SharePoint および Power Automate を統合する

中級
アプリ作成者
機能コンサルタント
ビジネス ユーザー
Microsoft Power Platform
Power Automate

SharePoint と Power Automate を使用して、毎日のタスクの自動化に役立てます。 このラーニング パスでは、SharePoint と Power Automate での承認、ベスト プラクティス、コネクタ、フロー内でのエラー処理について説明します。

前提条件

  • Microsoft Power Automate についての基本的な理解。
  • SharePoint に関する知識。

このラーニング パス内のモジュール

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Microsoft Power Automate では、新しいデータが追加された場合、または既存のデータが更新された場合に自動的に送信されるメールを作成できます。 SharePoint でメールのメタデータを自動的に取得することもできます。 このモジュールでは、メール アクションをデータ ソースとして Power Automate でSharePoint と使用する方法を説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

通常、ワークフロー プロセスは承認ステップを経ます。 承認は、単一または複数のユーザーから得る必要があります。また、次のステップの決定を下せるよう、応答をキャプチャする必要があります。 多くの場合、承認はメールまたは通知としてモバイル デバイスに送信され、ユーザーが簡単にアクセスし、内容を理解するのに役立ちます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

HTTP コネクタは Representational State Transfer (REST) アーキテクチャを使用しており、これにより、ユーザーが Web 要求を使用してデータと直接対話できます。 また、フロー作成者は、Power Automate フローを使用しながら、Web サービスの機能をセキュアな方法でフル活用することができます。 このモジュールは、組み込みの HTTP コネクタとプレミアム HTTP コネクタに焦点を当てます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

複数の通信方法が使用できる場合でも、メールが主要かつ公式の手段と見なされることが多くあります。 電子承認を送信する場合でも、取引の完了に必要な重要書類を添付する場合でも、メールは企業にとって不可欠なツールです。 このモジュールは、Power Automate フローを使用して電子メールの機能を高め、セキュリティで保護するための主要機能に焦点を当てています。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

エラーが原因でフローが失敗した際の通知は、業務の継続性を維持するために不可欠です。 通知には、問題をすぐに解決できるよう、エラーの原因が含まれていることも重要です。 このモジュールでは、フロー アクションに使用できるオプションである「実行条件の構成」を使用して、エラーを特定する方法に焦点を当てます。 また、組み込みのエラー レポートの概要も説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

SharePoint には、Web 要求を使用してユーザーが SharePoint データと直接対話できる REST サービスが含まれています。 この機能により、フロー作成者は Microsoft Power Automate フローを使用しながら SharePoint サービスにアクセスできます。 このモジュールでは、HTTP コネクタ アクションがどのようにして SharePoint REST サービスを使用して API 呼び出しを実行し、利用できないフロー アクションに対するタスクを実行するかについて説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate フローと SharePoint の統合により、SharePoint のリストまたはドキュメントを追加、編集、または削除することでトリガーされるフローの数が飛躍的に増加しました。 ときには、実行中にフローが失敗したり、止まってしまったりする場合があります。 フローは繰り返し実行されるタスクやペーパーレス プロセスを合理化するためのものであり、エラーをトラブルシューティングし、フローが正常に実行されている状態に戻す方法を知っておくことが重要です。