AccessibleEvents 列挙型

定義

ユーザー補助アプリケーションがレポートするイベントを指定します。

public enum class AccessibleEvents
public enum AccessibleEvents
type AccessibleEvents = 
Public Enum AccessibleEvents
継承
AccessibleEvents

フィールド

AcceleratorChange 32786

オブジェクトの KeyboardShortcut プロパティが変更されました。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにイベントを送信します。

Create 32768

オブジェクトが作成されました。 オペレーティング システムは、カレット、ヘッダー コントロール、リスト ビュー コントロール、タブ コントロール、ツール バー コントロール、ツリー ビュー コントロール、ウィンドウ オブジェクトの各ユーザー インターフェイス要素にイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。 サーバーは、このイベントを、親オブジェクトに送信する前に、そのすべての子オブジェクトに送信する必要があります。 また、親オブジェクトがイベントを送信するときに、すべての子オブジェクトが完全に作成され、クライアントからの呼び出しを受け入れる準備ができていることを確認する必要があります。

DefaultActionChange 32785

オブジェクトの DefaultAction プロパティが変更されました。 システムは、ダイアログ ボックスにこのイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。 そのため、サーバー アプリケーションは、このイベントを子オブジェクトに送信する必要はありません。 隠しオブジェクトには Invisible の状態が設定されており、表示されているオブジェクトにはこの状態が設定されていません。 AccessibleEvents.Hide のタイプのイベントは、Invisible の状態が設定されたことを示します。 そのため、この場合は、サーバーが AccessibleEvents.StateChange イベントを送信する必要はありません。

DescriptionChange 32781

オブジェクトの Description プロパティが変更されました。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。

Destroy 32769

オブジェクトが破棄されました。 システムは、カレット、ヘッダー コントロール、リスト ビュー コントロール、タブ コントロール、ツール バー コントロール、ツリー ビュー コントロール、ウィンドウ オブジェクトの各ユーザー インターフェイス要素にこのイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。 このイベントは、子オブジェクトに送信される場合と送信されない場合があります。 ただし、クライアントは、親オブジェクトがこのイベントを送信した時点で、その子オブジェクトはすべて破棄されていると判断できます。

Focus 32773

オブジェクトがキーボード フォーカスを受け取りました。 システムは、リスト ビュー コントロール、メニュー バー、ショートカット メニュー、スイッチ ウィンドウ、タブ コントロール、ツリー ビュー コントロール、ウィンドウ オブジェクトの各ユーザー インターフェイス要素にこのイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。

HelpChange 32784

オブジェクトの Help プロパティが変更されました。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。

Hide 32771

オブジェクトが非表示になりました。 システムは、カレットおよびカーソルの各ユーザー インターフェイス要素にイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにイベントを送信します。 このイベントが親オブジェクトに対して生成された時点で、子オブジェクトはすべて非表示になっています。 そのため、サーバー アプリケーションは、子オブジェクトにイベントを送信する必要はありません。 システムは、このイベントを一貫して送信するとは限りません。

LocationChange 32779

オブジェクトの位置、形、またはサイズが変更されました。 システムは、カレットおよびウィンドウ オブジェクトの各ユーザー インターフェイス要素にこのイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。 このイベントは、変更があったオブジェクト階層内のトップレベルのオブジェクトに対する応答として生成されます。そのオブジェクトに含まれる子に対しては生成されません。 たとえば、ユーザーがウィンドウのサイズを変更すると、システムは、この通知をウィンドウに送信します。同時に変更されたメニュー バー、タイトル バー、スクロール バーなどのオブジェクトには送信しません。 システムは、親ウィンドウが移動したときに、その子である非フローティング ウィンドウのそれぞれにイベントを送信することはありません。 ただし、サイズ変更の結果としてアプリケーションが子ウィンドウのサイズを明示的に変更した場合は、システムは、サイズ変更された子ウィンドウに複数のイベントを送信します。 オブジェクトの State プロパティが Floating に設定されている場合は、サーバーは、そのオブジェクトの位置が変わるたびに位置変更のイベントを送信する必要があります。 オブジェクトがこの状態に設定されていない場合は、サーバーは、そのオブジェクトが親に合わせて移動したときにこのイベントを発生させる必要があります。

NameChange 32780

オブジェクトの Name プロパティが変更されました。 システムは、チェック ボックス、カーソル、リスト ビュー コントロール、プッシュ ボタン、オプション ボタン、ステータス バー コントロール、ツリー ビュー コントロール、ウィンドウ オブジェクトの各ユーザー インターフェイス要素にこのイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。

ParentChange 32783

オブジェクトに新しい親オブジェクトが設定されました。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。

Reorder 32772

コンテナー オブジェクトで子オブジェクトが追加、削除、または並べ替えされました。 システムは、ヘッダー コントロール、リスト ビュー コントロール、ツール バー コントロール、ウィンドウ オブジェクトの各ユーザー インターフェイス要素にこのイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトに適宜にこのイベントを送信します。 このイベントは、子ウィンドウの z オーダーが変更されたときに、親ウィンドウからも送信されます。

Selection 32774

コンテナー オブジェクト内のユーザー補助オブジェクトが選択されました。 このイベントは、単一の項目の選択を通知します。 子が選択されていなかったコンテナーで子が選択された、または選択が別の子に変更されたことを通知します。

SelectionAdd 32775

コンテナー オブジェクト内の項目が選択に追加されました。 システムは、リスト ボックス、リスト ビュー コントロール、ツリー ビュー コントロールの各ユーザー インターフェイス要素にこのイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。 このイベントは、既存の選択に子が追加されたことを通知します。

SelectionRemove 32776

コンテナー オブジェクト内の項目が選択から削除されました。 システムは、リスト ボックス、リスト ビュー コントロール、ツリー ビュー コントロールの各ユーザー インターフェイス要素にこのイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。 このイベントは、既存の選択から子が削除されたことを通知します。

SelectionWithin 32777

コンテナー オブジェクト内で複数の選択変更がありました。 システムは、リスト ボックスにこのイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。 このイベントは、コントロール内での項目の選択に大きな変更があったときに送信できます。 このイベントは、複数の選択変更があったことをクライアントに通知します。 SelectionAdd イベントまたは SelectionRemove イベントを複数送信するよりも好ましい通知方法です。

Show 32770

隠しオブジェクトが表示されます。 システムは、カレット、カーソル、ウィンドウ オブジェクトの各ユーザー インターフェイス要素にこのイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。 クライアントは、親オブジェクトがこのイベントを送信した時点で、その子オブジェクトはすべて表示されていると判断できます。 そのため、サーバー アプリケーションは、このイベントを子オブジェクトに送信する必要はありません。

StateChange 32778

オブジェクトの状態が変更されました。 システムは、チェック ボックス、コンボ ボックス、ヘッダー コントロール、プッシュ ボタン、オプション ボタン、スクロール バー、ツール バー コントロール、ツリー ビュー コントロール、アップダウン コントロール、ウィンドウ オブジェクトの各ユーザー インターフェイス要素にイベントを送信します。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにイベントを送信します。 状態の変更は、ボタン オブジェクトを押すまたは離す、オブジェクトを有効または無効にするなどの動作が行われたときに発生します。 システムは、このイベントを一貫して送信するとは限りません。

SystemAlert 2

警告が生成されました。 サーバー アプリケーションは、ユーザーへの通知が必要である可能性のある重要なユーザー インターフェイスの変更が発生するたびに、このイベントを送信します。 システムは、ダイアログ ボックス オブジェクトにイベントを一貫して送信するとは限りません。

SystemCaptureEnd 9

ウィンドウがマウスのキャプチャを失いました。 このイベントは、システムが送信します。サーバーが送信することはありません。

SystemCaptureStart 8

ウィンドウが移動またはサイズ変更されます。 このイベントは、システムが送信します。サーバーが送信することはありません。

SystemContextHelpEnd 13

ウィンドウが、状況依存のヘルプ モードを終了しました。 システムは、このイベントを一貫して送信するとは限りません。

SystemContextHelpStart 12

ウィンドウが、状況依存のヘルプ モードに入りました。 システムは、このイベントを一貫して送信するとは限りません。

SystemDialogEnd 17

ダイアログ ボックスが閉じました。 システムは、標準ダイアログ ボックスにはイベントを送信しません。 サーバーは、カスタム ダイアログ ボックスにこのイベントを送信します。 システムは、このイベントを一貫して送信するとは限りません。

SystemDialogStart 16

ダイアログ ボックスが表示されました。 システムは、標準ダイアログ ボックスにイベントを送信します。 サーバーは、カスタム ダイアログ ボックスにこのイベントを送信します。 システムは、このイベントを一貫して送信するとは限りません。

SystemDragDropEnd 15

アプリケーションが、ドラッグ アンド ドロップ モードを終了しようとしています。 このイベントは、ドラッグ アンド ドロップ操作をサポートするアプリケーションが送信する必要があります。システムは送信しません。

SystemDragDropStart 14

アプリケーションが、ドラッグ アンド ドロップ モードに入ろうとしています。 このイベントは、ドラッグ アンド ドロップ操作をサポートするアプリケーションが送信する必要があります。システムは送信しません。

SystemForeground 3

前面のウィンドウが変更されました。 前面のウィンドウが、同じスレッド内の別のウィンドウに変更された場合でも、システムはこのイベントを送信します。 サーバー アプリケーションがこのイベントを送信することはありません。

SystemMenuEnd 5

メニュー バーのメニューが閉じました。 システムは、標準メニューにこのイベントを送信します。 サーバーは、カスタム メニューにこのイベントを送信します。

SystemMenuPopupEnd 7

ショートカット メニューが閉じました。 システムは、標準メニューにこのイベントを送信します。 サーバーは、カスタム メニューにこのイベントを送信します。 ショートカット メニューが閉じると、クライアントは、このメッセージを受信し、その直後に SystemMenuEnd イベントを受信します。 システムは、このイベントを一貫して送信するとは限りません。

TrackPopupMenu ()の呼び出しでは、クライアントの直後に EVENT_SYSTEM_MENUSTART EVENT_SYSTEM_MENUPOPUPSTART ポップアップが表示されます。

SystemMenuPopupStart 6

ショートカット メニューが表示されました。 システムは、標準メニューにこのイベントを送信します。 サーバーは、カスタム メニューにこのイベントを送信します。 システムは、このイベントを一貫して送信するとは限りません。

TrackPopupMenu ()の呼び出しでは、クライアントの直後に EVENT_SYSTEM_MENUSTART EVENT_SYSTEM_MENUPOPUPSTART ポップアップが表示されます。

SystemMenuStart 4

メニュー バーのメニュー項目が選択されました。 システムは、標準メニューにこのイベントを送信します。 サーバーは、カスタム メニューにこのイベントを送信します。 システムは、対応する MenuStart イベントの有無にかかわらず、複数の MenuEnd イベントを発生させる場合があります。

SystemMinimizeEnd 23

ウィンドウ オブジェクトが最小化または最大化されました。 このイベントは、システムが送信します。サーバーが送信することはありません。

SystemMinimizeStart 22

ウィンドウ オブジェクトが最小化または最大化されようとしています。 このイベントは、システムが送信します。サーバーが送信することはありません。

SystemMoveSizeEnd 11

ウィンドウの移動またはサイズ変更が完了しました。 このイベントは、システムが送信します。サーバーが送信することはありません。

SystemMoveSizeStart 10

ウィンドウが移動またはサイズ変更されます。 このイベントは、システムが送信します。サーバーが送信することはありません。

SystemScrollingEnd 19

スクロール バーでスクロールが終了しました。 システムは、ウィンドウに割り当てられているスクロール バー、および標準スクロール バー コントロールにこのイベントを送信します。 サーバーは、カスタム スクロール バーにこのイベントを送信します。

SystemScrollingStart 18

スクロール バーでスクロールが開始しました。 システムは、ウィンドウに割り当てられているスクロール バー、および標準スクロール バー コントロールにこのイベントを送信します。 サーバーは、カスタム スクロール バーにこのイベントを送信します。

SystemSound 1

サウンドが再生されました。 システムは、メニューなどのシステム サウンドが再生されると、サウンドが聞こえない場合でも、このイベントを送信します。 これは、サウンド ファイルまたはサウンド カードがないことが原因で発生する可能性があります。 カスタム ユーザー インターフェイス要素がサウンドを生成する場合でも、サーバーはこのイベントを送信します。

SystemSwitchEnd 21

ユーザーが Alt キーと Tab キーを離しました。 SwitchEnd イベントは、システムが送信します。サーバーが送信することはありません。 ユーザーが Alt キーを押しながら Tab キーを押したときに、実行中のアプリケーションが 1 つだけであった場合は、システムは、対応する SwitchEnd イベントのない SwitchStart イベントを送信します。

SystemSwitchStart 20

ユーザーが、ウィンドウを切り替えるために Alt キーを押しながら Tab キーを押しました。 ユーザーが Alt キーを押しながら Tab キーを押したときに、実行中のアプリケーションが 1 つだけであった場合は、システムは、対応する SwitchEnd イベントのない SwitchStart イベントを発生させます。

ValueChange 32782

オブジェクトの Value プロパティが変更されました。 システムは、エディット コントロール、ヘッダー コントロール、ホット キー コントロール、プログレス バー コントロール、スクロール バー、スライダー コントロール、アップダウン コントロールの各ユーザー インターフェイス要素に ValueChange イベントを発生させます。 サーバー アプリケーションは、所有するユーザー補助オブジェクトにこのイベントを送信します。

次のコード例は、クラスとクラスを使用してアクセス可能な情報を公開する、アクセシビリティ対応のグラフコントロールを作成する方法を示して AccessibleObject Control.ControlAccessibleObject います。 コントロールは、凡例と共に2つの曲線をプロットします。 から派生したクラスは、 ChartControlAccessibleObject ControlAccessibleObject CreateAccessibilityInstance グラフコントロールにカスタムのアクセス可能な情報を提供するために、メソッドで使用されます。 グラフの凡例は実際のコントロールではなく Control 、グラフコントロールによって描画されるため、組み込みのアクセス可能な情報は含まれません。 このため、クラスは ChartControlAccessibleObject メソッドをオーバーライドして GetChildCurveLegendAccessibleObject 凡例の各部分のアクセス可能な情報を表すを返します。 アクセス可能なアプリケーションがこのコントロールを使用する場合、コントロールは必要なアクセス可能な情報を提供できます。

この例では、 AccessibleEvents メソッドで列挙体を使用する方法を示し AccessibilityNotifyClients ます。 完全なコード例については、クラスの概要を参照してください AccessibleObject

   // Gets or sets the location for the curve legend.
   Point get()
   {
      return location;
   }

   void set( Point value )
   {
      location = value;
      chart->Invalidate();
      
      // Notifies the chart of the location change. This is used for
      // the accessibility information. AccessibleEvents::LocationChange
      // tells the chart the reason for the notification.
      chart->AccessibilityNotifyClients( AccessibleEvents::LocationChange, (dynamic_cast<CurveLegendAccessibleObject^>(AccessibilityObject))->ID );
   }

}

property String^ Name 
{

   // Gets or sets the Name for the curve legend.
   String^ get()
   {
      return name;
   }

   void set( String^ value )
   {
      if ( name != value )
      {
         name = value;
         chart->Invalidate();
         
         // Notifies the chart of the name change. This is used for
         // the accessibility information. AccessibleEvents::NameChange
         // tells the chart the reason for the notification.
         chart->AccessibilityNotifyClients( AccessibleEvents::NameChange, (dynamic_cast<CurveLegendAccessibleObject^>(AccessibilityObject))->ID );
      }
   }

}

property bool Selected 
{

   // Gets or sets the Selected state for the curve legend.
   bool get()
   {
      return selected;
   }

   void set( bool value )
   {
      if ( selected != value )
      {
         selected = value;
         chart->Invalidate();
         
         // Notifies the chart of the selection value change. This is used for
         // the accessibility information. The AccessibleEvents value depends upon
         // if the selection is true (AccessibleEvents::SelectionAdd) or
         // false (AccessibleEvents::SelectionRemove).
         chart->AccessibilityNotifyClients( selected ? AccessibleEvents::SelectionAdd : AccessibleEvents::SelectionRemove, (dynamic_cast<CurveLegendAccessibleObject^>(AccessibilityObject))->ID );
      }
   }
    // Gets or sets the location for the curve legend.
    public Point Location
    {   
        get {
            return location;
        }
        set {
            location = value;
            chart.Invalidate();

            // Notifies the chart of the location change. This is used for
            // the accessibility information. AccessibleEvents.LocationChange
            // tells the chart the reason for the notification.

            chart.AccessibilityNotifyClients(AccessibleEvents.LocationChange, 
                ((CurveLegendAccessibleObject)AccessibilityObject).ID);
        }
    }            

    // Gets or sets the Name for the curve legend.
    public string Name
    {   
        get {
            return name;
        }
        set {
            if (name != value) 
            {
                name = value;
                chart.Invalidate();

                // Notifies the chart of the name change. This is used for
                // the accessibility information. AccessibleEvents.NameChange
                // tells the chart the reason for the notification.

                chart.AccessibilityNotifyClients(AccessibleEvents.NameChange, 
                    ((CurveLegendAccessibleObject)AccessibilityObject).ID);
            }
        }
    }

    // Gets or sets the Selected state for the curve legend.
    public bool Selected
    {   
        get {
            return selected;
        }
        set {
            if (selected != value) 
            {
                selected = value;
                chart.Invalidate();

                // Notifies the chart of the selection value change. This is used for
                // the accessibility information. The AccessibleEvents value depends upon
                // if the selection is true (AccessibleEvents.SelectionAdd) or 
                // false (AccessibleEvents.SelectionRemove).
                chart.AccessibilityNotifyClients(
                    selected ? AccessibleEvents.SelectionAdd : AccessibleEvents.SelectionRemove, 
                    ((CurveLegendAccessibleObject)AccessibilityObject).ID);
            }
        }
    }
' Gets or sets the location for the curve legend.            
Public Property Location() As Point
    Get
        Return m_location
    End Get
    Set
        m_location = value
        chart.Invalidate()

        ' Notifies the chart of the location change. This is used for
        ' the accessibility information. AccessibleEvents.LocationChange
        ' tells the chart the reason for the notification.
        chart.ExposeAccessibilityNotifyClients(AccessibleEvents.LocationChange, _
                CType(AccessibilityObject, CurveLegendAccessibleObject).ID)
    End Set
End Property

' Gets or sets the Name for the curve legend.            
Public Property Name() As String
    Get
        Return m_name
    End Get
    Set
        If m_name <> value Then
            m_name = value
            chart.Invalidate()

            ' Notifies the chart of the name change. This is used for
            ' the accessibility information. AccessibleEvents.NameChange
            ' tells the chart the reason for the notification. 
            chart.ExposeAccessibilityNotifyClients(AccessibleEvents.NameChange, _
                    CType(AccessibilityObject, CurveLegendAccessibleObject).ID)
        End If
    End Set
End Property

' Gets or sets the Selected state for the curve legend.            
Public Property Selected() As Boolean
    Get
        Return m_selected
    End Get
    Set
        If m_selected <> value Then
            m_selected = value
            chart.Invalidate()

            ' Notifies the chart of the selection value change. This is used for
            ' the accessibility information. The AccessibleEvents value varies
            ' on whether the selection is true (AccessibleEvents.SelectionAdd) or 
            ' false (AccessibleEvents.SelectionRemove). 
            If m_selected Then
                chart.ExposeAccessibilityNotifyClients(AccessibleEvents.SelectionAdd, _
                        CType(AccessibilityObject, CurveLegendAccessibleObject).ID) 
            Else
                chart.ExposeAccessibilityNotifyClients(AccessibleEvents.SelectionRemove, _
                        CType(AccessibilityObject, CurveLegendAccessibleObject).ID) 
            End If
        End If
    End Set
End Property

注釈

オペレーティングシステムとユーザー補助サーバーアプリケーションは、ユーザーインターフェイスの変更に応じてユーザー補助イベントを生成します。

この列挙体は、およびで使用され AccessibleObject Control ます。

詳細については、「 Microsoft Active Accessibility」を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください