ItemAutomationPeer クラス

定義

Items コレクション内のデータ項目を UI オートメーションに公開します。Exposes a data item in an Items collection to UI Automation.

public ref class ItemAutomationPeer abstract : System::Windows::Automation::Peers::AutomationPeer, System::Windows::Automation::Provider::IVirtualizedItemProvider
public ref class ItemAutomationPeer abstract : System::Windows::Automation::Peers::AutomationPeer
public abstract class ItemAutomationPeer : System.Windows.Automation.Peers.AutomationPeer, System.Windows.Automation.Provider.IVirtualizedItemProvider
public abstract class ItemAutomationPeer : System.Windows.Automation.Peers.AutomationPeer
type ItemAutomationPeer = class
    inherit AutomationPeer
    interface IVirtualizedItemProvider
type ItemAutomationPeer = class
    inherit AutomationPeer
Public MustInherit Class ItemAutomationPeer
Inherits AutomationPeer
Implements IVirtualizedItemProvider
Public MustInherit Class ItemAutomationPeer
Inherits AutomationPeer
継承
派生
実装

注釈

型ではないデータ項目にも子はあり UIElement ませんが、 UIElement ツリーと対応するツリーを持つことができます UI オートメーションUI AutomationData items that are not also UIElement types do not have children; however, they can have a UIElement tree and a corresponding UI オートメーションUI Automation tree.

たとえば、は、 ListBox データ項目を含む文字列のコレクションを持つことができます。For example, a ListBox can have a collection of strings that contain data items. これらの項目が視覚化のためにによって処理されると ItemsControlUIElement それらの項目に対してツリーが作成されます。When those items are processed by an ItemsControl for visualization, a UIElement tree is created for them. このツリーには、対応するツリーを含めることができ UI オートメーションUI Automation ます。This tree can have a corresponding UI オートメーションUI Automation tree. ツリーが作成されると、はツリーを WPFWPF UIElement ツリーにマージし UI オートメーションUI Automation ます。After the tree is created, WPFWPF merges the UIElement tree into a UI オートメーションUI Automation tree. ItemAutomationPeerは、対応 UIElement するが存在する場合は、ツリーに関する詳細情報を取得するために使用し UIElement ます。ItemAutomationPeer works with its UIElement counterpart, if it exists, to obtain more information about the UIElement tree.

表示されるデータ項目だけでなく、より正確には、対応する UIElement ツリーにも、この dualism があります。Only visible data items, or more precisely, the corresponding UIElement trees, have this dualism. 対応するツリーを持たない非表示のデータ項目には UIElement 1 つしかありません ItemAutomationPeerNon-visible data items, which have no corresponding UIElement trees, have only one ItemAutomationPeer.

コンストラクター

ItemAutomationPeer(Object, ItemsControlAutomationPeer)

派生クラスのコンストラクターによって呼び出されるときに基本クラスの値を初期化します。Provides initialization for base class values when called by the constructor of a derived class.

プロパティ

Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。Gets the Dispatcher this DispatcherObject is associated with.

(継承元 DispatcherObject)
EventsSource

この AutomationPeer に由来するすべてのイベントのソースとして、オートメーション クライアントに報告される AutomationPeer を取得または設定します。Gets or sets an AutomationPeer that is reported to the automation client as a source for all the events that come from this AutomationPeer.

(継承元 AutomationPeer)
IsHwndHost

この AutomationPeer に関連付けられている要素が Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF)hwnds をホストしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the element that is associated with this AutomationPeer hosts hwnds in Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF).

(継承元 AutomationPeer)
Item

この Items に関連付けられた ItemAutomationPeer コレクション内のデータ項目を取得します。Gets the data item in the Items collection that is associated with this ItemAutomationPeer.

ItemsControlAutomationPeer

ItemsControlAutomationPeer コレクションを保持する ItemsControl に関連付けられた Items を取得します。Gets the ItemsControlAutomationPeer that is associated with the ItemsControl that holds the Items collection.

メソッド

CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。Determines whether the calling thread has access to this DispatcherObject.

(継承元 DispatcherObject)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetAcceleratorKey()

UI オートメーションUI Automation ピアに関連付けられている要素の、アクセラレータ キーの組み合わせを取得します。Gets the accelerator key combinations for the element that is associated with the UI オートメーションUI Automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
GetAcceleratorKeyCore()

この ItemAutomationPeer に関連付けられている Items コレクションにあるデータ項目に対応する UIElement のアクセラレータ キーを取得します。Gets the accelerator key for the UIElement that corresponds to the data item in the Items collection that is associated with this ItemAutomationPeer.

GetAccessKey()

オートメーション ピアに関連付けられている要素のアクセス キーを取得します。Gets the access key for the element that is associated with the automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
GetAccessKeyCore()

この ItemAutomationPeer に関連付けられている Items コレクションにあるデータ項目に対応する UIElement のアクセス キーを取得します。Gets the access key for the UIElement that corresponds to the data item in the Items collection that is associated with this ItemAutomationPeer.

GetAutomationControlType()

UI オートメーションUI Automation ピアに関連付けられている要素のコントロール型を取得します。Gets the control type for the element that is associated with the UI オートメーションUI Automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
GetAutomationControlTypeCore()

派生クラスでオーバーライドされると、GetAutomationControlType() によって呼び出されます。When overridden in a derived class, is called by GetAutomationControlType().

(継承元 AutomationPeer)
GetAutomationId()

オートメーション ピアに関連付けられている要素の AutomationId を取得します。Gets the AutomationId of the element that is associated with the automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
GetAutomationIdCore()

この UIElement に関連付けられている Items コレクション内のデータ項目に対応する ItemAutomationPeer を一意に識別する文字列を取得します。Gets the string that uniquely identifies the UIElement that corresponds to the data item in the Items collection that is associated with this ItemAutomationPeer.

GetBoundingRectangle()

オートメーション ピアに関連付けられている要素の画面座標を表す Rect オブジェクトを取得します。Gets the Rect object that represents the screen coordinates of the element that is associated with the automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
GetBoundingRectangleCore()

指定した Rect の外接する四角形を表す UIElement を取得します。Gets the Rect that represents the bounding rectangle of the specified UIElement.

GetChildren()

UI オートメーション ツリーでオートメーション ピアの直接の子要素として表現される GetChildren() 要素のコレクションを取得します。Gets the collection of GetChildren() elements that are represented in the UI Automation tree as immediate child elements of the automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
GetChildrenCore()

この UIElement に関連付けられている Items コレクション内のデータ項目に対応する ItemAutomationPeer の子要素のコレクションを取得します。Gets the collection of child elements of the UIElement that corresponds to the data item in the Items collection that is associated with this ItemAutomationPeer.

GetClassName()

この AutomationControlType で表されるコントロールと区別するために AutomationPeer で使用される名前を取得します。Gets a name that is used with AutomationControlType, to differentiate the control that is represented by this AutomationPeer.

(継承元 AutomationPeer)
GetClassNameCore()

派生クラスでオーバーライドされると、GetClassName() によって呼び出されます。When overridden in a derived class, is called by GetClassName().

(継承元 AutomationPeer)
GetClickablePoint()

マウスのクリックに応答するオートメーション ピアに関連付けられている要素上の Point を取得します。Gets a Point on the element that is associated with the automation peer that responds to a mouse click.

(継承元 AutomationPeer)
GetClickablePointCore()

指定した Point 上のクリック可能な領域を表す UIElement を取得します。Gets a Point that represents the clickable space that is on the specified UIElement.

GetControlledPeers()

UI オートメーションに対して、この AutomationPeer によって影響を受けるか制御される要素のリストを提供します。Provides UI Automation with a list of elements affected or controlled by this AutomationPeer.

(継承元 AutomationPeer)
GetControlledPeersCore()

派生クラスでオーバーライドされると、UI オートメーションに対して、この AutomationPeer によって影響を受けるか制御される要素のリストを提供します。When overridden in a derived class, provides UI Automation with a list of elements affected or controlled by this AutomationPeer.

(継承元 AutomationPeer)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetHelpText()

オートメーション ピアに関連付けられているコントロールの機能を説明するテキストを取得します。Gets text that describes the functionality of the control that is associated with the automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
GetHelpTextCore()

この UIElement に関連付けられている Items コレクション内のデータ要素に対応する、ItemAutomationPeer の機能を説明する文字列を取得します。Gets the string that describes the functionality of the UIElement that corresponds to the data item in the Items collection that is associated with this ItemAutomationPeer.

GetHostRawElementProviderCore()

Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) 要素によってホストされている hwnd を配置する、UI オートメーションUI Automation ツリー内の場所を UI オートメーションUI Automation に指示します。Tells UI オートメーションUI Automation where in the UI オートメーションUI Automation tree to place the hwnd being hosted by a Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) element.

(継承元 AutomationPeer)
GetItemStatus()

オートメーション ピアに関連付けられている要素の表示状態を表すテキストを取得します。Gets text that conveys the visual status of the element that is associated with this automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
GetItemStatusCore()

指定した UIElement の表示ステータスを伝える文字列を取得します。Gets a string that conveys the visual status of the specified UIElement.

GetItemType()

オブジェクトが表す項目の種類を説明する文字列を取得します。Gets a string that describes what kind of item an object represents.

(継承元 AutomationPeer)
GetItemTypeCore()

指定した UIElement が表す項目の種類を格納する文字列を、ユーザーが判読できる形で取得します。Gets a human-readable string that contains the type of item that the specified UIElement represents.

GetLabeledBy()

要素を対象とする LabelAutomationPeer を取得します。Gets the AutomationPeer for the Label that is targeted to the element.

(継承元 AutomationPeer)
GetLabeledByCore()

指定した AutomationPeer を対象としている LabelUIElement を取得します。Gets the AutomationPeer for the Label that is targeted to the specified UIElement.

GetLiveSetting()

このオートメーション ピアと関連付けられたライブ領域の通知特性を取得します。Gets the notification characteristics of a live region that is associated with this automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
GetLiveSettingCore()

この ItemAutomationPeer オブジェクトに関連付けられている Items コレクションにあるデータ項目に対応する UIElement のライブ領域の通知特性を取得します。Gets the notification characteristics of the live region for the UIElement that corresponds to the data item in the Items collection that is associated with this ItemAutomationPeer object.

GetLiveSettingCore()

派生クラスでオーバーライドされると、ライブ領域の通知特性を返します。When overridden in a derived class, returns the notification characteristics of a live region. GetLiveSetting() メソッドによって呼び出されます。Called by the GetLiveSetting() method.

(継承元 AutomationPeer)
GetLocalizedControlType()

このオートメーション ピアに関連付けられているコントロールの AutomationControlType の値を、ユーザーが判読できるローカライズされた文字列の形で取得します。Gets a human-readable localized string that represents the AutomationControlType value for the control that is associated with this automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
GetLocalizedControlTypeCore()

派生クラスでオーバーライドされると、GetLocalizedControlType() によって呼び出されます。When overridden in a derived class, is called by GetLocalizedControlType().

(継承元 AutomationPeer)
GetName()

このオートメーション ピアに関連付けられている要素を説明するテキストを取得します。Gets text that describes the element that is associated with this automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
GetNameCore()

この UIElement に関連付けられた Items コレクション内のデータ項目に対応する ItemAutomationPeer のテキスト ラベルを取得します。Gets the text label of the UIElement that corresponds to the data item in the Items collection that is associated with this ItemAutomationPeer.

GetOrientation()

コントロールの向きが明示的に設定されている場合にその向きを示す値を取得します。Gets a value that indicates the explicit control orientation, if any.

(継承元 AutomationPeer)
GetOrientationCore()

指定した UIElement が特定の方向に配置されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the specified UIElement is laid out in a particular direction.

GetParent()

この AutomationPeer の親である AutomationPeer を取得します。Gets the AutomationPeer that is the parent of this AutomationPeer.

(継承元 AutomationPeer)
GetPattern(PatternInterface)

このオートメーション ピアに関連付けられている要素について、指定されたコントロール パターンをサポートするオブジェクトを返します。Returns the object that supports the specified control pattern of the element that is associated with this automation peer.

GetPattern(PatternInterface)

派生クラスでオーバーライドされると、指定された PatternInterface に関連付けられているコントロール パターンを取得します。When overridden in a derived class, gets the control pattern that is associated with the specified PatternInterface.

(継承元 AutomationPeer)
GetPeerFromPoint(Point)

指定したポイントから AutomationPeer を取得します。Gets an AutomationPeer from the specified point.

(継承元 AutomationPeer)
GetPeerFromPointCore(Point)

派生クラスでオーバーライドされると、GetPeerFromPoint(Point) から呼び出されます。When overridden in a derived class, is called from GetPeerFromPoint(Point).

(継承元 AutomationPeer)
GetPositionInSet()

PositionInSet プロパティの値を取得しようとします。Attempts to get the value of the PositionInSet property.

(継承元 AutomationPeer)
GetPositionInSetCore()

セット内でのこの項目の位置を取得します。Gets the position of this item within a set.

GetPositionInSetCore()

派生クラスでオーバーライドされると、UI オートメーションに対して、グループまたはセット内でこの要素が占める位置を表す 1 から始まる整数値を提供します。When overridden in a derived class, provides UI Automation with a one-based integer value that describes the position this element occupies in a group or set.

(継承元 AutomationPeer)
GetSizeOfSet()

SizeOfSet プロパティの値を取得しようとします。Attempts to get the value of the SizeOfSet property.

(継承元 AutomationPeer)
GetSizeOfSetCore()

この項目を含むセットのサイズを取得します。Gets the size of a set that contains this item.

GetSizeOfSetCore()

派生クラスでオーバーライドされると、UI オートメーションに対して、この要素が属するグループまたはセットのサイズを提供します。When overridden in a derived class, provides UI Automation with the size of the group or set that this element belongs to.

(継承元 AutomationPeer)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
HasKeyboardFocus()

このオートメーション ピアに関連付けられている要素に現在キーボード フォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the element that is associated with this automation peer currently has keyboard focus.

(継承元 AutomationPeer)
HasKeyboardFocusCore()

指定した UIElement に現在キーボード入力フォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the specified UIElement currently has keyboard input focus.

InvalidatePeer()

AutomationPeer のメイン プロパティの再計算をトリガーし、プロパティが変更された場合はオートメーション クライアントへの PropertyChanged 通知を発生させます。Triggers recalculation of the main properties of the AutomationPeer and raises the PropertyChanged notification to the Automation Client if the properties changed.

(継承元 AutomationPeer)
IsContentElement()

この Automation Peer に関連付けられている要素が、ユーザーに提示されるデータを含むかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the element that is associated with this automation peer contains data that is presented to the user.

(継承元 AutomationPeer)
IsContentElementCore()

指定した UIElement がユーザーに提示するデータを含んでいるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the specified UIElement contains data that is presented to the user.

IsControlElement()

要素がユーザーに対話的に認識されるか、または GUIGUI のコントロールの論理構造を構成するものであるかを示す値を取得または設定します。Gets a value that indicates whether the element is understood by the user as interactive or as contributing to the logical structure of the control in the GUIGUI.

(継承元 AutomationPeer)
IsControlElementCore()

この UIElement に関連付けられている ItemAutomationPeer を、対話的なものとしてエンド ユーザーが認識するかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the UIElement that is associated with this ItemAutomationPeer is understood by the end user as interactive.

IsEnabled()

このオートメーション ピアに関連付けられている要素で対話がサポートされるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the element associated with this automation peer supports interaction.

(継承元 AutomationPeer)
IsEnabledCore()

指定した UIElement がイベントを送受信できるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the specified UIElement can receive and send events.

IsKeyboardFocusable()

要素がキーボード フォーカスを受け入れることができるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the element can accept keyboard focus.

(継承元 AutomationPeer)
IsKeyboardFocusableCore()

指定した UIElement がキーボード フォーカスを受け入れることができるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the specified UIElement can accept keyboard focus.

IsOffscreen()

要素が画面から外れているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether an element is off the screen.

(継承元 AutomationPeer)
IsOffscreenCore()

指定した UIElement が画面から外れているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the specified UIElement is off the screen.

IsPassword()

機密情報が要素に格納されているかどうか示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the element contains sensitive content.

(継承元 AutomationPeer)
IsPasswordCore()

指定した UIElement に保護されたコンテンツが格納されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the specified UIElement contains protected content.

IsRequiredForForm()

このピアに関連付けられている要素がフォームの必須要素かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the element that is associated with this peer must be completed on a form.

(継承元 AutomationPeer)
IsRequiredForFormCore()

指定した UIElement がフォームの必須要素かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the specified UIElement is required to be completed on a form.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
PeerFromProvider(IRawElementProviderSimple)

指定した AutomationPeer プロキシの IRawElementProviderSimple を取得します。Gets an AutomationPeer for the specified IRawElementProviderSimple proxy.

(継承元 AutomationPeer)
ProviderFromPeer(AutomationPeer)

指定した IRawElementProviderSimpleAutomationPeer を取得します。Gets the IRawElementProviderSimple for the specified AutomationPeer.

(継承元 AutomationPeer)
RaiseAsyncContentLoadedEvent(AsyncContentLoadedEventArgs)

AutomationPeer によって呼び出され、AsyncContentLoadedEvent イベントを発生させます。Called by the AutomationPeer to raise the AsyncContentLoadedEvent event.

(継承元 AutomationPeer)
RaiseAutomationEvent(AutomationEvents)

オートメーション イベントを発生させます。Raises an automation event.

(継承元 AutomationPeer)
RaisePropertyChangedEvent(AutomationProperty, Object, Object)

変更されたプロパティ値をオートメーション クライアントに通知するイベントを発生させます。Raises an event to notify the automation client of a changed property value.

(継承元 AutomationPeer)
ResetChildrenCache()

GetChildrenCore() を呼び出すことによって、子要素のツリーを同期的にリセットします。Synchronously resets the tree of child elements by calling GetChildrenCore().

(継承元 AutomationPeer)
SetFocus()

このオートメーション ピアに関連付けられている要素にキーボード フォーカスを設定します。Sets the keyboard focus on the element that is associated with this automation peer.

(継承元 AutomationPeer)
SetFocusCore()

指定した UIElement にキーボード入力フォーカスを設定します。Sets the keyboard input focus on the specified UIElement. UIElement は、この Items に関連付けられた ItemAutomationPeer コレクション内のデータ項目に対応します。The UIElement corresponds to the data item in the Items collection that is associated with this ItemAutomationPeer.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。Enforces that the calling thread has access to this DispatcherObject.

(継承元 DispatcherObject)

明示的なインターフェイスの実装

IVirtualizedItemProvider.Realize()

仮想項目に UI オートメーション要素として全面的にアクセスできるようにします。Makes the virtual item fully accessible as a UI Automation element.

適用対象