FrameworkElement.OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo) FrameworkElement.OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo) FrameworkElement.OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo) FrameworkElement.OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo) Method

定義

指定した情報を最終的なイベント データの一部として使用して、SizeChanged イベントを発生させます。

protected public:
 override void OnRenderSizeChanged(System::Windows::SizeChangedInfo ^ sizeInfo);
protected internal override void OnRenderSizeChanged (System.Windows.SizeChangedInfo sizeInfo);
override this.OnRenderSizeChanged : System.Windows.SizeChangedInfo -> unit
Protected Friend Overrides Sub OnRenderSizeChanged (sizeInfo As SizeChangedInfo)

パラメーター

sizeInfo
SizeChangedInfo SizeChangedInfo SizeChangedInfo SizeChangedInfo

変更に関係する、古いサイズと新しいサイズの詳細。

注釈

このメソッドは、OnRenderSizeChanged をオーバーライドします。 このメソッドを呼び出す場合は、リセット、ActualWidthプロパティ、ActualHeightプロパティ、またはその両方として指定されている内容によっては、指定された引数で変更されは常にイベントが発生します。

注意 (継承者)

一般的なレイアウト シナリオには、このメソッドをオーバーライドしません。 レイアウト システムは、すべての可能なレイアウトの配置し、メジャーの場合は考慮のことを保証するために意図的に非同期の方法で動作します。 レイアウト システムは、メソッドをオーバーライドMeasureOverride(Size)ArrangeOverride(Size)で必要なレイアウトのカスタマイズ、通常は十分です。 OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo) バーチャル マシンとして公開されます。 オーバーライドできますOnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo)実行時動作の変更が入力コントロールと組み合わせてイベントに関連する例外的なケースを修正する応答で満たしますが不正確なレイアウト情報を与える可能性があります。

でも、(これは、保護は封印されていません) の派生クラスでこのメソッドをオーバーライドできます。 常に既定の WPF フレームワーク レベルのレンダリング動作を無効にするための非常に特定の理由がない限りは、上記のように動作を保持する基本実装を呼び出します。 生成に失敗する、SizeChangedイベントは、標準の WPF フレームワーク レベルのレイアウト システムの実装を使用する場合、非標準のレイアウト動作が発生します。

適用対象

こちらもご覧ください