JsonElement.TryGetProperty メソッド

定義

オーバーロード

TryGetProperty(String, JsonElement)

現在のオブジェクトで propertyName という名前のプロパティを探し、そのようなプロパティが存在するかどうかを示す値を返します。 プロパティが存在する場合、その値は value 引数に割り当てられています。

TryGetProperty(ReadOnlySpan<Byte>, JsonElement)

現在のオブジェクトで utf8PropertyName という名前のプロパティを探し、そのようなプロパティが存在するかどうかを示す値を返します。 プロパティが存在する場合、メソッドではその値を value 引数に割り当てます。

TryGetProperty(ReadOnlySpan<Char>, JsonElement)

現在のオブジェクトで propertyName という名前のプロパティを探し、そのようなプロパティが存在するかどうかを示す値を返します。 プロパティが存在する場合、メソッドではその値を value 引数に割り当てます。

TryGetProperty(String, JsonElement)

現在のオブジェクトで propertyName という名前のプロパティを探し、そのようなプロパティが存在するかどうかを示す値を返します。 プロパティが存在する場合、その値は value 引数に割り当てられています。

public:
 bool TryGetProperty(System::String ^ propertyName, [Runtime::InteropServices::Out] System::Text::Json::JsonElement % value);
public bool TryGetProperty (string propertyName, out System.Text.Json.JsonElement value);
member this.TryGetProperty : string * JsonElement -> bool
Public Function TryGetProperty (propertyName As String, ByRef value As JsonElement) As Boolean

パラメーター

propertyName
String

検索するプロパティの名前。

value
JsonElement

このメソッドから戻るときに、指定したプロパティの値が格納されます。

戻り値

Boolean

プロパティが見つかった場合は true、それ以外の場合は false

例外

この値の ValueKindObject ではありません。

propertyNamenullです。

JsonDocument は破棄されています。

注釈

プロパティ名の一致は、序数の大文字と小文字を区別する比較として実行されます。

同じオブジェクトに対してプロパティが複数回定義されている場合、メソッドは、そのような最後の定義と一致します。

適用対象

TryGetProperty(ReadOnlySpan<Byte>, JsonElement)

現在のオブジェクトで utf8PropertyName という名前のプロパティを探し、そのようなプロパティが存在するかどうかを示す値を返します。 プロパティが存在する場合、メソッドではその値を value 引数に割り当てます。

public:
 bool TryGetProperty(ReadOnlySpan<System::Byte> utf8PropertyName, [Runtime::InteropServices::Out] System::Text::Json::JsonElement % value);
public bool TryGetProperty (ReadOnlySpan<byte> utf8PropertyName, out System.Text.Json.JsonElement value);
member this.TryGetProperty : ReadOnlySpan<byte> * JsonElement -> bool
Public Function TryGetProperty (utf8PropertyName As ReadOnlySpan(Of Byte), ByRef value As JsonElement) As Boolean

パラメーター

utf8PropertyName
ReadOnlySpan<Byte>

返されるプロパティの名前の UTF-8 (バイト オーダー マーク (BOM) なし) 表現。

value
JsonElement

特定されたプロパティの値を受け取ります。

戻り値

Boolean

プロパティが見つかった場合は true、それ以外の場合は false

例外

この値の ValueKindObject ではありません。

JsonDocument は破棄されています。

注釈

プロパティ名の一致は、序数の大文字と小文字を区別する比較として実行されます。

同じオブジェクトに対してプロパティが複数回定義されている場合、メソッドは、そのような最後の定義と一致します。

詳細については、「System.Text.Jsを使用して カスタムのシリアライザーとデシリアライザーを記述する方法」を参照してください。

適用対象

TryGetProperty(ReadOnlySpan<Char>, JsonElement)

現在のオブジェクトで propertyName という名前のプロパティを探し、そのようなプロパティが存在するかどうかを示す値を返します。 プロパティが存在する場合、メソッドではその値を value 引数に割り当てます。

public:
 bool TryGetProperty(ReadOnlySpan<char> propertyName, [Runtime::InteropServices::Out] System::Text::Json::JsonElement % value);
public bool TryGetProperty (ReadOnlySpan<char> propertyName, out System.Text.Json.JsonElement value);
member this.TryGetProperty : ReadOnlySpan<char> * JsonElement -> bool
Public Function TryGetProperty (propertyName As ReadOnlySpan(Of Char), ByRef value As JsonElement) As Boolean

パラメーター

propertyName
ReadOnlySpan<Char>

検索するプロパティの名前。

value
JsonElement

このメソッドから戻るときに、指定したプロパティの値が格納されます。

戻り値

Boolean

プロパティが見つかった場合は true、それ以外の場合は false

例外

この値の ValueKindObject ではありません。

JsonDocument は破棄されています。

注釈

プロパティ名の一致は、序数の大文字と小文字を区別する比較として実行されます。

同じオブジェクトに対してプロパティが複数回定義されている場合、メソッドは、そのような最後の定義と一致します。

適用対象