Lync Server 2013 でのエンタープライズ Voip の展開Deploying Enterprise Voice in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-10-03Topic Last Modified: 2012-10-03

Lync Server 2013、エンタープライズ Voip は Lync Server 2013 インフラストラクチャの一部です。Lync Server 2013, Enterprise Voice is part of the Lync Server 2013 infrastructure.

エンタープライズ VoIP の展開には以下のことが必要になります。Deploying Enterprise Voice requires that you:

  1. 「計画」のドキュメントの「 Lync Server 2013 でのエンタープライズ voip の計画 」を参照してください。Review the Planning for Enterprise Voice in Lync Server 2013 section of the Planning documentation.

  2. このワークロードで展開する機能およびコンポーネントの計画が完了していること。Finalize plans for features and components to deploy with this workload.

  3. 計画ツールを実行して、展開の決定を反映するトポロジを設計します。Run Planning Tool to design a topology that reflects your deployment decisions.

  4. 「展開」のドキュメントの「 Lync Server 2013 でのトポロジの定義と構成 」の説明に従って、トポロジビルダーでトポロジ設計を開きます。Open the topology design in Topology Builder, as described in Defining and configuring the topology in Lync Server 2013 in the Deployment documentation.

    注意

    トポロジビルダーのインストールは、内部プールの展開プロセスの一部です。Installation of Topology Builder is part of the deployment process for the internal pool. 詳細については、「展開」のドキュメントの「 Install Lync Server 2013 管理ツール 」を参照してください。For details, see Install Lync Server 2013 administrative tools in the Deployment documentation.

また、展開するために選択した参照トポロジに対応する、中央サイトとブランチサイトに Lync Server、Enterprise Edition が既に展開されている必要があります。Additionally, you must have already deployed Lync Server, Enterprise Edition at central sites and branch sites that correspond to the reference topology that you choose to deploy. エンタープライズ Voip コンポーネントを展開するには、少なくとも1つの内部プールに対してファイルを定義、発行、およびインストールする必要があります。また、トポロジビルダーを使用して内部プールを定義して発行する必要があります。You can’t deploy Enterprise Voice components until you have defined, published, and installed files for at least one internal pool, and you must use Topology Builder to define and publish an internal pool.

エンタープライズ Voip サーバーの役割を展開できる場所 (およびそれらの関係と、他の Lync Server 2013 のサーバーの役割との関係) を示す参照トポロジを表示するには、「計画」のドキュメントの「 reference トポロジ In Lync server 2013 」を参照してください。To view reference topologies with examples of where Enterprise Voice server roles can be deployed (and their relationship to one another and other Lync Server 2013 server roles), see Reference topologies in Lync Server 2013 in the Planning documentation.

ネットワーク地域、ネットワークサイト、およびサブネットを含む、通話受付管理の展開の例について説明する参照トポロジを表示するには、「計画」のドキュメントの「 Example: Lync Server 2013 での通話受付管理の要件の収集 」を参照してください。To view a reference topology that illustrates and explains a sample call admission control deployment, including network regions, network sites, and subnets, see Example: Gathering your requirements for call admission control in Lync Server 2013 in the Planning documentation.

重要

中央サイトにエンタープライズ Voip を展開するには、このセクションのトピックを参照してください。To deploy Enterprise Voice at a central site, continue reading the topics in this section. ブランチサイトでエンタープライズ Voip を展開するには、「展開」のドキュメントの「 Lync Server 2013 でブランチサイト を展開する」に進みます。To deploy Enterprise Voice at a branch site, skip to Deploying branch sites in Lync Server 2013 in the Deployment documentation.

このセクションには、推奨に従って、各フロントエンド サーバーまたは各 Standard Edition サーバー上に仲介サーバーを併置する展開の手順、およびスタンドアロンの仲介サーバー プールでの展開の手順が含まれています。This section includes procedures for deployments in which a Mediation Server is collocated on each Front End Server or Standard Edition server, as recommended, and also for deployments with a stand-alone Mediation Server pool.

トポロジビルダーを使用して、フロントエンドサーバープールまたは standard edition サーバーに、仲介サーバーのファイルが既にインストールされている場合は、次のコンテンツをスキップできます。これは、フロントエンドサーバープールまたは Standard Edition サーバーにファイルをインストールするときに、展開ウィザードによって自動的に仲介サーバーのファイルがインストールされたためですYou can skip the following content if you used Topology Builder to define and publish a topology that collocates a Mediation Server on each Front End Server or Standard Edition server, because Deployment Wizard already automatically installed the files for Mediation Server when you installed files for your Front End Server pool or Standard Edition server:

トポロジビルダーを使用してスタンドアロンプールで仲介サーバーを定義して公開した場合は、次のコンテンツを使用できます。If you used Topology Builder to define and publish a Mediation Server in a stand-alone pool, you can use the following content:

このセクションの内容In This Section