Validation.Error Validation.Error Validation.Error Attached Event

定義

バインドされている要素で検証エラーが検出されると発生しますが、NotifyOnValidationError 値が true に設定されているバインディングのみが対象です。Occurs when the bound element runs into a validation error, but only for bindings with the NotifyOnValidationError value set to true.

see AddErrorHandler, and RemoveErrorHandler
see AddErrorHandler, and RemoveErrorHandler
see AddErrorHandler, and RemoveErrorHandler

注釈

WPFWPFデータ バインディング モデルに関連付けられるようにValidationRulesで、Bindingオブジェクト。The WPFWPF data binding model enables you to associate ValidationRules with your Binding object. コンバーターが呼び出される前に、バインディング ターゲットにバインドするソース値の転送中に検証が行われます。Validation occurs during binding target-to-binding source value transfer before the converter is called. 次に、検証プロセスについて説明します。The following describes the validation process:

  1. 値は、ソース プロパティに、ターゲット プロパティから転送されているが、ときに、データ バインディング エンジン最初に削除ValidationErrorに追加されて、Validation.Errors添付プロパティのバインドされた要素。When a value is being transferred from the target property to the source property, the data binding engine first removes any ValidationError that may have been added to the Validation.Errors attached property of the bound element. 任意のカスタムかがチェックされますValidationRules が定義されているBinding、呼び出す場合、Validateの各メソッド、ValidationRuleにエラーが発生、またはそれらすべてに合格するまでの 1 つが実行されるまでの秒。It then checks if there are any custom ValidationRules defined for that Binding, in which case it calls the Validate method on each of the ValidationRules until one of them runs into an error or until all of them pass.

  2. 合格しないカスタム ルールがある場合、バインディング エンジンは、作成、ValidationErrorオブジェクトし、それを追加、Validation.Errorsバインドされた要素のコレクション。Once there is a custom rule that does not pass, the binding engine creates a ValidationError object and adds it to the Validation.Errors collection of the bound element. ときにValidation.Errors空ではない、Validation.HasError要素の添付プロパティに設定されてtrueします。When Validation.Errors is not empty, the Validation.HasError attached property of the element is set to true. また場合、NotifyOnValidationErrorのプロパティ、Bindingに設定されているtrue、バインディング エンジンが発生し、Validation.Error要素にイベントをアタッチします。Also, if the NotifyOnValidationError property of the Binding is set to true, then the binding engine raises the Validation.Error attached event on the element.

  3. このオプションをすべてのルールを渡す場合 1 つが存在する場合にし、バインディング エンジンは、コンバーターを呼び出します。If all of the rules pass, the binding engine then calls the converter, if one exists.

  4. コンバーターが成功した場合、バインディング エンジンは、ソース プロパティの set アクセス操作子を呼び出します。If the converter passes, the binding engine calls the setter of the source property.

  5. バインディングがある場合、ExceptionValidationRule関連付けられていると、バインディング エンジンがあるかどうかをチェック手順 4 の中に例外がスローされます、UpdateSourceExceptionFilterします。If the binding has an ExceptionValidationRule associated with it and an exception is thrown during step 4, the binding engine checks to see if there is a UpdateSourceExceptionFilter. 使用するオプションがある、UpdateSourceExceptionFilter例外を処理するためのカスタム ハンドラーを提供するコールバック。You have the option to use the UpdateSourceExceptionFilter callback to provide a custom handler for handling exceptions. 場合、UpdateSourceExceptionFilterがで指定されていない、 Binding、バインディング エンジンが作成されます、ValidationError例外に追加します、Validation.Errorsバインドされた要素のコレクション。If an UpdateSourceExceptionFilter is not specified on the Binding, the binding engine creates a ValidationError with the exception and adds it to the Validation.Errors collection of the bound element.

なお、いずれかの方向 (ターゲットからソースまたはソースとターゲット) で有効な値の転送が消去される、 Validation.Errors添付プロパティ。Also note that a valid value transfer in either direction (target-to-source or source-to-target) clears the Validation.Errorsattached property.

詳細については、データ検証」を参照してくださいデータ バインディングの概要します。For more information, see "Data Validation" in Data Binding Overview.

ルーティングされたイベント情報Routed Event Information

識別子フィールドです。Identifier field ErrorEvent
ルーティング方法Routing strategy バブルBubbling
DelegateDelegate EventHandler<TEventArgs>、によって制約, constrained by ValidationErrorEventArgs

適用対象