System Center Configuration Manager を使用して、サービスとしての Windows を管理するManage Windows as a service using System Center Configuration Manager

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

Configuration Manager で、ご利用の環境内でのサービスとしての Windows (WaaS) の状態を表示できます。In Configuration Manager, you can view the state of Windows as a Service (WaaS) in your environment. サービス プランを作成して展開リングを形成し、新しいビルドがリリースされたときに Windows 10 システムを最新の状態に維持します。Create servicing plans to form deployment rings, and ensure that Windows 10 systems are kept up-to-date when new builds are released. Windows 10 クライアントの半期チャネル ビルドのサポートの終了が近づいたときにアラートを表示することもできます。You can also view alerts when Windows 10 clients are near end of support for their Semi-Annual Channel build.

Windows 10 サービス オプションの詳細については、「サービスとしての Windows の概要」を参照してください。For more information about Windows 10 servicing options, see Overview of Windows as a Service.

サービスとしての Windows を管理する場合は、次のセクションを参考にします。Use the following sections to manage Windows as a service.

必要条件Prerequisites

Windows 10 サービス ダッシュボードにデータを表示するには、次の操作を行う必要があります。To see data in the Windows 10 servicing dashboard, you must do the following actions:

  • ソフトウェアの更新管理のために、Windows 10 コンピューターで、Windows Server Update Services (WSUS) の Configuration Manager ソフトウェア更新プログラムを使用する必要があります。Windows 10 computers must use Configuration Manager software updates with Windows Server Update Services (WSUS) for software update management. コンピューターで、Windows Update for Business (または Windows Insider) を使用してソフトウェアの更新管理を行っている場合、そのコンピューターは Windows 10 サービス プランでは評価されません。When computers use Windows Update for Business (or Windows Insiders) for software update management, the computer is not evaluated in Windows 10 servicing plans. 詳細については、「 Windows 10 における Windows Update for Business との統合」をご覧ください。For more information, see Integration with Windows Update for Business in Windows 10.

  • ソフトウェアの更新ポイントとサイト サーバーに、WSUS 4.0 を 修正プログラム 3095113 と共にインストールする必要があります。WSUS 4.0 with the hotfix 3095113 must be installed on your software update points and site servers. この修正プログラムにより、ソフトウェア更新プログラムの分類にアップグレードが追加されます。This hotfix adds the Upgrades software update classification. 詳細については、「Prerequisites for software updates」 (ソフトウェア更新プログラムの前提条件) を参照してください。For more information, see Prerequisites for software updates.

  • コンピューターを Windows 10 Anniversary Update、および以降のバージョンにアップグレードするために、ソフトウェア更新ポイントとサイト サーバーに WSUS 4.0 を 修正プログラム 3159706 と共にインストールする必要があります。WSUS 4.0 with the hotfix 3159706 must be installed on your software update points and site servers to upgrade computers to the Windows 10 Anniversary Update, as well as for subsequence versions. この修正プログラムをインストールするには、サポート記事で紹介されている手順を手動で実行する必要があります。There are manual steps described in the support article that you must take to install this hotfix. 詳細については、エンタープライズ モビリティおよびセキュリティ ブログを参照してください。For more information, see the Enterprise Mobility and Security Blog.

  • 定期探索を有効にします。Enable Heartbeat Discovery. Windows 10 サービス ダッシュボードに表示されるデータは、探索を使用して検出されます。The data displayed in the Windows 10 servicing dashboard is found by using discovery. 詳細については、「 Configure Heartbeat Discovery」をご覧ください。For more information, see Configure Heartbeat Discovery.

    次の Windows 10 のチャネルとビルドの情報が検出されて、次の属性に格納されます。The following Windows 10 channel and build information is discovered and stored in the following attributes:

    • オペレーティング システムの準備ブランチ: オペレーティング システムのチャネルを指定します。Operating System Readiness Branch: Specifies the operating system channel. たとえば、0 の場合は半期チャネル - 対象指定 (更新を遅らせない)、1 の場合は半期チャネル (更新を遅らせる)、2 の場合は長期的なサービス チャネル (LTSC) となります。For example, 0 = Semi-Annual Channel - Targeted (do not defer updates), 1 = Semi-Annual Channel (defer updates), 2 = Long-Term Servicing Channel (LTSC)

    • オペレーティング システムのビルド: オペレーティング システムのビルドを指定します。Operating System Build: Specified the operating system build. たとえば、10.0.10240 (RTM) または 10.0.10586 (バージョン 1511) などです。For example, 10.0.10240 (RTM) or 10.0.10586 (version 1511)

  • Windows 10 サービス ダッシュボードにデータが表示されるようにするには、サービス接続ポイントをインストールし、オンライン、固定接続モード用に構成する必要があります。The service connection point must be installed and configured for Online, persistent connection mode to see data on the Windows 10 servicing dashboard. オフライン モードでは、Configuration Manager サービス更新を取得するまで、ダッシュボードにデータ更新が表示されません。When you are in offline mode, you don't see data updates in the dashboard until you get Configuration Manager servicing updates. 詳細については、「About the service connection point」 (サービスの接続ポイントについて) を参照してください。For more information, see About the service connection point.

  • Configuration Manager コンソールを実行するコンピューター上に、Internet Explorer 9 以降をインストールする必要があります。Internet Explorer 9 or later must be installed on the computer that runs the Configuration Manager console.

  • ソフトウェア更新プログラムが構成および同期されている必要があります。Software updates must be configured and synchronized. Windows 10 の機能のアップグレードを Configuration Manager コンソールで利用するには、アップグレード分類を選択し、ソフトウェア更新プログラムを同期します。Select the Upgrades classification and synchronize software updates before any Windows 10 feature upgrades are available in the Configuration Manager console. 詳細については、「Prepare for software updates management」 (ソフトウェア更新管理の準備) を参照してください。For more information, see Prepare for software updates management.

  • Configuration Manager バージョン 1902 以降では、 [機能更新プログラムのスレッドの優先度を指定してください] クライアント設定を確認して、それが自分の環境にとって適切であることを確認します。Starting in Configuration Manager version 1902, verify the Specify thread priority for feature updates client setting to ensure it's appropriate for your environment.

  • Configuration Manager バージョン 1906 以降では、 [Enable Dynamic Update for feature updates](機能更新の動的更新を有効にする) クライアント設定を確認して、それが自分の環境にとって適切であることを確認します。Starting in Configuration Manager version 1906, verify the Enable Dynamic Update for feature updates client setting to ensure it's appropriate for your environment. 自分の環境にとってfor your environment.

Windows 10 サービス ダッシュボードWindows 10 servicing dashboard

Windows 10 サービス ダッシュボードは、その環境の Windows 10 コンピューターに関する情報、アクティブなサービス プラン、コンプライアンス情報などを提供します。The Windows 10 servicing dashboard provides you with information about Windows 10 computers in your environment, active servicing plans, compliance information, and so on. Windows 10 サービス ダッシュボードのデータは、サービス接続ポイントがインストールされていることに依存します。The data in the Windows 10 servicing dashboard is dependent on having the Service Connection Point installed. ダッシュボードには、次のタイルがあります。The dashboard has the following tiles:

  • Windows 10 の使用状況のタイル: Windows 10 のパブリック ビルドの詳細を提供します。Windows 10 Usage tile: Provides a breakdown of public builds of Windows 10. Windows Insider のビルドは、そのサイトにまだ認識されていないすべてのビルドと同様、 [その他] として一覧表示されます。Windows Insiders builds are listed as other as well as any builds that are not yet known to your site. サービス接続ポイントで、Windows のビルドに関する情報を示すメタデータがダウンロードされ、その後、このデータが探索データと比較されます。The service connection point downloads metadata that informs it about the Windows builds, and then this data is compared against discovery data.

  • Windows 10 のリングのタイル: Windows 10 の詳細をチャネルと準備状態ごとに提供します。Windows 10 Rings tile: Provides a breakdown of Windows 10 by channel and readiness state. LTSC セグメントにはすべての LTSC バージョンが含まれています。The LTSC segment includes all LTSC versions. 最初のタイルには、Windows 10 LTSC 2015 などの特定のバージョンの詳細が示されます。The first tile breaks down the specific versions, for example, Windows 10 LTSC 2015.

  • サービス プランの作成のタイル: サービス プランを作成する簡単な方法を提供します。Create Service Plan tile: Provides a quick way to create a servicing plan. 名前、コレクション (サイズの小さい順に上位 10 コレクションのみが表示される)、展開パッケージ (最近変更された上位 10 パッケージのみが表示される)、および準備状態を指定します。You specify the name, collection (only displays the top 10 collections by size, smallest first), deployment package (only displays the top 10 packages by most recently modified), and readiness state. 既定値は、その他の設定に使用されます。Default values are used for the other settings. [詳細設定] をクリックしてサービス プランの作成ウィザードを起動すると、すべてのサービス プランの設定を構成できます。Click Advanced Settings to start the Create Servicing Plan wizard where you can configure all of the service plan settings.

  • 有効期限切れのタイル: Windows 10 のビルドが有効期限を過ぎているデバイスの割合がパーセントで表示されます。Expired tile: Displays the percentage of devices that are on a build of Windows 10 that is past its end of life. Configuration Manager では、サービス接続ポイントによってダウンロードされたメタデータから割合を決定し、探索データと比較します。Configuration Manager determines the percentage from the metadata that the Service Connection Point downloads and compares it against discovery data. 有効期限を過ぎたビルドは、セキュリティ更新プログラムを含む、毎月の累積的な更新プログラムを受信しなくなります。A build that is past its end of life is no longer receiving monthly cumulative updates, which include security updates. このカテゴリのコンピューターは、次のビルド バージョンにアップグレードする必要があります。The computers in this category should be upgraded to the next build version. Configuration Manager は、次の整数へ丸めます。Configuration Manager rounds up to the next whole number. たとえば、10,000 台のコンピューターがあり、その 1 台についてのみビルドの有効期限が切れている場合、タイルには 1% と表示されます。For example, if you have 10,000 computers and only one on an expired build, the tile displays 1%.

  • もうすぐ有効期限のタイル: 有効期限切れ のタイルと似ており、ビルドの有効期限の終わりが近い (約 4 か月以内) コンピューターの割合が表示されます。Expire Soon tile: Displays the percentage of computers that are on a build that is near end of life (within about four months), similar to the Expired tile. Configuration Manager は、次の整数へ丸めます。Configuration Manager rounds up to the next whole number.

  • アラート タイル: アクティブなアラートが表示されます。Alerts tile: Displays active alerts.

  • サービス プランの監視のタイル: 作成したサービス プランとそれぞれに対するコンプライアンスのグラフが表示されます。Service Plan Monitoring tile: Display servicing plans that you have created and a chart of the compliance for each. このタイルにより、サービス プランの展開の現在の状態の概要をすばやく確認できます。This tile gives you a quick overview of the current state of the servicing plan deployments. 前の展開リングがコンプライアンスに対する期待を満たす場合は、サービス プラン ルールが自動的にトリガーされることを待たずに、後のサービス プラン (展開リング) を選択し、 [今すぐ展開] をクリックすることができます。If an earlier deployment ring meets your expectations for compliance, then you can select a later servicing plan (deploying ring) and click Deploy Now instead of waiting for the servicing plan rules to be triggered automatically.

  • Windows 10 ビルドのタイル: 表示は、現在リリースされている Windows 10 ビルドの概要を提供する固定イメージのタイム ラインであり、ビルドがいつ別の状態に切り替えられるかについて、一般的なヒントを提供します。The Windows 10 Builds tile: Display is a fixed image time line that provides you an overview of the Windows 10 builds that are currently released and gives you a general idea of when builds transition into different states. Configuration Manager バージョン 1902 以降では、このタイルは削除されました。より詳細な情報が製品ライフサイクル ダッシュボードで提供されるためです。This tile was removed starting in Configuration Manager version 1902 since more detailed information is offered in the Product Lifecycle dashboard.

重要

Windows 10 サービス ダッシュボードに表示される情報 (Windows 10 のバージョンのサポート ライフサイクルなど) は、利便性のために、社内で内部的に使用するためにのみ提供されます。The information shown in the Windows 10 servicing dashboard (such as the support lifecycle for Windows 10 versions) is provided for your convenience and only for use internally within your company. 更新プログラムのコンプライアンス対応を確認する場合に、この情報のみに依存しないでください。You should not solely rely on this information to confirm update compliance. 示された情報の正確性を確認してください。Be sure to verify the accuracy of the information provided to you.

必要な更新プログラムをドリルスルーするDrill through required updates

(バージョン 1906 で導入)(Introduced in version 1906)

コンプライアンスの統計情報をドリルダウンして、特定の Office 365 ソフトウェアの更新が必要なデバイスを確認することができます。You can drill through compliance statistics to see which devices require a specific Office 365 software update. デバイスの一覧を表示するには、更新プログラムとデバイスが属するコレクションを表示するアクセス許可が必要です。To view the device list, you need permission to view updates and the collections the devices belong to. デバイスの一覧にドリルダウンするには、次のようにします。To drill down into the device list:

  1. [ソフトウェア ライブラリ] > [Windows 10 のサービス] > [すべての Windows 10 更新プログラム] の順に移動します。Go to Software Library > Windows 10 Servicing > All Windows 10 Updates.
  2. 少なくとも 1 つのデバイスによって必要とされる任意の更新プログラムを選択します。Select any update that is required by at least one device.
  3. [概要] タブを表示して、 [統計情報] で円グラフを見つけます。Look at the Summary tab and find the pie chart under Statistics.
  4. 円グラフの横にある [View Required](必須の表示) ハイパーリンクを選択して、デバイスの一覧にドリルダウンします。Select the View Required hyperlink next to the pie chart to drill down into the device list.
  5. このアクションによって、更新プログラムが必要なデバイスを確認できる [デバイス] の下の一時ノードに移動されます。This action takes you to a temporary node under Devices where you can see the devices requiring the update. 一覧から新しいコレクションを作成するなど、ノードに対して操作を行うこともできます。You can also take actions for the node such as creating a new collection from the list.

サービス プラン ワークフローServicing plan workflow

Configuration Manager の Windows 10 サービス プランは、ソフトウェア更新プログラムの自動展開ルールにとても似ています。Windows 10 servicing plans in Configuration Manager are much like automatic deployment rules for software updates. サービス プランを作成する場合は、Configuration Manager によって評価される次の条件を含めます。You create a servicing plan with the following criteria that Configuration Manager evaluates:

  • アップグレード分類: アップグレード 分類に含まれる更新プログラムのみが評価されます。Upgrades classification: Only updates that are in the Upgrades classification are evaluated.

  • 準備状態: サービス プランで定義されている準備状態が、アップグレードの準備状態と比較されます。Readiness state: The readiness state defined in the servicing plan is compared with the readiness state for the upgrade. アップグレードのメタデータは、サービス接続ポイントが更新プログラムをチェックするときに取得されます。The metadata for the upgrade is retrieved when the service connection point checks for updates.

  • 時間遅延: サービス プランで、 [Microsoft が新しいアップグレードを公開してから何日後に環境に展開されるようにするか] として指定する日数です。Time deferral: The number of days that you specify for How many days after Microsoft has published a new upgrade would you like to wait before deploying in your environment in the servicing plan. 現在の日付が、リリース日に構成された日数を加算した日付よりも後である場合、Configuration Manager はアップグレードを展開に含めるかどうかを評価します。If the current date is after the release date plus the configured number of days, Configuration Manager evaluates whether to include an upgrade in the deployment.

    アップグレードが条件を満たしている場合、サービス プランによってアップグレードが展開パッケージに追加され、配布ポイントに配布され、サービス プランで構成した設定に基づいてコレクションに展開されます。When an upgrade meets the criteria, the servicing plan adds the upgrade to the deployment package, distributes the package to distribution points, and deploys the upgrade to the collection based on the settings that you configure in the servicing plan. Windows 10 サービス ダッシュボードのサービス プランの監視のタイルで展開を監視することができます。You can monitor the deployments in the Service Plan Monitoring tile on the Windows 10 Servicing Dashboard. 詳細については、「Monitor software updates」 (ソフトウェア更新プログラムの監視) を参照してください。For more information, see Monitor software updates.

注意

Windows 10 バージョン 1903 以降は、以前のバージョンのように Windows 10 の一部としてではなく、独自の製品として Microsoft Update に追加されました。Windows 10, version 1903 and later was added to Microsoft Update as its own product rather than being part of the Windows 10 product like earlier versions. この変更により、クライアントでこれらの更新プログラムが確実に表示されるようにするための多くの手動のステップが発生しました。This change caused you to do a number of manual steps to ensure that your clients see these updates. Configuration Manager バージョン1906では、新しい製品に対して手動で行う必要がある手順の数を減らすことができました。We've helped reduce the number of manual steps you have to take for the new product in Configuration Manager version 1906.

Configuration Manager バージョン 1906 に更新し、同期のために Windows 10 製品が選択されていると、次のアクションが自動的に行われます。When you update to Configuration Manager version 1906 and have the Windows 10 product selected for synchronization, the following actions occur automatically:

  • Windows 10 バージョン 1903 以降の製品を含めるため、サービス プランが更新されます。Servicing plans are updated to include the Windows 10, version 1903 and later product.
  • Windows 10 バージョン 1903 以降の製品が同期のために追加されます。The Windows 10, version 1903 and later product is added for synchronization. 詳細については、「同期する分類と製品の構成」を参照してください。For more information, see Configure classifications and products
  • Windows 10 製品を含む自動展開規則が、Windows 10 バージョン 1903 以降が含まれるように更新されます。Automatic Deployment Rules containing the Windows 10 product will be updated to include Windows 10, version 1903 and later.

Windows 10 サービス プランWindows 10 servicing plan

Windows 10 半期チャネルを展開するときに、1 つ以上のサービス プランを作成して、環境に必要な展開リングを定義し、その後、Windows 10 サービス ダッシュボードで監視することができます。As you deploy Windows 10 Semi-Annual Channel, you can create one or more servicing plans to define the deployment rings that you want in your environment, and then monitor them in the Windows 10 servicing dashboard. サービス プランは、 アップグレード ソフトウェア更新分類のみを使用し、Windows 10 の累積的な更新プログラムを使用しません。Servicing plans use only the Upgrades software updates classification, not cumulative updates for Windows 10. これらの更新プログラムの場合、ソフトウェア更新プログラムのワークフローを使用して、引き続き展開する必要があります。For those updates, you still need to deploy by using the software updates workflow. サービス プランに対するエンド ユーザー エクスペリエンスは、サービス プランで構成する設定を含め、ソフトウェア更新プログラムの場合と同じです。The end-user experience with a servicing plan is the same as it is with software updates, including the settings that you configure in the servicing plan.

注意

タスク シーケンスを使用して、Windows 10 の各ビルドに対して、アップグレードを展開することができますが、必要な手動処理が多くなります。You can use a task sequence to deploy an upgrade for each Windows 10 build, but it requires more manual work. 更新されたソース ファイルを、オペレーティング システム アップグレード パッケージとしてインポートした後、タスク シーケンスを作成して、適切な一連のコンピューターに展開する必要があります。You would need to import the updated source files as an operating system upgrade package, and then create and deploy the task sequence to the appropriate set of computers. ただし、タスク シーケンスは、展開前や展開後のアクションなどの追加のカスタマイズされたオプションを提供します。However, a task sequence provides additional customized options, such as the pre-deployment and post-deployment actions.

基本的なサービス プランは、Windows 10 サービス ダッシュボードから作成できます。You can create a basic servicing plan from the Windows 10 servicing dashboard. 名前、コレクション (サイズの小さい順に上位 10 コレクションのみが表示される)、展開パッケージ (最近変更された 10 パッケージのみが表示される)、および準備状態を指定した後、他の設定については既定値を使用して、Configuration Manager によってサービス プランが作成されます。After you specify the name, collection (only displays the top 10 collections by size, smallest first), deployment package (only displays the top 10 packages by most recently modified), and readiness state, Configuration Manager creates the servicing plan with default values for the other settings. また、サービス プランの作成ウィザードを開始して、すべての設定を構成することもできます。You can also start the Create Servicing Plan wizard to configure all of the settings. サービス プランの作成ウィザードを使用してサービス プランを作成するには、次の手順を使用します。Use the following procedure to create a servicing plan by using the Create Servicing Plan wizard.

注意

危険度の高い展開については、その動作を管理することができます。You can manage the behavior for high-risk deployments. 危険度の高い展開とは、展開が自動的にインストールされますが、望ましくない結果が生じる可能性がある展開です。A high-risk deployment is a deployment that is automatically installed and has the potential to cause unwanted results. たとえば、Windows 10 を展開する 必須 目的のタスク シーケンスは、危険度の高い展開と見なされます。For example, a task sequence that has a purpose of Required that deploys Windows 10 is considered a high-risk deployment. 詳細については、「危険度の高い展開を管理するための設定」を参照してください。For more information, see Settings to manage high-risk deployments.

Windows 10 サービス プランを作成するにはTo create a Windows 10 servicing plan

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] をクリックします。In the Configuration Manager console, click Software Library.

  2. [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで [Windows 10 サービス] を展開し、 [サービス プラン] をクリックします。In the Software Library workspace, expand Windows 10 Servicing, and then click Servicing Plans.

  3. [ホーム] タブの [作成] グループで、 [サービス プランの作成] をクリックします。On the Home tab, in the Create group, click Create Servicing Plan. サービス プランの作成ウィザードが開きます。The Create Servicing Plan Wizard opens.

  4. [全般] ページで、次の設定を構成します。On the General page, configure the following settings:

    • 名前: サービス プランの名前を指定します。Name: Specify the name for the servicing plan. 名前は、一意であり、規則の目的を示し、Configuration Manager サイト内の他の規則と区別できるものでなければなりません。The name must be unique, help to describe the objective of the rule, and identify it from others in the Configuration Manager site.

    • 説明: サービス プランの説明を指定します。Description: Specify a description for the servicing plan. この説明は、サービス プランの概要と、Configuration Manager サイト内の他のプランと区別し、特定するのに役立つその他の関連情報を示すものにする必要があります。The description should provide an overview of the servicing plan and any other relevant information that helps to identify and differentiate the plan among others in the Configuration Manager site. 説明フィールドは省略可能で、256 文字以内で指定する必要があります。既定値は空白です。The description field is optional, has a limit of 256 characters, and has a blank value by default.

  5. [サービスプラン] ページで、ターゲットコレクションを指定します。On the Servicing Plan page, specify the Target Collection. コレクションのメンバーは、サービス プランで定義された Windows 10 アップグレードを受信します。Members of the collection receive the Windows 10 upgrades that are defined in the servicing plan.

    • 危険度の高い展開 (サービス プランなど) を行う際に、 [コレクションの選択] ウィンドウには、サイトのプロパティで構成されている展開の検証設定に適合するカスタム コレクションのみが表示されます。When you deploy a high-risk deployment, such as servicing plan, the Select Collection window displays only the custom collections that meet the deployment verification settings that are configured in the site's properties.

    • 危険度の高い展開は、常にカスタム コレクション、作成されたコレクション、および組み込みの 不明なコンピューター コレクションに制限されています。High-risk deployments are always limited to custom collections, collections that you create, and the built-in Unknown Computers collection. 危険度の高い展開を作成する際、 すべてのシステムなどの組み込みのコレクションは選択できません。When you create a high-risk deployment, you cannot select a built-in collection such as All Systems. [メンバー数がサイトの最小サイズ構成を超えるコレクションを非表示にする] をオフにすると、構成済みの最大サイズよりクライアント数が少ないすべてのカスタム コレクションが表示されます。Uncheck Hide collections with a member count greater than the site's minimum size configuration to see all custom collections that contain fewer clients than the configured maximum size. 詳細については、「危険度の高い展開を管理するための設定」を参照してください。For more information, see Settings to manage high-risk deployments.

    • 展開の検証の設定は、コレクションの現在のメンバーシップに基づきます。The deployment verification settings are based on the current membership of the collection. サービス プランを展開した後に、危険度の高い展開の設定に基づいてコレクションのメンバーシップが再評価されることはありません。After you deploy the servicing plan, the collection membership is not reevaluated for the high-risk deployment settings.

      • たとえば、 [既定サイズ] を 100、 [最大サイズ] を 1000 に設定します。For example, let's say you set Default size to 100 and the Maximum size to 1000. 危険度の高い展開の作成時に、 [コレクションの選択] ウィンドウには、含まれるクライアント数が 100 未満のコレクションのみが表示されます。When you create a high risk deployment, the Select Collection window will only display collections that contain less than 100 clients. [メンバー数がサイトの最小サイズ構成を超えるコレクションを非表示にする] の設定をオフにすると、含まれるクライアント数が 1000 未満のコレクションがウィンドウに表示されます。If you clear the Hide collections with a member count greater than the site's minimum size configuration setting, the window will display collections that contain less than 1000 clients. サイトの役割を含むコレクションを選択すると、次の条件が適用されます。When you select a collection that contains a site role, the following criteria applies:
        • コレクションにサイト システム サーバーが含まれていて、展開の検証の設定で、サイト システム サーバーが含まれるコレクションをブロックするように構成されていると、エラーが発生し続行することができません。If the collection contains a site system server and in the deployment verification settings you configure to block collections with site system servers, then an error occurs and you cannot continue.
        • コレクションにサイト システム サーバーが含まれていて、展開の検証の設定で、サイト システム サーバーが含まれている場合に警告するように構成されていると、コレクションのサイズが既定の値を超えている場合、またはコレクションにサーバーが含まれている場合は、ソフトウェアの展開ウィザードに危険度が高いことを通知する警告が表示されます。If the collection contains a site system server and in the deployment verification settings you configure to warn you if collections that have site system servers, if the collection exceeds the default size value, or if the collection contains a server, then the Deploy Software Wizard will display a high risk warning. この場合、危険度の高い展開を作成することに同意する必要があります。これにより、監査ステータス メッセージが作成されます。You must agree to create a high risk deployment and an audit status message is created.
  6. [展開リング] ページで、次の設定を構成します。On the Deployment Ring page, configure the following settings:

    • サービス プランを適用する Windows の準備状態を指定する: 次のいずれかのオプションを選択します。Specify the Windows readiness state to which this servicing plan should apply: Select one of the following options:

      • 半期チャネル (対象指定) : このサービス モデルの機能の更新プログラムは、Microsoft によってリリースされるとすぐに利用できるようになります。Semi-Annual Channel (Targeted): In this servicing model, feature updates are available as soon as Microsoft releases them.

      • 半期チャネル: このサービス チャネルは通常、大規模な展開に使用されます。Semi-Annual Channel: This servicing channel is typically used for broad deployment. 半期チャネルの Windows 10 クライアントは、わずかに時間をおいて、対象チャネルのデバイスの場合と同じ Windows 10 のビルドを受け取ります。Windows 10 clients in the Semi-Annual Channel receive the same build of Windows 10 as those devices in the targeted channel, just at a later time.

      サービス チャネルと最適なオプションの詳細については、「サービス チャネル」を参照してください。For more information about servicing channels and what options are best for you, see Servicing channels.

    • Microsoft が新しいアップグレードを公開してから何日後に環境に展開されるようにするか: 現在の日付が、リリース日にこの設定で指定した日数を加算した日付よりも後である場合、Configuration Manager はアップグレードを展開に含めるかどうかを評価します。How many days after Microsoft has published a new upgrade would you like to wait before deploying in your environment: If the current date is after the release date plus the number of days that you configure for this setting, Configuration Manager evaluates whether to include an upgrade in the deployment.

  7. [アップグレード] ページで、サービス プランに追加されるアップグレードをフィルター処理する検索条件を構成します。On the Upgrades page, configure the search criteria to filter the upgrades that are added to the service plan. 指定された条件を満たすアップグレードだけが、関連付けられている展開に追加されます。Only upgrades that meet the specified criteria are added to the associated deployment. 次のプロパティ フィルターを使用できます。The following property filters are available:

    • アーキテクチャ (バージョン 1810 以降)Architecture (starting in version 1810)
    • 言語Language
    • 製品カテゴリ (バージョン 1810 以降)Product Category (starting in version 1810)
    • 必須Required

      重要

      検索条件の一部として、必須フィールドに 1 以上の値を設定することをお勧めします。We recommend that as part of your search criteria, that you set the Required field with a value of >=1. この条件を使用することで、サービス プランに適用可能な更新プログラムのみが追加されていることを確認できます。Using this criteria ensures that only applicable updates added to the service plan.

    • 置き換え済み (バージョン 1810 以降)Superseded (starting in version 1810)
    • タイトルTitle

    [プレビュー] をクリックすると、指定条件に適合するアップグレードが表示されます。Click Preview to view the upgrades that meet the specified criteria.

  8. [展開スケジュール] ページで、次の設定を構成します。On the Deployment Schedule page, configure the following settings:

    • スケジュールの評価: Configuration Manager で、使用可能な時間およびインストール期限の時間を、UTC または Configuration Manager コンソールを実行するコンピューターのローカル時刻のどちらを使用して計算するかを指定します。Schedule evaluation: Specify whether Configuration Manager evaluates the available time and installation deadline times by using UTC or the local time of the computer that runs the Configuration Manager console.

      注意

      ローカル時刻を選択し、 [ソフトウェアが使用可能な時間] または [インストールの期限][直ちに] を選択した場合は、Configuration Manager コンソールを実行しているコンピューターの現在の時刻を使用して、更新プログラムを利用可能にする時間またはクライアントにインストールする時間が評価されます。When you select local time, and then select As soon as possible for the Software available time or Installation deadline, the current time on the computer running the Configuration Manager console is used to evaluate when updates are available or when they are installed on a client. クライアントのタイム ゾーンが異なる場合は、クライアントの時刻が評価時刻になったときにこれらのアクションが実行されます。If the client is in a different time zone, these actions will occur when the client's time reaches the evaluation time.

    • ソフトウェアが使用可能な時間: 次の設定のいずれかを選んで、いつ、クライアントでソフトウェア更新プログラムを実行可能にするかを指定します。Software available time: Select one of the following settings to specify when the software updates are available to clients:

      • 直ちに: 展開に含まれるソフトウェア更新プログラムを直ちにクライアント コンピューターで使用可能にします。As soon as possible: Select this setting to make the software updates that are included in the deployment available to the client computers as soon as possible. この設定を選択して展開を作成すると、Configuration Manager でクライアント ポリシーが更新されます。When you create the deployment with this setting selected, Configuration Manager updates the client policy. その後、クライアントが次回のクライアント ポリシー ポーリング サイクルで展開を認識し、インストールに使用できるソフトウェア更新プログラムを取得できます。Then, at the next client policy polling cycle, clients become aware of the deployment and can obtain the updates that are available for installation.

      • 指定した時間経過後: 展開に含まれるソフトウェア更新プログラムを、特定の日時にクライアント コンピューターで使用可能にします。Specific time: Select this setting to make the software updates that are included in the deployment available to the client computers at a specific date and time. この設定を有効にして展開を作成すると、Configuration Manager でクライアント ポリシーが更新されます。When you create the deployment with this setting enabled, Configuration Manager updates the client policy. その後、クライアントが次回のクライアント ポリシー ポーリング サイクルで展開を認識します。Then, at the next client policy polling cycle, clients become aware of the deployment. ただし、展開のソフトウェア更新プログラムは、構成された日付と時刻になるまで、インストールに使用できません。However, the software updates in the deployment are not available for installation until after the configured date and time.

    • インストールの期限: 次の設定のいずれかを選んで、展開のソフトウェア更新プログラムのインストール期限を指定します。Installation deadline: Select one of the following settings to specify the installation deadline for the software updates in the deployment:

      • 直ちに: 展開のソフトウェア更新プログラムを直ちに自動インストールします。As soon as possible: Select this setting to automatically install the software updates in the deployment as soon as possible.

      • 指定した時間経過後: 展開のソフトウェア更新プログラムを特定の日時に自動インストールします。Specific time: Select this setting to automatically install the software updates in the deployment at a specific date and time. Configuration Manager は、構成された [指定した時間経過後] の間隔を [ソフトウェアが使用可能な時間] に加えて、ソフトウェア更新プログラムのインストール期限を決定します。Configuration Manager determines the deadline to install software updates by adding the configured Specific time interval to the Software available time.

        注意

        実際のインストール期限は、表示される期限の時刻に最大 2 時間の任意の時間が加えられた時刻になります。The actual installation deadline time is the displayed deadline time plus a random amount of time up to 2 hours. そのようにすることで、ターゲット コレクションのすべてのクライアント コンピューターで、同時に展開の更新プログラムがインストールされないようにしています。This reduces the potential impact of all client computers in the destination collection installing the updates in the deployment at the same time.

        [コンピューター エージェント] クライアント設定で [期限のランダム化を無効にする] を構成して、必要な更新プログラムのインストールの遅延のランダム化を無効にできるようになっています。You can configure the Computer Agent client setting Disable deadline randomization to disable the installation randomization delay for required updates. 詳細については、「 Computer Agent」をご覧ください。For more information, see Computer Agent.

  9. [ユーザー側の表示と操作] ページで、次の設定を構成します。On the User Experience page, configure the following settings:

    • ユーザーへの通知: 構成された [ソフトウェアが使用可能な時間] に、クライアント コンピューターでソフトウェア センターに更新プログラムの通知を表示するかどうか、またユーザーへの通知をクライアント コンピューターで表示するかどうかを指定します。User notifications: Specify whether to display notification of the updates in Software Center on the client computer at the configured Software available time and whether to display user notifications on the client computers.

    • 期限に達したときの操作:更新プログラムの展開の期限に達したときに実行する操作を指定します。Deadline behavior: Specify the behavior that is to occur when the deadline is reached for the update deployment. 展開の更新プログラムをインストールするかどうかを指定します。Specify whether to install the updates in the deployment. また、構成されたメンテナンス期間に関係なく、更新プログラムのインストール後に、システムの再起動を実行するかどうかを指定します。Also specify whether to perform a system restart after update installation regardless of a configured maintenance window. メンテナンス期間について詳しくは、「メンテナンス期間を使用する方法」を参照してください。For more information about maintenance windows, see How to use maintenance windows.

    • デバイスの再起動: 更新プログラムをインストールした後にサーバーおよびワークステーションでシステムの再起動を抑制するかどうか、またインストールを完了するためにシステムの再起動が必要かどうかを指定します。Device restart behavior: Specify whether to suppress a system restart on servers and workstations after updates are installed and a system restart is required to complete the installation.

    • Windows Embedded デバイスに対してフィルター処理を書き込む: 書き込みフィルターが有効にされた Windows Embedded デバイスに更新プログラムを展開するときに、更新プログラムを一時オーバーレイにインストールし、変更を後でコミットするか、インストール期限またはメンテナンス期間中に変更をコミットするかを指定できます。Write filter handling for Windows Embedded devices: When you deploy updates to Windows Embedded devices that are write filter enabled, you can specify to install the update on the temporary overlay and either commit changes later or commit the changes at the installation deadline or during a maintenance window. インストールの期限またはメンテナンス期間中に変更をコミットする場合は、再起動が必要になります。再起動すると、デバイスに変更が保持されます。When you commit changes at the installation deadline or during a maintenance window, a restart is required and the changes persist on the device.

      • 更新プログラムを Windows Embedded デバイスに展開する場合、デバイスが、メンテナンス期間が構成されたコレクションのメンバーであることを確認します。When you deploy an update to a Windows Embedded device, make sure that the device is a member of a collection that has a configured maintenance window.
  10. [展開パッケージ] ページで、既存の展開パッケージを選択するか、または、次の設定を構成して新しい展開パッケージを作成します。On the Deployment Package page, select an existing deployment package or configure the following settings to create a new deployment package:

    1. 名前: 展開パッケージの名前を指定します。Name: Specify the name of the deployment package. この名前は一意である必要があり、パッケージの内容を説明するものです。This name must be unique and describes the package content. 使用できる文字数は最大で 50 文字です。It is limited to 50 characters.

    2. 説明: 展開パッケージに関する情報を示す説明を指定します。Description: Specify a description that provides information about the deployment package. 説明に使用できる文字数は、最大で 127 文字です。The description is limited to 127 characters.

    3. パッケージ ソース: ソフトウェア更新プログラムのソース ファイルの場所を指定します。Package source: Specifies the location of the software update source files. ソースの場所に対応するネットワーク パス (例: \\server\sharename\path) を入力するか、 [参照] をクリックして、該当するネットワークの場所を見つけます。Type a network path for the source location, for example, \\server\sharename\path, or click Browse to find the network location. 次のページに進む前に、展開パッケージのソース ファイル用の共有フォルダーを作成します。Create the shared folder for the deployment package source files before you proceed to the next page.

      • 指定する展開パッケージのソースの場所を他のソフトウェア展開パッケージで使用することはできません。The deployment package source location that you specify cannot be used by another software deployment package.
      • SMS プロバイダー コンピューター アカウントと、ウィザードを実行してソフトウェア更新プログラムをダウンロードするユーザーには、ダウンロード先に対する 書き込み NTFS アクセス許可が必要です。The SMS Provider computer account and the user that is running the wizard to download the software updates must both have Write NTFS permissions on the download location. ソフトウェア更新プログラムのソース ファイルを攻撃者が改ざんするリスクを減らすため、ダウンロード先へのアクセスを注意深く制限する必要があります。You should carefully restrict access to the download location in order to reduce the risk of attackers tampering with the software update source files.
      • Configuration Manager によって展開パッケージが作成された後で、展開パッケージのプロパティで、パッケージ ソースの場所を変更できます。You can change the package source location in the deployment package properties after Configuration Manager creates the deployment package. ソースの場所を変更する場合、最初に、元のパッケージ ソースから新しいパッケージ ソースの場所にコンテンツをコピーする必要があります。But if you do so, you must first copy the content from the original package source to the new package source location.
    4. 送信の優先順位: 展開パッケージの送信の優先順位を指定します。Sending priority: Specify the sending priority for the deployment package. Configuration Manager は、展開パッケージを配布ポイントに送信するときに、展開パッケージの送信の優先順位を使用します。Configuration Manager uses the sending priority for the deployment package when it sends the package to distribution points. 展開パッケージは優先順位に従って送信されます。[高]、[中]、[低] の順です。Deployment packages are sent in priority order: High, Medium, or Low. パッケージの優先順位が同じ場合は、作成された順に送信されます。Packages with identical priorities are sent in the order in which they were created. バックログがない場合、パッケージは優先順位に関係なく、すぐに処理されます。If there is no backlog, the package processes immediately regardless of its priority.

  11. [配布ポイント] ページで、更新ファイルをホストする配布ポイントまたは配布ポイント グループを指定します。On the Distribution Points page, specify the distribution points or distribution point groups that host the update files. 配布ポイントの詳細については、「配布ポイントの構成」を参照してください。For more information about distribution points, see Configure a distribution point.

    注意

    このページは、ソフトウェア更新プログラムの新しい展開パッケージを作成する場合にのみ、使用することができます。This page is available only when you create a new software update deployment package.

  12. [ダウンロード場所] ページで、更新ファイルをインターネットとローカル ネットワークのどちらからダウンロードするかを指定します。On the Download Location page, specify whether to download the update files from the Internet or from your local network. 次の設定を構成します。Configure the following settings:

    • インターネットからソフトウェア更新プログラムをダウンロードする: 更新プログラムを、指定したインターネット上の場所からダウンロードします。Download software updates from the Internet: Select this setting to download the updates from a specified location on the Internet. 既定では、この設定は有効になっています。This setting is enabled by default.

    • ネットワーク上の場所からソフトウェア更新プログラムをダウンロードする: 更新プログラムを、ローカル ディレクトリまたは共有フォルダーからダウンロードします。Download software updates from a location on the local network: Select this setting to download the updates from a local directory or shared folder. ウィザードを実行するコンピューターからインターネットにアクセスできない場合は、この設定が役立ちます。This setting is useful when the computer that runs the wizard does not have Internet access. インターネット アクセスが可能な任意のコンピューターで更新プログラムを事前にダウンロードして、ウィザードを実行しているコンピューターからアクセス可能なローカル ネットワーク上の場所に保存することができます。Any computer with Internet access can preliminarily download the updates and store them in a location on the local network that is accessible from the computer that runs the wizard.

  13. [言語の選択] ページで、選択した更新プログラムをダウンロードする言語を選択します。On the Language Selection page, select the languages for which the selected updates are downloaded. 更新プログラムは、選択した言語で利用できる場合にのみダウンロードされます。The updates are downloaded only if they are available in the selected languages. 言語固有でない更新プログラムは、常にダウンロードされます。Updates that are not language-specific are always downloaded. 既定では、ソフトウェアの更新ポイントのプロパティで構成した言語がウィザードで選択されます。By default, the wizard selects the languages that you have configured in the software update point properties. 次のページに進む前に、言語を少なくとも 1 つ選択する必要があります。At least one language must be selected before proceeding to the next page. 更新プログラムでサポートされていない言語のみを選択した場合、更新プログラムのダウンロードは失敗します。When you select only languages that are not supported by an update, the download fails for the update.

  14. [概要] ページで設定を確認し、 [次へ] をクリックして、サービス プランを作成します。On the Summary page, review the settings and click Next to create the servicing plan.

    ウィザードの完了後、サービス プランが実行されます。After you have completed the wizard, the servicing plan will run. 指定された条件に一致する更新プログラムはソフトウェア更新プログラム グループに追加されて、更新プログラムがサイト サーバーのコンテンツ ライブラリにダウンロードされ、構成された配布ポイントに配布されます。その後、ソフトウェア更新プログラム グループはターゲット コレクション内のクライアントに展開されます。It adds the updates that meet the specified criteria to a software update group, download the updates to the content library on the site server, distribute the updates to the configured distribution points, and then deploy the software update group to clients in the target collection.

サービス プランの変更Modify a servicing plan

Windows 10 サービス ダッシュボードから基本的なサービス プランを作成した後、または既存のサービス プランの設定を変更する必要がある場合、サービス プランのプロパティに移動することができます。After you create a basic servicing plan from the Windows 10 servicing dashboard or you need to change the settings for an existing servicing plan, you can go to properties for the servicing plan.

注意

サービス プランを作成する場合、ウィザードで提供されていないサービス プランのプロパティの設定を構成することができます。You can configure settings in the properties for the servicing plan that are not available in the wizard when you create the servicing plan. ウィザードでは、ダウンロード設定、展開設定、および警告設定に対して既定値を使用します。The wizard uses default settings for the settings for the following: download settings, deployment settings, and alerts.

サービス プランのプロパティを変更するには、次の手順に従います。Use the following procedure to modify the properties of a servicing plan.

サービス プランのプロパティを変更するにはTo modify the properties of a servicing plan

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] をクリックします。In the Configuration Manager console, click Software Library.

  2. [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで、 [Windows 10 サービス] を展開し、 [サービス プラン] をクリックしてから、変更するサービス プランを選択します。In the Software Library workspace, expand Windows 10 Servicing, click Servicing Plans, and then select the servicing plan that you want to modify.

  3. [ホーム] タブで、 [プロパティ] をクリックし、選択したサービス プランのプロパティを開きます。On the Home tab, click Properties to open properties for the selected servicing plan.

    次の設定は、ウィザードで構成されていない、サービス プランのプロパティで使用できます。The following settings are available in the servicing plan properties that were not configured in the wizard:

    展開設定: [展開設定] タブで、次の設定を構成します。Deployment Settings: On the Deployment Settings tab, configure the following settings:

    • 展開の種類: ソフトウェア更新プログラムの展開の種類を指定します。Type of deployment: Specify the deployment type for the software update deployment. 構成されたインストール期限までにソフトウェア更新プログラムがクライアントで自動的にインストールされる必須のソフトウェア更新プログラムの展開を作成するには、 [必須] を選択します。Select Required to create a mandatory software update deployment in which the software updates are automatically installed on clients before a configured installation deadline. ユーザーがソフトウェア センターから入手できるオプションのソフトウェア更新プログラムの展開を作成するには、 [利用可能] を選択します。Select Available to create an optional software update deployment that is available for users to install from Software Center.

      重要

      • ソフトウェア更新プログラムの展開を作成した後に展開の種類を変更することはできません。After you create the software update deployment, you cannot later change the type of deployment.
      • [必須] として展開されているソフトウェア更新プログラム グループは、バックグラウンドでダウンロードされ、BITS 設定に従います (構成されている場合)。A software update group deployed as Required is downloaded in the background and honors BITS settings, if configured. ただし、 [利用可能] として展開されているソフトウェア更新プログラム グループは、フォアグラウンドでダウンロードされ、BITS 設定を無視します。However, software update groups deployed as Available are downloaded in the foreground and ignore BITS settings.
    • 展開が必要なときに、Wake-on-LAN を使用してクライアントを起動する: 期限になったら Wake On LAN を有効にして、展開の 1 つまたは複数のソフトウェア更新プログラムを必要とするコンピューターにウェイクアップ パケットを送信するかどうかを指定します。Use Wake-on-LAN to wake up clients for required deployments: Specify whether to enable Wake On LAN at the deadline to send wake-up packets to computers that require one or more software updates in the deployment. スリープ モードのコンピューターは、ソフトウェア更新プログラムのインストールを開始できるように、インストール期限になるとスリープ解除されます。Any computers that are in sleep mode at the installation deadline time are awakened so the software update installation can initiate. 展開のソフトウェア更新プログラムを必要としないクライアントは起動されません。Clients that are in sleep mode that do not require any software updates in the deployment are not started. 既定では、この設定は無効になっており、 [展開の種類][必須] に設定されている場合にのみ使用することができます。By default, this setting is not enabled and is available only when Type of deployment is set to Required.

      警告

      このオプションを使用する前に、コンピューターおよびネットワークを Wake On Lan 用に構成する必要があります。Before you can use this option, computers and networks must be configured for Wake On LAN.

    • 詳細レベル: クライアント コンピューターによって報告される状態メッセージの詳細レベルを指定します。Detail level: Specify the level of detail for the state messages that are reported by client computers.

    ダウンロードの設定: [ダウンロードの設定] タブで、次の設定を構成します。Download Settings: On the Download Settings tab, configure the following settings:

    • クライアントが低速ネットワークに接続されている場合、または代替のコンテンツの場所を使用している場合に、クライアントでソフトウェア更新プログラムをダウンロードしてインストールするかどうかを指定します。Specify whether the client downloads and installs the software updates when a client is connected to a slow network or is using a fallback content location.

    • ソフトウェア更新プログラムのコンテンツが優先配布ポイントにない場合に、クライアントでソフトウェア更新プログラムを代替の配布ポイントからダウンロードしてインストールするかどうかを指定します。Specify whether to have the client download and install the software updates from a fallback distribution point when the content for the software updates is not available on a preferred distribution point.

    • 同じサブネットにある他のクライアントとのコンテンツの共有を許可する: コンテンツのダウンロードで BranchCache の使用を有効にするかどうかを指定します。Allow clients to share content with other clients on the same subnet: Specify whether to enable the use of BranchCache for content downloads. BranchCache について詳しくは、「コンテンツ管理の基本的な概念」を参照してください。For more information about BranchCache, see Fundamental concepts for content management.

    • 配布ポイントでソフトウェア更新プログラムを利用できない場合に、クライアントで、Microsoft Update からソフトウェア更新プログラムをダウンロードするかどうかを指定します。Specify whether to have clients download software updates from Microsoft Update if software updates are not available on distribution points.

      重要

      Windows 10 のサービス更新プログラムに対して、この設定を使用しないでください。Do not use this setting for Windows 10 Servicing updates. Configuration Manager (最小バージョン 1610 の場合) では Microsoft Update から Windows 10 のサービス更新プログラムをダウンロードできません。Configuration Manager (at least through version 1610) fails to download the Windows 10 Servicing updates from Microsoft Update.

    • クライアントで従量制のインターネット接続を使用している場合に、インストール期限後にクライアントでのダウンロードを許可するかどうかを指定します。Specify whether to allow clients to download after an installation deadline when they use metered Internet connections. インターネット プロバイダーは、従量制インターネット接続を使用しているときに送受信したデータ量に基づいて課金することがあります。Internet providers sometimes charge by the amount of data that you send and receive when you are on a metered Internet connection.

    アラート: [アラート] タブで、Configuration Manager および System Center Operations Manager がこの展開のアラートを生成する方法を構成します。Alerts: On the Alerts tab, configure how Configuration Manager and System Center Operations Manager generate alerts for this deployment. アラートを構成できるのは、[展開設定] ページで [展開の種類][必須] に設定されている場合のみです。You can configure alerts only when Type of deployment is set to Required on the Deployment Settings page.

    • ソフトウェア更新プログラムに関する最新のアラートは、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースの [ソフトウェア更新プログラム] ノードで確認することができます。You can review recent software updates alerts from the Software Updates node in the Software Library workspace.

次のステップNext steps

詳細については、「サービスとしての Configuration Manager とサービスとしての Windows の基本情報」を参照してください。For more information, see Fundamentals of Configuration Manager as a service and Windows as a service.