FrameworkElement.VisualChildrenCount FrameworkElement.VisualChildrenCount FrameworkElement.VisualChildrenCount FrameworkElement.VisualChildrenCount Property

定義

この要素内でビジュアル子要素の数を取得します。

protected:
 virtual property int VisualChildrenCount { int get(); };
protected override int VisualChildrenCount { get; }
member this.VisualChildrenCount : int
Protected Overrides ReadOnly Property VisualChildrenCount As Integer

プロパティ値

この要素のビジュアル子要素の数。

次の例は、カスタム装飾で宣言されている値の使用方法を示しています、VisualCollectionの上書きによって値は、複数のビジュアル子を保持し、これらを報告するVisualChildrenCountGetVisualChildします。

// To store and manage the adorner's visual children.
VisualCollection visualChildren;
' To store and manage the adorner's visual children.
Private visualChildren As VisualCollection
// Override the VisualChildrenCount and GetVisualChild properties to interface with 
// the adorner's visual collection.
protected override int VisualChildrenCount { get { return visualChildren.Count; } }
protected override Visual GetVisualChild(int index) { return visualChildren[index]; }
' Override the VisualChildrenCount and GetVisualChild properties to interface with 
' the adorner's visual collection.
Protected Overrides ReadOnly Property VisualChildrenCount() As Integer
	Get
		Return visualChildren.Count
	End Get
End Property
Protected Overrides Function GetVisualChild(ByVal index As Integer) As Visual
	Return visualChildren(index)
End Function

注釈

FrameworkElementの実装VisualChildrenCount常に 0 個または 1 を返します。 1 つを超える可能性のあるビジュアル子コレクションを保持するクラスは、この両方のプロパティをオーバーライドする必要がありますとGetVisualChildします。

このプロパティはレイアウトのオーバーライドを実装するため、現在の子コレクションの上限を判断する一般的に使用されます (MeasureOverrideArrangeOverride)。

注意 (継承者)

クラスは、子要素のコレクションでは、複数のビジュアル子をサポートする場合は、そのコレクション内の要素の数を返すには、このプロパティをオーバーライドします。 コレクション オブジェクト自体が、カウントを返した場合であっても、これを行う必要があります。 WPF フレームワーク レベル要素のレイアウト ロジックは、すべての要素がを通じて有効なカウントを返すこと前提としています。 そのVisualChildrenCountプロパティ。

適用対象