ローカル冗長ストレージ (LRS):Azure Storage の低コストのデータ冗長性Locally redundant storage (LRS): Low-cost data redundancy for Azure Storage

ローカル冗長ストレージ (LRS) では、1 つのデータセンター内でデータが 3 回レプリケートされます。Locally redundant storage (LRS) replicates your data three times within a single data center. LRS では、オブジェクトに年間 99.999999999% (9 が 11 個) 以上の持続性が提供されます。LRS provides at least 99.999999999% (11 nines) durability of objects over a given year. LRS は、コストが最も安いレプリケーションのオプションであり、他のオプションと比較して最低の持続性が提供されます。LRS is the lowest-cost replication option and offers the least durability compared to other options.

データセンターレベルの障害 (火災、洪水など) が発生した場合は、LRS を使用しているストレージ アカウント内のすべてのレプリカが失われたり、回復不能になる可能性があります。If a datacenter-level disaster (for example, fire or flooding) occurs, all replicas in a storage account using LRS may be lost or unrecoverable. このリスクを軽減するために、Microsoft ではゾーン冗長ストレージ (ZRS)、geo 冗長ストレージ (GRS)、または geo ゾーン冗長ストレージ (GZRS) を使用することを推奨しています。To mitigate this risk, Microsoft recommends using zone-redundant storage (ZRS), geo-redundant storage (GRS), or geo-zone-redundant storage (GZRS).

LRS ストレージ アカウントへの書き込み要求は、データが 3 つのレプリカすべてに書き込まれた後にのみ、正常に返されます。A write request to an LRS storage account returns successfully only after the data is written to all three replicas.

次のシナリオでは、LRS を使用することをお勧めします。You may wish to use LRS in the following scenarios:

  • データの損失が発生した場合に再構築が簡単なデータをアプリケーションで格納する場合は、LRS を選択することもできます。If your application stores data that can be easily reconstructed if data loss occurs, you may opt for LRS.
  • 一部のアプリケーションは、データ ガバナンスの要件によって、国または地域内でのみデータをレプリケートするように制限されています。Some applications are restricted to replicating data only within a country/region due to data governance requirements. 場合によっては、GRS アカウント用にデータがレプリケートされるペアのリージョンが別の国または地域にある可能性があります。In some cases, the paired regions across which the data is replicated for GRS accounts may be in another country/region. ペアリングされるリージョンの詳細については、「Azure リージョン」を参照してください。For more information on paired regions, see Azure regions.

関連項目See also