InputBinding.CommandTarget InputBinding.CommandTarget InputBinding.CommandTarget InputBinding.CommandTarget Property

定義

コマンドの対象要素を取得または設定します。Gets or sets the target element of the command.

public:
 property System::Windows::IInputElement ^ CommandTarget { System::Windows::IInputElement ^ get(); void set(System::Windows::IInputElement ^ value); };
public System.Windows.IInputElement CommandTarget { get; set; }
member this.CommandTarget : System.Windows.IInputElement with get, set
Public Property CommandTarget As IInputElement

プロパティ値

コマンドの対象。The target of the command. 既定値は、null です。The default is null.

注釈

Windows Presentation Foundation CommandTargetのコマンドのシステムでは、 ICommandSourceオブジェクトのプロパティは、 ICommandがである場合にRoutedCommandのみ適用できます。In the Windows Presentation Foundation commanding system, the CommandTarget property on an ICommandSource object is applicable only when the ICommand is a RoutedCommand. ICommandSourceCommandTarget が設定されていて、対応するコマンドが RoutedCommand ではない場合、コマンド ターゲットは無視されます。If the CommandTarget is set on an ICommandSource and the corresponding command is not a RoutedCommand, the command target is ignored.

と共RoutedCommandに使用する場合、コマンドターゲットは、イベントExecutedCanExecuteイベントが発生する対象のオブジェクトです。When used with a RoutedCommand, the command target is the object on which the Executed and CanExecute events are raised. CommandTargetプロパティが設定されていない場合、キーボードフォーカスを持つ要素がターゲットとして使用されます。If the CommandTarget property is not set, the element with keyboard focus is used as the target.

クラスInputBinding自体は、パブリックのパラメーターなしのコンストラクターを公開しないため、XAML の使用をサポートしていません (パラメーターなしのコンストラクターは存在しますが、保護されています)。The InputBinding class itself does not support XAML usage, because it does not expose a public parameterless constructor (there is a parameterless constructor, but it is protected). ただし、派生クラスはパブリックコンストラクターを公開できるため、からInputBinding継承されるプロパティを XAML 使用法で設定できます。However, derived classes can expose a public constructor and therefore can set properties that are inherited from InputBinding with a XAML usage. Xaml でInputBindingインスタンス化でき、xaml でプロパティを設定できる2つの既存のKeyBinding派生MouseBindingクラスは、とです。Two existing InputBinding derived classes that can be instantiated in XAML and can set properties in XAML are KeyBinding and MouseBinding.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<inputBindingDerivedClass CommandTarget="bindingToTarget"/>  

XAML 値XAML Values

inputBindingDerivedClass
KeyBinding InputBindingMouseBindingなどのオブジェクト要素構文をサポートするの派生クラス。A derived class of InputBinding that supports object element syntax, such as KeyBinding or MouseBinding. 「解説」を参照してください。See Remarks.

bindingToTarget
既存の名前付き要素へのオブジェクト参照を返すことができるバインディング構文の型を使用する文字列。A string that uses a type of binding syntax that can return an object reference to an existing named element. 「解説」を参照してください。See Remarks.

適用対象