FrameworkElement.OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo) メソッド

定義

指定した情報を最終的なイベント データの一部として使用して、SizeChanged イベントを発生させます。Raises the SizeChanged event, using the specified information as part of the eventual event data.

protected public:
 override void OnRenderSizeChanged(System::Windows::SizeChangedInfo ^ sizeInfo);
protected internal override void OnRenderSizeChanged (System.Windows.SizeChangedInfo sizeInfo);
override this.OnRenderSizeChanged : System.Windows.SizeChangedInfo -> unit
Protected Friend Overrides Sub OnRenderSizeChanged (sizeInfo As SizeChangedInfo)

パラメーター

sizeInfo
SizeChangedInfo

変更に関係する、古いサイズと新しいサイズの詳細。Details of the old and new size involved in the change.

注釈

このメソッドは、OnRenderSizeChanged をオーバーライドします。This method overrides OnRenderSizeChanged. このメソッドを呼び出すと、指定された引数の変更内容に応じて、ActualWidth プロパティ、ActualHeight プロパティ、またはその両方がリセットされ、常にイベントが発生します。If you call this method you will reset the ActualWidth property, the ActualHeight property, or both, depending on what is specified as changed in the supplied arguments, and will you always raise the event.

注意 (継承者)

一般的なレイアウトシナリオでは、このメソッドをオーバーライドしないでください。Do not override this method for typical layout scenarios. レイアウトシステムは、考えられるすべてのレイアウトの配置および測定ケースが確実に考慮されるように、意図的に非同期で動作します。The layout system operates in a deliberately asynchronous way to assure that all possible layout arrange and measure cases are accounted for. レイアウトシステムオーバーライドメソッド MeasureOverride(Size)ArrangeOverride(Size) は通常、必要なレイアウトのカスタマイズには十分です。The layout system override methods MeasureOverride(Size) and ArrangeOverride(Size) are usually sufficient for any required layout customization. OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo) は仮想として公開されます。OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo) is exposed as a virtual. OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo) をオーバーライドして、入力イベントに関連する実行時の動作の変更と、応答の control 再合成との組み合わせによって、レイアウト情報が不正確になる可能性がある例外的なケースを修正できます。You can override OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo) to correct for exceptional cases where a run-time behavioral change related to input events combined with control recomposition in response might give inaccurate layout information.

派生クラスでこのメソッドをオーバーライドすることもできます (プロテクトになっていますが、シールされていません)。You may still override this method in derived classes (it is protected but not sealed). 既定の WPF フレームワークレベルのレンダリング動作を無効にする特別な理由がない限り、常に基本実装を呼び出して、上記の動作を保持します。Always call the base implementation to preserve the behavior mentioned above, unless you have very specific reasons for disabling default WPF framework-level rendering behavior. 標準の WPF フレームワークレベルレイアウトシステムの実装を使用している場合、SizeChanged イベントの発生に失敗すると、非標準のレイアウトの動作が発生します。Failing to raise the SizeChanged event will cause non-standard layout behavior if using the standard WPF framework-level layout system implementation.

適用対象

こちらもご覧ください