データベースが組み込まれた単一サーバーに SharePoint 2013 をインストールするInstall SharePoint 2013 on a single server with a built-in database

適用対象: yes2013 no2016 no2019 (SharePoint Online なし)APPLIES TO: yes2013 no2016 no2019 noSharePoint Online

データベースが組み込まれた単一サーバーに SharePoint 2013を展開すると、SharePoint サイトをすばやく公開できます。グループ作業、ドキュメント管理、検索など、SharePoint 2013の機能を評価する場合は、この構成が便利です。また、少数の Web サイトしか展開していない状況で管理オーバーヘッドを最小限に抑える場合も、この構成は有効です。You can quickly publish a SharePoint site by deploying SharePoint 2013 on a single server that has a built-in database. This configuration is useful if you want to evaluate SharePoint 2013 features and capabilities, such as collaboration, document management, and search. This configuration is also useful if you are deploying only a few websites and you want to minimize administrative overhead.

この記事では、データベースが組み込まれた単一サーバーに SharePoint 2013をインストールおよび構成する方法に関する必須情報と具体的な手順について説明します。This article contains required information and procedures to install and configure SharePoint 2013 with a built-in database on a single server.

重要

この記事に記載される手順は、SharePoint Foundation 2013 と SharePoint Server 2013 に適用されます。これらの手順では、Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 Express Edition をインストールします。ただし、Express Edition ではユーザー プロファイル同期は機能しません。SharePoint Server 2013 でユーザー プロファイル同期を使用する場合は、他のインストール シナリオを選択する必要があります。The steps in this article apply to SharePoint Foundation 2013 and SharePoint Server 2013. The procedures in this topic install Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 Express Edition. However, User Profile synchronization does not work with the Express Edition. If you intend to use User Profile synchronization withSharePoint Server 2013, you must choose a different installation scenario.

概要Overview

データベースが組み込まれた単一サーバーに SharePoint 2013を既定の設定で展開すると、Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 Express Edition と SharePoint 製品がインストールされます。SharePoint 製品構成ウィザードは、SharePoint サイト用に構成データベースとコンテンツ データベースを作成します。また、SharePoint 製品構成ウィザードは SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトをインストールし、最初の SharePoint サイト コレクションを作成します。When you deploy SharePoint 2013 on a single server that has a built-in database by using the default settings, Setup installs Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 Express Edition and the SharePoint product. The SharePoint Products Configuration Wizard creates the configuration database and content database for the SharePoint sites. Additionally, the SharePoint Products Configuration Wizard installs the SharePoint Central Administration website and creates your first SharePoint site collection.

注意

この記事では、SharePoint 2013 をファーム環境にインストールする方法については説明しません。また、SharePoint 2013 を以前のリリースからアップグレードする方法についても説明しません。単一のサーバー ファームへの SharePoint 2013 のインストールの詳細については、「SQL Server を使用する単一サーバーに SharePoint 2013 をインストールする」を参照してください。複数のサーバー ファームへの SharePoint 2013 のインストールの詳細については、「3 層ファームの複数のサーバーに SharePoint 2013 をインストールする」を参照してください。アップグレードの詳細については、「SharePoint 2010 から SharePoint 2013 へのアップグレード」を参照してください。This article does not describe how to install SharePoint 2013 in a farm environment, or how to upgrade from previous releases of SharePoint 2013. For more information about how to install SharePoint 2013 on a single-server farm, see Install SharePoint 2013 on a single server with SQL Server. For more information about how to install SharePoint 2013 on a multiple server farm, see Install SharePoint 2013 across multiple servers for a three-tier farm. For more information about upgrade, see Upgrade from SharePoint 2010 to SharePoint 2013.

注意

分散キャッシュ サービスは完全なソーシャル コンピューティング環境を提供します。分散キャッシュ サービスの詳細については、「Overview of microblog features, feeds, and the Distributed Cache service in SharePoint Server」、「分散キャッシュ サービスを管理する (SharePoint Server)」、「SharePoint Server でフィードおよび分散キャッシュ サービスを計画する」、および「What's new in authentication for SharePoint Server 2013」を参照してください。The Distributed Cache service gives you a complete social computing experience. For more information about the Distributed Cache service, see Overview of microblog features, feeds, and the Distributed Cache service in SharePoint Server, Manage the Distributed Cache service in SharePoint Server, Plan for feeds and the Distributed Cache service in SharePoint Server, and What's new in authentication for SharePoint Server 2013

このインストールの方法には次の制限があることに注意してください。Consider the following restrictions of this method of installation:

始める前にBefore you begin

インストールを開始する前に、ハードウェアとソフトウェアの要件をすべて満たしていることを確認してください。詳細については、「SharePoint 2013 のハードウェア要件およびソフトウェア要件」を参照してください。以前のバージョンの SharePoint 2013 とプレリリース版の必須コンポーネントがインストールされている場合は、SharePoint 2013 のクリーン インストールを確実に実行できるように最初に削除する必要があります。Before you begin installation, make sure that you have met all hardware and software requirements. For more information, see Hardware and software requirements for SharePoint 2013. To make sure that you perform a clean installation of SharePoint 2013, you must first remove any earlier version of SharePoint 2013 and any pre-release prerequisites if installed.

SharePoint 2013 をインストールするInstall SharePoint 2013

SharePoint 2013 をインストールおよび構成するには、次の手順に従います。To install and configure SharePoint 2013, follow these steps:

  1. Microsoft SharePoint 製品準備ツールを実行します。Run the Microsoft SharePoint Products Preparation Tool.

  2. セットアップを実行します。Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 Express Edition と SharePoint 製品がインストールされます。Run Setup, which installs Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 Express Edition and the SharePoint product.

  3. SharePoint 製品構成ウィザードを実行します。構成データーベースとコンテンツ データベースがインストールおよび構成され、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトがインストールされます。また、最初の SharePoint サイト コレクションも作成されます。Run the SharePoint Products Configuration Wizard, which installs and configures the configuration database, the content database, and installs the SharePoint Central Administration website. This wizard also creates your first SharePoint site collection.

  4. ブラウザーの設定を構成します。Configure browser settings.

  5. インストール後の手順を実行します。Perform post-installation steps.

重要

以下の手順を実行するには、SharePoint 2013をインストールするローカル コンピューターの Administrators グループのメンバーである必要があります。To complete the following procedures, you must be a member of the Administrators group on the computer on which you are installing SharePoint 2013.

Microsoft SharePoint 製品の準備ツールの実行Run the Microsoft SharePoint Products Preparation Tool

前提条件となるコンポーネントは、前提条件コンポーネント インストーラーによって Microsoft ダウンロード センターからインストールされます。したがって、インストーラーを実行するコンピューターはインターネットに接続できる必要があります。次の手順を使用して、SharePoint 2013用の前提条件ソフトウェアをインストールします。Because the prerequisite installer downloads components from the Microsoft Download Center, you must have Internet access on the computer on which you are running the installer. Use the following procedure to install software prerequisites for SharePoint 2013.

Microsoft SharePoint 製品準備ツール を実行するにはTo run the Microsoft SharePoint Products Preparation Tool

  1. この手順を実行するユーザー アカウントがセットアップ ユーザー アカウントであることを確認します。セットアップ ユーザー アカウントの詳細については、「SharePoint Sever での初期展開の管理およびサービス アカウント」を参照してください。Verify that the user account that is performing this procedure is the Setup user account. For information about the Setup user account, see Initial deployment administrative and service accounts in SharePoint Server.

  2. SharePoint 2013 ソフトウェアをダウンロードしたフォルダーで prerequisiteinstaller.exe を探して実行します。In the folder where you downloaded the SharePoint 2013 software, locate and then run prerequisiteinstaller.exe.

  3. [Microsoft SharePoint 製品準備ツールへようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。On the Welcome to the Microsoft SharePoint Products Preparation Tool page, click Next.

  4. [ ソフトウェア製品のライセンス条項] ページで使用許諾契約書の条項を確認し、[ 使用許諾契約書の条項に同意します] チェック ボックスをオンにして、[ 次へ] をクリックします。On the License Terms for software products page, review the terms, select the I accept the terms of the License Agreement(s) check box, and then click Next.

  5. [ インストールの完了] ページで [ 完了] をクリックします。On the Installation Complete page, click Finish.

  6. Microsoft SharePoint 製品準備ツールを完了した後、次の項目もインストールする必要があります。After you complete the Microsoft SharePoint Products Preparation Tool, you must also install the following:

セットアップを実行するRun Setup

次の手順では、Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 Express Edition と SharePoint 製品をインストールします。セットアップの終了時に、SharePoint 製品構成ウィザードを起動するかどうかを選択できます (これについては後で説明します)。The following procedure installs Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 Express Edition and the SharePoint product. At the end of Setup, you can choose to start the SharePoint Products Configuration Wizard, which is described later in this section.

セットアップを実行するにはTo run Setup

  1. この手順を実行するユーザー アカウントがセットアップ ユーザー アカウントであることを確認します。セットアップ ユーザー アカウントの詳細については、「SharePoint Sever での初期展開の管理およびサービス アカウント」を参照してください。Verify that the user account that is performing this procedure is the Setup user account. For information about the Setup user account, see Initial deployment administrative and service accounts in SharePoint Server.

  2. [SharePoint Server 2013 または SharePoint Foundation 2013 の開始ページ] で、[SharePoint Server のインストール] または [SharePoint Foundation のインストール] をクリックします。On the SharePoint Server 2013 or SharePoint Foundation 2013 Start page, click Install SharePoint Server or Install SharePoint Foundation.

  3. [プロダクト キーの入力] ページでプロダクト キーを入力して、[続行] をクリックします。On the Enter Your Product Key page, enter your product key, and then click Continue.

  4. [ マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項をお読みください] ページで使用許諾契約書の条項を確認し、[ 「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します] ボックスをオンにして、[ 続行] をクリックします。On the Read the Microsoft Software License Terms page, review the terms, select the I accept the terms of this agreement check box, and then click Continue.

  5. [ サーバーの種類] タブで [ スタンドアロン] をクリックします。On the Server Type tab, click Standalone.

  6. セットアップが終了すると、サーバーの構成を完了するためのダイアログが表示されます。When Setup finishes, a dialog prompts you to complete the configuration of your server. [ SharePoint 製品構成ウィザードを今すぐ実行する] チェック ボックスがオンであることを確認します。Ensure that the Run the SharePoint Products Configuration Wizard now check box is selected.

  7. [ 閉じる] をクリックして構成ウィザードを開始します。Click Close to start the configuration wizard.

    注意

    セットアップが失敗した場合は、セットアップを実行したユーザー アカウントの Temp フォルダー内にあるログ ファイルを調べます。同じユーザー アカウントを使用してログインしていることを確認したら、Windows エクスプローラーのロケーション バーに「%temp%」と入力します。Windows エクスプローラーのパスが "1" または "2" で終わる場所に解決される場合は、1 つ上のレベルに移動してログ ファイルを表示する必要があります。ログ ファイル名は SharePoint Server Setup (<タイムスタンプ>) です。If Setup fails, check log files in the Temp folder of the user account that you used to run Setup. Ensure that you are logged in using the same user account, and then type %temp% in the location bar in Windows Explorer. If the path in Windows Explorer resolves to a location that ends in a "1" or "2", you will have to navigate up one level to view the log files. The log file name is SharePoint Server Setup (< time stamp>).

SharePoint 製品構成ウィザードを実行するRun the SharePoint Products Configuration Wizard

次の手順を使用して、構成データベースとコンテンツ データベースをインストールおよび構成し、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトをインストールします。Use the following procedure to install and configure the configuration database and the content database, and install the SharePoint Central Administration website.

SharePoint 製品構成ウィザードを実行するにはTo run the SharePoint Products Configuration Wizard

  1. この手順を実行するユーザー アカウントがセットアップ ユーザー アカウントであることを確認します。セットアップ ユーザー アカウントの詳細については、「SharePoint Sever での初期展開の管理およびサービス アカウント」を参照してください。Verify that the user account that is performing this procedure is the Setup user account. For information about the Setup user account, see Initial deployment administrative and service accounts in SharePoint Server.

  2. SharePoint 製品構成ウィザード を既に閉じている場合は、[ スタート] ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム] をポイントして、[ SharePoint 2013 Products]、[ SharePoint 2013 製品構成ウィザード] の順にクリックします。If you have closed the SharePoint Products Configuration Wizard, you can access it by clicking Start, point to All Programs, click SharePoint 2013 Products, and then click SharePoint 2013 Products Configuration Wizard. [ユーザーアカウント制御] ダイアログが表示されたら、[続行] をクリックします。If the User Account Control dialog appears, click Continue.

  3. [ SharePoint 製品へようこそ] ページで [ 次へ] をクリックします。On the Welcome to SharePoint Products page, click Next.

  4. 構成中に一部のサービスの再起動が必要になる可能性があることを通知するダイアログボックスで、[はい] をクリックします。In the dialog that notifies you that some services might have to be restarted during configuration, click Yes.

  5. [ 構成成功] ページで、[ 完了] をクリックします。On the Configuration Successful page, click Finish.

    注意

    SharePoint 製品構成ウィザードが失敗した場合は、PSCDiagnostics ログ ファイルを調べます。このログ ファイルは、SharePoint 2013がインストールされているドライブの %COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\Web Server Extensions\15\LOGS フォルダーにあります。If the SharePoint Products Configuration Wizard fails, check the PSCDiagnostics log files, which are located on the drive on which SharePoint 2013 is installed, in the %COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\Web Server Extensions\15\LOGS folder.

  6. [ テンプレートの選択] ページで、次のどちらかのオプションを選択し、[ OK] をクリックします。On the Template Selection page, select one of the following options, and then click OK:

  • [ テンプレートの選択] セクションで、定義済みのテンプレートをクリックします。In the Template Selection section, click a predefined template.

  • [ ソリューション ギャラリー] セクションで、[ ソリューション ギャラリー] をクリックし、自分のサイト テンプレートをカスタマイズします。In the Solutions Gallery section, click Solutions Gallery, and customize your own site template.

  1. [ このサイトのグループのセットアップ] ページで、サイトにアクセスする必要があるユーザーを指定したら、それらのユーザーに対して新しいグループを作成するか、既存のグループを使用します。そのためには、次のどちらかの操作を行います。On the Set Up Groups for this Site page, specify who should have access to your site, and then either create a new group or use an existing group for these users by doing one of the following:
  • 新しいグループを作成する場合は、[ 新しいグループの作成] をクリックし、グループ名とそのグループに加えるメンバーの名前を入力します。To create a new group, click Create a new group, and then type the name of the group and the members that you want to be part of this group.

  • 既存のグループを使用する場合は、[ 既存のグループの利用] をクリックし、[ グループ] リストからユーザー グループを選択します。To use an existing group, click Use an existing group, and then select the user group in the Item list.

  1. [OK] をクリックします。Click OK.

注意

ユーザー名とパスワードの入力を指示するメッセージが表示されたら、Internet Explorer で、信頼済みサイトの一覧に SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを追加し、ユーザー認証の設定を構成する必要がある可能性があります。Internet Explorer セキュリティ強化の設定を無効にする必要がある場合もあります。プロキシ サーバーに関するエラー メッセージが表示された場合は、ローカル アドレスにプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定を構成することが必要になる可能性があります。ブラウザーとプロキシの設定の構成方法の詳細については、「Install SharePoint 2013 on a single server with a built-in database」を参照してください。If you are prompted for your user name and password, you might have to add the SharePoint Central Administration website to the list of trusted sites and configure user authentication settings in Internet Explorer. You might also want to disable the Internet Explorer Enhanced Security settings. If you see a proxy server error message, you might have to configure proxy server settings so that local addresses bypass the proxy server. For more information about how to configure browser and proxy settings, see Install SharePoint 2013 on a single server with a built-in database.

ブラウザーの設定を構成するConfigure browser settings

SharePoint 製品構成ウィザードを実行した後、SharePoint 2013が適切に機能するように Internet Explorer で追加設定を構成する必要があります。After you run the SharePoint Products Configuration Wizard, you should confirm that SharePoint 2013 works correctly by configuring additional settings in Internet Explorer.

Internet Explorer を使用していない場合は、ブラウザーの追加設定が必要となることがあります。サポートされているブラウザーについては、「SharePoint 2013 でブラウザー サポートを計画する」を参照してください。If you are not using Internet Explorer, you might have to configure additional settings for your browser. For information about supported browsers, see Plan browser support in SharePoint 2013.

ブラウザーの設定を適切に構成できたかどうかを確認するには、ローカル管理者資格情報を持つアカウントを使用してサーバーにログオンします。次に、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトに接続します。接続時にユーザー名とパスワードの入力を指示するメッセージが表示されたら、次の操作を行います。To confirm that you have configured browser settings correctly, log on to the server by using an account that has local administrative credentials. Next, connect to the SharePoint Central Administration website. If you are prompted for your user name and password when you connect, perform the following procedures:

  • 信頼できるサイトのリストに SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを追加します。Add the SharePoint Central Administration website to the list of trusted sites

  • Internet Explorer のセキュリティ強化設定を無効にします。Disable Internet Explorer Enhanced Security settings

プロキシ サーバーのエラー メッセージが表示された場合は、次の手順を実行します。If you receive a proxy server error message, perform the following procedure:

  • ローカル アドレスにプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定を構成します。Configure proxy server settings to bypass the proxy server for local addresses

信頼済みサイトの一覧に SharePoint サーバーの全体管理 Web サイト を追加するにはTo add the SharePoint Central Administration website to the list of trusted sites

  1. この手順を実行するユーザー アカウントに次の資格情報があることを確認します。Verify that the user account that completes this procedure has the following credentials:
  • ユーザー アカウントは、この手順を実行するコンピューターの Administrators グループのメンバーです。The user account is a member of the Administrators group on the computer on which you are performing the procedure.
  1. Internet Explorer の [ ツール] メニューの [ インターネット オプション] をクリックします。In Internet Explorer, on the Tools menu, click Internet Options.

  2. [ セキュリティ] タブの [ セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。] 領域で、[ 信頼済みサイト]、[ サイト] の順にクリックします。On the Security tab, in the Select a zone to view or change security settings area, click Trusted Sites, and then click Sites.

  3. [ このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認 (https:) を必要とする] チェック ボックスをオフにします。Clear the Require server verification (https:) for all sites in this zone check box.

  4. [ この Web サイトをゾーンに追加する] ボックスにサイトの URL を入力し、[ 追加] をクリックします。In the Add this web site to the zone box, type the URL to your site, and then click Add.

  5. [閉じる] をクリックして、[信頼済みサイト] ダイアログを閉じます。Click Close to close the Trusted Sites dialog.

  6. [ OK ] をクリックして、[インターネットオプション] ダイアログを閉じます。Click OK to close the Internet Options dialog.

Internet Explorer セキュリティ強化の設定を無効にするにはTo disable Internet Explorer Enhanced Security settings

  1. この手順を実行するユーザー アカウントに次の資格情報があることを確認します。Verify that the user account that completes this procedure has the following credentials:
  • ユーザー アカウントは、この手順を実行するコンピューターの Administrators グループのメンバーです。The user account is a member of the Administrators group on the computer on which you are performing the procedure.
  1. [ スタート] ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム] をポイントします。次に、[ 管理ツール] をポイントし、[ サーバー マネージャー] をクリックします。Click Start, point to All Programs, point to Administrative Tools, and then click Server Manager.

  2. [ サーバー マネージャー] で、[ サーバー マネージャー] のルートを選択します。In Server Manager, select the root of Server Manager.

  3. [ セキュリティ情報] セクションで、[ IE ESC の構成] をクリックします。In the Security Information section, click Configure IE ESC.

    [ Internet Explorer セキュリティ強化の構成] ダイアログが表示されます。The Internet Explorer Enhanced Security Configuration dialog appears.

  4. [ 管理者] セクションで、[ オフ] をクリックして Internet Explorer セキュリティ強化設定を無効にし、[ OK] をクリックします。In the Administrators section, click Off to disable the Internet Explorer Enhanced Security settings, and then click OK.

ローカル アドレスにプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定を構成するにはTo configure proxy server settings to bypass the proxy server for local addresses

  1. この手順を実行するユーザー アカウントに次の資格情報があることを確認します。Verify that the user account that completes this procedure has the following credentials:
  • ユーザー アカウントは、この手順を実行するコンピューターの Administrators グループのメンバーです。The user account is a member of the Administrators group on the computer on which you are performing the procedure.
  1. Internet Explorer の [ ツール] メニューの [ インターネット オプション] をクリックします。In Internet Explorer, on the Tools menu, click Internet Options.

  2. [ 接続] タブの [ ローカル エリア ネットワーク (LAN) の設定] 領域で、[ LAN の設定] をクリックします。On the Connections tab, in the Local Area Network (LAN) settings area, click LAN Settings.

  3. [ 自動構成] 領域で、[ 設定を自動的に検出する] チェック ボックスをオフにします。In the Automatic configuration area, clear the Automatically detect settings check box.

  4. [ プロキシ サーバー] 領域で、[ LAN にプロキシ サーバーを使用する] チェック ボックスをオンにします。In the Proxy Server area, select the Use a proxy server for your LAN check box.

  5. [ アドレス] ボックスにプロキシ サーバーのアドレスを入力します。Type the address of the proxy server in the Address box.

  6. [ ポート] ボックスにプロキシ サーバーのポート番号を入力します。Type the port number of the proxy server in the Port box.

  7. [ ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しない] チェック ボックスをオンにします。Select the Bypass proxy server for local addresses check box.

  8. [ OK ] をクリックして、[ローカルエリアネットワーク (LAN) の設定] ダイアログを閉じます。Click OK to close the Local Area Network (LAN) Settings dialog.

  9. [ OK ] をクリックして、[インターネットオプション] ダイアログを閉じます。Click OK to close the Internet Options dialog.

インストール後の手順Post-installation steps

SharePoint 2013のインストールが終了すると、新しい SharePoint サイトの SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトが開きます。ここでサイトへのコンテンツの追加やカスタマイズを開始できますが、まず、次の管理タスクを実行することをお勧めします。After you install SharePoint 2013, your browser window opens to the SharePoint Central Administration website of your new SharePoint site. Although you can start to add content to the site or customize the site, we recommend that you first perform the following administrative tasks:

  • 利用状況と正常性に関するデータ収集を構成する サーバー ファームの利用状況と正常性に関するデータの収集を構成できます。利用状況と正常性に関するデータはログ フォルダーおよびログ データベースに書き込まれます。詳細については、「 SharePoint Server で利用状況および正常性データ収集を構成する」を参照してください。Configure usage and health data collection You can configure usage and health data collection in your server farm. The system writes usage and health data to the logging folder and to the logging database. For more information, see Configure usage and health data collection in SharePoint Server.

  • 診断ログを構成する 初期展開やアップグレードの後で必要になることがある診断ログを構成できます。ほとんどの場合は既定の設定で間に合いますが、業務ニーズやファームのライフサイクルによっては、これらの設定の変更が必要になる場合があります。詳細については、「 SharePoint Server で診断ログを構成する」を参照してください。Configure diagnostic logging You can configure diagnostic logging that might be required after initial deployment or upgrade. The default settings are sufficient for most situations, but depending on the business needs and life cycle of the farm, you might want to change these settings. For more information, see Configure diagnostic logging in SharePoint Server.

  • 受信メールを構成する SharePoint サイトが受信メールを受信およびアーカイブできるように、受信メールを構成できます。また、SharePoint サイトで電子メール ディスカッションを随時アーカイブしたり、メールで受信したドキュメントを保存したり、メールで受信した会議出席依頼をサイト予定表に表示したりするように受信メールを構成することもできます。さらに、電子メールの配布リストの作成と管理をサポートするように SharePoint Directory Management Service を構成できます。詳細については、「 Configure incoming email for a SharePoint Server farm」を参照してください。Configure incoming e-mail You can configure incoming e-mail so that SharePoint sites accept and archive incoming e-mail. You can also configure incoming e-mail so that SharePoint sites can archive e-mail discussions as they occur, save e-mailed documents, and show e-mailed meetings on site calendars. In addition, you can configure the SharePoint Directory Management Service to provide support for e-mail distribution list creation and administration. For more information, see Configure incoming email for a SharePoint Server farm.

  • 送信メールを構成する SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) サーバーがサイト ユーザーに電子メールの警告を送信し、サイト管理者に通知を送信するように送信メールを構成できます。送信する警告に表示される "差出人" アドレスと "返信" アドレスの両方を構成できます。詳細については、「 Configure outgoing email for a SharePoint Server farm」を参照してください。Configure outgoing e-mail You can configure outgoing e-mail so that your Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) server sends e-mail alerts to site users and notifications to site administrators. You can configure both the "From" e-mail address and the "Reply" e-mail address that appear in outgoing alerts. For more information, see Configure outgoing email for a SharePoint Server farm.

  • 検索設定を構成する SharePoint 2013 のコンテンツをクロールするように検索設定を構成できます。Configure search settings You can configure search settings to crawl the content in SharePoint 2013.