SelectionRangeConverter クラス

定義

SelectionRange オブジェクトのさまざまな型への変換や、その逆の変換を行う型コンバーターを提供します。

public ref class SelectionRangeConverter : System::ComponentModel::TypeConverter
public class SelectionRangeConverter : System.ComponentModel.TypeConverter
type SelectionRangeConverter = class
    inherit TypeConverter
Public Class SelectionRangeConverter
Inherits TypeConverter
継承
SelectionRangeConverter

注釈

クラス SelectionRange は、1 つの日付または日付の範囲を表します。 このクラスは、通常、 コントロールに関連付け、選択された日付と強調表示された日付 MonthCalendar を表します。 クラスは、他の型 (ほとんどの場合は文字列) との間の変換を可能にする、 のアジュナクト SelectionRangeConverter SelectionRange クラスです。

型コンバーターの詳細については、「基本クラス」、「一般化された型変換」、および「方法: 型コンバーターを実装する TypeConverter 」を参照してください

注意

を作成する必要があります SelectionRangeConverter 。 代わりに、GetConverter クラスの TypeDescriptor メソッドを呼び出します。 詳細については、基本クラスの例を TypeConverter 参照してください。

コンストラクター

SelectionRangeConverter()

SelectionRangeConverter クラスの新しいインスタンスを初期化します。

メソッド

CanConvertFrom(ITypeDescriptorContext, Type)

このコンバーターが、指定した型記述子コンテキストに問い合わせることによって、指定した型のオブジェクトをコンバーターのネイティブな型に変換できるかどうかを判断します。

CanConvertFrom(Type)

コンバーターが特定の型のオブジェクトをコンバーターの型に変換できるかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
CanConvertTo(ITypeDescriptorContext, Type)

このコンバーターが、指定したコンテキストを使用して、オブジェクトを指定した型に変換できるかどうかを示す値を取得します。

CanConvertTo(Type)

コンバーターがオブジェクトを指定した型に変換できるかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFrom(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, Object)

指定したロケールを使用して、指定した値をコンバーターのネイティブな型に変換します。

ConvertFrom(Object)

指定した値をコンバーターの型に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFromInvariantString(ITypeDescriptorContext, String)

インバリアント カルチャと指定したコンテキストを使用して、指定した文字列をコンバーターの型に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFromInvariantString(String)

インバリアント カルチャを使用して、指定した文字列をコンバーターの型に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFromString(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, String)

指定したコンテキストとカルチャ情報を使用して、指定したテキストをオブジェクトに変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFromString(ITypeDescriptorContext, String)

指定したコンテキストを使用して、指定したテキストをオブジェクトに変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertFromString(String)

指定したテキストをオブジェクトに変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertTo(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, Object, Type)

指定した SelectionRangeConverter オブジェクトを、指定したカルチャを使用して別の型に変換します。

ConvertTo(Object, Type)

引数を使用して、指定した値オブジェクトを、指定した型に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertToInvariantString(ITypeDescriptorContext, Object)

指定したコンテキストを使用して、指定した値をインバリアント カルチャを使用した文字列形式に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertToInvariantString(Object)

指定した値を、インバリアント カルチャを使用した文字列形式に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertToString(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, Object)

指定したコンテキストとカルチャ情報を使用して、指定した値を文字列形式に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertToString(ITypeDescriptorContext, Object)

指定したコンテキストを使用して、指定した値を文字列形式に変換します。

(継承元 TypeConverter)
ConvertToString(Object)

指定した値を文字列形式に変換します。

(継承元 TypeConverter)
CreateInstance(IDictionary)

Object の一連のプロパティ値を指定して、そのオブジェクトを再作成します。

(継承元 TypeConverter)
CreateInstance(ITypeDescriptorContext, IDictionary)

型記述子と、オブジェクトの一連のプロパティ値を指定して、SelectionRange オブジェクトを作成します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetConvertFromException(Object)

変換を実行できないときにスローする例外を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetConvertToException(Object, Type)

変換を実行できないときにスローする例外を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetCreateInstanceSupported()

このオブジェクトの値を変更するときに CreateInstance(IDictionary) メソッドを呼び出して、新しい値を作成する必要があるかどうかを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetCreateInstanceSupported(ITypeDescriptorContext)

インスタンスの値を変更するために、CreateInstance を呼び出して新しい値を作成する必要があるかどうかを判断します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetProperties(ITypeDescriptorContext, Object)

指定したコンテキストを使用して、value パラメーターで指定された配列型のプロパティのコレクションを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetProperties(ITypeDescriptorContext, Object, Attribute[])

SelectionRange 型の一連のフィルター処理されたプロパティを返します。

GetProperties(Object)

value パラメーターに指定された配列型のプロパティのコレクションを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetPropertiesSupported()

オブジェクトがプロパティをサポートしているかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetPropertiesSupported(ITypeDescriptorContext)

現在のオブジェクトが、指定した型記述子コンテキストを使用するプロパティをサポートしているかどうかを確認します。

GetStandardValues()

型コンバーターがデザインされた対象であるデータ型の既定のコンテキストから、標準値のコレクションを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetStandardValues(ITypeDescriptorContext)

フォーマット コンテキストが提供されている場合、この型コンバーターが対象とするデータ型の標準値のコレクションを返します。

(継承元 TypeConverter)
GetStandardValuesExclusive()

GetStandardValues() から返された標準値のコレクションが、排他的なリストかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetStandardValuesExclusive(ITypeDescriptorContext)

指定したコンテキストを使用して、GetStandardValues() から返された標準値のコレクションが有効値の排他的なリストかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetStandardValuesSupported()

リストから選択できる標準値セットをオブジェクトがサポートするかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetStandardValuesSupported(ITypeDescriptorContext)

指定したコンテキストを使用して、リストから選択できる標準値セットをオブジェクトがサポートするかどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsValid(ITypeDescriptorContext, Object)

指定した値オブジェクトが、この型に対して有効か、指定したコンテキストに対して有効かを返します。

(継承元 TypeConverter)
IsValid(Object)

指定した値オブジェクトが型に対して有効かどうかを示す値を返します。

(継承元 TypeConverter)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
SortProperties(PropertyDescriptorCollection, String[])

プロパティのコレクションを並べ替えます。

(継承元 TypeConverter)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください