IMultiValueConverter IMultiValueConverter IMultiValueConverter IMultiValueConverter Interface

定義

カスタム ロジックを MultiBinding に適用する方法を提供します。Provides a way to apply custom logic in a MultiBinding.

public interface class IMultiValueConverter
public interface IMultiValueConverter
type IMultiValueConverter = interface
Public Interface IMultiValueConverter
派生

注釈

なコンバーターに関連付ける、 MultiBinding、実装するクラスを作成、IMultiValueConverterインターフェイス、および実装し、ConvertConvertBackメソッド。To associate a converter with a MultiBinding, create a class that implements the IMultiValueConverter interface, and then implement the Convert and ConvertBack methods.

コレクション内の個々 のバインディングは、独自の値コンバーターを持つことができます。Individual bindings in the collection can have their own value converters. 詳細については、「IValueConverter」を参照してください。For more information, see IValueConverter.

メソッド

Convert(Object[], Type, Object, CultureInfo) Convert(Object[], Type, Object, CultureInfo) Convert(Object[], Type, Object, CultureInfo) Convert(Object[], Type, Object, CultureInfo)

ソース値をバインディング ターゲットの値に変換します。Converts source values to a value for the binding target. データ バインディング エンジンでは、ソース バインディングからの値をバインディング ターゲットに伝達するときに、このメソッドを呼び出します。The data binding engine calls this method when it propagates the values from source bindings to the binding target.

ConvertBack(Object, Type[], Object, CultureInfo) ConvertBack(Object, Type[], Object, CultureInfo) ConvertBack(Object, Type[], Object, CultureInfo) ConvertBack(Object, Type[], Object, CultureInfo)

バインディング ターゲットの値をバインディング ソースの値に変換します。Converts a binding target value to the source binding values.

適用対象