DispatcherObject クラス

定義

Dispatcher に関連付けられているオブジェクトを表します。

public ref class DispatcherObject abstract
public abstract class DispatcherObject
type DispatcherObject = class
Public MustInherit Class DispatcherObject
継承
DispatcherObject
派生

注釈

が作成されたスレッドだけ Dispatcher がに直接アクセスする場合があり DispatcherObject ます。 が作成されたスレッド以外のスレッドからにアクセスするには、に DispatcherObject DispatcherObject Invoke BeginInvoke Dispatcher 関連付けられているでまたはを呼び出し DispatcherObject ます。

DispatcherObjectスレッドセーフを適用する必要があるのサブクラスは、すべてのパブリックメソッドでを呼び出すことによってこれを行うことができ VerifyAccess ます。 これにより、呼び出し元のスレッドが、が作成されたスレッドであることが保証され DispatcherObject ます。

は、 DispatcherObject 独立してインスタンス化することはできません。つまり、すべてのコンストラクターは保護されます。

から派生したオブジェクトに DispatcherObject は、スレッドアフィニティがあります。

から派生したオブジェクトは、固定されている Freezable 場合はフリースレッドです。 詳しくは、「Freezable オブジェクトの概要」をご覧ください。

コンストラクター

DispatcherObject()

DispatcherObject クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。

メソッド

CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。

適用対象

スレッド セーフ

staticこの型のすべてのパブリックメンバーは、スレッドセーフです。 インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

このオブジェクトには、それが作成されたスレッドからのみアクセスできます。 他のスレッドからアクセスしようとすると、がスローされ InvalidOperationException ます。 Invoke(DispatcherPriority, Delegate) または BeginInvoke(DispatcherPriority, Delegate) 、適切なスレッドに作業をマーシャリングするためのサポートを提供します。