event (C# リファレンス)event (C# Reference)

event キーワードを使用し、パブリッシャー クラス内にイベントを宣言します。The event keyword is used to declare an event in a publisher class.

Example

次の例では、基になるデリゲート型として EventHandler を使用するイベントを宣言し、発生させる方法について説明します。The following example shows how to declare and raise an event that uses EventHandler as the underlying delegate type. ジェネリック EventHandler<TEventArgs> デリゲート型を使う方法、およびイベントをサブスクライブしてイベント ハンドラー メソッドを作成する方法も示す完全なコード例については、「方法: .NET Framework ガイドラインに準拠したイベントを発行する」をご覧ください。For the complete code example that also shows how to use the generic EventHandler<TEventArgs> delegate type and how to subscribe to an event and create an event handler method, see How to: Publish Events that Conform to .NET Framework Guidelines.

public class SampleEventArgs
{
    public SampleEventArgs(string s) { Text = s; }
    public String Text { get; } // readonly
}

public class Publisher
{
    // Declare the delegate (if using non-generic pattern).
    public delegate void SampleEventHandler(object sender, SampleEventArgs e);

    // Declare the event.
    public event SampleEventHandler SampleEvent;

    // Wrap the event in a protected virtual method
    // to enable derived classes to raise the event.
    protected virtual void RaiseSampleEvent()
    {
        // Raise the event by using the () operator.
        if (SampleEvent != null)
            SampleEvent(this, new SampleEventArgs("Hello"));
    }
}

イベントは、宣言元 (パブリッシャー クラス) のクラスまたは構造体内でしか呼び出せない特殊なマルチキャスト デリゲートです。Events are a special kind of multicast delegate that can only be invoked from within the class or struct where they are declared (the publisher class). 他のクラスまたは構造体がイベントを受信登録した場合、パブリッシャー クラスがイベントを発生させると、他のクラスまたは構造体のイベント ハンドラー メソッドが呼び出されます。If other classes or structs subscribe to the event, their event handler methods will be called when the publisher class raises the event. 詳細およびコード例については、「イベント」および「デリゲート」を参照してください。For more information and code examples, see Events and Delegates.

イベントは、publicprivateprotectedinternalprotected internal または private protected としてマークできます。Events can be marked as public, private, protected, internal, protected internal or private protected. これらのアクセス修飾子により、クラスのユーザーがイベントにアクセスする方法が定義されます。These access modifiers define how users of the class can access the event. 詳細については、「アクセス修飾子」を参照してください。For more information, see Access Modifiers.

キーワードとイベントKeywords and Events

イベントには次のキーワードが適用されます。The following keywords apply to events.

キーワードKeyword 説明Description 詳細情報For more information
staticstatic クラスのインスタンスが存在しない場合でも、呼び出し元がいつでもイベントを使用できるようになります。Makes the event available to callers at any time, even if no instance of the class exists. 静的クラスと静的クラス メンバーStatic Classes and Static Class Members
virtualvirtual override キーワードを使用してイベントの動作をオーバーライドすることを派生クラスに許可します。Allows derived classes to override the event behavior by using the override keyword. 継承Inheritance
sealedsealed 派生クラスでは、それが仮想ではなくなったことを指定します。Specifies that for derived classes it is no longer virtual.
abstractabstract コンパイラはイベント アクセサー ブロックの addremove を生成しません。したがって、派生クラスは固有の実装を提供する必要があります。The compiler will not generate the add and remove event accessor blocks and therefore derived classes must provide their own implementation.

イベントは、static キーワードを使用して静的イベントとして宣言されることもあります。An event may be declared as a static event by using the static keyword. その場合、クラスのインスタンスが存在しなくても、呼び出し元がいつでもイベントを使用できるようになります。This makes the event available to callers at any time, even if no instance of the class exists. 詳細については、「静的クラスと静的クラス メンバー」を参照してください。For more information, see Static Classes and Static Class Members.

イベントは、virtual キーワードを使用して仮想イベントとしてマークできます。An event can be marked as a virtual event by using the virtual keyword. その場合、派生クラスでは、override キーワードを使用してイベントの動作をオーバーライドできます。This enables derived classes to override the event behavior by using the override keyword. 詳細については、「継承」を参照してください。For more information, see Inheritance. 仮想イベントをオーバーライドするイベントは、sealed にすることもできます。その場合、派生クラスでは、イベントが仮想でなくなります。An event overriding a virtual event can also be sealed, which specifies that for derived classes it is no longer virtual. 最後に、イベントは abstract として宣言できます。その場合、コンパイラはイベント アクセサー ブロックの addremove を生成しません。Lastly, an event can be declared abstract, which means that the compiler will not generate the add and remove event accessor blocks. したがって、派生クラスごとに固有の実装を提供する必要があります。Therefore derived classes must provide their own implementation.

C# 言語仕様C# Language Specification

詳細については、「C# 言語の仕様」を参照してください。For more information, see the C# Language Specification. 言語仕様は、C# の構文と使用法に関する信頼性のある情報源です。The language specification is the definitive source for C# syntax and usage.

参照See Also