サブスクリプションの中断

適用対象

  • パートナー センター
  • 米国政府機関向け Microsoft Cloud のパートナー センター
  • Microsoft Cloud ドイツのパートナー センター

顧客から要請があった場合や、未払いや詐欺が発生した場合、パートナーはサブスクリプションを中断またはキャンセルできます。

サブスクリプションの状態を [中断] に変更すると、ユーザーはサインインしたり、サービスにアクセスしたりできなくなります。 管理者は、引き続きサインインしてデータにアクセスできます。

サブスクリプションの中断

  1. [ダッシュボード] メニューで [顧客] を選び、一覧から顧客を選びます。
  2. 管理対象のサブスクリプションを選びます。
  3. [状態] セクションで、[中断] を選びます。 次に、変更を提出します。
  4. 90 日以内、または 90 日にアカウントが開かれた時点から最初の課金までの日数を加えた期間 (最大 120 日) 以内にサブスクリプションを再アクティブ化しない限り、すべてのデータは削除されます。

サブスクリプションを中断するときに、[中断] ボタンの下に表示される日付は、サブスクリプションを再アクティブ化しない場合に自動的に期限切れになる日付です。