NotifyInputEventArgs クラス

定義

InputManager により処理されている未加工の入力のデータを提供します。Provides data for raw input being processed by the InputManager.

public ref class NotifyInputEventArgs : EventArgs
public class NotifyInputEventArgs : EventArgs
type NotifyInputEventArgs = class
    inherit EventArgs
Public Class NotifyInputEventArgs
Inherits EventArgs
継承
NotifyInputEventArgs
派生

注釈

入力ステージング領域は、WPFWPF イベントへの入力を処理します。The input staging area processes input into WPFWPF events.

NotifyInputEventArgsPreNotifyInputPostNotifyInput イベントで使用されます。NotifyInputEventArgs is used with the PreNotifyInput and PostNotifyInput events.

入力は、次の段階で WPFWPF で処理されます。Input is processed in WPFWPF in the follow stages:

  1. プロセス前の段階。Pre-process stage. 入力マネージャーによって、PreProcessInput イベントが発生します。The input manager raises the PreProcessInput event.

  2. 事前通知段階。Pre-notify stage. 入力マネージャーによって、PreNotifyInput イベントが発生します。The input manager raises the PreNotifyInput event.

  3. WPFWPF 入力イベントまたはイベントが発生します。The WPFWPF input event or events are raised.

  4. 通知後の段階。Post-notify stage. 入力マネージャーによって、PostNotifyInput イベントが発生します。The input manager raises the PostNotifyInput event.

  5. プロセス後の段階。Post-process stage. 入力マネージャーによって、PostProcessInput イベントが発生します。The input manager raises the PostProcessInput event.

プロパティ

InputManager

入力イベントを処理している入力マネージャーを取得します。Gets the input manager processing the input event.

StagingItem

入力マネージャーによって処理されている、ステージング領域の入力項目を取得します。Gets the staging area input item being processed by the input manager.

メソッド

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください