ToolBarButton クラス

定義

Windows ツール バー ボタンを表します。Represents a Windows toolbar button. ToolStripButton コントロールは、以前のバージョンの ToolBarButton コントロールに代わると共に追加の機能を提供します。ただし、ToolBarButton コントロールも、下位互換性を保つ目的および必要に応じて将来使用する目的で保持されます。Although ToolStripButton replaces and extends the ToolBarButton control of previous versions, ToolBarButton is retained for both backward compatibility and future use if you choose.

public ref class ToolBarButton : System::ComponentModel::Component
public class ToolBarButton : System.ComponentModel.Component
type ToolBarButton = class
    inherit Component
Public Class ToolBarButton
Inherits Component
継承

次のコード例ではToolBar 、とToolBarButton 3 つのコントロールを作成します。The following code example creates a ToolBar and three ToolBarButton controls. ツールバーのボタンはボタンコレクションに割り当てられ、コレクションはツールバーに割り当てられ、ツールバーはフォームに追加されます。The toolbar buttons are assigned to the button collection, the collection is assigned to the toolbar, and the toolbar is added to the form. ツールバー ToolBarButtonClickEventArgsのイベントでは、のButtonプロパティが評価され、適切なダイアログボックスがButtonClick開きます。On the ButtonClick event of the toolbar, the Button property of the ToolBarButtonClickEventArgs is evaluated and the appropriate dialog box opened. FormこのコードではOpenFileDialog SaveFileDialog、、、、およびPrintDialogがすべて作成されている必要があります。This code requires that a Form, an OpenFileDialog, a SaveFileDialog, and a PrintDialog have all been created.

public:
   void InitializeMyToolBar()
   {
      // Create and initialize the ToolBar and ToolBarButton controls.
      toolBar1 = gcnew ToolBar;
      ToolBarButton^ toolBarButton1 = gcnew ToolBarButton;
      ToolBarButton^ toolBarButton2 = gcnew ToolBarButton;
      ToolBarButton^ toolBarButton3 = gcnew ToolBarButton;
      
      // Set the Text properties of the ToolBarButton controls.
      toolBarButton1->Text = "Open";
      toolBarButton2->Text = "Save";
      toolBarButton3->Text = "Print";
      
      // Add the ToolBarButton controls to the ToolBar.
      toolBar1->Buttons->Add( toolBarButton1 );
      toolBar1->Buttons->Add( toolBarButton2 );
      toolBar1->Buttons->Add( toolBarButton3 );
      
      // Add the event-handler delegate.
      toolBar1->ButtonClick += gcnew ToolBarButtonClickEventHandler(
         this, &Form1::toolBar1_ButtonClick );
      
      // Add the ToolBar to the Form.
      Controls->Add( toolBar1 );
   }

private:
   void toolBar1_ButtonClick(
      Object^ sender,
      ToolBarButtonClickEventArgs^ e )
   {
      // Evaluate the Button property to determine which button was clicked.
      switch ( toolBar1->Buttons->IndexOf( e->Button ) )
      {
         case 0:
            openFileDialog1->ShowDialog();
            // Insert code to open the file.
            break;
         case 1:
            saveFileDialog1->ShowDialog();
            // Insert code to save the file.
            break;
         case 2:
            printDialog1->ShowDialog();
            // Insert code to print the file.    
            break;
      }
   }
public void InitializeMyToolBar()
 {
    // Create and initialize the ToolBar and ToolBarButton controls.
    toolBar1 = new ToolBar();
    ToolBarButton toolBarButton1 = new ToolBarButton();
    ToolBarButton toolBarButton2 = new ToolBarButton();
    ToolBarButton toolBarButton3 = new ToolBarButton();
 
    // Set the Text properties of the ToolBarButton controls.
    toolBarButton1.Text = "Open";
    toolBarButton2.Text = "Save";
    toolBarButton3.Text = "Print";
 
    // Add the ToolBarButton controls to the ToolBar.
    toolBar1.Buttons.Add(toolBarButton1);
    toolBar1.Buttons.Add(toolBarButton2);
    toolBar1.Buttons.Add(toolBarButton3);
    
    // Add the event-handler delegate.
    toolBar1.ButtonClick += new ToolBarButtonClickEventHandler (
       this.toolBar1_ButtonClick);
    
    // Add the ToolBar to the Form.
    Controls.Add(toolBar1);
 }
 
 private void toolBar1_ButtonClick (
                         Object sender, 
                         ToolBarButtonClickEventArgs e)
 {
   // Evaluate the Button property to determine which button was clicked.
   switch(toolBar1.Buttons.IndexOf(e.Button))
   {
      case 0:
         openFileDialog1.ShowDialog();
         // Insert code to open the file.
         break; 
      case 1:
         saveFileDialog1.ShowDialog();
         // Insert code to save the file.
         break; 
      case 2:
         printDialog1.ShowDialog();
         // Insert code to print the file.    
         break; 
    }
 }

Public Sub InitializeMyToolBar()
    ' Create and initialize the ToolBar and ToolBarButton controls.
    Dim toolBar1 As New ToolBar()
    Dim toolBarButton1 As New ToolBarButton()
    Dim toolBarButton2 As New ToolBarButton()
    Dim toolBarButton3 As New ToolBarButton()
    
    ' Set the Text properties of the ToolBarButton controls.
    toolBarButton1.Text = "Open"
    toolBarButton2.Text = "Save"
    toolBarButton3.Text = "Print"
    
    ' Add the ToolBarButton controls to the ToolBar.
    toolBar1.Buttons.Add(toolBarButton1)
    toolBar1.Buttons.Add(toolBarButton2)
    toolBar1.Buttons.Add(toolBarButton3)
    
    ' Add the event-handler delegate.
    AddHandler toolBar1.ButtonClick, AddressOf Me.toolBar1_ButtonClick
    
    ' Add the ToolBar to the Form.
    Controls.Add(toolBar1)
End Sub    

Private Sub toolBar1_ButtonClick(ByVal sender As Object, _
ByVal e As ToolBarButtonClickEventArgs)

    ' Evaluate the Button property to determine which button was clicked.
    Select Case toolBar1.Buttons.IndexOf(e.Button)
        Case 0
            openFileDialog1.ShowDialog()
            ' Insert code to open the file.
        Case 1
            saveFileDialog1.ShowDialog()
            ' Insert code to save the file.
        Case 2
            printDialog1.ShowDialog()
            ' Insert code to print the file.
    End Select
End Sub

注釈

ToolBarButtonコントロールはコントロールにToolBarよって親になります。ToolBarButton controls are parented by ToolBar controls. ツールバーボタンが作成された後に設定するText共通ImageIndexプロパティはとです。Common properties to set once the toolbar button has been created are Text and ImageIndex. 画像の下または右にテキストを表示するには、ボタンのプロパティを設定します。TextSet the Text property of the button to display text beneath or to the right of the image. を作成ImageListしてボタンにイメージを割り当てるには、ツールバー ImageListのプロパティに割り当てます。その後、 ImageIndexイメージのインデックス値をボタンのプロパティに割り当てます。To assign images to the buttons by creating an ImageList, assigning it to the ImageList property of the toolbar; then assign the image index value to the ImageIndex property of the button.

ツールバーに割り当てられているツールバーボタンの外観を変更Appearanceするには、親ツールバーコントロールのプロパティを設定します。To change the appearance of the toolbar buttons assigned to the toolbar, set the Appearance property of the parent toolbar control. ToolBarAppearance.Flat外観によって、ボタンがフラットな外観になります。The ToolBarAppearance.Flat appearance gives the buttons a flat appearance. マウスポインターがボタンの上に移動すると、その外観が3次元に変わります。As the mouse pointer moves over the buttons, their appearance changes to three-dimensional. ボタンがフラットに表示されている場合は、ボタンの間にスペースではなく行として表示されます。Button separators appear as lines rather than spaces between the buttons when the buttons have a flat appearance. プロパティがにToolBarAppearance.Normal設定されている場合は、ボタンが浮き出し、3次元で表示され、ボタン間の間隔として記号が表示されます。 AppearanceIf the Appearance property is set to ToolBarAppearance.Normal, the buttons appear raised and three-dimensional, and the separators appear as a gap between the buttons.

プロパティがにContextMenu Style 設定ToolBarButtonStyle.DropDownされている場合は、ボタンにを割り当てることができます。You can assign a ContextMenu to a button if the Style property is set to ToolBarButtonStyle.DropDown. ボタンがクリックされると、割り当てられたメニューが表示されます。When the button is clicked, the assigned menu is displayed.

に表示するコントロールのToolBarButtonコレクションを作成するにはAdd Buttons、プロパティのメソッドを使用して、ボタンを個別に追加します。 ToolBarTo create a collection of ToolBarButton controls to display on a ToolBar, add the buttons individually by using the Add method of the Buttons property. または、メソッドを使用して、いくつAddRangeかのツールバーボタンを追加することもできます。Alternatively, you can add several toolbar buttons using the AddRange method.

コンストラクター

ToolBarButton()

ToolBarButton クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ToolBarButton class.

ToolBarButton(String)

ToolBarButton クラスの新しいインスタンスを初期化し、割り当てられたテキストをボタン上に表示します。Initializes a new instance of the ToolBarButton class and displays the assigned text on the button.

プロパティ

CanRaiseEvents

コンポーネントがイベントを発生させることがきるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the component can raise an event.

(継承元 Component)
Container

IContainer を格納している Component を取得します。Gets the IContainer that contains the Component.

(継承元 Component)
DesignMode

Component が現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the Component is currently in design mode.

(継承元 Component)
DropDownMenu

ドロップダウン ツール バー ボタンに表示されるメニューを取得または設定します。Gets or sets the menu to be displayed in the drop-down toolbar button.

Enabled

ボタンを有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the button is enabled.

Events

Component に結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。Gets the list of event handlers that are attached to this Component.

(継承元 Component)
ImageIndex

ボタンに割り当てられたイメージのインデックス値を取得または設定します。Gets or sets the index value of the image assigned to the button.

ImageKey

ボタンに割り当てられたイメージの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the image assigned to the button.

Name

ボタンの名前。The name of the button.

Parent

ツール バー ボタンを割り当てるツール バー コントロールを取得します。Gets the toolbar control that the toolbar button is assigned to.

PartialPush

トグル スタイルのツール バー ボタンが部分的に押されているかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether a toggle-style toolbar button is partially pushed.

Pushed

トグル スタイルのツール バー ボタンが現在押されている状態かどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether a toggle-style toolbar button is currently in the pushed state.

Rectangle

ツール バー ボタンの外接する四角形を取得します。Gets the bounding rectangle for a toolbar button.

Site

ComponentISite を取得または設定します。Gets or sets the ISite of the Component.

(継承元 Component)
Style

ツール バー ボタンのスタイルを取得または設定します。Gets or sets the style of the toolbar button.

Tag

ツール バー ボタンに関するデータを格納しているオブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the object that contains data about the toolbar button.

Text

ツール バー ボタンに表示されているテキストを取得または設定します。Gets or sets the text displayed on the toolbar button.

ToolTipText

ボタンのツールヒントとして表示されるテキストを取得または設定します。Gets or sets the text that appears as a ToolTip for the button.

Visible

ツール バー ボタンが可視かどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the toolbar button is visible.

メソッド

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

Component によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Component.

(継承元 Component)
Dispose(Boolean)

ToolBarButton によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the ToolBarButton and optionally releases the managed resources.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetService(Type)

Component またはその Container で提供されるサービスを表すオブジェクトを返します。Returns an object that represents a service provided by the Component or by its Container.

(継承元 Component)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ToString()

ToolBarButton コントロールを表す文字列を返します。Returns a string that represents the ToolBarButton control.

イベント

Disposed

Dispose() メソッドの呼び出しによってコンポーネントが破棄されると発生します。Occurs when the component is disposed by a call to the Dispose() method.

(継承元 Component)

適用対象

こちらもご覧ください