Azure Ultra ディスクの使用

適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ Windows VM ✔️ フレキシブル スケール セット ✔️ 均一スケール セット

この記事では、Ultra ディスクをデプロイして使用する方法を説明します。Ultra ディスクに関する概念的な情報については、「Azure で使用できるディスクの種類」を参照してください。

Azure Ultra ディスクは、Azure IaaS 仮想マシン (VM) に高スループット、高 IOPS、および一貫性のある低待機時間のディスク ストレージを提供します。 この新しいオファリングは、Microsoft の既存のディスク オファリングと同じレベルの可用性で最上のパフォーマンスを提供します。 Ultra ディスクの 1 つの主なメリットは、VM を再起動することなく、SSD のパフォーマンスをワークロードと共に動的に変更する機能です。 Ultra ディスクは、SAP HANA、最上位層のデータベース、トランザクションの多いワークロードなどのデータ集中型のワークロードに適しています。

GA の範囲と制限事項

Ultra ディスクは OS ディスクとして使用することはできず、空のデータ ディスクとしてのみ作成できます。 また、Ultra ディスクは、ディスク スナップショット、ディスク エクスポート、ディスク タイプの変更、VM イメージ、可用性セット、Azure Dedicated Host、Azure ディスク暗号化など、一部の機能では使用できません。 Azure Backup および Azure Site Recovery では、Ultra ディスクはサポートされていません。 さらに、キャッシュされない読み取りとキャッシュされない書き込みだけがサポートされます。

Ultra ディスクでは、既定で 4K の物理セクター サイズがサポートされます。 512E セクター サイズは一般提供されているオファリングとして利用できます (サインアップは不要です)。 ほとんどのアプリケーションは 4k のセクター サイズと互換性がありますが、512 バイトのセクター サイズが必要になる場合があります。 たとえば、Oracle Database では、4k のネイティブ ディスクをサポートするには、リリース 12.2 以降が必要です。 以前のバージョンの Oracle DB では、512 バイトのセクター サイズが必要となります。

Ultra ディスクで現在利用できる唯一のインフラストラクチャ冗長オプションは可用性ゾーンです。 他の冗長オプションを使用している VM では、Ultra ディスクを接続できません。

Ultra ディスクが利用できるリージョンとそれに該当する可用性オプションをまとめたものが次の表です。

注意

次の一覧のリージョンに、Ultra ディスクをサポートする可用性ゾーンがない場合、Ultra ディスクを接続するには、インフラストラクチャの冗長なしで、そのリージョンの VM をデプロイする必要があります。

冗長オプション リージョン
単一 VM オーストラリア中部
ブラジル南部
インド中部
東アジア
ドイツ中西部
韓国中部
米国中北部、米国中南部、米国西部
米国アリゾナ州、米国テキサス州、米国バージニア州
2 つの可用性ゾーン フランス中部
3 つの可用性ゾーン オーストラリア東部
カナダ中部
北ヨーロッパ、西ヨーロッパ
東日本
東南アジア
スウェーデン中部
英国南部
米国中部、米国東部、米国東部 2、米国西部 2、米国西部 3

Ultra Disk がサポートされているすべてのリージョンで、すべての VM サイズを使用できるわけではありません。 次の表に、Ultra ディスクと互換性のある VM シリーズを示します。

VM の種類 サイズ 説明
汎用 DSv3 シリーズDdsv4 シリーズDsv4 シリーズDasv4 シリーズ バランスのとれた CPU 対メモリ比。 テストと開発、小~中規模のデータベース、および低~中程度のトラフィックの Web サーバーに最適です。
コンピューティング最適化 Fsv2 シリーズ 高い CPU 対メモリ比。 トラフィックが中程度の Web サーバー、ネットワーク アプライアンス、バッチ処理、アプリケーション サーバーに適しています。
メモリ最適化 ESv3 シリーズEasv4 シリーズEdsv4 シリーズEsv4 シリーズM シリーズMv2 シリーズMsv2/Mdsv2 シリーズ 高いメモリ対 CPU 比。 リレーショナル データベース サーバー、中~大規模のキャッシュ、およびメモリ内分析に適しています。
ストレージ最適化 LSv2 シリーズ ビッグ データ、SQL、NoSQL データベース、データ ウェアハウス、および大規模なトランザクション データベースに最適な、高いディスク スループットと IO。
GPU 最適化 NCv2 シリーズNCv3 シリーズNCasT4_v3 シリーズND シリーズNDv2 シリーズNVv3 シリーズNVv4 シリーズ 負荷の高いグラフィックスのレンダリングやビデオ編集、ディープ ラーニングを使用したモデル トレーニングと推論 (ND) に特化した仮想マシン。 1 つまたは複数の GPU で利用できます。
パフォーマンス最適化 HB シリーズHC シリーズHBv2 シリーズ 高スループットのネットワーク インターフェイス (RDMA) のオプションを備えた、最も高速かつ強力な CPU 仮想マシン。

VM のサイズと利用可能なリージョンの確認

可用性ゾーンを使用する VM

Ultra ディスクを利用するには、ご使用の可用性ゾーンを確認する必要があります。 すべてのリージョンで、Ultra ディスクに対してすべての VM サイズがサポートされるわけではありません。 ご使用のリージョン、ゾーン、および VM サイズで Ultra ディスクがサポートされているかどうかを確認するには、次のコマンドのいずれかを実行します。最初に、必ず regionvmSize、および subscription の値を置き換えてください。

CLI

subscription="<yourSubID>"
# example value is southeastasia
region="<yourLocation>"
# example value is Standard_E64s_v3
vmSize="<yourVMSize>"

az vm list-skus --resource-type virtualMachines  --location $region --query "[?name=='$vmSize'].locationInfo[0].zoneDetails[0].Name" --subscription $subscription

PowerShell

$region = "southeastasia"
$vmSize = "Standard_E64s_v3"
$sku = (Get-AzComputeResourceSku | where {$_.Locations.Contains($region) -and ($_.Name -eq $vmSize) -and $_.LocationInfo[0].ZoneDetails.Count -gt 0})
if($sku){$sku[0].LocationInfo[0].ZoneDetails} Else {Write-host "$vmSize is not supported with Ultra Disk in $region region"}

この応答は、下のフォームのようになります。ここで X は、選択したリージョンでのデプロイのために使用するゾーンです。 X は 1、2、3 のいずれかになります。

[ゾーン] 値を保持します。これは可用性ゾーンを表し、後で Ultra ディスクをデプロイするために必要になります。

ResourceType 名前 場所 ゾーン Restriction 機能
disks UltraSSD_LRS eastus2 X

注意

コマンドから応答がなかった場合、選択した VM サイズは、選択したリージョンの Ultra ディスクではサポートされていません。

これでデプロイ先のゾーンがわかったので、この記事のデプロイ手順に従って、Ultra ディスクが接続された VM をデプロイするか、または Ultra ディスクを既存の VM に接続します。

冗長オプションのない VM

一部のリージョンに Ultra ディスクをデプロイする場合、現行では、冗長オプションなしでデプロイする必要があります。 ただし、Ultra ディスク対応のすべてのディスク サイズがこれらのリージョンにあるとは限りません。 Ultra ディスクをサポートしているディスク サイズを判断する目的で、次のコード スニペットのいずれかを利用できます。 まず、vmSizesubscription の値を置き換えてください。

subscription="<yourSubID>"
region="westus"
# example value is Standard_E64s_v3
vmSize="<yourVMSize>"

az vm list-skus --resource-type virtualMachines  --location $region --query "[?name=='$vmSize'].capabilities" --subscription $subscription
$region = "westus"
$vmSize = "Standard_E64s_v3"
(Get-AzComputeResourceSku | where {$_.Locations.Contains($region) -and ($_.Name -eq $vmSize) })[0].Capabilities

応答は次のフォームのようになります。UltraSSDAvailable True は、このリージョンでは VM サイズで Ultra ディスクをサポートしているかどうかを示します。

Name                                         Value
----                                         -----
MaxResourceVolumeMB                          884736
OSVhdSizeMB                                  1047552
vCPUs                                        64
HyperVGenerations                            V1,V2
MemoryGB                                     432
MaxDataDiskCount                             32
LowPriorityCapable                           True
PremiumIO                                    True
VMDeploymentTypes                            IaaS
vCPUsAvailable                               64
ACUs                                         160
vCPUsPerCore                                 2
CombinedTempDiskAndCachedIOPS                128000
CombinedTempDiskAndCachedReadBytesPerSecond  1073741824
CombinedTempDiskAndCachedWriteBytesPerSecond 1073741824
CachedDiskBytes                              1717986918400
UncachedDiskIOPS                             80000
UncachedDiskBytesPerSecond                   1258291200
EphemeralOSDiskSupported                     True
AcceleratedNetworkingEnabled                 True
RdmaEnabled                                  False
MaxNetworkInterfaces                         8
UltraSSDAvailable                            True

Azure Resource Manager を使用して Ultra ディスクをデプロイする

最初に、デプロイする VM のサイズを決定します。 サポートされている VM サイズの一覧については、「GA の範囲と制限事項」セクションを参照してください。

複数の Ultra ディスクを含む VM を作成する場合は、複数の Ultra ディスクを含む VM の作成に関するページにあるサンプルを参照してください。

独自のテンプレートを使用する場合は、Microsoft.Compute/DisksapiVersion2018-06-01 (またはそれ以降) に設定されていることを確認します。

ディスク SKU を UltraSSD_LRS に設定し、ディスク容量、IOPS、可用性ゾーン、およびスループット (MBps) を設定して、Ultra ディスクを作成します。

VM がプロビジョニングされたら、データ ディスクをパーティション分割してフォーマットし、ワークロード用に構成できます。

Ultra ディスクをデプロイする

このセクションでは、データ ディスクとして Ultra ディスクを備えた仮想マシンをデプロイする方法について説明します。 仮想マシンのデプロイに関する知識があることを前提としています。そうでない場合は、「クイックスタート: Azure portal で Windows 仮想マシンを作成する」を参照してください。

  1. Azure portal にサインインし、[仮想マシン (VM) のデプロイ] に移動します。

  2. サポートされている VM サイズとリージョンを必ず選択してください。

  3. [可用性オプション][可用性ゾーン] を選択します。

  4. 任意の選択を行って、残りの項目を入力します。

  5. [ディスク] を選択します。

    Screenshot of vm creation flow, Basics blade.

  6. [ディスク] ブレードで、 [Ultra Disk の互換性を有効にする] に対して [はい] を選択します。

  7. [新しいディスクの作成と接続] を選択して、Ultra ディスクを今すぐ接続します。

    Screenshot of vm creation flow, disk blade, ultra is enabled and create and attach a new disk is highlighted.

  8. [新しいディスクの作成] ブレードで、名前を入力し、 [サイズの変更] を選択します。

    Screenshot of create a new disk blade, change size highlighted.

  9. ディスク SKU「Ultra Disk に変更します。

  10. [カスタム ディスク サイズ (GiB)][ディスク IOPS] 、および [ディスク スループット] を任意のものに変更します。

  11. 両方のブレードで [OK] を選択します。

    Screenshot of the select a disk size blade, ultra disk selected for storage type, other values highlighted.

  12. VM のデプロイを続行します。それは、他の VM をデプロイする場合と同じになります。

Ultra ディスクをデプロイする - 512 バイトのセクター サイズ

  1. Azure portal にサインインし、ディスクを検索して選択します。

  2. [+ 新規] を選択して新しいディスクを作成します。

  3. Ultra Disk をサポートするリージョンを選択し、可用性ゾーンを選択して、残りの値を必要に応じて入力します。

  4. [サイズの変更] を選択します。

    Screenshot of create disk blade, region, availability zone, and change size highlighted.

  5. [ディスク SKU][Ultra Disk] を選択し、必要なパフォーマンスの値を入力して、 [OK] を選択します。

    Screenshot of creating ultra disk.

  6. [基本] ブレードで、 [詳細設定] タブを選択します。

  7. [Logical sector size](論理セクターサイズ)[512] を選択し、 [確認と作成] を選択します。

    Screenshot of selector for changing the ultra disk logical sector size to 512.

Ultra ディスクを接続する

あるいは、既存の VM が Ultra ディスクを使用できるリージョン/可用性ゾーンに存在する場合は、新しい VM を作成しなくても Ultra ディスクを使用できます。 既存の VM 上で Ultra ディスクを有効にした後、データ ディスクとして接続します。 Ultra ディスクの互換性を有効にするには、VM を停止する必要があります。 VM を停止したら、互換性を有効にし、VM を再起動できます。 互換性が有効になったら、Ultra ディスクを接続できます。

  1. VM に移動して停止し、割り当てが解除されるのを待ちます。

  2. VM の割り当てが解除されたら、 [ディスク] を選択します。

  3. [追加設定] を選択します。

    Screenshot of the disk blade, additional settings highlighted.

  4. [Ultra Disk の互換性を有効にする] に対して [はい] を選択します。

    Screenshot of enable ultra disk compatibility.

  5. [保存] を選択します。

  6. [新しいディスクを作成し接続する] を選択し、新しいディスクの名前を入力します。

  7. [ストレージの種類][Ultra Disk] を選択します。

  8. [サイズ (GiB)][最大 IOPS] 、および [最大スループット] を任意のものに変更します。

  9. ディスクのブレードに戻ったら、 [保存] を選択します。

    Screenshot of disk blade, adding a new ultra disk.

  10. VM をもう一度起動します。

Ultra ディスクのパフォーマンスを調整する

Ultra ディスクには、ユーザーがパフォーマンスを調整できる固有の機能があります。 これらの調整は、Azure portal から実行することも、ディスク上で実行することもできます。

  1. VM に移動し、 [ディスク] を選択します。

  2. パフォーマンスを変更する Ultra ディスクを選択します。

    Screenshot of disks blade on your vm, ultra disk is highlighted.

  3. [Size + performance](サイズとパフォーマンス) を選択し、変更を行います。

  4. [保存] を選択します。

    Screenshot of configuration blade on your ultra disk, disk size, iops, and throughput are highlighted, save is highlighted.

次のステップ