DataSourceProvider クラス

定義

DataSourceProvider オブジェクトの共通の基底クラスおよびコントラクトです。このオブジェクトは、バインド ソース オブジェクトとして使用可能な 1 つのオブジェクトまたはオブジェクトの一覧を生成するためにいくつかのクエリを実行するファクトリです。

public ref class DataSourceProvider abstract : System::ComponentModel::INotifyPropertyChanged, System::ComponentModel::ISupportInitialize
public abstract class DataSourceProvider : System.ComponentModel.INotifyPropertyChanged, System.ComponentModel.ISupportInitialize
type DataSourceProvider = class
    interface INotifyPropertyChanged
    interface ISupportInitialize
Public MustInherit Class DataSourceProvider
Implements INotifyPropertyChanged, ISupportInitialize
継承
DataSourceProvider
派生
実装

注釈

DataSourceProvider は、既存のデータ モデルの便利なラッパーです。データ モデルは置き換え型ではありません。 データ プロバイダーは、ADO などのデータ モデルの複雑さと多様性を、いくつかのプロパティを持つ 1 つのオブジェクトに圧縮しようとはしない。

DataSourceProvider は抽象クラスです。 と である派生クラスのいずれかを使用 XmlDataProvider します ObjectDataProvider 。 は DataSourceProvider 、アプリケーション (WPF) Windows Presentation Foundationおよびディスパッチャー モデルを認識します。 作成時にスレッドが UI スレッドと見なされます。 イベントは、ワーカー スレッドからアプリケーションの UI スレッドにマーシャリングされます。

コンストラクター

DataSourceProvider()

DataSourceProvider クラスの新しいインスタンスを初期化します。 これは保護されたコンストラクターです。

プロパティ

Data

基になるデータ オブジェクトを取得します。

Dispatcher

使用する UI スレッド Dispatcher に対する現在の オブジェクトを取得または設定します。

Error

最後のクエリ操作のエラーを取得します。

IsInitialLoadEnabled

データの自動読み込みを回避または遅延するかどうかを示す値を取得または設定します。

IsRefreshDeferred

保留状態の DeferRefresh() が使用されているかどうかを示す値を取得します。

メソッド

BeginInit()

このオブジェクトの初期化が開始されようとしていることを示します。一致する Refresh() メソッドが呼び出されるまで暗黙の EndInit() は発生しません。

BeginQuery()

派生クラスでオーバーライドされると、この基本クラスは、InitialLoad() または Refresh() が呼び出されたときにこのメソッドを呼び出します。 更新が遅延される場合、または最初の読み込みが無効になっている場合は、基本クラスによって呼び出しが遅延されます。

DeferRefresh()

プロバイダーのプロパティを変更し、自動更新を遅延させるために使用できる遅延サイクルを入力します。

EndInit()

このオブジェクトの初期化が完了したことを示します。これにより、保留状態の Refresh() が他にない場合は DeferRefresh() が発生します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitialLoad()

基になるデータ モデルに対する最初のクエリを開始します。 結果は Data プロパティに返されます。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnPropertyChanged(PropertyChangedEventArgs)

指定された引数を使用して、PropertyChanged イベントを発生させます。

OnQueryFinished(Object)

派生クラスは、このメソッドを呼び出してクエリが終了したことを示します。

OnQueryFinished(Object, Exception, DispatcherOperationCallback, Object)

派生クラスは、このメソッドを呼び出してクエリが終了したことを示します。

Refresh()

基になるデータ モデルに対する更新操作を開始します。 結果は Data プロパティに返されます。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

イベント

DataChanged

Data プロパティに新しい値が設定された場合に発生します。

PropertyChanged

プロパティ値が変更するときに発生します。

明示的なインターフェイスの実装

INotifyPropertyChanged.PropertyChanged

プロパティ値が変更するときに発生します。

ISupportInitialize.BeginInit()

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートし、コードから直接使用することを意図したメンバーではありません。

ISupportInitialize.EndInit()

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートし、コードから直接使用することを意図したメンバーではありません。

適用対象