Intune for Education の新機能

Intune for Education の新機能について学習します。 今後の変更点、製品通知、および以前のリリースの機能について説明します。

私たちが行っている方法を教えて. Intune for Education は常に改善を行う予定であり、今月の変更点と改善方法についてお聞きください。

2021 年 10 月

既知WindowsにリダイレクトOneDrive

Intune for Education の最新OneDrive設定を有効にして、ユーザーの最も重要なドキュメント、デスクトップ、およびピクチャ ファイルを、どこからでもアクセスできる保護された場所に移動します。 既知のWindowsをOneDriveに移動し、Windows (ドキュメント、デスクトップ、ピクチャ) を移動し、Microsoft OneDrive。 移動は、ユーザーの操作なしで行います。 移動が完了した後、ユーザーに通知を表示するオプションがあります。

この設定は、新しいデバイスWindowsカテゴリ OneDriveグループStorage。 それを見つけるには、[デバイス グループ] > 移動し、グループを選択します。 次に 、[Windowsの設定] を選択 > OneDriveをStorageします。

Widows デバイスの設定で新OneDrive &ストレージ カテゴリを強調表示するイメージの例。

バーコード スキャナーガイド付きエクスペリエンスによる一括操作

これで、RFID バーコード スキャナーを使用して、Intune for Education の多数のデバイスを迅速にコンパイルしてアクションを実行できます。 ダッシュボードから [バーコード スキャナー] に移動し 、各管理対象デバイスのシリアル番号をスキャンまたは入力します。 デバイスのスキャンが完了したら、サポートされているアクションを選択します。 次の操作を行うことができます:

• グループにデバイスを追加する
• 同期
• 再起動
• デバイスの名前を変更する
• 自動パイロットのリセット
• 出荷時のリセット

[バーコード スキャナー] メニュー オプションと [バーコード スキャナーの導入] ページを強調表示するイメージの例。

2021 年 5 月

新しいオプションを使用すると、使用可能なアプリを割り当てできます

必要なアプリの割り当てに加えて、Intune for Education を使用して利用可能なアプリを割り当 てできます。 この種類のアプリを展開すると、アプリのデバイス ユーザーが使用ポータル サイト。 ユーザーは、必要なアプリとは異なり、自動的にインストールするアプリをインストールする選択肢があります。

Intune for Education Groups - All Users > Windows apps ページのスクリーンショットで、選択したアプリで新しい Assign as Available オプションが強調表示されます。

Web サイトと Web アプリをデスクトップ ショートカットとして展開する

Web サイトと Web アプリのデスクトップ ショートカットを構成します。 Intune に Web サイト URL を追加すると、ユーザーがアプリまたはデスクトップ ショートカットからアクセスできる web アプリとしてデバイススタート メニューインストールされます。 Web サイトは、Microsoft Edgeバージョン 77 以降で開きます。

このポリシーがデバイスに適用される前に、エッジを 1 回実行する必要があります。 この問題を回避するには、Intune for **** Education で [アプリの起動を高速化Microsoft Edge有効にする] 設定を有効にします。

Intune for Education Groups - All Users > Windows デバイス設定 ページのスクリーンショットで、新しい設定 Web サイトと Web アプリのデスクトップ ショートカットの構成 と URL の一覧を強調表示します。

紛失または盗まれたデバイスをリモートWindowsする

Intune for Education で紛失または盗難Windowsデバイスを見つける。 ダッシュボードから検索アクションにアクセスするには、[デバイス]**** に移動し、[デバイス>を選択>を選択します

選択したデバイスの Intune for Education デバイスのプロパティ ページのスクリーンショットで、ページの上部にある新しい Locate アクションを強調表示します。

この機能を機能するには、位置情報サービスを有効にする必要があります。 これは、次のバージョンでサポートされています。

  • Windows 10バージョン 20H2 (10.0.19042.789) 以降
  • Windows 10バージョン 2004 (10.0.19041.789) 以降
  • Windows 10バージョン 1909 (10.0.18363.1350) 以降
  • Windows 10 Version 1809 (10.0.17763.1728) 以降

[検索] を選択すると、ターゲット デバイスに通知が送信され、検索アクションがアクティブなユーザーに通知されます。 デバイスが見つから、Intune for Education のマップ上の場所を表示できます。

新しい Locate アクションを使用するときに Intune for Education で開くデバイス loction マップのスクリーンショット。

2021 年 3 月

新しいWindows更新の設定

Intune for Education の更新Windows 3 つの新しい設定があります。

  • [デバイスのバージョンにWindows 10: デバイスで実行Windows 10のバージョンを選択します。 この設定を削除または再構成するまで、そのバージョンはデバイスで実行されます。
  • 機能更新プログラムを 35日間一時停止する : 選択Windowsから 35 日間、機能更新プログラムを一時停止します。 更新プログラムは 35 日の終わりに再開されます。 また、スイッチを [構成されていない] に戻して更新プログラム を再開できます。
  • 品質更新プログラムを 35 日間一時停止する選択Windowsから 35 日間、品質更新プログラムを一時停止します。 更新プログラムは 35 日の終わりに再開されます。 また、スイッチを [構成されていない] に戻して更新プログラム を再開できます。

これらの設定を見つけるには、[グループ] に移動し、[ デバイス設定の更新とアップグレード> Windowsグループ > を選択します

Intune for Education Windowsデバイスの設定画面のスクリーンショットで、3 つの新しい設定と更新Windows強調表示します。

2021 年 2 月

iOS デバイスのパスコードを削除する新しいリモート アクション

Intune for Education の iOS デバイスのパスコードを削除します。 パスワードを非アクティブ化するには、[デバイス] に移動 、デバイスを選択します。 次に、[パス コードの削除] を選択します。 パスコードを削除すると、ユーザーはデバイスの設定アプリから新しいパスコードを追加できます。

Intune for Education のスクリーンショット iPadプロパティ ページで パスコードの削除 オプションを強調表示します。

パスコードの削除の詳細については、「Intuneのデバイス パスコードをリセットまたは削除する」を参照Microsoft Intuneしてください。

iOS デバイス用のカスタム ホーム画面レイアウトを作成する

学生が学校に必要な情報を簡単に見つけることができるiPadデバイスでホーム画面レイアウトを作成および編集します。 この機能を使用すると、アプリ (Web アプリを含む) とアイコンがホーム画面のページ、ドック、フォルダー内に表示される方法を整理およびプレビューできます。 試しに行くには、[**** グループ] > iOSデバイス>画面、壁紙、ホーム画面レイアウトのグループを > 選択します

Intune for Education Edit iOS Home Screen layout page のスクリーンショット。

2020 年 9 月

デバイスのプライマリ ユーザーをWindowsする

Intune for Education から直接、Windowsデバイスのプライマリ ユーザーを表示および編集します。 プライマリ ユーザーは、リセット、名前の変更、削除など、セルフサービスアクションを使用ポータル サイト。 プライマリ ユーザーを追加または変更するには、[デバイス] に移動 し、[> を選択> します。 次に、[プライマリ ユーザー] の横にあるハイパーリンクテキスト を選択します

プライマリ ユーザーの詳細については、ドキュメントの「プライマリユーザーとは」をMicrosoft Intuneしてください。

[デバイスのスクリーンショット] > [デバイスの>] セクションで、[プライマリ ユーザー] 設定を強調表示し、[プライマリ ユーザーの選択] ウィンドウを表示します。

BitLocker 回復キーの表示

Intune for Education では、回復キーが暗号化されたデバイスの BitLocker 回復キーの詳細が表示Azure AD。 回復キーを表示するには、[デバイス] に移動 >回復キーを> 選択します

Intune で BitLocker キーを管理する方法の詳細については、「Manage BitLocker in the Microsoft Intune ドキュメント」を参照してください。

デバイスの詳細を示すスクリーンショット>デバイスの詳細>回復キーテーブルで、デバイスの例の回復キーが 1 つ表示されます。

2020 年 6 月

アクセシビリティとパフォーマンスの向上

Intune for Education のアクセシビリティとパフォーマンスを向上させるために、いくつかの更新が行われた。 更新プログラムには、次のものが含まれます。

  • Intune for Education の主要な領域間の移動を容易に行うナビゲーションが改善されました。
  • Intune for Education で画面の近くにズームインできるよう、ズームイン/ズームアウト機能が強化されました。 この改善は、読みやすさを高め、視覚障害を持つユーザーがポータルにアクセスしやすくするために行われた。

デバイスでタイム ゾーンを構成する

新しい [タイム ゾーンの構成] 設定を使用して、選択したタイム ゾーンを持つデバイスを展開します。 [デバイスの設定Windowsグループ] に移動し、デバイスの制限を使用して > **** > **** > **** 設定を構成します。

[デバイス設定] ページ> Windowsグループのスクリーンショットで、新しい [タイム ゾーンの構成] 設定を強調表示します。

2020 年 4 月

新しいブラウザーのMicrosoft Edge展開

Intune for Education から Microsoft Edgeブラウザーを展開できます。 アプリは既にアプリ インベントリで使用できます。 学生と教師に割り当てるだけで、学校全体に展開できます。

デバイスリストを検索してフィルター処理する

[デバイス ] ページ では、デバイス名、デバイスの製造元、オペレーティング システム、最終チェックイン時刻などのパラメーターによって、デバイスリストを検索、フィルター処理、並べ替えできます。

[デバイス] ページのスクリーンショットで、新しい検索バー、フィルター、並べ替えパラメーターを強調表示します。

一括選択でリモート アクションを実行する

一度に最大 2,000 台のデバイスで、リモート アクションを一括で実行します。 一括選択をサポートするリモート アクションには、次のものが含まれます。

  • 同期
  • Restart
  • 名前の変更
  • 自動パイロットのリセット
  • 出荷時のリセット
  • Delete

一括選択を行う場合は、[デバイス] に移動 、次のいずれかの操作を行います。

  • リストから該当する各デバイスを選択する
  • リストの上部にある [デバイス名] の横**** にあるチェック ボックスをオンにして、表示されているデバイスを一度にすべて選択します。

iOS デバイスでのアプリの削除をブロックする

[アプリの 削除をブロックする ] 設定を使用して、ユーザーが iOS デバイスからアプリを削除するのをブロックします。 [iOSデバイス設定 > **** > グループ設定デバイスの制限] に移動して、 > **** 設定を構成します。

すべてのフォームのWindows PowerShell

Intune for Education を使用して学生Windows PowerShell教師からのアクセスをブロックすると、ISE のWindows PowerShellとWindows PowerShellされます。

リモート アシスタンス オプションに関する新しいドキュメント

Covid-19 に応答して、一部の学校はリモート学習に切り替えました。 生徒と教師にリモート アシスタンスを提供するには、クラウド管理デバイスのリモート アシスタンス オプションに関する新しいドキュメントとガイダンス を参照してください。 また、リモート学習の開始をラーニング場合は、「Remote ラーニング展開リファレンス」を参照してください。

2019 年 12 月

新しいブラウザー Microsoft Edge構成する

Intune for Education から新しいブラウザーを構成Microsoft Edge展開できます。 見つける設定の一部は、古いエッジ ブラウザーと新しいエッジ ブラウザーの両方に適用されます。 次のような他の設定は、新しいブラウザーでのみ機能します。

  • ブロックされた URL リストの構成
  • 検索セーフする
  • YouTube 制限モードを要求する

2019 年 11 月

グループ管理者の新しいアクセス許可

グループ管理者として割り当てられたユーザーは、次の機能を使用できます。

  • Autopilot Windows同期する
  • Autopilot デバイスとユーザーの割り当てを管理する
  • 自動パイロット展開プロファイルの割り当てを管理する
  • Apple ユーザーが開始した登録プロファイルの割り当てを管理する

組織内の管理者のアクセス許可を委任するには、[Intune for Education >グループ管理者] > に移動します。 Intune の組み込みの学校管理者の役割が割り当てられているユーザーにも、これらのアクセス許可があります。 学校管理者の役割を割り当てるか、アクセス許可を変更するには、[デバイス管理管理センター] の [テナント管理>に移動 > します。 すべてのグループ管理者/学校管理者のアクセス許可の一覧については、「グループ管理者の割り当て 」を参照してください

電源とスリープの設定を構成する

アイドル状態のデバイスの電源とスリープのWindows制御します。 次の場合に構成できます。

  • 表示をオフにする
  • デバイスをスリープ状態に設定する
  • デバイスを休止状態に設定する

VPP トークンの制限を管理する

これで、管理者が選択したアプリへのアクセスを制限できます。 制限付き VPP トークンを追加および管理するには、[グループ管理者] [管理者のアプリ アクセスを > **** > 制限する] に移動します

[すべてのデバイス] グループの [管理] タブのスクリーンショットで、アプリのアクセス設定を制限します。

2019 年 10 月

Intune for Education ポータルから Win32 アプリを表示する

これで、Intune for Education ポータルから、テナントで構成されている Win32 アプリを確認し、アプリのグループ割り当てを管理できます。

ローカル ゲスト アカウントのテストの構成

新しい構成オプションは、プロファイルテストできます。 ローカル ゲスト アカウント オプションが追加されたので、学生は Windows サインイン画面のボタンをクリックして安全な評価を開始し、パスワードの入力をスキップできます。 アプリの詳細については、「テストでテストを受Windows 10 Intune for Educationで テストプロファイルを追加する」を参照してください。

教育プリセットの変更点

Intune for Education にサインアップすると、Intune は [すべてのデバイス] グループの一部の設定を事前構成します。 これらのプリセットは、お客様からのフィードバックに基づいて変更されました。 これらの変更には、次のものが含まれます。

  • 既定では、個人用デバイスが Intune に誤Windows登録されないように、個人用デバイスの登録がブロックされます。
  • 既定では、ローカルの自動操縦リセットは無効になります。

Autopilot Windows管理する

Intune for Education ポータルでは、次の方法を実行できます。

  • 自動パイロット展開プロファイルを構成します。
  • グループ タグに基づいて自動パイロット登録デバイスの動的グループを作成します。
  • デバイスの展開を監視および確認します。

[すべてのデバイス] グループのスクリーンショット、登録設定、[自動パイロット] セクションWindowsを強調表示します。

[グループ] ページのスクリーンショット、グループの作成、動的グループの強調表示、グループ タグの設定。

[レポート] のスクリーンショットで、表示できる利用可能なレポートの表を表示します。

自動パイロットの詳細については、「Windowsの概要」を参照Windowsしてください。

2019 年 8 月

展開の変更Office 365する

S モードのデバイスOffice 365をWindows対象デバイスは、すべてのターゲット デバイスに対して受信Office 365 ProPlus。 この変更の前に、S モードのデバイスは別のバージョンの Office 365を受け取教育機関向け Microsoft Store。

新しい管理者ビューが [グループ] ページに追加され、管理者の委任が容易になります

管理者が管理するグループを簡単に表示、追加、削除できるよう、新しいビューが追加されました。 [グループ]ページに移動し、グループを選択した後、[このグループによって > 管理される管理者] を選択します。 そこからグループを追加または削除できます。

[グループ] ページの [管理] タブのスクリーンショットで、[このグループで管理] ボタンを強調表示します。

2019 年 7 月

一括名前の変更を実行する

一度に最大 100 台のデバイスの名前を変更します。 一括選択を行う場合は、デバイスリストからデバイスを手動で選択するか 、Ctrl キーまたは Command キーを押しながら複数のデバイスを一度に選択できます。

その後、名前付けテンプレートを選択したデバイスのグループに適用できます。これには、一意の識別子が付加されたカスタム プレフィックスが含まれます。 一意の識別子には、シリアル番号、カウンター、または MAC アドレスWi-Fi指定できます。

[デバイス] ページのスクリーンショット、一括名前の変更、カウンター識別子の選択。

[デバイス] ページのスクリーンショットで、シリアル番号を選択して、進行中の一括名前を変更します。

2019 年 6 月

一括操作の実行

一度に最大 100 台のデバイスで特定のリモート アクションを実行します。 一括選択を行う場合は、デバイスリストからデバイスを手動で選択するか 、Ctrl キーまたは Command キーを押しながら複数のデバイスを一度に選択できます。

選択した複数のデバイスのイメージの例と、一括再起動の確認。

Intune for Education は、次のデバイスアクションの一括機能をサポートします。

  • Restart
  • 出荷時のリセット
  • 同期
  • 自動パイロットのリセット
  • Delete

一括同期確認のイメージの例。

Intune for Education ライセンスへの移行が容易

Intune for Education にサインアップすると、Intune は学校に推奨される値を持つすべてのデバイス グループの一部の設定を自動的に構成します。 Intune サブスクリプションが既に存在するテナントに Intune for Education を追加すると、推奨されるポリシーが表示されますが、Intune はそれらを自動的に割り当てしません。 この変更により、既存の環境に望ましくない変更が加えらなくなされます。

割り当てられたグループ管理者の新しいアクセス許可

Intune の組み込みの学校管理者ロールに、Managed Apps の作成、読み取り、更新、および削除 (CRUD) アクセス許可が付与されました。 この更新プログラムは、Intune for Education でグループ管理者として割り当てられている場合、iOS MDM プッシュ証明書、iOS MDM サーバー トークン、および iOS VPP トークンを作成、表示、更新、および削除し、持っているすべての既存のアクセス許可と共に行えるという意味です。 これらのアクションを実行するには、[テナント設定] [iOSデバイス管理] > に移動します

新しい展開に関するドキュメント

このドキュメントの登録セクションには、学校の環境とセットアップのニーズに基づいて 学校用 PC のセットアップ と Windows Autopilot を比較するのに役立つ新しい情報が表示されます。 この情報を使用して、デバイスのセットアップで各オプションまたは両方を使用する場合を決定します。

2019 年 5 月

オンライン ライセンスとオフライン ライセンスのアプリを区別教育機関向け Microsoft Storeする

アプリにオンラインライセンスまたはオフライン ライセンス教育機関向け Microsoft Store確認できます。 Intune for Education では、Express Configuration とアプリの詳細ページにライセンスの種類が表示され、アプリを管理して適切なグループに展開しやすくなります。 オンライン ライセンスを持つアプリは、ユーザーがデバイスにサインインした後にインストールを開始し、ユーザーが使用Microsoft Storeする必要があります。 オフライン ライセンスを持つアプリは、ユーザー サインインを必要とせずにインストールされ、ユーザーが使用するMicrosoft Store必要はありません。

新しい iOS 設定

新しい設定が追加され、iOS Classroom アプリを詳細に制御できます。

iOS デバイスの名前付けテンプレートを適用する

iOS デバイスのグループ化と識別に役立つ新しい名前付け設定が追加されました。 iOS の登録と MDM サーバー トークンのセットアップ中に、Intune for Education では、各デバイスに固有のデバイスシリアル番号の名前が自動的に付けられます。 その後、Contoso や Math1 などのカスタム名をプレフィックスに追加できます。 名前をカスタマイズすると、デバイスのシリアル番号が末尾に接続されます。 たとえば、Contoso012a345b67c8。 MDM Server トークンの名前付けテンプレートを構成または更新すると、そのトークンに関連付けられているすべてのデバイス (既存のデバイスと名前付けテンプレートの適用後に登録されたデバイス) の名前が変更されます。

2019 年 4 月

iOS 設定名の更新とツールヒントの追加

Intune for Education の iOS 設定名、ツールヒント、カテゴリの多くを改訂し、設定の検索と理解を容易にしました。 これらの設定の詳細な一覧については 、「Intune for Education の iOS デバイス設定」を参照してください

Express Configuration の iOS 設定の絞り込みリスト

デバイスとグループ をより迅速 にセットアップできるよう、Express Configuration の iOS 設定の一覧を調整しました。 一部の設定が Express Configuration から移動され、新しい設定が移動されたのが表示されます。 削除された設定は、iOS デバイス の****[グループ] 設定 > **** > で構成設定。 Intune for Education のデバイス設定の完全な一覧については、「iOSデバイス設定」および「デバイス設定Windows 10を参照してください

デバイスの新Windows 10設定

デバイス設定には、いくつかのWindows 10があります。 Intune for Education で構成できる設定のほんの一部を次に示します。

  • Windows更新通知: この設定では、ユーザーが更新プログラムに関する通知を表示するかどうかをWindowsできます。
  • 手動Windows更新: この設定を使用すると、ユーザーが更新スキャン、ダウンロード、インストールの各機能にアクセスWindowsを選択できます。

2019 年 2 月

iOS デバイスのカスタムの壁紙とロック画面のイメージを設定する

Intune for Education を使用して、学校のデバイスでカスタムの壁紙とロック画面イメージを設定できます。 画像をアップロードするには、「グループ**** > iOS デバイス」設定 > 画面イメージをロックします

iOS デバイス イメージ、カスタム設定画面イメージのスクリーンショット。

2019 年 1 月

共有機能を使用して iOS デバイスをiPadする

Intune for Education for iOS デバイス登録の設定を構成する場合、共有デバイス機能を有効にした場合に登録する iOS デバイスを構成iPadできます。 共有iPadは、学生と教師が管理 Apple ID を使用して学校のデバイスにサインインする必要がある iOS 機能です。 学校内の有効なデバイスにサインインおよびサインアウトして、保存済みおよび進行中の作業、アプリ、タスクにアクセスできます。 Intune for Education での共有iPad詳細については、「Shared iPad構成」を参照してください

デバイスの新Windows 10設定

セキュリティ、Windows、ブラウザー エクスペリエンスなどの領域を制御する新しい設定が追加されました。 ここでは、今月表示されるいくつかの新しい設定を示します。

  • 優先テナント ドメインAzure Active Directory構成する : この設定を使用すると、テナント ドメイン名のないデバイスに学生がサインインできます。 学生はエイリアスだけですばやく簡単にサインインできます。

  • 新しいタブ ページを構成する: この設定では、学生がタブを追加するときに開くページを選択Microsoft Edge。 新しいタブでは、空のページや学校のホーム ページなどのカスタム ページを開く場合があります。

  • S モードから切り替える : この設定を使用すると、管理者は S モードでデバイスを Windows 10 から切り替えるか、学生が自分のデバイスを S モードから切り替えできません。

更新されたWindows設定名と便利なツールヒントの追加

Intune for Education の設定名とツールヒントの多くを改訂し、見つけやすく理解しやすくしました。 各設定の詳細については、「Intune for Education Windows 10デバイス設定」を参照してください

デバイスのWindows変更

Intune for Education ポータルWindows 10リモートで任意のデバイス (バージョン 1803 以降) の名前を変更します。 名前を変更するには、[ デバイス] に移動し、[デバイス名の変更] > 選択します。 [デバイスの詳細] ページからデバイスの 名前を変更 することもできます。

2018 年 11 月

リモート自動操縦リセット

Intune for Education ポータルを使用してリモートで自動パイロットリセットを呼び出す方法が可能になります。 Autopilot Reset は、ユーザーがインストールしたアプリや個人用設定を含むすべてのユーザー データを削除し、デバイスを Intune に登録し続けるので、デバイスは最新のアプリ、ポリシー、および設定で最新の状態に維持されます。 この機能を使用すると、学生の PC をすばやくワイプして再構成し、新しい学年に備えます。 オートパイロットリセットの詳細については、こちらを参照 してください

iOS 管理の新機能

  • Intune for Education では、Apple School Manager VPP トークンの位置情報が表示され、Intune for Education と Apple School Manager の両方から VPP トークンを簡単に識別できます。
  • 簡単なラベル付けと組織のために、Intune for Education で VPP トークンのニックネームを指定できます。
  • MDM Server トークンを設定すると、iOS デバイスの登録がさらに高速になります。 Intune for Education は登録設定を自動的に構成します。そのため、MDM Server トークンに関連付けられているデバイスでは、タップするセットアップ アシスタント画面が少なめになります。

デバイスの削除

Intune for Education ポータルでデバイスを削除できます。 デバイスの削除:

  • Intune でデバイスの登録を解除します。
  • デバイス が環境の一部ではAzure Active Directory、デバイス レコードを削除します。

イマーシブ リーダーテナントの設定

Intune for Education Windows登録すると、教育向けストア のインベントリでイマーシブ リーダーのライセンスが無制限に取得されます。 イマーシブ リーダーは、すべての年齢と能力の学習者のためのアクセシビリティと理解を備える読み取り体験を作成する学習ツールです。 詳細については、こちらをイマーシブ リーダーしてください

[有効なポリシー] ページ

有効なポリシー ページには、グループ メンバーシップに基づいてユーザー/デバイスの組み合わせに適用されるアプリと設定が表示されます。 このページでは、競合している可能性がある設定を確認し、問題のトラブルシューティングを行います。 有効なポリシー ページには、次の 2 つの方法があります。

  • [ユーザーの詳細] > をクリック> ユーザーが最近チェックインしたデバイスを選択します。
  • [デバイスの詳細に移動> クリック>、そのデバイスで最近チェックインしたユーザーを選択します。

2018 年 7 月

iOS クラスルーム デバイスのすべての新しいサポート

Intune for Education では、教室での iOS デバイス管理がサポートされています。 Intune for Education に新しい機能とページが追加され、関係者全員のセットアップと管理プロセスが容易になります。 ダッシュボードから、デバイスを正常にセットアップ、構成、および登録するために必要なすべてが提供されます。

  • iOS デバイス管理のセットアップ: Apple アカウントを Intune for Education にすばやく接続するための手順を説明する新しいページが追加されました。 画面のインジケーターを使用すると、必要な手順とオプションの手順、正常に完了した手順、有効期限が近付く手順を明確に確認できます。
  • 高速構成: iOSデバイスに合わせてカスタマイズWindows 10、iOS 用の高速構成を使用すると、アプリと設定をすばやく割り当て、変更できます。 ユーザーまたはデバイスのグループを選択し、Microsoft が推奨する設定から選択します。 これらの 推奨事項は事前に選択されますが、学校独自のポリシーに合わせていつでも変更できます。
  • アプリと設定: 個別のアプリとデバイス設定ビューを追加して、iOSまたはデバイス管理に集中Windows 10しました。 Apple VPP のサポートを追加すると、VPP で購入したアプリを Intune for Education と同期し、ダッシュボードから直接割り当てることができます。
  • 動的グループ化: 特定のデバイス プラットフォーム ルールを動的グループに 適用できます。 ユーザーまたはiOSデバイス上のデバイスまたは学生に適用Windows 10ルールを作成します。

詳細を確認し、Intune for Education のドキュメントで新しいページとワークフローを移動する 方法について説明 します。

2018 年 1 月

管理者が実行したグループアクションの履歴

管理者が行ったすべてのアクションの履歴を表示して、承認済みグループのグループ管理者、アプリ、および設定を変更できます。 この履歴のログは、「グループの履歴」で確認 > できます

Windows Defenderレポート

新しいレポートが追加されました。 [レポート] ページで、レポートのWindows Defenderレポートを選択できます。 これにより、すべてのデバイスWindows Defender状態を確認できます。 [レポートとは] ドキュメントで、この 外観を確認 できます。

役割ベースのアクセス制御を使用してグループ管理者を有効にする

他のグループの設定を管理するユーザーのグループを選択できます。 たとえば、高校管理者というグループを作成すると、** そのメンバーは地区の高校の管理者チームです。 [ 高校の管理者] グループ には、高校生のグループの設定を管理するアクセス許可が与えられる可能性があります。 詳細については、「What are groups? doc」を参照してください

サイドバーには、ユーザーとデバイスの 2 つの新しいオプションが****追加されました。 これらを使用して、個々のユーザーまたはデバイスを検索し、これらのアイテムの 詳細をすばやく 開きます。 これらの検索をサイドバーに追加するには、[すべてのスター ****] ボタン ([お気に入り]) を表示して、お気に入 > **** りリストに追加します。

リモート操作

これで、ユーザーとデバイスに対してリモートアクションを実行できます。 アクションを実行するデバイスを選択し、詳細ページから次のいずれかのアクションを選択します。

デバイス

  • Restart
  • 出荷時の設定にリセットする
  • 同期
  • 管理から削除する

ユーザー

  • パスワードのリセット

リモート アクションの詳細 については、以下を参照してください

Wi-Fi プロファイル

Wi-Fi プロファイルのサイドバーに新しいオプション が追加されました。 これにより、さまざまなデバイス、Wi-Fiグループに割り当て可能なユーザー設定を定義できます。

2017 年 10 月

動的グループ

ルールを定義し、ルールに基づいて自動的に設定するグループを作成します。

新しいアプリの状態

アプリを追加すると、アプリインストールのデバイスごとの状態とユーザーごとの状態が表示されます。

更新された詳細ページ

グループの 1 つでユーザーまたはデバイスを選択します。 ウィンドウが画面の下部から上にスライドし、そのオブジェクトに関する詳細と、割り当てたアプリと設定の状態を確認できます。

2017 年 5 月 (初期リリース)

Intune for Education が利用可能になります。

Intune for Education ポータルが立ち上げされました。 教育機関向け Intune は、学校や教育機関がデバイスを管理するための合理化されたWindows 10です。 Intune for Education の詳細については、次のドキュメントを参照してください。

次の手順