SafePipeHandle クラス

定義

パイプ ハンドルのラッパー クラスを表します。Represents a wrapper class for a pipe handle.

public ref class SafePipeHandle sealed : Microsoft::Win32::SafeHandles::SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid
[System.Security.SecurityCritical(System.Security.SecurityCriticalScope.Everything)]
public sealed class SafePipeHandle : Microsoft.Win32.SafeHandles.SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid
type SafePipeHandle = class
    inherit SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid
Public NotInheritable Class SafePipeHandle
Inherits SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid
継承
属性

注釈

このクラスは、SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid の派生クラスです。This class is derived from SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid. 値0または-1 は無効なパイプハンドルです。A value of 0 or -1 is an invalid pipe handle.

重要

この型は IDisposable インターフェイスを実装します。This type implements the IDisposable interface. 型の使用が完了したら、直接的または間接的に型を破棄する必要があります。When you have finished using the type, you should dispose of it either directly or indirectly. 直接的に型を破棄するには、Disposetry/ ブロック内で catch メソッドを呼び出します。To dispose of the type directly, call its Dispose method in a try/catch block. 間接的に型を破棄するには、using (C# の場合) または Using (Visual Basic 言語) などの言語構成要素を使用します。To dispose of it indirectly, use a language construct such as using (in C#) or Using (in Visual Basic). 詳細については、IDisposable インターフェイスに関するトピック内の「IDisposable を実装するオブジェクトの使用」セクションを参照してください。For more information, see the "Using an Object that Implements IDisposable" section in the IDisposable interface topic.

コンストラクター

SafePipeHandle(IntPtr, Boolean) SafePipeHandle クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SafePipeHandle class.

フィールド

handle

ラップするハンドルを指定します。Specifies the handle to be wrapped.

(継承元 SafeHandle)

プロパティ

IsClosed

ハンドルが閉じているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the handle is closed.

(継承元 SafeHandle)
IsInvalid

メソッド

Close()

リソースを解放するためのハンドルをマークします。Marks the handle for releasing and freeing resources.

(継承元 SafeHandle)
DangerousAddRef(Boolean)

SafeHandle インスタンスの参照カウンターを手動でインクリメントします。Manually increments the reference counter on SafeHandle instances.

(継承元 SafeHandle)
DangerousGetHandle()

handle フィールドの値を戻します。Returns the value of the handle field.

(継承元 SafeHandle)
DangerousRelease()

SafeHandle インスタンスの参照カウンターを手動でデクリメントします。Manually decrements the reference counter on a SafeHandle instance.

(継承元 SafeHandle)
Dispose()

SafeHandle クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the SafeHandle class.

(継承元 SafeHandle)
Dispose(Boolean)

通常の破棄操作を実行するかどうかを指定して、SafeHandle クラスによって使用されているアンマネージ リソースを解放します。Releases the unmanaged resources used by the SafeHandle class specifying whether to perform a normal dispose operation.

(継承元 SafeHandle)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ReleaseHandle()

派生クラスでオーバーライドされると、ハンドルを解放するために必要なコードを実行します。When overridden in a derived class, executes the code required to free the handle.

(継承元 SafeHandle)
SetHandle(IntPtr)

ハンドルを指定した既存のハンドルに設定します。Sets the handle to the specified pre-existing handle.

(継承元 SafeHandle)
SetHandleAsInvalid()

今後は使用しないものとしてハンドルをマークします。Marks a handle as no longer used.

(継承元 SafeHandle)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象