configuration server management tasks here.

FAQFAQ

  1. OVF を使用してデプロイされた構成サーバーで提供されているライセンスはどれくらいの期間有効ですか?How long is the Licence provided on configuration server deployed through OVF is valid? ライセンスを再アクティブ化しないとどうなりますか?What happens if I do not reactivate the License?

    OVA テンプレートに付属するライセンスは、180 日間有効な評価版ライセンスです。The license provided with OVA template is an evaluation license valid for 180 days. 有効期限が切れる前に、ライセンスをアクティブ化する必要があります。Before expiry, you need to activate the license. そうしないと、構成サーバーが頻繁にシャットダウンされ、それによりレプリケーション アクティビティが妨げられることがあります。Else, this can result in frequent shutdown of configuration server and thus cause hinderance to replication activities.

  2. 構成サーバーがインストールされている VM をさまざまな目的で使用することはできますか?Can I use the VM, where the configuration server is installed, for different purposes?

    いいえ。VM は構成サーバー専用にすることをお勧めします。No, we recommend you to use the VM for sole purpose of configuration server. ディザスター リカバリーを効率的に管理するため、必ず、前提条件に記述されているすべての仕様に従ってください。Ensure you follow all the specifications mentioned in Prerequisites for efficient management of disaster recovery.

  3. 構成サーバーに既に登録されているコンテナーを、新しく作成されたコンテナーに切り替えることはできますか?Can I switch the vault already registered in the configuration server with a newly created vault?

    いいえ。コンテナーは、構成サーバーに登録した後に変更することはできません。No, once a vault is registered with configuration server, it cannot be changed.

  4. 物理マシンと仮想マシンの両方を保護するために同じ構成サーバーを使用することはできますか?Can I use the same configuration server for protecting both physical and virtual machines?

    はい。物理マシンと仮想マシンをレプリケートするために同じ構成サーバーを使用することができます。Yes, the same configuration server can be used for replicating physical and virtual machines. ただし、物理マシンをフェールバックできるのは、VMware VM にのみです。However, physical machine can be failed back only to a VMware VM.

  5. 構成サーバーの目的は何ですか? また、どこで使用されるのですか?What is the purpose of a configuration server and where is it used?

    構成サーバーとその機能の詳細については、Azure レプリケーション アーキテクチャに対する VMware を参照してください。Refer to VMware to Azure replication architecture to learn more about configuration server and its functionalities.

  6. 構成サーバーの最新バージョンはどこで入手できますか?Where can I find the latest version of Configuration server?

    ポータルを使用して構成サーバーをアップグレードする手順については、構成サーバーのアップグレードを参照してください。For steps to upgrade the configuration server through the portal, see Upgrade the configuration server. すべての Site Recovery コンポーネントをアップグレードする方法の詳細な手順については、こちらを参照してください。For detailed instructions on how to upgrade all Site Recovery components, refer here.

  7. 構成サーバーのパスフレーズはどこでダウンロードできますか?Where can I download the passphrase for configuration server?

    パスフレーズをダウンロードする場合は、こちらの記事を参照してください。Refer to this article to download the passphrase.

  8. パスフレーズは変更できますか?Can I change the passphrase?

    いいえ、構成サーバーのパスフレーズは変更しないことを強くお勧めしますNo, you are strongly advised to not change the passphrase of configuration server. パスフレーズ変更すると、保護されているマシンのレプリケーションが中断されて、重大な正常性状態につながります。Change in passphrase breaks replication of protected machines and leads to critical health state.

  9. コンテナー登録キーはどこでダウンロードできますか?Where can I download vault registration keys?

    [Recovery Services コンテナー] で、 [管理] > [Site Recovery インフラストラクチャ] > [構成サーバー] の順に移動します。In the Recovery Services Vault, Manage > Site Recovery Infrastructure > Configuration Servers. [サーバー] で [登録キーのダウンロード] を選択して、コンテナーの資格情報ファイルをダウンロードします。In Servers, select Download registration key to download the vault credentials file.

  10. 既存の構成サーバーを複製してレプリケーション オーケストレーションに使用することはできますか?Can I clone an existing Configuration Server and use it for replication orchestration?

    いいえ。複製された Configuration Server コンポーネントは使用できません。No, use of a cloned Configuration Server component is not supported. スケール アウト プロセス サーバーの複製のシナリオもサポートされていません。Clone of scale-out process server is also an unsupported scenario. Site Recovery コンポーネントを複製すると、進行中のレプリケーションに影響します。Cloning Site Recovery components impact ongoing replications.

  11. 構成サーバーの IP を変更することはできますか?Can I change the IP of configuration server?

    いいえ、構成サーバーの IP アドレスは変更しないことを強くお勧めします。No, it is strongly recommended to not change the IP address of a configuration server. 構成サーバーに割り当てられているすべての IP は、DHCP IP ではなく確実に静的 IP にします。Ensure all IPs assigned to the Configuration Server are STATIC IPs and not DHCP IPs.

  12. Azure で構成サーバーを設定できますか?Can I set up configuration server on Azure?

    v-Center との直接の通信経路を使ってオンプレミス環境の構成サーバーを設定することと、データ転送の待機時間を最小限に抑えることをお勧めします。It is recommended to set up configuration server on on-premises environment with direct line-of-sight with v-Center and to minimize data transfer latencies. フェールバックの目的で、構成サーバーのスケジュールされたバックアップを作成することができます。You can take scheduled backups of configuration server for failback purposes.

構成サーバーのよくあるご質問については、構成サーバーについてよく寄せられる質問のドキュメントを参照してください。For more FAQ on configuration server, refer to our documentation on configuration server common questions .

デプロイに関する問題のトラブルシューティングTroubleshoot deployment issues

インストール エラーInstallation failures

サンプルのエラー メッセージSample error message 推奨される操作Recommended action
エラー アカウントを読み込めませんでした。ERROR Failed to load Accounts. エラー:System.IO.IOException:Unable to read data from the transport connection when installing and registering the CS server (CS サーバーをインストールおよび登録するときに転送接続からデータを読み取れません)Error: System.IO.IOException: Unable to read data from the transport connection when installing and registering the CS server. コンピューターで TLS 1.0 が有効になっていることを確認します。Ensure that TLS 1.0 is enabled on the computer.

登録エラーRegistration failures

登録エラーは %ProgramData%\ASRLogs フォルダーのログを確認してデバッグできます。Registration failures can be debugged by reviewing the logs in the %ProgramData%\ASRLogs folder.

サンプルのエラー メッセージSample error message 推奨される操作Recommended action
09:20:06:InnerException.Type:SrsRestApiClientLib.AcsException,InnerException.09:20:06:InnerException.Type: SrsRestApiClientLib.AcsException,InnerException.
メッセージ:ACS50008:SAML token is invalid. (SAML トークンが無効です。)Message: ACS50008: SAML token is invalid.
トレース ID:1921ea5b-4723-4be7-8087-a75d3f9e1072Trace ID: 1921ea5b-4723-4be7-8087-a75d3f9e1072
関連付け ID:62fea7e6-2197-4be4-a2c0-71ceb7aa2d97>Correlation ID: 62fea7e6-2197-4be4-a2c0-71ceb7aa2d97>
タイムスタンプ:2016-12-12 14:50:08Z
Timestamp: 2016-12-12 14:50:08Z
システム クロックの時刻と現地時刻に 15 分以上の差がないことを確認します。Ensure that the time on your system clock is not more than 15 minutes off the local time. インストーラーを再実行して登録を完了します。Rerun the installer to complete the registration.
09:35:27 :DRRegistrationException while trying to get all disaster recovery vault for the selected certificate: : (選択された証明書のすべてのディザスター リカバリー コンテナーを所得使用として DRRegistrationException が発生しました)Threw Exception.Type:Microsoft.DisasterRecovery.Registration.DRRegistrationException, Exception.Message:ACS50008:SAML token is invalid. (SAML トークンが無効です。)09:35:27 :DRRegistrationException while trying to get all disaster recovery vault for the selected certificate: : Threw Exception.Type:Microsoft.DisasterRecovery.Registration.DRRegistrationException, Exception.Message: ACS50008: SAML token is invalid.
Trace ID: e5ad1af1-2d39-4970-8eef-096e325c9950Trace ID: e5ad1af1-2d39-4970-8eef-096e325c9950
Correlation ID: abe9deb8-3e64-464d-8375-36db9816427aCorrelation ID: abe9deb8-3e64-464d-8375-36db9816427a
タイムスタンプ:2016-05-19 01:35:39ZTimestamp: 2016-05-19 01:35:39Z
システム クロックの時刻と現地時刻に 15 分以上の差がないことを確認します。Ensure that the time on your system clock is not more than 15 minutes off the local time. インストーラーを再実行して登録を完了します。Rerun the installer to complete the registration.
06:28:45:Failed to create certificate06:28:45:Failed to create certificate
06:28:45:Setup cannot proceed.06:28:45:Setup cannot proceed. A certificate required to authenticate to Site Recovery cannot be created.A certificate required to authenticate to Site Recovery cannot be created. Rerun SetupRerun Setup
ローカル管理者としてセットアップを実行していることを確認します。Ensure you are running setup as a local administrator.

次の手順Next steps

Azure への VMware VM のディザスター リカバリーを設定する。Set up disaster recovery of VMware VMs to Azure.