ObjectDataProvider クラス

定義

バインディング ソースとして使用できるオブジェクトをラップして作成します。Wraps and creates an object that you can use as a binding source.

public ref class ObjectDataProvider : System::Windows::Data::DataSourceProvider
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.NeverLocalize)]
public class ObjectDataProvider : System.Windows.Data.DataSourceProvider
type ObjectDataProvider = class
    inherit DataSourceProvider
Public Class ObjectDataProvider
Inherits DataSourceProvider
継承
ObjectDataProvider
属性

注釈

重要

指定された型またはメンバーに対してリフレクションを実行するためのアクセス許可がない場合、ObjectDataProvider は失敗します。ObjectDataProvider fails when it does not have permissions to perform reflection on the given type or member. 詳細については、「バインディングソースのアクセス許可要件の概要」を参照してください。For more information, see Permissions Requirements in Binding Sources Overview.

バインディングソースとして使用するオブジェクトを作成するには、さまざまな方法があります。There are many ways to create an object to use as a binding source. たとえば、Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) ページの resources セクションにオブジェクトを作成したり、コードでオブジェクトを作成して、それをウィンドウの DataContext として設定したりすることができます。For example, you can create your object in the resources section of your Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) page, or you can create your object in code and set it as the DataContext of your window.

ObjectDataProvider を使用すると、XAMLXAML でオブジェクトを作成し、バインディングソースとして使用できるようになります。ObjectDataProvider enables you to create your object in XAMLXAML and make it available as a binding source. これには、オブジェクトに対してクエリを実行し、結果にバインドするための次のプロパティが用意されています。It provides the following properties that enable you to execute a query on your object and bind to the results.

  • オブジェクトのコンストラクターにパラメーターを渡すには、ConstructorParameters プロパティを使用します。Use the ConstructorParameters property to pass parameters to the constructor of your object.

  • メソッドを呼び出し、MethodParameters プロパティを使用してメソッドにパラメーターを渡すには、MethodName プロパティを使用します。Use the MethodName property to call a method and use the MethodParameters property to pass parameters to the method. その後、メソッドの結果にバインドできます。You can then bind to the results of the method.

また、IsAsynchronous プロパティを使用して、ワーカースレッドとアクティブなコンテキストのどちらでオブジェクトの作成を実行するかを指定することもできます。You can also use the IsAsynchronous property to specify whether to perform object creation in a worker thread or in the active context.

このクラスは、現在のバインディングソースオブジェクトを別のオブジェクトに置き換え、関連付けられているすべてのバインディングを更新する場合にも便利です。This class is also useful when you want to replace your current binding source object with another object and have all the associated bindings updated.

ObjectDataProvider は、XAMLXAMLでオブジェクトをバインドソースオブジェクトとして作成および使用するための便利な方法を提供しますが、既存のデータモデルに置き換わるものではありません。ObjectDataProvider provides a convenient way to create and use objects as binding source objects in XAMLXAML, but it does not replace existing data models.

データバインディング用の独自のオブジェクトを実装する場合は、「バインディングソースの概要」を参照してください。If you are implementing your own objects for data binding, see Binding Sources Overview for information and recommendations.

コンストラクター

ObjectDataProvider()

ObjectDataProvider クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ObjectDataProvider class.

プロパティ

ConstructorParameters

コンストラクターに渡すパラメーターの一覧を取得します。Gets the list of parameters to pass to the constructor.

Data

基になるデータ オブジェクトを取得します。Gets the underlying data object.

(継承元 DataSourceProvider)
Dispatcher

使用する UIUI スレッドに対する現在の Dispatcher オブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the current Dispatcher object to the UIUI thread to use.

(継承元 DataSourceProvider)
Error

最後のクエリ操作のエラーを取得します。Gets the error of the last query operation.

(継承元 DataSourceProvider)
IsAsynchronous

オブジェクトの作成をワーカー スレッドまたはアクティブなコンテキストのどちらで実行するかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to perform object creation in a worker thread or in the active context.

IsInitialLoadEnabled

データの自動読み込みを回避または遅延するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to prevent or delay the automatic loading of data.

(継承元 DataSourceProvider)
IsRefreshDeferred

保留状態の DeferRefresh() が使用されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether there is an outstanding DeferRefresh() in use.

(継承元 DataSourceProvider)
MethodName

呼び出すメソッドの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the method to call.

MethodParameters

メソッドに渡すパラメーターの一覧を取得します。Gets the list of parameters to pass to the method.

ObjectInstance

バインド ソースとして使用されるオブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the object used as the binding source.

ObjectType

インスタンスを作成するオブジェクトの型を取得または設定します。Gets or sets the type of object to create an instance of.

メソッド

BeginInit()

このオブジェクトの初期化が開始されようとしていることを示します。一致する Refresh() メソッドが呼び出されるまで暗黙の EndInit() は発生しません。Indicates that initialization of this object is about to begin; no implicit Refresh() occurs until the matched EndInit() method is called.

(継承元 DataSourceProvider)
BeginQuery()

要求されたオブジェクトの作成を開始します。即座に開始するかバックグラウンド スレッドで開始するかは、IsAsynchronous プロパティの値に基づいて決まります。Starts to create the requested object, either immediately or on a background thread, based on the value of the IsAsynchronous property.

DeferRefresh()

プロバイダーのプロパティを変更し、自動更新を遅延させるために使用できる遅延サイクルを入力します。Enters a defer cycle that you can use to change properties of the provider and delay automatic refresh.

(継承元 DataSourceProvider)
EndInit()

このオブジェクトの初期化が完了したことを示します。これにより、保留状態の Refresh() が他にない場合は DeferRefresh() が発生します。Indicates that the initialization of this object has completed; this causes a Refresh() if no other DeferRefresh() is outstanding.

(継承元 DataSourceProvider)
Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitialLoad()

基になるデータ モデルに対する最初のクエリを開始します。Starts the initial query to the underlying data model. 結果は Data プロパティに返されます。The result is returned on the Data property.

(継承元 DataSourceProvider)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnPropertyChanged(PropertyChangedEventArgs)

指定された引数を使用して、PropertyChanged イベントを発生させます。Raises the PropertyChanged event with the provided arguments.

(継承元 DataSourceProvider)
OnQueryFinished(Object)

派生クラスは、このメソッドを呼び出してクエリが終了したことを示します。Derived classes call this method to indicate that a query has finished.

(継承元 DataSourceProvider)
OnQueryFinished(Object, Exception, DispatcherOperationCallback, Object)

派生クラスは、このメソッドを呼び出してクエリが終了したことを示します。Derived classes call this method to indicate that a query has finished.

(継承元 DataSourceProvider)
Refresh()

基になるデータ モデルに対する更新操作を開始します。Initiates a refresh operation to the underlying data model. 結果は Data プロパティに返されます。The result is returned on the Data property.

(継承元 DataSourceProvider)
ShouldSerializeConstructorParameters()

ConstructorParameters プロパティを永続化する必要があるかどうかを示します。Indicates whether the ConstructorParameters property should be persisted.

ShouldSerializeMethodParameters()

MethodParameters プロパティを永続化する必要があるかどうかを示します。Indicates whether the MethodParameters property should be persisted.

ShouldSerializeObjectInstance()

ObjectInstance プロパティを永続化する必要があるかどうかを示します。Indicates whether the ObjectInstance property should be persisted.

ShouldSerializeObjectType()

ObjectType プロパティを永続化する必要があるかどうかを示します。Indicates whether the ObjectType property should be persisted.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

イベント

DataChanged

Data プロパティに新しい値が設定された場合に発生します。Occurs when the Data property has a new value.

(継承元 DataSourceProvider)
PropertyChanged

プロパティ値が変更されたときに発生します。Occurs when a property value changes.

(継承元 DataSourceProvider)

明示的なインターフェイスの実装

INotifyPropertyChanged.PropertyChanged

プロパティ値が変更されたときに発生します。Occurs when a property value changes.

(継承元 DataSourceProvider)
ISupportInitialize.BeginInit()

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。This member supports the Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) infrastructure and is not intended to be used directly from your code.

(継承元 DataSourceProvider)
ISupportInitialize.EndInit()

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。This member supports the Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) infrastructure and is not intended to be used directly from your code.

(継承元 DataSourceProvider)

適用対象

こちらもご覧ください