OLEObjects オブジェクト (Excel)OLEObjects object (Excel)

指定されたワークシートのすべての**OLEObject** オブジェクトのコレクションです。A collection of all the OLEObject objects on the specified worksheet.

注釈Remarks

OLEObject オブジェクトは、ActiveX コントロール、リンクされた OLE オブジェクト、または埋め込まれている OLE オブジェクトを表します。Each OLEObject object represents an ActiveX control or a linked or embedded OLE object.

シート上の ActiveX コントロールには、次の2つの名前があります。これは、シートを表示するときに [名前] ボックスに表示されるコントロールを含む図形の名前です。また、コントロールのコード名は、Propertie で (名前) の右側のセルに表示されます。s ウィンドウAn ActiveX control on a sheet has two names: the name of the shape that contains the control, which you can see in the Name box when you view the sheet, and the code name for the control, which you can see in the cell to the right of (Name) in the Properties window.

シートにコントロールを最初に追加すると、図形の名前とコード名が一致します。When you first add a control to a sheet, the shape name and code name match. ただし、図形名またはコード名を変更した場合、もう一方は一致するように自動的に変更されません。However, if you change either the shape name or code name, the other is not automatically changed to match.

Example

OLEObjectsコレクションを取得するのにには、 Worksheetオブジェクトの**OLEObjects** メソッドを使用します。Use the OLEObjects method of the Worksheet object to return the OLEObjects collection.

次の使用例は、ワークシート 1 にあるすべての OLE オブジェクトを非表示にします。The following example hides all the OLE objects on worksheet one.

Worksheets(1).OLEObjects.Visible = False

OLE オブジェクトを新しく作成し、OLEObjects コレクションに追加するには、Add メソッドを使用します。Use the Add method to create a new OLE object and add it to the OLEObjects collection. 次の使用例は、Arcade.bmp というビットマップ ファイルを表す OLE オブジェクトを新しく作成し、ワークシート 1 に追加します。The following example creates a new OLE object representing the bitmap file Arcade.bmp and adds it to worksheet one.

Worksheets(1).OLEObjects.Add FileName:="arcade.gif"

次の使用例は、ActiveX コントロール (リスト ボックス) を新しく作成し、ワークシート 1 に追加します。The following example creates a new ActiveX control (a list box) and adds it to worksheet one.

Worksheets(1).OLEObjects.Add ClassType:="Forms.ListBox.1"

コントロールのイベント プロシージャの場合は、コントロールのコード名を使用します。You use the code name of a control in the names of its event procedures. ただし、シートの**Shapes** またはOLEObjectsコレクションからコントロールを取得する場合は、コード名ではなく、図形の名前を使用してコントロールを名前で参照する必要があります。However, when you return a control from the Shapes or OLEObjects collection for a sheet, you must use the shape name, not the code name, to refer to the control by name. たとえば、コード名および図形の名前が既定の CheckBox1 というチェック ボックスを追加したと仮定します。For example, assume that you add a check box to a sheet and that both the default shape name and the default code name are CheckBox1. コントロールの [プロパティ] ウィンドウの [(名前)] に「chkFinished」と入力してコード名を変更した場合は、イベント プロシージャ名には必ず chkFinished を使用しますが、Shapes または OLEObject コレクションからコントロールを取得する場合は、次のように CheckBox1 を使用する必要があります。If you then change the control code name by typing chkFinished next to (Name) in the Properties window, you must use chkFinished in event procedures names, but you still have to use CheckBox1 to return the control from the Shapes or OLEObject collection, as shown in the following example.

Private Sub chkFinished_Click() 
 ActiveSheet.OLEObjects("CheckBox1").Object.Value = 1 
End Sub

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.