Linux ワークロードのダウンロード、インストール、セットアップDownload, install, and set up the Linux workload

Linux プロジェクトは Visual Studio 2017 以降でサポートされます。Linux projects are supported in Visual Studio 2017 and later.

Windows 上の Visual Studio IDE を使って、リモートの Linux システムや、仮想マシン、または Windows Subsystem for Linux 上で実行される C++ プロジェクトの作成、編集、およびデバッグを行うことができます。You can use the Visual Studio IDE on Windows to create, edit and debug C++ projects that execute on a remote Linux system, virtual machine, or the Windows Subsystem for Linux.

Visual Studio プロジェクトに変換しなくても、CMake を使用する既存のコード ベースで作業できます。You can work on your existing code base that uses CMake without having to convert it to a Visual Studio project. コード ベースがクロス プラットフォームの場合、Visual Studio 内から Windows と Linux の両方をターゲット設定できます。If your code base is cross-platform, you can target both Windows and Linux from within Visual Studio. たとえば、Windows 上で Visual Studio を使ってコードの編集、ビルド、デバッグを行った後、すぐにそのプロジェクトのターゲットを Linux に変更して Linux 環境内でビルドとデバッグを行うことができます。For example, you can edit, build, and debug your code on Windows using Visual Studio, then quickly retarget the project for Linux to build and debug in a Linux environment. Linux 用のヘッダー ファイルがローカル コンピューターに自動的にコピーされます。そこで Visual Studio によってそれらが使用され、IntelliSense の完全なサポート (ステートメント入力候補、定義へ移動など) が提供されます。Linux header files are automatically copied to your local machine, where Visual Studio uses them to provide full IntelliSense support (Statement Completion, Go to Definition, and so on).

これらのどのシナリオについても、C++ による Linux 開発ワークロードが必要です。For any of these scenarios, the Linux development with C++ workload is required.

Visual Studio のセットアップVisual Studio setup

  1. Windows 検索ボックスに「Visual Studio インストーラー」と入力します。Type "Visual Studio Installer" in the Windows search box:

    Windows 検索ボックス

  2. アプリの結果でインストーラーを探し、それをダブルクリックします。Look for the installer under the Apps results and double-click it. インストーラーが開いたら、 [変更] を選択して [ワークロード] タブをクリックします。 [Other toolsets](その他のツールセット) まで下へスクロールして、 [C++ による Linux 開発] ワークロードを選択します。When the installer opens, choose Modify, and then click on the Workloads tab. Scroll down to Other toolsets and select the Linux development with C++ workload.

    Visual C++ for Linux Development ワークロード

  3. IoT または組み込みのプラットフォームをターゲットにしている場合は、右側の [インストールの詳細] ウィンドウに移動します。If you are targeting IoT or embedded platforms, go to the Installation details pane on the right. [C++ による Linux 開発] の下で [オプション コンポーネント] を展開し、必要なコンポーネントを選択します。Under Linux development with C++, expand Optional Components, and choose the components you need. Linux で CMake は既定でサポートされるよう選択されています。CMake support for Linux is selected by default.

  4. [変更] をクリックして、インストールを続行します。Click Modify to continue with the installation.

Linux 環境を作成するためのオプションOptions for creating a Linux environment

Linux マシンがまだない場合は、Azure で Linux 仮想マシンを作成できます。If you don't already have a Linux machine, you can create a Linux Virtual Machine on Azure. 詳細については、「クイック スタート: Azure portal で Linux 仮想マシンを作成する」を参照してください。For more information, see Quickstart: Create a Linux virtual machine in the Azure portal.

Windows 10 の Windows Subsystem for Linux (WSL) では、お好みの Linux ディストリビューションをインストールして、対象とすることができます。On Windows 10, you can install and target your favorite Linux distro on the Windows Subsystem for Linux (WSL). 詳細については、「Windows Subsystem for Linux Installation Guide for Windows 10」 (Windows 10 用の Windows Subsystem for Linux のインストール ガイド) を参照してください。For more information, see Windows Subsystem for Linux Installation Guide for Windows 10. Windows ストアにアクセスできない場合は、WSL ディストリビューション パッケージを手動でダウンロードすることができます。If you're unable to access the Windows Store, you can manually download the WSL distro packages. WSL は便利なコンソール環境ですが、グラフィック アプリケーション用には推奨されません。WSL is a convenient console environment, but is not recommended for graphical applications.

Visual Studio の Linux プロジェクトを使用する場合、リモートの Linux システムまたは WSL に次の依存関係がインストールされている必要があります。Linux projects in Visual Studio require the following dependencies to be installed on your remote Linux system or WSL:

  • コンパイラ - Visual Studio 2019 では、GCC と Clang が最初からサポートされています。A compiler - Visual Studio 2019 has out-of-the-box support for GCC and Clang.
  • gdb - Visual Studio によって Linux システム上の gdb が自動的に起動され、Visual Studio デバッガーのフロントエンドを使用した、Linux 上の完全に忠実なデバッグ エクスペリエンスが提供されます。gdb - Visual Studio automatically launches gdb on the Linux system, and uses the front-end of the Visual Studio debugger to provide a full-fidelity debugging experience on Linux.
  • rsync および zip - rsync と zip を含めることにより、IntelliSense で使用するためのヘッダー ファイルを、Visual Studio が Linux システムから Windows ファイルシステムに抽出できるようになります。rsync and zip - the inclusion of rsync and zip allows Visual Studio to extract header files from your Linux system to the Windows filesystem for use by IntelliSense.
  • makemake
  • openssh-server (リモートの Linux システムのみ) - Visual Studio は、セキュリティで保護された SSH 接続を介してリモートの Linux システムに接続します。openssh-server (remote Linux systems only) - Visual Studio connects to remote Linux systems over a secure SSH connection.
  • CMake (CMake プロジェクトのみ) - Microsoft の静的にリンクされた Linux 用 CMake バイナリをインストールできます。CMake (CMake projects only) - You can install Microsoft's statically linked CMake binaries for Linux.

以下のコマンドでは、clang ではなく g++ を使っていることを前提としています。The following commands assume you are using g++ instead of clang.

Visual Studio の Linux プロジェクトを使用する場合、リモートの Linux システムまたは WSL に次の依存関係がインストールされている必要があります。Linux projects in Visual Studio require the following dependencies to be installed on your remote Linux system or WSL:

  • gcc - Visual Studio 2017 では、GCC が最初からサポートされています。gcc - Visual Studio 2017 has out-of-the-box support for GCC.
  • gdb - Visual Studio によって Linux システム上の gdb が自動的に起動され、Visual Studio デバッガーのフロントエンドを使用した、Linux 上の完全に忠実なデバッグ エクスペリエンスが提供されます。gdb - Visual Studio automatically launches gdb on the Linux system and uses the front-end of the Visual Studio debugger to provide a full-fidelity debugging experience on Linux.
  • rsync および zip - rsync と zip を含めることにより、IntelliSense で使用するためのヘッダー ファイルを、Visual Studio が Linux システムから Windows ファイルシステムに抽出できるようになります。rsync and zip - the inclusion of rsync and zip allows Visual Studio to extract header files from your Linux system to the Windows filesystem to use for IntelliSense.
  • makemake
  • openssh-server - Visual Studio は、セキュリティで保護された SSH 接続を介してリモートの Linux システムに接続します。openssh-server - Visual Studio connects to remote Linux systems over a secure SSH connection.
  • CMake (CMake プロジェクトのみ) - Microsoft の静的にリンクされた Linux 用 CMake バイナリをインストールできます。CMake (CMake projects only) - You can install Microsoft's statically linked CMake binaries for Linux.

Linux のセットアップ: WSL 上の UbuntuLinux setup: Ubuntu on WSL

WSL をターゲットにしている場合は、ビルドとデバッグを行うためにリモート接続を追加したり、SSH を構成したりする必要はありません。When you are targeting WSL, there is no need to add a remote connection or configure SSH in order to build and debug. Intellisense のサポートで Linux のヘッダーを Visual Studio と自動的に同期するには、ziprsync が必要です。zip and rsync are required for automatic syncing of Linux headers with Visual Studio for Intellisense support. 必要なアプリケーションがまだない場合は、次の手順でインストールできます。If the required applications are not already present, you can install them as follows:

sudo apt-get install g++ gdb make rsync zip

リモートの Linux システム上の UbuntuUbuntu on remote Linux systems

ターゲットの Linux システムには、openssh-serverg++gdbmake がインストールされていて、ssh デーモンが実行されている必要があります。The target Linux system must have openssh-server, g++, gdb, and make installed, and the ssh daemon must be running. Intellisense サポート対応のローカル コンピューターでリモート ヘッダーを自動同期するには、ziprsync が必須です。zip and rsync are required for automatic syncing of remote headers with your local machine for Intellisense support. これらのアプリケーションがまだない場合は、次の手順でインストールできます。If these applications are not already present, you can install them as follows:

  1. Linux コンピューターのシェル プロンプトで次のコマンドを実行します。At a shell prompt on your Linux computer, run:

    sudo apt-get install openssh-server g++ gdb make rsync zip
    

    sudo コマンドにより、root パスワードの入力を求められる場合があります。You may be prompted for your root password due to the sudo command. その場合は、入力して続行します。If so, enter it and continue. 完了すると、必要なサービスとツールがインストールされます。Once complete, the required services and tools are installed.

  2. 次のコマンドを実行し、Linux コンピューターで ssh サービスを実行します。Ensure the ssh service is running on your Linux computer by running:

    sudo service ssh start
    

    サービスが開始され、バックグラウンドで実行され、接続を受け付けられる状態になります。This starts the service and runs it in the background, ready to accept connections.

WSL 上の FedoraFedora on WSL

Fedora は、dnf パッケージ インストーラーを使用しています。Fedora uses the dnf package installer. g++gdbmakersync、および zip をダウンロードするには、次を実行します。To download g++, gdb, make, rsync and zip, run:

sudo dnf install gcc-g++ gdb rsync make zip

Intellisense のサポートで Linux のヘッダーを Visual Studio と自動的に同期するには、ziprsync が必要です。zip and rsync are required for automatic syncing of Linux headers with Visual Studio for Intellisense support.

リモートの Linux システム上の FedoraFedora on remote Linux systems

Fedora を実行しているターゲット マシンで dnf パッケージ インストーラーを使用します。The target machine running Fedora uses the dnf package installer. openssh-serverg++gdbmakersync、および zip をダウンロードし、ssh デーモンを再起動するには、次の手順に従います。To download openssh-server, g++, gdb, make, rsync, and zip, and restart the ssh daemon, follow these instructions:

  1. Linux コンピューターのシェル プロンプトで次のコマンドを実行します。At a shell prompt on your Linux computer, run:

    sudo dnf install openssh-server gcc-g++ gdb make rsync zip
    

    sudo コマンドにより、root パスワードの入力を求められる場合があります。You may be prompted for your root password due to the sudo command. その場合は、入力して続行します。If so, enter it and continue. 完了すると、必要なサービスとツールがインストールされます。Once complete, the required services and tools are installed.

  2. 次のコマンドを実行し、Linux コンピューターで ssh サービスを実行します。Ensure the ssh service is running on your Linux computer by running:

    sudo systemctl start sshd
    

    サービスが開始され、バックグラウンドで実行され、接続を受け付けられる状態になります。This starts the service and runs it in the background, ready to accept connections.

Linux での C++ での開発は Visual Studio 2017 以降でサポートされています。Support for Linux C++ development is available in Visual Studio 2017 and later.

次の手順Next Steps

これで Linux プロジェクトを作成するか開いて、ターゲット システム上で実行できるように構成する準備が整いました。You are now ready to create or open a Linux project and configure it to run on the target system. 詳細については次を参照してください:For more information, see: