TextFieldParser クラス

定義

構造化テキスト ファイルの解析に使用するメソッドとプロパティを提供します。

public ref class TextFieldParser : IDisposable
public class TextFieldParser : IDisposable
type TextFieldParser = class
    interface IDisposable
Public Class TextFieldParser
Implements IDisposable
継承
TextFieldParser
実装

この例では、タブ区切りのテキストファイルを解析 Bigfile します。

Using MyReader As New Microsoft.VisualBasic.FileIO.
    TextFieldParser("c:\logs\bigfile")

    MyReader.TextFieldType = 
        Microsoft.VisualBasic.FileIO.FieldType.Delimited
    MyReader.Delimiters = New String() {vbTab}
    Dim currentRow As String()
    'Loop through all of the fields in the file. 
    'If any lines are corrupt, report an error and continue parsing. 
    While Not MyReader.EndOfData
        Try
            currentRow = MyReader.ReadFields()
            ' Include code here to handle the row.
        Catch ex As Microsoft.VisualBasic.FileIO.MalformedLineException
            MsgBox("Line " & ex.Message & 
            " is invalid.  Skipping")
        End Try
    End While
End Using

注釈

オブジェクトは、 TextFieldParser 構造化されたテキストファイルを解析するためのメソッドとプロパティを提供します。 を使用したテキストファイルの解析は、テキスト TextFieldParser ファイルの反復処理に似ていますが、メソッドを使用して ReadFields テキストのフィールドを抽出する方法は、文字列を分割することと似ています。

では、 TextFieldParser 区切り記号または固定幅の2種類のファイルを解析できます。 やなどの一部のプロパティは、 Delimiters HasFieldsEnclosedInQuotes 区切りファイルを操作する場合にのみ意味があり FieldWidths ますが、プロパティは固定幅のファイルを操作する場合にのみ意味があります。

次の表に、Microsoft.VisualBasic.FileIO.TextFieldParser オブジェクトに関連するタスクの例を示します。

終了 解決方法については、
区切られたテキストファイルからの読み取り 方法: コンマ区切りのテキスト ファイルを読み取る
固定幅のテキストファイルからの読み取り 方法: 固定幅のテキスト ファイルを読み取る
複数の形式を持つテキストファイルからの読み取り 方法: 複数の書式を持つテキスト ファイルを読み取る

コンストラクター

TextFieldParser(Stream)

TextFieldParser クラスの新しいインスタンスを初期化します。

TextFieldParser(Stream, Encoding)

TextFieldParser クラスの新しいインスタンスを初期化します。

TextFieldParser(Stream, Encoding, Boolean)

TextFieldParser クラスの新しいインスタンスを初期化します。

TextFieldParser(Stream, Encoding, Boolean, Boolean)

TextFieldParser クラスの新しいインスタンスを初期化します。

TextFieldParser(String)

TextFieldParser クラスの新しいインスタンスを初期化します。

TextFieldParser(String, Encoding)

TextFieldParser クラスの新しいインスタンスを初期化します。

TextFieldParser(String, Encoding, Boolean)

TextFieldParser クラスの新しいインスタンスを初期化します。

TextFieldParser(TextReader)

TextFieldParser クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CommentTokens

コメント トークンを定義します。 コメント トークンとは、コメント行であることを示すために、行頭に配置される文字列です。コメント トークンの配置された行は、パーサーによって無視されます。

Delimiters

テキスト ファイルの区切り記号を定義します。

EndOfData

現在のカーソル位置とファイルの終端との間に、空行またはコメント行以外のデータが存在しない場合、True を返します。

ErrorLine

直前に発生した MalformedLineException 例外の原因となった行を返します。

ErrorLineNumber

直前の MalformedLineException 例外が発生した行の番号を返します。

FieldWidths

解析するテキスト ファイルの各列の幅を表します。

HasFieldsEnclosedInQuotes

区切り記号入りファイルを解析する場合に、フィールドが引用符で囲まれているかどうかを示します。

LineNumber

現在の行番号を返します。ストリームから取り出す文字がなくなった場合は -1 を返します。

TextFieldType

解析対象のファイルが区切り形式か固定幅形式かを示します。

TrimWhiteSpace

フィールド値から前後の空白をトリムするかどうかを示します。

メソッド

Close()

現在の TextFieldParser オブジェクトを閉じます。

Dispose()

TextFieldParser オブジェクトによって使用されているリソースを解放します。

Dispose(Boolean)

TextFieldParser オブジェクトによって使用されているリソースを解放します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Finalize()

TextFieldParser オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前にリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
PeekChars(Int32)

カーソルを進めずに、指定された文字数を読み込みます。

ReadFields()

現在行のすべてのフィールドを読み込んで文字列の配列として返し、次のデータが格納されている行にカーソルを進めます。

ReadLine()

現在の行を文字列として返し、カーソルを次の行に進めます。

ReadToEnd()

テキスト ファイルの残りの部分を読み込み、文字列として返します。

SetDelimiters(String[])

リーダーの区切り記号を指定された値に設定し、フィールドの種類を Delimited に設定します。

SetFieldWidths(Int32[])

リーダーの区切り記号を指定の値に設定します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

TextFieldParser オブジェクトによって使用されているリソースを解放します。

適用対象

こちらもご覧ください